スロット 設定6 打つなら。 店長として「設定6」なら何を打つか

パチスロの6号機を打つならどの台?今おすすめの注目機種2019まとめ

スロット 設定6 打つなら

ガックンチェックで「据え置き」狙い! まず、朝一ならではのジャグラーの高設定台を見分ける方法ですが、「 ガックンチェック」呼ばれる攻略法があります。 「ガックンチェック」とは、ジャグラーの設定を変えた後に1G目のリールが「ガックン!」と揺れることからそう呼ばれるようになりました。 実際にどんな感じでリールが「ガックン!」と揺れるのかについて、動画を上げている方がいたので見てみましょう! こんな感じで台を開けてリールを触った後も、「ガックン!」を確認することができます。 (動画だと「ガックン!」が見えないと思った方も多いと思いますが、実際に自分が台を打つ時にビックボーナス後の1G目に「ガックン!」が確認できますので、それを見るとわかると思います。 ) 「ガックンチェック」をどう利用するのかと言うと、前日に高設定だった台を朝一に「ガックンチェック」で調べてみて、1G目のリールがガックンしなかったら「 据え置き」の可能性が高いという事です。 その場合は当日も 高設定である可能性が高いということになります。 補足 「据え置き」とは、当日の台の設定が、前日の設定と同じで変更されていない台のことを言います。 ただ、「ガックンチェック」の注意点があります。 それは、ホール側が「 ガックンチェック対策」として、朝一に すべての台を1G回している可能性があるということです。 「ガックンチェック対策」がされているかどうか調べる方法があります。 それは、「 1枚掛けを2回行い、データカウンターの数字が「1G」とカウントされるかどうか」を見る方法になります。 ジャグラーの仕様では、コインを3枚使用して遊戯をされた場合に「1G」カウントするようになっています。 ・・・ということは、誰もまだ座っていない朝一の台で自分が2枚しか使用していないのにデータカウンターに「1G」と表示されている場合は、お店側が既に1回回していることになります。 自分がよく行くホールが、「ガックンチェック対策」をしているのかどうかは、しっかりと調べておきましょう。 注意 「ガックンチェック」は設定を変えていなくても、店員が台を開けて中のリールを触った場合も起きる現象なので、 絶対ではありません。 あくまで参考程度と考えてください。 スポンサーリンク ゾロ目ボーナス演出で据え置き濃厚! アイムジャグラーの場合、ボーナス後100G以内のゾロ目ボーナスで「運命」のBGMが流れるのはご存じですよね? ・・・ということは、もし朝一でジャグラーを回して 最初のビックボーナスで「運命」が流れた場合は、「据え置き」の可能性が濃厚です! その場合は、前日のボーナス後から数えて100G以内にビックボーナスを引いたことになるからです。 もしも朝一ですぐに「運命」が流れた場合は、前日のデータを確認するようにしましょう。 注意すべきポイント ここで朝一にジャグラーを打つ際の注意点についてお伝えしていきます。 ジャグラーで安定して勝つための重要なポイントにもなりますので、参考にしてみてください。 今回注意すべきポイントは以下の2点になります。 多額の投資は危険!• 朝一は台移動も難しい それぞれ順番に解説していきます。 多額の投資は危険! まず、「ガックンチェック」など朝一に高設定を見分ける方法はあるものの、当日その台が本当に高設定なのかは たくさん回して見ない事には確信を得ることはできません。 出だしは好調で高設定の数値を維持していても、5000G目で低設定の数値になっている可能性も考えられます。 もしかしたら前日の台の数値は高設定だったとしても実際は低設定だった可能性もありますし、ホールがガックンチェック対策をしていて、ガックンチェックが有効ではなかった可能性だってあります。 もし予想を外していて低設定の台を打っていたとしても、大きな損失にならなないように 多額の投資は避けた方が賢明です。 朝一は台移動も難しい 「これ高設定じゃないかも?」と思ったら、より高設定の可能性がある台に移動しますよね。 ただ、朝一から打ち始めた場合、他の台の総ゲーム数は多くないため 参考になるデータはとても少ないのが現状です。 この状態では、「 勝つために高設定台に座る」といった戦略が難しくなってしまいます。 朝一でジャグラーを打ち始めた場合は、高設定への台移動が難しいといったデメリットもあります。 スポンサーリンク まとめ 「 ジャグラーの朝一での台選びの攻略法」と、「 朝一の台選びの注意点」について紹介してきました。 朝一でジャグラーを打つ時の攻略方法は、「 ガックンチェック」や「 ゾロ目ボーナスBGMの確認」といった朝一ならではの戦略があって面白いと思います。 ただ、当日その台が高設定かどうかを判別する一番良い判断材料となるのは、「当日の数値」になるので、ジャグラーを打ち始めたばかりの初心者の方が朝一で打つことをあまりオススメしません。 朝一の段階ではその台が高設定かどうか見分けるのは正直難しいので、収支がプラスになったら早めに切り上げるなど、「やめどき」を早くしてみると良いと思います。 関連記事.

