タイニー プードル 後悔。 ★じゅんじゅん★ブリーダー歴32年目。ティーカッププードル専門。

ロイヤルロックプードル, 栃木県足利市のプードル犬ブリーダー、ロイヤルロックプードルズ。トリミング教室・子犬の販売等も行っております。 2009

タイニー プードル 後悔

ふわふわ もこもことした毛並みのトイプードル。 ぬいぐるみのように可愛いです。 街中をお散歩しているトイプードルをよく見かけると思います。 近年、日本ではとても人気の犬種で、その性格は、とても賢く、高い運動能力をもっています。 そんなトイプードルの特徴をまとめてみました。 これからトイプードルを飼おうとしている方、実際に飼っていらっしゃる方も、愛犬と楽しく暮らすために基礎知識を知っておきましょう。 1 体毛が抜けない なんといっても最大の特徴は体毛が抜けないことです。 犬には「シングルコート(単毛)」と「ダブルコート(二重毛)」の2種類があり、トイプードルはシングルコートです。 他にもシングルコートの代表的な犬は、シーズー、マルチーズ、ヨークシャーテリア、ビションフリーゼなどがいます。 シングルコートの特徴は抜け毛がないので、アレルギーの心配がありません。 その代わり、1~2日に1回のブラッシングが必要です。 ブラッシングして毛玉を防ぎ(ブラッシングしないと毛がフェルト状になってしまいます)、 1~2ヶ月に1回程度、定期的なトリミング(カット)が欠かせず、金銭的な負担がかかります。 トリミングは大人気の「テディベアカット」で多くの人を魅了しました。 他にも、代表的なクリップカット、アフロ、まんまる、アルパカ、トップノット、ムスタッシュなどいろいろなカットを楽しめます。 さらにJKC(ジャパンケンネルクラブ、日本畜犬団体)非公認であるタイニープードル、ティーカッププードルも存在します。 体型も大きく分けて「脚が短くて胴が長いトイプードル」をドワーフタイプ、逆に「脚が長くて胴が短いトイプードル」をハイオンタイプ、さらに「脚も胴もちょうどいいトイプードル」をスクエアタイプと3つの種類があります。 一般にドワーフタイプが人気と言われますが、稀にトイプードル好きの中に「スクエアタイプでないと認めん!」という方がいらっしゃいます。 どのタイプか、子犬の時に見極めるのは非常に困難です。 子犬のころはスクエアタイプだったのに、成長していったらどんどん胴が長くなっていって「結局 ドワーフタイプだった」なんていうこともよくあります。 どのタイプを選ぶかは飼う人の好みです。 一番大事なのは良いブリーダーと健康な犬に巡り合えることです。 3 トイプードルの毛色 トイプードルの毛色は、JKCに公認されたカラーだけでも11色あります。 代表的なカラーは一番人気のレッド、ブラック、ホワイト、シルバーなど定番のカラーからアプリコット、カフェオレ、シルバーベージュなどトイプードルならではのカラーがあります。 上記以外にも、2色以上のカラーを持つ子を「パーティーカラー」と呼び、存在しています。 (JKC公認は単色のみ) 4 トイプードルの性格 とても賢く、元気いっぱいで社交的、誰からも愛される愛嬌を持っています。 他の犬とも仲よくなりやすい性格です。 その賢さは、全犬種「賢さNo1のボーダーコリー」の次に賢いともいわれています。 頭が良いので躾もしやすのが特徴ですが、気を付けなければならないのは「自分に都合いいこと」も簡単に覚えてしまうので注意が必要です。 カラーによっても性格が違うといわれ、レッドなら「穏やかな性格」、シルバーなら「とても甘えん坊」、ブラウンなら「マイペース」、ブラックは「全毛色の中で最も頭がいいとい特徴があります。 トイプードルの平均寿命は14~17歳。 人間でいうと70歳ほどです。 長い間一緒に暮らす愛犬のことをよく知って、しっかりしつけを行い、楽しみながら愛犬とすごせるといいですね。 番外編 愛犬を迎える方法を1つの選択肢として考えてください。 現在、殺処分犬は年間十数万頭いるといわれています。 そんな犬たちを救えるのが「保護犬の里親になる」です。 保護犬とは、捨てられたり、迷子になったりして飼い主のいない犬が保護団体に保護されている犬を指します。 また廃業したブリーダー、悪徳ブリーダーから救出されて保護団体に保護されている犬もいます。 そんな犬の新しい飼い主になるのが「保護犬の里親」。 新しい家族を迎えるために、こういう選択肢もあると思います。

