デレステ 編成 ユニゾン。 【デレステ】トリコロール・シンフォニーの放置編成

【デレステ】ユニゾン系ユニットの評価と考察

デレステ 編成 ユニゾン

本日登場した限定ガシャ「短冊なびく七夕祈願まつりガシャ」において、新たなセンター効果 「 ユニゾン」と特技 「 アンサンブル」が登場しました。 理想編成が変わるような強力な特技でしたので、「ユニゾン」「アンサンブル」について考えてみます。 「アンサンブル」の秒数・カバー率・倍率 順位 秒数 継続時間 s 最大発動回数 合計発動時間 s 最大カバー率 性能比 1 7高 4. 5 17回 76. 5 60. 71 1. スキブの7高とは継続時間が異なります。 これは倍率が非常に強力な以上仕方がないですね。 倍率については「特大アップ」との記載しかないため、実際の倍率を検証します。 楽曲は「Stage Bye Stage」のDEBUT。 スコア計算の詳しい方法はwikiとかを見てください。 後で自分でも使えるように 一応自分が検証したデータだけ置いておきます。 2 アピール値 18コンボ時 19コンボ時 上昇値 スコア入り 67,725 12,531 13,427 896 コンボナ入り 68,672 13,117 14. 031 914 コンセ入り 67,756 12,715 13,661 946 計算したのはとりあえず、「スコアアップ」「コンボボーナス」「コンセントレーション」の3つ。 スキブよりさらに4〜5%倍率が上がります。 「アンサンブル」のカバー率がいくら低めとは言っても、 倍率ではスキブなしのユニットからスキブありのユニットに変わるくらいの違いがあります。 他にもオバロとスコアアップなんて1%しか変わらないのにスコアが1〜2万くらい変わってくるし、コンセなんて倍率が3%上方修正されてあそこまで強くなったことを考えれば「アンサンブル」の強さもなんとなくのイメージがつくかと思います。 めちゃくちゃ強いです。 適当な予想ですが、センター効果の強さも併せ考えるとこれまでより5万以上スコアが伸びそう(もっと強いかも)。 「ユニゾン」「アンサンブル」を使った理想編成予想 自分が引いていないのと、スコアの計算もできていないので、あくまで現時点の理想編成の暫定的な予想です。 今後詳しくわかってきたら追記していきます。 「アンサンブル」が回復効果に乗らないのは少し気になる。 回復SSRなら大丈夫だと思うけれど、回復役にオルランを代用していた場合は厳しくなるかもしれない。 楽曲にもよるがアクトがおすすめ。 Coolはロング主体の楽曲が多いとはいえ、フリックアクトが登場してからが本番。 自由枠にオバロや秒数の異なるコンセを入れても良い。 コンセのグレ率が気になる場合はスコアは若干落ちるがパフェサポの採用もあり。 「アンサンブル」のカバー率が低いことを考えれば、スキブと併用も強いかもしれない。 今後「アンサンブル」持ちのアイドルが増えたらアンサンブル2枚体制もあり得る? 全タイプ曲• まとめ 最近デレステの変化が凄まじいですね。 デレステではフェス限が全タイプ向けアイドル、限定が属性曲向けアイドルという傾向だったので、属性曲向けの特技効果アップ特技が登場したのは自然な流れだとは思います。 フェス限だけ引いていれば問題ないし、限定は趣味!みたいなスタイルのままでも良かったのですが、やっぱり一番入手難度の高い限定が強いというのも納得はできます。 さて、今後はCuteやPassionのユニゾン持ちが限定で登場してくると思うので、スコアタ勢はなかなかガチャが重たくなってきそうです。 今回もフェスで疲弊した直後の登場でしたしね。 茄子Pなんかはまさかこの時期での登場は予想もしていなかったでしょうから尚更阿鼻叫喚かもしれません。 非常に強力なスキルの登場だった今回ですが、今まで7高のある強力特技はより強い秒数である9高や11高が登場していたので、今後より強い秒数でアンサンブルが出てくることも考えておいても良いかもしれません。

