リフォームローン 控除。 リフォームも住宅ローン控除の対象に、その条件とは?

リフォームで使える住宅ローン控除!条件や申し込み方法を解説

リフォームローン 控除

リフォームで住宅ローン控除を受けるための7つの条件 リフォームをした時に住宅ローン控除を受けるためには、以下の7つの条件を満たす必要があります。 自宅であること。 大規模な改修であること。 または省エネ改修などであること。 その年の所得が3000万円以下であること。 増改築後の家の床面積が50平方メートル以上であること。 工事費用が100万円以上であること。 10年以上のローンを組んでいること。 前後5年の間に軽減税率の特例などを受けていないこと。 自宅である 控除を受けるためには、リフォームする物件の所有者が申請者本人でなくてはいけません。 他人名義の物件をリフォームする場合には、控除を適用できません。 また、物件のおもな使用目的が居住用でなくてはいけません。 事務所や店舗として利用するために改修した場合などでは控除不可となります。 ただし、居住用と仕事用で併用する場合は、控除対象になります。 リフォーム工事が完成してから6ヶ月以内に居住する必要があり、なおかつ年末の時点まで住み続けている必要があります。 その場合は、より使用率の高い一軒だけが控除対象になります。 年間に数ヶ月程度住んでいたとしても、別荘には控除が適用されないということですね。 大規模な改修であるか省エネ改修などである 小さなリフォームでは控除対象になりません。 一定基準以上の規模の工事が行われる必要があります。 具体的に言うと以下のようものです。 マンションなどの区分所有建物の場合は、自分に所有権がある場所のみが対象となります。 壁、柱、床、はり、屋根、階段のいずれかの過半を修繕・模様替えする場合。 居室、調理室、浴室、便所、洗面所、納戸、玄関、廊下いずれかの床か壁の全部を修繕・模様替えする場合。 また、工事規模以外にもう一つ条件があり、以下のどれかを満たしている場合は、小規模なリフォームでも控除を受けられます。 国が定めた基準に従った「耐震補強」のための修繕や模様替え。 国が定めた基準に従った「バリアフリー」のための修繕や模様替え。 国が定めた基準に従った「省エネ」のための修繕や模様替え。 その年の所得が3000万円以下 控除申請をする年の所得が、3000万円以下でなければいけません。 年収ではなく「所得」である点には注意してください。 また、最初の年に所得が3000万円以上だったとしても、その後所得が3000万円未満になったら、その年は控除申請が可能です。 増改築後の家の床面積が50平方メートル以上 リフォームした後の床面積が50平方メートル以上でなくてはいけません。 つまりリフォーム前は50平方メートル以下の床面積であったとしても、増築で広くなれば控除対象になるということです。 家の一部を事務所などにしている場合でも、事務所部分も床面積に含めることができます。 ただし、床面積の半分以上が居住用として使われていなければいけません。 いえ、その場合は持分比率は気にせず、建物全体の床面積で計算して大丈夫ですよ。 工事費用が100万円以上 リフォーム工事にかかった費用が「100万円」を超えていなくては、控除を受けられません。 補助金などを貰っている場合、その補助金を引いた後の金額が100万円以上でなければいけません。 つまり工事費が100万円でも、10万円の補助金を貰っていた場合、控除対象にならないということです。 また、工事代金の半分以上が、居住スペースの修繕や模様替えの費用でなくてはいけません。 たとえ自宅として使っていても、リフォーム工事費の過半が事務所などの模様替え費用だと控除を使えません。 10年以上のローンを組んでいる 工事費用を10年以上のローンを組んで払う必要があります。 