愛にできることはまだあるかい。 RADWIMPSの『愛にできることはまだあるかい』をmp3で無料ダウンロードする方法!アニメの主題歌をフルで聴く

【歌詞の世界】映画「天気の子」愛にできることはまだあるかい

愛にできることはまだあるかい

ピアノ• すべて• 弾き語り• 2台4手• 教則・音楽理論• 合奏・伴奏• その他• エレクトーン• すべて• アンサンブル• 弾き語り• メロディ• すべて• メロディ• バンド• すべて• バンドスコア• ドラム• ギタースコア• ベース• ギター• すべて• 弾き語り• コード• デュオ• 教則・音楽理論• ギタータブ• ギターリード• ギターアンサンブル• その他• ウクレレ• すべて• 弾き語り• コード譜• アンサンブル• その他• 合唱/ボーカル• すべて• 合唱(児童合唱)• 合唱(女声3部)• 合唱(女声4部)• 合唱(男声合唱)• 合唱(男声4部)• 合唱(同声3部)• 合唱(同声2部)• 合唱(混声3部)• 合唱(混声4部)• 合唱(混声6部)• 合唱(その他)• アカペラ• ゴスペル• 管楽器• すべて• フルート• オーボエ• オーボエ(二重奏)• ファゴット• クラリネット• アルトサックス• テナーサックス• ソプラノサックス• バリトンサックス• ホルンソロ• トランペット• トロンボーン• チューバ• ユーフォニアム• ヴェノーヴァ• アルトヴェノーヴァ• 弦楽器• すべて• バイオリン• チェロ• 弦楽アンサンブル四重奏• コントラバス• その他弦楽器• 吹奏楽• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• ビッグバンド(スコア+パート譜)• ビッグバンド(スコア)• ビッグバンド(パート)• アンサンブル• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• 器楽合奏• オーケストラ• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• その他• その他• すべて• オカリナ• リコーダー• ピアニカ• ハーモニカ• ブルースハープ• 大正琴• ミュージックベル.

次の

愛にできることはまだあるかいPV撮影場所やロケ地は?線路や部屋や屋上はどこ?

