全国 国民 年金 基金。 国民年金基金に破綻リスクはあるの?加入するメリット・デメリットも解説

ついに天下統一なるか?国民年金基金の合併の行方

全国 国民 年金 基金

国民年金基金とは 国民年金基金とは 、国民年金のみとなる自営業者・フリーランスの方が、を増やす選択の一つとして設けられている制度です。 (会社員で厚生年金保険に加入している人は対象となりません。 ) 国民年金や厚生年金保険のように、強制的に加入する『公的年金』とは異なり、国民年金基金は各々の判断で任意で加入できる『私的年金』の一つとなります。 自営業・フリーランスの方は、厚生年金がないため、老後にもらえる年金を増やす手段として、 国民年金基金が利用されます。 対象者・加入条件|誰がもらえるの? 国民年金基金はどんな人が対象になる制度なのか、こちらでご紹介します。 対象となるのは、自営業・フリーランスの方です。 逆に会社員の方で、厚生年金保険に加入されている方は、国民年金基金に加入することはできません。 では加入するための条件をもう少し詳しく見ていきましょう。 国民年金基金の対象者は下記のように定められています。 掛け金と受給金額|いくらもらえるの? 公的年金である国民年金と異なり、 国民年金基金は各々がプランを選んで入ることができます。 そのため、将来的にもらえる年金の額も、加入したプランの掛け金によって変化することになります。 1:掛け金について 用意されているプランは全部で7種類あり、 掛金の上限は月額68,000円です。 1口目は終身年金のA型またはB型の2つから選択することになり、2口目以降は7種類から自由に組み合わせて選ぶことができます。 尚、月額の掛け金は1口目が1~2万円、2口目以降は0. 5万~1万円です。 加入時の年齢によっても変化します。 2:受給金額について 受給金額については、選択したプランによって異なります。 詳細は国民年金基金のシミュレーターで確認してみましょう。 参考までに現在35歳の方が加入した場合は、以下の通りです。 65歳から受給できるので、81歳の頃ですね。 これよりも長生きすれば得という見方もできるでしょう。 また、上記は税金の軽減見込みを算出していないため、実際にはいくらか負担は減ることになります。 いずれにしても、老後の生活だけに捉われず、今の生活に無理がないように判断すべきです。 少ない掛金で老後の年金を増やしたい場合は、「」も利用できます。 これらを踏まえて、自分にはメリットがありそうだと感じた人は活用しましょう。 受給方法・申請手続き|どうやったらもらえるの? 国民年金基金の申請手続きについてお知らせします。 まずは国民年金基金のサイトから資料を請求しましょう。 資料の中に「加入申出書」があるので、必要事項を記入し郵送します。 郵送された資料を元に、加入手続きが進められます。 こちらで登録が完了すると、加入会員証が送られてきます。 (加入の申し出から1~2ヶ月かかります。 ) あとは、選択したプランに沿って、支給対象となるタイミングで国民年金基金から年金が支給される形となります。

次の

全国国民年金基金所在地

全国 国民 年金 基金

国民年金基金連合会の設立および目的 国民年金基金制度は、国民年金法の規定に基づく公的な年金であり、国民年金(老齢基礎年金)の上乗せとして、自営業の方やフリーランスの方など国民年金第1号被保険者の方について、老後の所得保障の役割を果たすものです。 この運営を担う国民年金基金(以下「基金」といいます。 )は、厚生大臣(当時)の認可を受けた公的な法人で、平成3年5月に全国の47都道府県で「地域型基金」設立され、併せて25の職種について順次「職能型基金」が設立されました。 平成31年4月には、全国47都道府県の「地域型基金」と22職種の「職能型基金」が合併して「全国国民年金基金」が設立されました。 「全国国民年金基金」には、国民年金第1号被保険者の方が加入できます。 また、3職種の「職能型基金」には、各基金ごとに定められた事業または業務に従事する国民年金第1号被保険者の方が加入できます。 国民年金基金連合会(以下「連合会」といいます。 )は、国民年金法(昭和34年法律第141号)第137条の2の5の規定に基づき、転居や転職により基金の加入員資格を60歳到達前に喪失された方で加入員期間が15年未満の方(以下「中途脱退者」といいます。 )等への年金および遺族一時金の支給を共同して行うため、基金が会員となり、平成3年5月30日に厚生大臣の認可を受けて設立されました。 現在、設立されているすべての基金が、連合会の会員となっています。 また、平成14年からは、確定拠出年金法(平成13年法律第88号)第2条の規定に基づき、確定拠出年金の個人型年金の実施主体として、個人型年金規約を作成するとともに、加入者の資格の確認、掛金の収納等の業務を行っています。 上記以外に、会員である各基金に対し、次の業務を行っています。 各基金が支給する年金や一時金の支給が将来にわたり安定的に行われるようにするために、納めていただいた掛金をまとめて大きな単位として運用することにより、安全かつ効率的に運用する事業(、)• 事務処理を効率的に行い、経費の軽減を図るため、事務処理を一括して行う事業()• 評議員会は、会員である基金の理事長から互選された評議員と会員である基金の理事長の過半数の同意を得て学識経験を有する者のうちから理事長が委嘱した評議員により組織された機関で、主に連合会の規約、予算、決算等に関する議決を行います。 (定数12名) 理事会は、評議員から互選された理事と学識経験者から選任された理事により組織され(定数8名)、その中から選挙された理事長が連合会を代表し、業務を執行します。 監事は、評議員から1人を互選し、評議員会において学識経験者からもう1人を選任し、連合会の業務の監査などを行います。 交通のご案内 所在地: 〒106-0032 東京都港区六本木6丁目1番21号 交通: 東京メトロ日比谷線 「六本木駅」下車 3番出口徒歩2分 都営大江戸線「六本木駅」下車 徒歩3分 電話: 03-5411-0211(代).