借りる相手にも指定があり、銀行などの金融機関や住宅金融支援機構などの独立行政法人であることが条件となります。 家族や知人からお金を借りた場合は、控除対象となりません。 ただし、会社が0. 2%以上の利子を取る場合は、勤めている会社からの債務でも住宅ローン控除を使うことが可能です。 前後5年の間に軽減税率の特例などを受けていない リフォームした年とその前後2年間の間に「長期譲渡所得の課税の特例」などを受けていると、住宅ローン控除を使用できません。 具体的には、租税特別措置法の31条の3第1項、35条1項、36条の2、5、37条の5、旧租税特別措置法37条の9の2が、控除対象外になる課税の特例となっています。 これらは、居住用の建物を譲渡した場合や買い替えた場合に受けられる、課税に対する特例です。 詳しくは税務署や不動産会社などに確認してみてください。 リフォームをした年に、他の家を売却して課税の特例を受けたとします。 この場合、住宅ローン控除を受けられないのは最初の3年間だけです。 4年目からは、住宅ローン控除を受ける事が可能です。 住宅ローン控除以外の減税:ローン型減税 リフォーム時に受けられる減税措置には、住宅ローン控除以外にもあります。 ここではローン型の減税措置について説明します。 ローン型減税は、リフォーム時にローンを組んだ時に受けられる減税措置です。 住宅ローン控除が「10年以上」のローンで適用され10回の控除であるのに対して、ローン型減税は「5年以上」のローンに適用され5回の控除になります。 ローン型減税には、「バリアフリー改修促進税制」「省エネ改修促進税制」「同居対応リフォーム」の3つがあります。 「バリアフリー改修促進税制」の場合、高齢者、要介護者、要支援者、障害者が居住する家をバリアフリー化した時に減税措置を受けられます。 「省エネ改修促進税制」は、一定基準の断熱工事をした場合に受けられる減税措置です。 「同居対応リフォーム」は、調理室、浴室、便所、玄関などを増設し、家を同居に対応させた時に減税措置を受けられます。 ただしこれらを、住宅ローン控除と組み合わせることはできません。 ローン型減税の控除額 控除額は、以下のAとBを足したものになります。 バリアフリーや断熱などの工事費の2%(対象工事費の上限は250万円)。 バリアフリーや断熱など以外の改修工事費の年末ローン残高の1%。 (Aと合算して1000万円が対象工事費の上限) Aが250万円の2%で5万円、Bが750万円の1%で7万5千円、合計12万5千円が1年間の控除額の上限になります。 これが5年分ですので、最大控除額は62万5千円となります。 住宅ローン控除以外の減税:投資型減税 投資型減税は、ローンが不要な減税措置です。 そのため、控除されるのは1年分だけとなります。 投資型減税は、「バリアフリー」「省エネ」「同居対応」「耐震」の4つで受けられます。 耐震以外の3つは、ローン型減税の場合と同じものです。 「耐震」は、耐震基準に適合するよう改修した場合に受けられる減税措置です。 耐震補強の減税は、住宅ローン控除も含めて、他のすべての減税措置と組み合わせる事ができるんです。 投資型減税の控除額 投資型減税の控除額は、控除対象費用の「10%」となっています。 控除対象になるのは、バリアフリーならバリアフリーに関連した工事費のみです。 ただし工事代金がそのまま控除対象金額になるわけではなく、国土交通大臣が定める「平均工事費用」を基準に算定されます。 たとえば、車椅子で移動しやすくするために出入り口を広げる工事なら、1箇所につき189900円などと決まっています。 また、それぞれ控除対象の上限額が以下のように決められています。 バリアフリーなら200万円。 省エネなら250万円。 太陽光発電を併設する場合は350万円。 同居対応なら250万円。 耐震リフォームなら250万円。