次の

ティーカッププードルの寿命について

タイニー プードル 後悔

2ヶ月のタイニープードルの男の子 を迎えいれて11日目です。 ペットショップの店員さんに鳴くときは ゲージに毛布などをかけて目隠しして下さい。 と言われています。 自分がご飯を食べる時、仕事に行く時、寝る時 お風呂に入る時、出かける時 わんちゃんを見れない時は ゲージに入れて置くのですが 凄く鳴きます。 たぶん、お風呂入ってる時は気配か音とかで いるのが分かると鳴き続けてる感じです。 寝る前にトイレシートを交換したりしてから 寝るのですが近づくも鳴き止みます 鳴いたら来てくれるって思っている みたいで無視はしてるんですが 無視の仕方がダメなのが... と悩みます。 出かけ先から帰った時は静かなのですが またすぐに「出して!」と言わんばかりに 鳴いたりゲージを前足でカリカリとしたり... 店員さんに教えて貰った毛布などで目隠しを しても近くにいると分かると鳴き止む気配がしません 一瞬鳴き止んだ!と思ってもまた 鳴きます。 タイニープードルという品種はないので(商品名という感じです)、少し抵抗があります 小さいことを良いこととする、売り手側の都合でつけられたものです トイプーはトイプーです ややこしくなるのでわたしの回答は参考に見て下さい。 基本的なことなのですが、犬は巣穴で排泄しません(ケージに寝床とトイレを置いて居ますね)。 ケージは「檻」で寝床(巣穴)です・・・・本来ならここで排泄させるのはおかしな事なのです。 犬はテリトリー(寝床・生活エリア)=縄張り内では排泄しないのが習性なのです。 海外では巣穴周辺(犬の生活エリア内)で排泄させません。 日本だけ「お座敷犬」のトイレトレーニングで寝床の横とか犬の生活エリア内にトイレを置いて、犬が嫌がるからご褒美をやって誉めまくってトイレトレーニングを長期間行うのです。 犬の習性を放棄させるので長期間かかります。 褒めまくっていないと失敗するようになります(習性を放棄出来ないからです)。 わたしのトイレトレーニングを書きますので、参考になれば(一般のトレーニングと大いに違います)・・・・ 犬を受け入れた翌日からトイレトレーニングを開始しました。 大きな一畳ほどサークル(自作)内に三方を囲った状態のトイレを置く(出入り口は隅に設ける・・・このトイレは留守番時、監視出来ないときの非常用トイレです(トイレシートは匂いが付いたトレーニングシートを使う・・・・シッコなど勝手に付けない事)。 このトイレで教える必要は無い。 フリーにして朝食をさせる・・・・取り敢えずトイレの兆候を見つけるため、監視する。 部屋の隅に行きクンクン臭う・・・・くるくる回る仕草をする(兆候)。 朝(起床後か朝食後)、夕(帰宅時)、夜(寝る前)この時間帯でトイレトレーニングを組み込みます。 後、幼犬のトイレの目安(月齢+1時間)でトイレに誘導して、トレーニングをします。 3・4日後の朝食後に監視ミスをした・・・・リビングから犬が消えた? 犬は、リビングから台所を抜けて洗面所に設置したトイレをしていました(それなりに広範囲だと思うのだが・・・・トイレは出来ます)。 よく、範囲を広くすると失敗すると言われるが・・・・ トイレのしつけ- Superpuppy >拍子抜けするほど簡単で、生後7週間でうちに来て、1週間以内にトイレのしつけが完了しました。 海外のトイレトレーニングでは、猫じゃ有るまいし室内でトイレトレーニングをしません(犬が嫌がらないので完了までが早い・・・習性に沿ったトレーニングです)。 ここの場合、室内からトイレの場所は庭でトレーニングをしています(広範囲に移動させていますよ・・・・本来の犬だとウンコの臭いが届かない場所まで移動してトイレをします)。 49日の仔犬が1週間で完了したと言うことです。 このやり方は、飼い主さんが犬をトイレまで誘導しなければならない(これが出来ないとどうにもならないです)。 わたしは苦も無く簡単に覚えてくれたが、飼い主さんによっては凄く難しいらしいです。 正規のトイレの場所が犬の生活エリア外に設置(洗面所)しています。 トイレに誘導するときは、抱っことか持ち上げないで、歩かせて(小走りは良い)誘導しましょう。 この時にアイコンタクトは良くないです。 トイレコマンドは排便中には出さないこと、トイレをする前に出す命令です。 リビングにトイレは良くないです・・・この部屋は遊ぶ部屋とか、普段くつろげる部屋でしょう? ここでトイレをさせるのは、犬にも人にも良くないです。 洗面所とか廊下の隅とかバルコニーとか空き部屋などでに新規に設置する。 ただ、玄関は良くないです(トイレの最中に来客があれば、お互い気まずい思いをするし犬はビックリしてトイレをしなくなります)。 本来の犬は早くトイレを覚えるはずです。 人間の都合でおかしなトレーニングをしているから時間が掛かるのです。 親犬が仔犬に何ヶ月も掛けてトイレトレーニングをしませんよ。 仔犬がヨチヨチ歩きが出来だすとトイレが出来るのです。