次の

スロット現行機種おすすめランキング2019【初心者必見】

スロット 設定6 打つなら

Q お久しぶりです。 質問させて頂くのは2度目になります。 簡潔にお聞きします。 設定狙いで5をツモった場合は終日打つ意味があるのか、機種によるならば機械割がいくつ程度あれば意味があるのかです。 ご回答お待ちしております。 よろしくお願いします。 A 質問ありがとうございます。 自分は基本的に、機械割104%以上が確定している台なら、打つ価値ありと判断しています。 まあ日当レベルとしても、納得行ける数値だと思います。 天井狙いで打ったとしても、大体下見なしで取れる期待値は一日20000円くらいのため、終日打ってそれくらいの期待値が取れればOKという判断です。 逆に103%以下であれば、天井狙いの方が効率よく立ち回れるため、打つ価値は無いかなーと思ってますね。 言葉が足りなくて誤解を招いたのかもしれませんね。 すみません。 ただ、今回の質問に対してのたけしさんの返答がハイエナの1日つめる期待値と設定でかわる機械割から考える収益を照らし合わせて、返答されているので、機械割の数値通りに利益を上げるためには、7000Gは回さないとだめですよねって話です。 誰にもできることではないも思うんですよ。 それなら、たけしさんもおっしゃるように、ハイエナしていろんな台を打ってる方が精神的に楽というか、楽しいというか、ってことです。 打つか打たないか迷う人は収支に関係なくっていうのはちょっと違うと思いますよ。 笑 私はしっかり収支を毎月上げることを目標にしてますからね。 ただ、これは本当に個人の自由だと思うんですよ。 何度もいってるように、どちらも正解だと思いますよ。 結局は最終的には個人の稼働スタイルなんだと思いますよ。 おそらく、正解はなくそれぞれの稼働スタイルそのものだと思いますよ! たけしさんもおっしゃってますが、私も同じ考え方で、期待値のある台を探す時に「ないかもしれない」という前提で探してるわけではないので、 あることが前提で稼働する地域を考えたりしてるわけですよね。 そうだとすると、設定6以外の高設定を打つ価値をそこまで感じないわけです。 これは、稼働してる地域や稼働に対する思考、周りの状況を考慮した稼働スタイルなんで、その一つの稼働スタイルが正解か不正解かなんてないとおもうんです。 6以外の打つ価値なし!っておっしゃる人も、それはそれで正解だし、いやいや、設定5なら私の地域に限定するなら打ち価値はある!っていう人も正解なんですよ。 そういうもんだと思います。 個人的には、もしハイエナより設定5を7000G〜8000G回した方が稼げるなら、私はその地域を離れるか、引退を考えますね。 今のAT機の6以外の台を8000Gも回したくないんで。