次の

リフォームが減税に?確定申告を忘れずに

リフォームローン 控除

[平成31年4月1日現在法令等] 1 概要 住宅借入金等特別控除とは、が住宅ローン等を利用して、マイホームを新築、取得又は増改築等(以下「取得等」といいます。 )をし、令和3年12月31日までに自己の居住の用に供した場合で一定の要件を満たす場合において、その取得等に係る住宅ローン等の年末残高の合計額等を基として計算した金額を、居住の用に供した年分以後の各年分の所得税額から控除するものです。 なお、バリアフリー改修工事や省エネ改修工事、多世帯同居改修工事を含む増改築等をした場合で、特定増改築等住宅借入金等特別控除を受けられる場合の要件にも該当する方は、選択により、この住宅借入金等特別控除に代えて特定増改築等住宅借入金等特別控除を受けることができます。 特定増改築等住宅借入金等特別控除については、(借入金を利用してバリアフリー改修工事をした場合)、(借入金を利用して省エネ改修工事をした場合)、(借入金を利用して多世帯同居改修工事をした場合)を参照してください。 また、バリアフリー改修工事や省エネ改修工事、多世帯同居改修工事について住宅特定改修特別税額控除(、、)の適用要件も満たしている場合は、これらの控除のいずれか一つの選択適用となります。 (注) 災害によりマイホームが被害を受けた場合で、一定の要件を満たすときは、以下の特例の適用を受けることができますので、それぞれのリンク先を参照してください。 1 災害により(特定増改築等)住宅借入金等特別控除の適用を受けていた住宅について居住できなくなった場合 を参照してください。 2 東日本大震災によって(特定増改築等)住宅借入金等特別控除の適用を受けていた住宅について居住できなくなった場合 をご覧ください。 3 東日本大震災の被災者の住宅の再取得等の場合 及びをご覧ください。 2 住宅借入金等特別控除の適用要件 が増改築等をした場合で、住宅借入金等特別控除の適用を受けることができるのは、次の全ての要件を満たすときです。 (注) 平成28年3月31日以前の増改築等について、以外の方は住宅借入金等特別控除の適用を受けることはできません。 (1) 自己が所有し、かつ、自己の居住の用に供する家屋について行う増改築等であること。 (注) 「建築基準法に規定する大規模の修繕又は大規模の模様替え」とは、家屋の壁(建築物の構造上重要でない間仕切壁を除きます。 )、柱(間柱を除きます。 )、床(最下階の床を除きます。 )、はり、屋根又は階段(屋外階段を除きます。 )のいずれか一以上について行う過半の修繕・模様替えをいいます。 ロ マンションなどの区分所有建物のうち、その人が区分所有する部分の床、階段又は壁の過半について行う一定の修繕・模様替えの工事(イに該当するものを除きます。 ハ 家屋(マンションなどの区分所有建物にあっては、その人が区分所有する部分に限ります。 )のうち居室、調理室、浴室、便所、洗面所、納戸、玄関又は廊下の一室の床又は壁の全部について行う修繕・模様替えの工事(イ及びロに該当するものを除きます。 ニ 建築基準法施行令の構造強度等に関する規定又は地震に対する安全性に係る基準に適合させるための一定の修繕・模様替えの工事(イ〜ハに該当するものを除き、その増改築等をした部分を平成14年4月1日以後に居住の用に供した場合に限ります。 ホ 一定のバリアフリー改修工事(イ〜ニに該当するものを除きます。 その増改築等をした部分を平成19年4月1日以後に居住の用に供した場合に限ります。 ヘ 一定の省エネ改修工事(イ〜ホに該当するものを除きます。 その増改築等をした部分を平成20年4月1日以後の居住の用に供した場合に限ります。 (3) 増改築等の日から6か月以内に居住の用に供し、適用を受ける各年の12月31日まで引き続いて住んでいること。 (注) この場合の床面積の判断基準は、次のとおりです。 1 床面積は、登記簿に表示されている床面積により判断します。 2 マンションの場合は、階段や通路など共同で使用している部分(共有部分)については床面積に含めず、登記簿上の専有部分の床面積で判断します。 3 店舗や事務所などと併用になっている住宅の場合は、店舗や事務所などの部分も含めた建物全体の床面積によって判断します。 4 夫婦や親子などで共有する住宅の場合は、床面積に共有持分を乗じて判断するのではなく、ほかの人の共有持分を含めた建物全体の床面積によって判断します。 ただし、マンションのように建物の一部を区分所有している住宅の場合は、その区分所有する区画の床面積によって判断します。 (6) その工事費用の額(平成23年6月30日以降に増改築等に係る契約を締結し、その増改築等の費用に関し補助金等の交付を受ける場合はその額を控除した額)が100万円を超えており、その2分の1以上の額が自己の居住用部分の工事費用であること。 (7) 10年以上にわたり分割して返済する方法になっている増改築等のための一定の借入金又は債務があること。 一定の借入金又は債務とは、例えば銀行等の金融機関、独立行政法人住宅金融支援機構、勤務先などからの借入金や独立行政法人都市再生機構、地方住宅供給公社、建設業者などに対する債務です。 ただし、勤務先からの借入金の場合には、無利子又は0. 2%(平成28年12月31日以前に居住の用に供する場合は1%)に満たない利率による借入金は、この特別控除の対象となる借入金には該当しません。 