次の

ロイヤルロックプードル, 栃木県足利市のプードル犬ブリーダー、ロイヤルロックプードルズ。トリミング教室・子犬の販売等も行っております。 2009

タイニー プードル 後悔

トイプードルよりも小柄で、愛らしいタイニープードル。 その可愛い姿を見て、飼ってみたいと考えている方は多いのではないでしょうか。 しかし、ただ可愛いからという理由だけで犬を飼うのは 禁物です。 犬の性格や特徴を知らずに飼うと、飼い主も犬もつらい思いをすることとなる可能性があるからです。 特にタイニープードルのような 超小型犬は、一般的な犬と比べて病気やケガをするリスクが高いといった特徴があります。 そのため、飼う方が常に気をつけてやらなければなりません。 そこで、この記事ではタイニープードルについて、• 性格と特徴• 家族として迎える際の注意点• 飼い方のコツ• かかりやすい病気• ペット保険 タイニープードルは約10年前に誕生したとされています。 もともと、トイプードルを繁殖させる際に偶然に生まれた犬です。 しかし、その愛らしさから、タイニープードルと名づけられて、トイプードルとは区別されるようになりました。 トイプードルの先祖はヨーロッパ各地に住んでいた犬で、カモ猟に使われていたといわれています。 その犬から16世紀のフランスで、貴族の婦人の愛玩用のペットとしてミニチュアのプードルが誕生。 その後ルイ16世の時代には、トイプードルが作出され、それが評判を呼び、他の国に広まっていきました。 タイニープードルは、その トイプードルの血を引く犬なのです。 しかし、FCI(国際畜犬連盟)ではタイニープードルを 独立した 犬種と認めていません。 そのため、現在ではあくまでもトイプードルの仲間のひとつ、といった扱いをされています。 ちなみに、FCI(国際畜犬連盟)では、プードルを体の大きさによって4つのグループに分けており、トイプードルはそのなかで一番小さなグループに入れられています。 タイニープードルのもっとも大きな特徴は体が小さいことです。 通常、トイプードルとして認定されている犬種の大きさは体高が28㎝まで、体重が4kgまでとされています。 しかし、タイニープードルは、それよりも小さく、体高が 25㎝以下、体重は 2~3kg。 これは成体の大きさなので、子犬はさらに小さくなります。 しかし、その愛らしさから人気が高まっています。 そのため、成犬になるまで、どちらになるのかわからないといった可能性があります。 この点につき、注意が必要でしょう。 タイニープードルのもう一つの特徴として、被毛が シングルコートであるため、毛が抜けにくいということがあげられます。 ただし、そのままにしておくと毛玉ができたりするので週に2~3回の定期的なブラッシングはかかさないようにしましょう。 タイニープードルのオスとメスでは性格に違いがあります。 一般的に、オスは 甘えん坊、メスは 自立心旺盛といわれています。 ただし、この違いは厳密なものではなく、あくまでもそのような傾向がみられるだけ、と考えておいたほうが良いでしょう。 タイニープードルの性格は性別ではなく、個体によって差があるとされているからです。 そのうえで両者の違いを紹介すると次のようになります。 オスは活発で好奇心が旺盛な性格です。 飼い主から離れることを嫌う甘えん坊でもあります。 また、気性が荒いともいわれています。 タイニープードルといつも一緒にいたいと思っている方にはオスがおすすめかもしれません。 一方、メスはおとなしく、従順な性格です。 ケンカも少ないとされています。 自立心が旺盛なため、飼い主に甘えてはきますが、オスのようにいつまでも飼い主から離れない、といったことはないといわれています。 可愛いタイニープードルは飼いたいけれど、いつも一緒にいるのはつらい、という方にはメスがおすすめかもしれません。 タイニープードルは毛色によって性格が異なるといわれています。 しかし、オスとメスの違い同様、こちらもあくまで 傾向としてそのようなことがいえる、というだけで、厳密な立て分けがあるわけではありません。 タイニープードルの毛色は 14色。 主なものにレッド、アプリコット、ブラック、シルバー、ホワイト、クリーム、ブラウン、グレー、ブルー、ベージュなどがあります。 これらのうち、主だった毛色と性格との関係は次の通りです。 毛色がレッドのタイニープードルが特に明るくて元気といわれています。 陽気なキャラなのですね。 反面、他の毛色のタイニープードルと比べると活発すぎるところから、落ち着きがない、ともいわれています。 また、 アプリコットのタイニープードルも活発といわれていますが、活発さ、という点ではレッドよりも劣るとされています。 毛色が ブラックのタイニープードルは飼い主に従順で運動能力も高いのが特徴です。 飼い主に対して従順という点では、毛色が ホワイトのタイニープードルも同様といわれています。 