次の

【デレステ】レゾナンスの評価と考察

デレステ 編成 ユニゾン

【2019. 1】「GRAND LIVE」に関して追記等 【2019. 5】「ユニゾン」「アンサンブル」の登場による追記 デレステの理想編成紹介。 2019年上半期の主な変更点• 8高回復の登場(2019. 4) 8高回復が実装されたことで、回復スキルのランキングが変動。 それに伴い属性曲の理想編成における《プリスパ編成》の回復枠が8高に変更されました。 シナジー3周目の登場(2019. 31) なぜかこれまでDa特化の13高スパークルは実装されていなかったのですが、2019. 31の限定ガシャで《 双葉杏》が登場。 続けて翌月の限定ガシャで《 藤原肇》が登場したことでDaトリコでも13高スパークルを使った《トリコスパークル編成》が組めるようになりました。 編成の基本• 《センタースキル》を選ぶ(全属性曲:トリコロール、属性曲:ユニゾン、が最も強い)• 《コンボボーナス系特技》と《スコアアップ系特技》に特化したアイドルをそれぞれ1人ずつ入れる• (コンボナ系特技にスパークルを採用した場合は回復要員を入れる)• 《特技効果アップ》特技を入れる• ユニット内のコンボボーナス同士、スコアアップ同士の秒数が被らないようにする 複合特技 コンボナ スコア 特技up 自由枠• 複合特技:フォーカス、シナジー、コーディネイト• コンボナ特化:スパークル、コンボナ、(オルラン)、(チューニング)• スコア特化:オバロ、アクト、コンセ、スコア• 特技効果アップ:アンサンブル、スキブ 基本的にはこれでOK。 あとは各特技で最も強い秒数のアイドルで組めれば理想編成の完成。 特技の強い秒数については、以下の『特技の秒数による強さまとめ』の記事を参照。 楽曲や難易度によって最適な編成が変わってくる場合があります。 センターは真ん中ではなく先頭に配置しているアイドルです。 ライフスパークルがいる場合はライフが305になるように、ライフポテ振り(ゲストのライフポテは考えない)。 その他総合的な判断により若干例外的な振り方をしている場合あり。 ポテ振りについてはあくまで参考程度にどうぞ。 以下属性曲の理想編成の項目でも同じ。 全タイプ曲では、センタースキルは《トリコロール》を使うため、 特化ステがずば抜けて高くトリコと相性の良い《シナジー》が圧倒的に強い。 全タイプ曲の方が基本的には属性曲よりもスコアが出る上、 トリコ編成はほぼフェス限だけで組めるため、組みやすさの観点からも非常におすすめ。 以下の編成ではゲスト無しで3属性揃うようにしてあるが、 ゲストが使える場合トリコはゲストの属性込みで3属性揃えば良い。 トリコ編成は属性曲でも十分強力。 イベントでも金トロくらいなら獲得できる。 もっとも、 シナジー持ちの特化ステが高すぎるため、スコアアップに特化した特技を採用するよりも3枚目のシナジーを入れたほうが強くなってしまった編成の基本の例外パターン。 強い上に曲を選ばない編成。 3つの中では トリコに4高があるViが若干優勢。 シナジーと秒数のかぶるトリコは使いづらい。 Grooveで使う場合は、同属性のアイドルが3人になるようにトリコかスキブの枠を変える。 スパークルの倍率が非常に高いため、コンボナ トリコ を採用しているにも関わらず、スコア特化特技よりスパークルを入れたほうが強くなってしまったパターン。 ライフが305以上になるようにライフポテを振らなければならないのもデメリット。 また、スパークルは楽曲によっては13高がもっとも強くない場合があるが、シナジーとの秒数の兼ね合いからそういった楽曲でも結局13高を使うことになりがち。 この編成もやはり トリコに4高があるViが若干優勢。 さらにViの場合は自然な形で Cuが3人入るため、Grooveでも強い。 楽曲のノーツの構成に大きく左右されるアクト採用型。 楽曲次第では最も強い。 基本的には高難易度曲向けの編成。 今後アクト持ちが増えればさらに編成の幅が広がりそう。 属性曲の理想編成 属性曲の理想編成は限定アイドルが多く編成難度が高い。 ただどう組むのが最も強いかは、まだ予想の段階なのでこの編成を暫定にしておきます。 シンプルに、これまでのスキブの代わりにアンサンブルを入れたもの。 「アンサンブル」が回復効果に乗らないのは少し気になる。 回復SSRなら大丈夫だと思うけれど、回復役にオルランを代用していた場合は厳しくなるかもしれない。 ユニゾンを使った他の編成案等、以下の記事も参照してください。 プリスパ編成(旧理想編成) 2019. 《7中オバロ》《11中コンセ》の2つについては、腕次第(Great率次第)では《11中コンセ》の方が強くなる。 【2019. 《アクト》は楽曲の構成次第だが、ハマれば強い。 スパークルに関しては楽曲によって13高ではなく11高や9高が一番強い場合がある。 フォーカスの《 島村卯月》と恒常の《 白雪千夜》が総ステ最高値持ちなので、 Cuが一番アピール値が高くなるため強力。 《フリックアクト》《ロングアクト》共に強く使える場合なので、相当楽曲は限られる。 理想編成になるのはかなり例外的だと思う。 現状Cuでしか組めない上に、《 プリ卯月》《 千夜》《 ちとせ》の3人が総ステ最高値持ちなので、どのみちCuで組むのが最も強いためCuのみの紹介。 ーーーーーーーーー このブログでは各イベントの記事で、そのイベントにおける理想編成の検討もしているのでそちらも合わせてどうぞ。 最新のイベント• アタポン:• Groove:• Parade: GRAND LIVE の理想編成 基本的には同じ構成の理想編成3つで組む。 また、アクト系特技は「GRAND LIVE」には向いていないため、スコア特技枠はコンセ推奨。 GRAND LIVEでは、 ユニット毎に特技の発動タイミングがずらしてあるため、異なるユニット間の同じ特技は秒数を揃えると発動が被らない。 そのため、 特技と秒数が同じ構成の編成3種で組むのが良い。 異なるユニット間で同じ特技の違う秒数を採用すると、特技の発動被りが生じてしまいスコアは低下する。 下記記事についても参照。 楽曲と一致した属性で総ステ最大値( 15928)のアイドル10人(ステポテ30)でサポメンは最大値。 これらのアイドルのステは全体的に高めに割り振られており、特化ステはあまり高くない。 Grooveのサポメンについて Grooveでのサポートメンバーの理想値は202280。 GrooveイベントではサポメンにもGrooveの種類に応じたボーナスがサポメンにかかるため、サポートアピール値が通常よりも高くなる。 そのため、特化ステが極端に高い《シナジー》持ちが最もサポメンに適する。 Grooveの種類に応じた《シナジー》持ちアイドル10人(ステポテ30)で最大値。 uraichis.