また、親族や知人からの借入金は、この特別控除の対象となる借入金には該当しません。 詳しくは(住宅借入金等特別控除の対象となる住宅ローン等 を参照してください。 (8) 居住の用に供した年とその前後2年ずつの5年間に、居住用財産を譲渡した場合の長期譲渡所得の課税の特例など(租税特別措置法31条の3第1項、35条1項(同条3項の規定により適用する場合を除きます。 )、36条の2、36条の5若しくは37条の5又は旧租税特別措置法37条の9の2)の適用を受けていないこと。 3 住宅借入金等特別控除の控除期間及び控除額の計算方法 住宅借入金等特別控除の控除額は、住宅ローン等の年末残高の合計額(増改築等の工事費用の額(注1,2)が住宅ローン等の年末残高の合計額よりも少ないときは、その少ない金額。 以下「年末残高等」といいます。 )を基に、居住の用に供した年分の計算方法により算出します(100円未満の端数金額は切り捨てます。 (注1) 増改築等に関し、補助金等(国又は地方公共団体から交付される補助金又は給付金その他これらに準ずるものをいいます。 以下同じです。 )の交付を受ける場合(平成23年6月30日以後に増改築等に係る契約を締結する場合に限ります。 以下同じです。 )には、その補助金等の額を控除します。 (注2) 増改築等に際して住宅取得等資金の贈与を受け、「住宅取得等資金の贈与税の非課税」(措法70の2)又は「住宅取得等資金の贈与を受けた場合の相続時精算課税選択の特例」(措法70の3)(以下、併せて「住宅取得等資金の贈与の特例」といいます。 )を適用した場合には、その特例の適用を受けた住宅取得等資金の額を控除します。 以下同じです。 )が、8%又は10%の税率により課されるべき消費税額等である場合におけるその住宅の増改築等をいい、「特別特定取得」とは、住宅の取得等の対価の額又は費用の額に含まれる消費税額等が、10%の税率により課されるべき消費税額等である場合におけるその住宅の取得等をいいます。 4 住宅借入金等特別控除の適用を受けるための手続 住宅借入金等特別控除の適用を受けるための手続は、控除を受ける最初の年分と2年目以後の年分とでは異なります。 まず、控除を受ける最初の年分は、必要事項を記載した確定申告書に、次に掲げる書類を添付して、納税地 原則として住所地 の所轄税務署長に提出する必要があります。 なお、2年目以後の年分は、必要事項を記載した確定申告書に次の 1 の「(特定増改築等)住宅借入金等特別控除額の計算明細書」 付表が必要な場合は付表を含みます。 のほか、次の 2 の「住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書」 2か所以上から交付を受けている場合は、その全ての証明書)を添付して提出すればよいことになっています。 また、給与所得者は、控除を受ける最初の年分については、上記のとおり、確定申告書を提出する必要がありますが、2年目以後の年分は、年末調整でこの特別控除の適用を受けることができます。 この場合、税務署から送付される「年末調整のための 特定増改築等 住宅借入金等特別控除証明書」・「給与所得者の 特定増改築等 住宅借入金等特別控除申告書」と「住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書」を勤務先に提出する必要があります。 (1) 「(特定増改築等)住宅借入金等特別控除額の計算明細書」• (2) 住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書(2か所以上から交付を受けている場合は、その全ての証明書) 【登記事項証明書を取得される方へ(法務局からのお知らせ)】 土地・建物の登記事項証明書の請求については、登記所の窓口での請求、郵送による請求のほか、自宅・会社等のパソコンからインターネットを利用してオンラインによる請求を行うことができます。 オンラインによる請求は、手数料が安く、平日は21時まで可能です。 オンラインによる登記事項証明書の請求手続の詳細については、をご覧ください。 5 注意事項• (1) 平成19年1月1日から平成20年12月31日までの間に居住の用に供した場合は、控除期間について10年又は15年のいずれかを選択することとなっています。 この選択により、10年又は15年のいずれかの控除期間を適用して確定申告書を提出した場合には、その後の全ての年分についても、その選択し適用した控除期間を適用することになり、選択替えはできませんのでご注意ください。 (2) バリアフリー改修工事や省エネ改修工事、多世帯同居改修工事を含む増改築等をした場合で、特定増改築等住宅借入金等特別控除・・)又は住宅特定改修特別税額控除(・・)を受けられる場合のいずれの適用要件も満たしている場合は、これらの控除と上記の住宅借入金等特別控除のいずれか一つの選択適用となります。 この選択により、住宅借入金等特別控除を適用して確定申告書を提出した場合には、その後の全ての年分についても、その選択し適用した住宅借入金等特別控除を適用することになり、選択替えはできませんのでご注意ください。 なお、住宅借入金等特別控除を適用しなかった場合も同様です。 1217• 1218• 1223• 1219• 1220• 1224• 1227• 1225• Q10• 国税に関するご相談は、国税局電話相談センター等で行っていますので、をご覧になって、電話相談をご利用ください。

