細田 守。 細田守とは

細田守監督『時をかける少女』もっと奥深く考察できる7つのポイント

細田 守

細田監督の運命を変えた「おジャ魔女どれみドッカ~ン!」40話「どれみと魔女をやめた魔女」 - (C)東映アニメーション 人気アニメーション作家・監督が27日、TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた第29回東京国際映画祭内の特集上映「映画監督 細田守の世界 作家性の萌芽 1999-2003 (細田守監督短編集)」に来場し、『』(2004)の苦い挫折を振り返った。 アニメファンのみならず、映画ファンにもその名前を知らしめた出世作『』(2006)より前に、細田監督が発表した作品を集めた本特集。 『劇場版デジモンアドベンチャー』(1999)、『劇場版デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』(2000)、テレビアニメ「おジャ魔女どれみドッカ~ン!」40話「どれみと魔女をやめた魔女」(2002)、テレビアニメ「明日のナージャ」(OP、ED)(2003)などがスクリーンで上映された。 客席には幼い頃に「デジモン」や「おジャ魔女どれみ」などをリアルタイムで観ていたという観客もチラホラ。 それには細田監督も「ありがとうね。 同窓会みたいな気分で、おじさんうれしいよ」と感激しきり。 会場は温かな雰囲気に包まれた。 [PR] 『ハウルの動く城』の挫折を振り返る細田守監督 最後に上映されたのは「おジャ魔女どれみドッカ~ン!」40話。 自分の進路を見失った魔女見習いのどれみが、年をとらない元魔女の未来(声:)と交流を深め、「外国に一緒に行かないか?」と誘われるエピソードで、同作を観たというプロデューサー(当時、取締役社長)との出会いが、やがて『時をかける少女』につながったという記念碑的な作品である。 この日の聞き手を務めたアニメ評論家・氏からの「チャンスがあったら飛び移れ、というのは自身を投影しているのでは?」という指摘に、「僕はどちらかというと。 飛び移り損ねた方。 当時は『ハウルの動く城』の監督をクビになって、もう映画が作れないという気持ちのままに、この40話になだれこんだんです」と告白した細田監督。 「人生のチャンスがふいに訪れるとして、その瞬間にどちらかを選択しないといけない。 でもその瞬間はいつ来るかわからない。 通り過ぎた時に初めてチャンスを見送った気分になるんです。 そういう時って、わななくとか怒るとかじゃなくて、ただボーッとしてしまう。 でもそれは失敗じゃなくて、それも人生の味わい方の一つじゃないか。 そんなつもりで、どれみの顔を描いた気がします」と述懐。 さらに「飛び移ることができなかった自分のもの悲しさが、作品にも漂っていたのでしょうか。 でも、それを丸山さんが観て、『時をかける少女』につながるんだから世の中ってわからないものだと思います」としみじみ付け加えた。 , Ltd.

次の

細田守監督の最高傑作は「サマーウォーズ」じゃなくて、あの名作でしょ【ネタバレあり】

細田 守

映画を見たあとに「結局何がテーマだったの?」って映画ってたまに見ますよね。 そういう映画ってどうしても内容がわかりづらい印象があります。 細田守監督の作品はそれがないんです。 でも細田守監督の作品には明確なテーマに加えて、 そこに非現実性が組み込まれているんです。 時をかける少女を例にどういうことか説明していきます。 時をかける少女のテーマは「青春の恋愛」だったのですが、そんなテーマはいくらでもあります。 でも細田守監督はここに「タイムリープ」という要素を加えたんです。 主人公がある日突然、時間を飛び越えることができるようになります。 現実ではありえないのですが、ありきたりな「青春の恋愛」に非現実的な「タイムリープ」を組み合わせているんですね。 このタイムリープがこの映画のキモなので、詳細は省きます。 テーマ:青春の恋愛• 非現実性:タイムリープ これはヒロインの高校生、真琴(まこと)が仲の良い千昭(ちあき)と功介(こうすけ)と過ごした一夏を描いた映画です。 女子でありながら野球が大好きで男友達の千昭と功介とばかり絡むような活発な真琴の視点で物語が進展していくので、思わず夏に見たくなるような青春映画です。 いつも通りの学校ー いつも通りの野球グラウンドー いつも通りの千昭と功介ー そんないつも通りの日常の中である日突然、タイムリープの方法を見つけてしまった真琴… このタイムリープがきっかけで物語が思わぬ方向に進展していきます! 今でも毎年金曜ロードショーで放送されるくらい人気の映画ですが、僕も毎年見て青春時代を思い出してしまいます。 青春時代を忘れかけている大人はぜひ見てください!• テーマ:家族の絆• 非現実性:AI(人工知能)とヒロインの家族が世界をかけて対決 物語は仮想現実世界「OZ」が世界中のインフラの役目を担う世界で進展していきます。 主人公の冴えない健二(けんじ)がとあるきっかけで学校で人気者の夏希先輩の長野の実家に行くことに…! そこで告げられたのは夏希の婚約相手を演じてほしいということ! 親戚一同が集まる中、うまく婚約相手を演じていたが、健二があるメールを返信したことでOZで大混乱が起こります。 OZの大混乱の犯人は「AI」で、そのAIが原因で世界崩壊の危機に! このAIに立ち向かうのが夏希先輩の大家族と冴えない健二…果たしてどうなるのか…! この映画は、AIと田舎の大家族の戦いという真逆なもの同士の構図がおもしろいんですよね。 今の時代って家族がないがしろになりがちなのですが、家族の大切さ、家族の絆を思い出させてくれる映画でもあります。 田舎の家族を思い出しながら、この映画を見てほしいですね。 毎月1,200ptが付与(新作映画2本分)• 家族で視聴可能(4アカウントまで)• でも新作って人気なので在庫がなくてレンタルできなかったり、レンタル期間が短いんですよね。 U-NEXTなら家にいながら在庫も気にせずレンタルできるので映画好きにはたまりません! しかも、1人が契約すれば最大3つのサブアカウントを作れます。 つまり、1,990円で4人がすべてのコンテンツを楽しめるということです。 これだけおトクなポイントが多いのでU-NEXTがおすすめなんです! 31日間無料で満足できなければ、いつでも解約もできるので使い勝手を気軽に試せます。 無料期間でも登録すれば600ptもらえるので、新作が1本見れるという…! 細田守監督の4作品も視聴できるので、ぜひ試してみてくださいね!.