これに対して、マイペースで協調性が低いといわれているのは ブラウンのタイニープードルです。 そのため、しつけがしにくいと感じられることが多いようです。 タイニープードルを単に可愛いからという理由だけでお迎えすることは避けるべきでしょう。 タイニープードルは生き物であり、お迎えする以上、最後まで面倒をみることが前提となるからです。 お迎えした時には、可愛いと思っていても、しつけがうまくできなかったりして、当初の気持ちが薄れ、飼うことに 苦痛を覚えるようになってしまった例は多くみられます。 そのようなことにならないために、タイニープードルを迎えるというのは、 苦楽をともにする 相手を選ぶことだという 認識をもつことが大切でしょう。 相手は生き物ですから、必ずしも飼い主の思うとおりになるとは限りません。 場合によっては飼育を 放棄したい気持ちになることさえあるかもしれません。 しかし、それを乗り越えていくなかに 信頼関係が築かれることを 銘記したいものです。 そこで大切になるのは、タイニープードルの購入方法です。 通常、タイニープードルは、ペットショップやブリーダーなどから購入します。 その際には、購入した 後も 親身になって 相談に応じてくれる ペットショップもしくは ブリーダーを選ぶようにしましょう。 優秀なペットショップの担当者やブリーダーは飼育に関して有益な アドバイスをしてくれます。 お迎えしたタイニープードルの飼育に悩んだ時、ともに悩んでくれる人がいるのはとても心強いからです。 タイニープードルの価格は、同じ犬種のカテゴリーに入るトイプードルと比較して高額とされています。 具体的には、タイニープードルの子犬で20万円から30万円といわれています。 タイニープードルがトイプードルよりも体が小さく、繁殖に手間がかかるというのがその理由です。 基本的にタイニープードルは成犬の体高が25㎝以下、体重は2~3kgとされています。 そのため、この 規格に合わなければタイニープードルとは認められず、トイプードルとされてしまいます。 タイニープードルとして認められる数が少なく、 希少性があるため、 高額となっているのです。 タイニープードルを選ぶ際に注意しなければならないのは、当初はタイニープードルとして購入した子犬が成犬になった時に、決められた規格を超えてしまったり、その反対に小さかったりする可能性があるという点です。 あらかじめ、この個体がタイニープードルであることを確定するのが難しいのが現状です。 子犬がタイニープードルであることを見分ける際の一つの 目安とされているのが、 子犬の 体重です。 生後2ヵ月の子犬の体重の3倍、もしくは生後3か月の子犬の体重の2倍がタイニープードルの成犬の体重となるといわれています。 そのため、生後2ヵ月ないし3ヵ月の子犬の体重を調べることで、その個体がタイニープードルである可能性を高くすることができるのです。 さらに、その個体の 親や 血統などを確認することも必要でしょう。 親や血統を確認することで、そのような被害に遭うリスクを減らすことができます。 先述した通り、 タイニープードルの寿命はトイプードルとほぼ同じといわれています。 しかし、タイニープードルは、ペットとして人気が出てきて、まだ10年程度。 そのため、最高寿命などくわしいことはわかっていません。 ちなみに、トイプードルでは20歳298日という記録があります。 タイニープードルがかかりやすい病気には 骨や 関節に関するものの他、 心臓や ホルモンの異常に関するものが多くなっています。 具体的には、次の通りです。 膝蓋骨脱臼(膝の皿がずれてしまう病気で、小型犬に多いとされる)• 大腿骨頭壊死症(大腿骨への血行が悪くなることで、大腿骨頭が壊死してしまう病気。 小型犬に多いとされる)• 白内障• 涙管閉塞(涙の通り道になっている鼻涙管が詰まってしまうことで、涙が多量に出て涙やけや皮膚炎といった症状を引き起こす病気)• 気管虚脱(喉から肺へと空気を送る気管が変形することで、呼吸困難の症状を引き起す病気。 小型犬に多い)• クッシング症候群(副腎皮質ホルモンの過剰な分泌によって様々な疾患を引き起こす病気。 症状としては、多飲多尿、脱毛、肥満、皮膚の石灰化などがある。 僧帽弁閉鎖不全症 (心臓にある僧帽弁の機能が落ちることで、血液が逆流する病気。 症状が進むとチアノーゼや呼吸困難といった症状を引き起こす) タイニープードルの性格や特徴について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。 今回のこの記事のポイントは、• タイニープードルは賢くて社交的な性格だが、オスとメスで傾向に違いがある• タイニープードルは超小型犬のため、骨折するリスクが高いので、運動させる際には周囲の状況に注意する必要がある• タイニープードルの寿命やかかりやすい病気はトイプードルとほぼ同じ• タイニープードルのペット保険を選ぶ際には、治療費をどこまで負担するのかを検討することが必要.

次の