次の

パチスロ6号機打つなら、代わりにブログ書いて月5万円を稼ごう

スロット 設定6 打つなら

スロットの月曜日~金曜日と土日祝の比較 パチンコ店にスロットを打ちに行く場合、月曜日~日曜日の一週間の中で 一体どの曜日が勝ちやすいのでしょうか? 新台入替えや月初や月末などの条件を一切考慮せず、単純に曜日だけで比べた場合で考えてみます。 これは間違えなく、月曜日~金曜日の平日と土日祝で大きく勝ちやすさが変わります。 もちろん土日祝に比べて、 月曜日~金曜日の平日の方が設定が甘くコインが出やすいです。 反対にパチンコ店で、月曜日~金曜日の平日の方よりも、土日祝の方が出やすい設定にするホールってあるのでしょうか? 平日に設定や釘を閉めて回収し、土日の週末に出していては、パチンコ店の経営は成り立ちません。 パチンコ店に限らず、サービス業はすべて「月曜日~金曜日の平日はサービスを行い、週末の土日や祝祭日はノンサービス」というのが一般的です。 例えば、飲食店のランチ。 月曜日~金曜日の平日はランチサービスをやっていますが、土日はランチサービスがない飲食店が多いです。 テーマパークなども、月曜日~金曜日の平日は割引サービスがありますが、週末の土日は割引しない。 このサービス業界で月曜日~金曜日の平日が優遇されるのは、言うまでもなく世間の大半の人が会社や学校があり、来店客数が少ないからです。 そこで他店と差別化するために、料金を割引したりするのです。 反対に土日祝は、会社や学校が休みになり多くのお客さんの来店が見込めます。 世間の人たちは、週末は家族で出かけたりしますよね。 土日祝は来店客数が見込めるので、わざわざ割引サービスなどをする必要がないのです。 これはパチンコ店も同じです。 月曜日~金曜日の平日は、余程の人気店でない限り稼働率は伸びません。 月曜日~金曜日の平日の平日で7~8割も稼働していたら、そのパチンコ店はすごいですね。 ここまで稼働が伸びると言うことは、それなりに玉やコインを出さないとお客さんも付いて来ないので優良店と呼んでも良いかもしれません。 そこそこのパチンコ店は、月曜日~金曜日の平日なら2~3割稼働がやっとの状況ではないでしょうか? つまりこんなお客さんが来ない、稼働が厳しい月曜日~金曜日の平日に釘や設定を閉めたら、それこそガラガラのホールになってしまいイメージが悪くなってしまいます。 平日の数少ないお客さんに、できるだけ長く打ってもらいたいわけです。 あなたがパチンコ店に一歩足を踏み入れて、ガラガラのホールだったらどうしますか? もしかしたら、誰もいないスロットコーナーがオール設定6かもしれませんよ?(笑) でも打ちませんよね、全くコインが出る気がせず勝てる気もしません。 平日に比べて週末の土日や祝祭日は、お客さんが多く来店します。 ここがポイントで、お客さんが多いのでホール全体が賑やかになり 「何となく玉やコインが出ているように見える」のです。 極端な例を挙げると、仮に先程のオール設定6にしても、誰も打たなければガラガラのボッタクリ店と言われてしまいます。 しかしオール設定1でも、フル稼働すればそれなりに何台かは出るので、全体的にはコインが出ているように見えるのです。 設定1って聞くと、全くコインが出ないように思えますよね? 機械割90%の設定1でも、理論上は「投入したコインの9割は戻ってくる」わけですから、 オール設定1でもフル稼働すればそれなりに出玉感はあるのです。 サービス業って利益ばかり追求してそうですが、まずは来店してもらってお金を使ってもらう、つまり売上が重要なのです。 売上があって、そこから初めて利益が生まれるのです。 ここまでをまとめると・・・ スロットを打つなら週末の土日や祝祭日よりも、月曜日~金曜日の平日の方が確実に勝ちやすいです。 仕事などの都合で土日祝しかスロットを打てない人には、かなり厳しいということになりますね。 