次の

親父の家を息子がリフォーム ~ 自己所有の住宅にするための方法

リフォームローン 控除

リフォームの所得税控除の対象となる制度には「投資型減税」「ローン型減税」「住宅ローン減税」があります。 この記事では「ローン型減税」を説明します。 ローン型減税を利用すべきかどうか ローン型減税は5年以上10年未満のローンを組んでリフォームをしたときに有効な減税制度です。 リフォームの所得税控の制度にはほかに投資型減税と住宅ローン減税があります。 どの制度を利用できるのかは、リフォーム資金の調達方法や控除メリットによって変わってきます。 まずはその整理をしましょう。 (図)3つの所得税控除の制度。 ローンの要件と最大控除額 ローン型減税を利用できる人は投資型減税も利用もできますが、最大控除額額はローン型減税のほうが大きくなるため、ローン型減税を先に検討したほうがよいでしょう。 自己資金または5年未満のローンでリフォーム … 投資型減税のみ利用可• 5年以上10年未満のローンでリフォーム … ローン型減税を先に確認(投資型減税の利用も可)• 10年以上のローンでリフォーム … 住宅ローン減税を先に確認(投資型減税・ローン型減税の利用も可) 予定している工事がローン型減税の対象になるか 資金調達の面でローン型減税に合致することが分かった場合、制度の利用には他にどのような条件をクリアする必要があるのか、確認してみましょう。 一番重要なのは対象になる工事をご自身のリフォームでも行うかどうかです。 ローン型減税の対象となる工事の種類は大きく4つあります。 ローン型減税の対象工事• バリアフリーリフォーム• 省エネリフォーム• 同居対応リフォーム• 長期優良住宅化リフォーム 最大控除額はいずれも62. 5万円です。 長期優良住宅化リフォームは省エネリフォームを行っていることが条件となっているため、確認の優先度が高い3つの工事の詳細を確認してみましょう。 詳細な工事内容・条件等は別にご確認ください 減税制度の利用を前提にリフォーム会社とプランを作成するようにすれば、必要な要件を漏らすことなく申請までスムーズに行えるでしょう。 そのためは、リフォーム会社を選ぶ際に制度への理解や、利用実績の確認が欠かせません。 何気ない工事が、減税の対象になることも 上の工事目的をみて「自分のリフォームとは関係ない」と簡単にローン型減税の利用を諦めてはいけません。 目的は違っても、行う工事が減税の対象となることは十分に考えらえます。 例として浴室のリフォームで考えてみましょう。 在来工法のお風呂をユニットバスに交換するリフォームをするときに、特に意識をしていなくても次のような工事が行われることがあります。 浴槽がまたぎ高さの低いものに変わった• シャワーをワンプッシュシャワーに変更した• 床材料が滑りにくいものに変わった• 手摺りを新たに設置した 上記はいずれも「バリアフリーリフォーム」の対象工事に該当します。 このように対象工事と目的が合致していたら、次のステップとして対象工事の詳細や工事以外に必要な要件の確認へと進みましょう。 ここでは対象工事以外の条件もすべて合致しているものとして控除額がどのように決まるのか、モデルケースを作成し確認してみます。 定められた工事だけが対象となる投資型減税と比べるとより広い範囲をカバーしていることになります。 控除期間は5年間です。 控除の対象となる『増改築等工事』は以下になります。 ローン型減税をすっきりまとめ ローン型減税とは…• リフォーム工事で所得税の控除対象となる3つの制度のうちのひとつ• リフォーム資金の調達方法による要件は返済期間5年以上で借り入れを行っていること• 最大控除額は62. 5万円で、控除期間は5年• 対象となる工事は「バリアフリーリフォーム」「省エネリフォーム」「同居対応リフォーム」「長期優良住宅化リフォーム」• 控除額は対象工事の費用と、それ以外の増改築等工事費用のローン残高によって決まる• 詳細要件は工事ごとに異なるので、工事単位で確認が必要になる.

次の