次の

【デレステ】ユニゾン系ユニットの評価と考察

デレステ 編成 ユニゾン

2020年の目玉スキル トリコロール・シンフォニー スキルからしてスコアの 伸びも気になりますが、 放置編成は? って人多いかなと思います。 やってみましたができました。 検証動画です。 素人なので、 動画の質については勘弁してください。 最後に各メンバーのポテンシャルも載せています。 終了時のライフの残量を見ても、 7秒スキブより使い勝手がいいかもです。 個人的にこの結果は意外でした。 というのも7秒スキブで、 放置編成が難しくなったことから、 今後は放置編成が容易な 秒数はこないと算段していたので。 スキブですが、 単色ではユニゾン トリコではシンフォとでてきましたが、 センター効果が 特技発動率50%上昇もあり、 オワコンにはならないかと。 というのも放置編成で概ねの ライブクリアするときって、 スキブのサポメンとセンター効果が 必須なんですよね。 もちろんサポメンが スキブでなくてもできますが、 特技発動率の関係上 失敗する場合があるので、 確実に成功させたい場合は要注意です。 後、スキブは単色編成でも 放置編成が可能なので。 というか、 希少価値の高いフェス限でしか 登場していないので、 スキブはまだまだ重宝するかと。 ちなみに、9秒のトリコ・シンフォには、 9秒の判定強化を入れておいた方が良いです。 12、15秒では、スコアが下がります。 曲によっては9秒の判定強化のみでも、 クリアとSランク取れそうです。 コンセでも可能でした。 gannzu.

次の