「土日禁止令」 土日にパチンコに行くよりか、平日に行って勝つ事が おすすめです。 — スロプロが教える唯一の必勝法 pachinko0358 僕が店長していた時も、月曜日~金曜日の平日よりも 土日祝は釘も設定も閉めて回収していました。 土日祝に玉やコインを出したら、本社にかなり怒られます。 確率の偏りで 出てしまったのはある程度仕方がないですが、土日祝に高設定を入れたり釘を開けたりして 出してしまったのは許されません。 店長ですから、近隣のライバル店のチェックも頻繁に行きます。 ライバル店も同じです。 月曜日~金曜日の平日よりも、土日祝の方が釘も設定も渋いです。 スロットの設定は外観からでは分からないので推測ですが、パチンコの釘は確実に回収釘ですね。 断言します。 スポンサーリンク スロットは何曜日が出やすく勝ちやすい? それでは、平日の月曜日~金曜日をそれぞれ比べてみます。 ・・・とは言っても、これは難しいですね。 他の新台入替えなどの条件がない場合は、平日は何曜日でも極端に設定や釘を閉めることはできません。 一般的に週末に向かうに連れて、釘や設定は閉まっていくと言われます。 でも実際は、そのパチンコ店の営業方針によるところが大きいです。 僕なら平日で出やすいと思う曜日は、 月曜日と金曜日かな?と思います。 土日に予定していたよりも玉やコインが出過ぎた場合、月曜日はいきなり平日の釘や設定に戻さず、少し閉め気味で様子見します。 また月曜日~木曜日の平日の稼働が厳しい週は、金曜日もそのまま釘や設定を甘くして出やすくします。 月曜日~金曜日の平日の稼働が悪いのに、週末の土日の稼働が伸びることは考えにくいからです。 そして金曜日の夕方以降は、それなりに稼働が見込めます。 ここで回収するというやり方もありますが、月曜日~金曜日の平日で回収してしまうと確実に土日の稼働に影響が出ます。 土日すらイマイチな雰囲気になると、またその翌週の月曜日~金曜日の平日が悪くなってしまい悪循環が生まれます。 だから金曜日で玉やコインをある程度出しておいて、ホールの雰囲気を良くしておかなければ週末回収できません。 でも反対に、月曜日~木曜日の平日で出すぎている場合は、金曜日から回収に入りますので過信は禁物です。 月曜日と金曜日は、回収日である土日の前後の曜日と言うことで、店長も釘や設定に調整に気を遣います。 週の半ばは、釘や設定もそのままほぼ流し(据え置き)ということも珍しくはありません。 もちろん極端に出た台や出なかった台は個別で調整しますが、全体としては大きくは設定や釘は触りません。 常連客に パチンコ屋さんの狙い目は、お客様に常連客になってもらいたいのです。 なので平日に甘くして勝たせたいのです。 その反動で土日祝日は、確実に回収しますが😩 嗚呼! — 七福神 shichifukujin03 土日祝のスロットは回収日なの? この様にパチンコ店は、月曜日~金曜日の平日では極端に釘や設定を閉めることはできません。 つまり、週末の土日でしっかり回収するしかないのです。 ホールよって程度の差こそあれ、 どこのホールも平日よりも土日の方が閉めます。 もしあなたが「いや、月曜日~金曜日の平日よりも、週末の土日の方が玉やコインが出てるって!」と思うのなら、やはりそれは先ほど説明した 「ホール全体が賑やかになり、何となく玉やコインが出ているように見える」に 騙されているのです。 パチンコ・スロットとも1台1台を比較すれば、明らかに週末の調整の方が渋いです。 だから僕は、土日にパチンコ店に行きません。 空き台が少なく選択肢が少ない上に、どう見ても釘が閉めてあるからです。 釘が閉まっているということは、スロットの設定も同じですよね。 週末だけパチンコを打つ人は、このことをよく考えてパチ屋の養分にならないように気をつけましょう。

次の