次の

国民年金基金制度

全国 国民 年金 基金

この記事の目次• 付加年金と国民年金基金の共通点&相違点 付加年金と国民年金基金、どちらも国民年金に上乗せする年金なのですが、何がどう違うのかわかりにくいですよね。 まずは両者の違いを比較していきましょう。 付加年金 国民年金基金 加入対象者 第1号被保険者/任意加入被保険者 65歳以上の者除く 加入条件 国民年金保険料を納付していること(未納・免除・猶予の場合は不可) 途中の掛金払い戻し 不可 給付方法 定額が支払われる確定給付型 所得控除 で全額所得控除される 物価スライド なし(インフレになると資産価値が目減りするリスクがある) 掛金 月額400円 上限月額68,000円 途中変更 選択肢なし 1口目は変更不可。 付加年金は少額で単純であるのに対し、国民年金基金は金額も大きくプランも色々選べるので、より本格的な資産運用になります。 付加年金と国民年金基金は併用できないので注意! 余裕のある方なら、より老後資金を増やすために「付加年金と国民年金基金のどちらも加入したい!」と思われるかもしれません。 しかし、 付加年金と国民年金基金は併用できないことになっています。 何故なら、国民年金基金の1口目に既に付加年金が含まれているので、併用すると付加年金に二重に加入することになってしまうからです。 (参考元: ですので、加入する際はどちらか一方を選択する必要があります。 付加年金と国民年金基金、結局どっちがおトクなの? 付加年金と国民年金基金。 実は、 どちらの方がおトクかは一概には言えません。 どちらにもメリット・デメリットがあるからです。 付加年金のメリットとデメリット まずは、付加年金のメリットとデメリットから見ていきましょう。 付加年金と比べるとリターン率が悪い• 付加年金と違い国による運営ではなく、また財政状況に鑑みると今後制度が破綻するリスクがある• インフレに弱い 国民年金基金のデメリットは、が長年不足し続けていることや、加入者数が減少し続けていることなど、 財政面での不安要素があることです。 (参考元:) 国民年金基金は途中脱退不可なので、突然資金が途絶えて破綻するということはないでしょう。 ただし、何十年か後に年金を受け取る時、 当初予定されていた金額通りの年金が貰えなくなるリスクはあるかもしれません。 (といっても破綻リスクは僅少ですけどね。 そういう可能性があることだけは知っておいてほしいです。 ) このようなデメリットもありますが、自分の事情に合わせてプランが選べ、年金額もそれなりにもらえるので老後資金対策としては有効だと思います。 付加年金にも国民年金基金にもそれぞれメリット・デメリットがあるので、自分の好みや事情と照らし合わせて検討して下さいね。 個人型確定拠出年金(iDeCo)も検討してみよう! また、老後資金を増やすために、 「個人型確定拠出年金(iDeCo)」という制度も選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか。 掛金はとして所得控除される (所得控除という意味では付加年金・国民年金基金と共通)• 受け取るときの税金も優遇される (付加年金・国民年金基金と共通)• インフレリスクに強い• 運用益が非課税(通常の投資は利益が出たら課税される)• 口座管理手数料や信託報酬などの費用がかかる• 投資商品を自己判断で購入するので、掛金より大きく増えることもあれば、掛金より下回って損になる可能性がある(また、それゆえ基本的に終身年金とはならない) 付加年金・国民年金基金は将来もらえる年金額が決まっているのに対し、 iDeCoは運用実績によって受け取れる年金額が変わってくるのが一番の違いです。 iDeCoは節税効果が高く、上手に運用すれば大きなリターンが得られますが、将来の年金額の見通しが立ちにくい上、運用に失敗すれば損になるリスクがあります。 また、 iDeCoは付加年金・国民年金基金それぞれと併用することができます。 (ただし掛金の合計が月額68,000円以下になることが条件) iDeCoに加入するかどうかも、付加年金・国民年金基金を選ぶ際の判断材料になるでしょう。 なお、iDeCoについては、下記の記事にて詳しく解説していますので、こちらも併せてご参考にしてくださいね。 イデコ(iDeCo)とはなんぞや?メリット・デメリットを踏まえて分かりやすく解説!【記事未了】 あなたにオススメの年金制度はコレ!選び方を解説 老後資金をおトクに増やすためには、それぞれの制度のメリット・デメリットを考慮して、自分の事情に合うものを選ぶのが良いでしょう。 最後に、年金の選び方のポイントをお伝えしておきますので、よかったら目安にしてみてくださいね。 付加年金がオススメの人 付加年金単体では、満額でも年間96,000円(月額8,000円)しかもらえません。 これだけでは老後資金として不十分ですが、そのリターン率の高さと確実性は大きな魅力です。 そこで、付加年金がオススメなのは以下のような方です。 投資に苦手意識があり、iDeCoは検討していない方• 掛金の所得控除で、個人年金より節税したい方• 老後の計画を立てるために、あらかじめ将来の年金額を知っておきたい方 国民年金基金は、将来もらいたい年金額に合わせて掛金やプランを柔軟に変更できるのがメリットです。 掛金や将来の年金額は国民年金基金のを使って計算することができますので、一度試算してみると良いでしょう。 まとめ 自分にはどちらの年金が合っていると思いましたか? 付加年金と国民年金基金は、そもそも規模が違うためどちらがおトクか比較することは難しいです。 あなたの好みや経済状況、他の老後資金対策の有無などを総合的に判断して、どの年金制度に加入するかを決めてくださいね。 全体的な老後資金の貯め方については下記記事で紹介しています!.

次の