次の

スタジオ地図|会社概要

細田 守

トラウマ映画として有名 まず言いたいのは、この作品のキャッチコピーが「史上最大の笑劇!! どうです。 なんだか楽しそうでしょう。 序盤は確かにストレートに楽しいんです。 巨大金魚すくいとか。 しかし、ルフィたちが島の秘密に迫るにつれて、物語は不気味さを漂わせていきます。 「このダークな雰囲気、『クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険』(大好き)を思い出すなぁ」と思っていたら、クライマックス辺りは『ヘンダーランド~』を飛び越えて、もはや『エヴァンゲリオン』。 リリー・カーネーションの内臓っぽい造形は、大人でもトラウマ必至。 私は単純に「細田守の初長編アニメ監督作品」ということで『オマツリ男爵~』を見たのですが、見終わってから、同作品がトラウマ映画として有名なことを知りました。 早く言ってよ! 『ハウル』制作時の苦しみを物語に 『オマツリ男爵~』という物語のベースには、細田監督の『ハウルの動く城』制作当時の経験があることが明かされています。 参考 細田監督は当初、『ハウルの動く城』の監督を担当する予定でした。 スタッフを集めて、一生懸命に制作を進めていったものの、結局プロジェクトは中止に。 その中で、仲間も失ってしまい、監督は絶望を味わったのでした。 『オマツリ男爵~』とは、失った仲間を忘れられない苦しさを描いた物語です。 あまり自分の感情を作品に反映させる印象のない細田監督ですが、同映画では、どうしちゃったの? というくらい腹の底を見せている。 自分の分身であるオマツリ男爵に対して「前に進め」と呼びかけるセルフカウンセリングのような作品……。 「大丈夫? あっためた牛乳飲む?」という気持ちにさせられてしまった。 それは家族や女性の描写があまりにも古臭く感じられてしまうから。 田舎礼賛、家父長制礼賛、健気すぎて自我がないようにも見える女性キャラクターたち。 2010年代にさすがにそれは……と辟易する人々は筆者も含め多いようです。 私はその辺りの描写を見て「よく言えば素朴な考え方の人なんだろうなぁ」と受け止めていたのですが、『オマツリ男爵~』を見るに、そんな単純な話でもないっぽいなというか。 細田監督は、クリエイター仲間を失った悲しみから、今度は血縁という解消しにくい関係に魅力を見出して、そこでオマツリ男爵と仲間たちのように密なコミュニティを築こうとしているのかもしれません。 もしくは、仲間を失ったことで誰も信じられなくなり、「どうせお前たち、こんなの好きだろ?」となかば自嘲しながらビジネスライクにウケる作品を作ろうとした結果なのか。 近年の細田作品が提示する価値観は大変素朴ですが、その価値観に至るまでの道のりは、けっしてシンプルではないようだと『オマツリ男爵~』によって感じさせられたのでした。 一流クリエイターによるセルフカウンセリング 『オマツリ男爵~』は見るべき作品かと聞かれたら、そりゃ見るべき作品ですよ! 興行収入40億円、50億円を叩き出すクリエイターのセルフカウンセリングなんて、少しでもアニメが好きなら絶対見ておきたい作品でしょう。 まぁ野次馬根性も相当込みですけど。 でも多くの『ONE PIECE』ファンが公開後に怒り狂ったのは仕方ない。 そりゃそうです。 麦わら一味の痛快な冒険ストーリーが見られると思ったら、知らんおっさんの泣き言を聞かされたんですから。 状態の悪い人を救う、状態の悪い映画 私は杉作J太郎の「状態が悪いときに助けてくれるのは、状態が悪い人です」という言葉が好きなんですが、『オマツリ男爵~』なんて相当に状態の悪い映画だよ。 状態の悪い映画によって、状態の悪い人は救われるのでは? スタートとなる感情がどうあれ、真摯に作られている作品であることに間違いはないので。 というわけで、『オマツリ男爵~』はやたら暗い雰囲気ではありますが、その強い負のエネルギーによって、誰かを救う力も持っていそうな作品です。 ベクトルの方向は真逆ですが、エネルギーの強さという1点においては、興行収入50億円を突破した代表作『バケモノの子』をしのぐのではないでしょうか。 ……細田監督は愛憎入り混じる対象なので、悔しいところではありますが、『オマツリ男爵~』、めちゃくちゃ好きな作品ですね、これは……。

次の