愛にできることはまだあるかい

【天気の子】RADWIMPS「愛にできることはまだあるかい」歌詞の意味や解釈とは? 今回の主題歌「愛にできることはまだあるかい」の歌詞の意味や解釈を確認していこうと思います! 現時点で確認できる歌詞は以下の通り、 愛にできることはまだあるかい? 僕にできることはまだあるかい? 相手に対しての気持ちを歌った歌詞で穏やかな曲調に優しい歌い口がとても旨に響いて来ます。 この歌詞には一体どういう意味が込められているんでしょうか? 作品のあらすじとしては 離島から家出し東京にやって来た男子高校生・ 帆高が、祈るだけで空を晴れにできる不思議な能力を持つ少女・ 陽菜と出会うラブストーリー。 引用:ウィキペディア といった内容になっています。 ここで重要なのが 主人公の男子高校生帆高が家出して東京に出てきている状況ですね! 更に新海誠監督も制作発表会見で 『天気の子』は、天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄される少年・森嶋帆高、少女・天野陽菜が自らの生き方を「選択」し、2人だけが知っている世界の秘密についての物語。 引用:制作発表会見 と話されていきます。 この設定からしても帆高の陽菜への気持ちとも考えられますし、 逆に陽菜の帆高への気持ちとも受け取れますね! 更に詳細のストーリー設定を確認すると、 森嶋帆高(声・醍醐虎汰朗)は、高校1年生の夏の日、自身が暮らす 離島から家出して東京にやってきます。 しかし生活力の乏しい高校生なので、生活ができなくなってしまいます。 知り合いのいない東京で、 困窮に陥る中孤独な毎日をおくっていました。 やっとのことで見つけた仕事は、怪しげなオカルト雑誌のライター業。 そしてそんな帆高の状況を表すように毎日降り続ける雨。 そんな中で、帆高は一人の少女に出会います。 ある事情を抱えて 弟とふたりで暮らす陽菜(声・森七菜)は明るくてたくましい少女です。 陽菜は不思議な能力を持つ少女で 陽菜が 「ねぇ、今から晴れるよ」というと雨が止んで空が晴れます。 天候の調和が狂っていく時代に、 運命に翻弄される少年と少女が自らの生き方を「選択」する物語。 という設定になっているそう。 このことからも、今回の主人公の男の子も女の子もいわゆる世間からは隔離されてしまった状況で必死に生きていることが伺えます。 そんな二人はおそらく お互いが人とのつながりを強く求めているのではないでしょうか。 そんな中で出会った二人は恋に落ちます。 そして二人は 「二人しか知らない世界の秘密」を共有しかけがえのない存在になっていくのではないでしょうか。 愛にできることはまだあるかい? 僕にできることはまだあるかい? の歌詞には自分ではなくかけがえのない相手に向けて自分のすべてを捧げている とてもストレートに愛を歌った歌詞に聞こえますね! 作中の二人は設定として強調されていますが、 現実でもすべての人が他の誰かとの強いつながりを求めていますし、 そして、すべてのカップルや夫婦の間には「二人しかしらない世界の秘密」のような二人にしかない何かを持っていると思います。 きっとこの歌詞は作中の二人だけではなく、 すべての夫婦やカップルにとっても共感できる内容になっているのではないかと思いました! ー追記ー 【天気の子ネタバレ】RADWIMPS「愛にできることはまだあるかい」歌詞の意味や解釈・感想! ここからは天気の子を見ての歌詞の意味や解釈を書いていこうと思います! 一部ネタバレがありますのでもし映画を見ていない方がいらっしゃいましたらご注意ください! 1番は帆高がみる世界とそこで生きている陽菜への心情 歌い出しの歌詞は 何も持たずに 生まれ堕ちた僕 永遠の隙間で のたうち回っている と言う歌詞で始まります。 この歌い出しは映画の序盤映画では帆高は自分が住んでいる島から家出をして東京に出てきた心情を歌っていると思います。 帆高は家出の理由は語られませんが、島での生活に疑問を持ち出てきたと考えられます。 それは作中の序盤に帆高が「ライ麦畑でつかまえて」を持って状況してきたことからも伺えます。 ライ麦畑でつかまえて J・D・サリンジャーによる長編小説。 主人公のホールデンは社会や大人の欺瞞や建前を唾棄し、その対極として、フィービーやアリー、子供たちといった純粋で無垢な存在を愛し、その結果、社会や他者と折り合いがつけられず、孤独を深めていく心理が描かれている。 帆高の「現状と自分の心情に折り合いがつけられない」状況を歌っているとお思います。 それから帆高は東京で生活する為に仕事を探し始めますが、 高校生で身分証も何もない少年を雇ってくれるところはありません。 確かに帆高は東京にいて、周囲もそれを認識しているのにまるで帆高の存在を認めないかのように時間は過ぎています。 歌詞の中でも 諦めた者と 賢いものだけが 勝者の時代に どこで息を吸う と言う歌詞が帆高の心情を映し出していると思います。 諦めて社会との折り合いをつけたもの、賢く立ち回ったものが勝者で、 帆高のように諦めずバカにされながらも自分を貫くものはまるで敗者のようです。 勇気や希望や 絆とかの魔法 使い道もなく 大人は目を背ける また、この歌詞が示すようにそんな帆高を大人たちは無視しています。 帆高は孤独を強めていくことになります。 そんな帆高が出会ったのが マクドナルドでバイトをするしていた陽菜でした。 陽菜は周りの大人たちと違い帆高にこっそりハンバーガーをあげて 帆高を助けます。 帆高もそのハンバーガーの味を「生きてきた中で一番美味しかった」と語っています。 しかし、物語が進むにつれて陽菜が母親を無くし、 弟と二人で生きていること、生活に困っていることを知ります。 世界が背中を 向けてもまだなお 立ち向かう君が 今もここにいる この歌詞は陽菜が諦めずに生きている姿を歌っており、 サビの 愛にできることはまだあるかい 君にできることはまだあるかい に続いていきます。 2番はどうしようもない世界への戸惑い 二番に入ると世界の不条理が歌われます。 運命とはつまり サイコロの出た目? はたまた神の いつもの気まぐれ この歌詞は陽菜が天気の巫女として選ばれたことへの疑問を歌ているのだと思います。 そして、天気の巫女は空を晴れさせるために 人柱として神隠しにあう運命にあることがわかります。 陽菜がいなくなってしまうかもしれないとわかった時 二人は「ずっと一緒にいよう」と約束します しかし、その二人の願いは叶わず陽菜は消えてしまいます。 陽菜を取り戻したい帆高ですが、 家出をしてきたことや銃を所持しているかもしれないという疑惑から警察に補導されます。 果たさぬ願いと 叶わぬ再開と ほどけぬ誤解と 降り積もる憎悪と この歌詞はこの時の帆高の心情そのものだと思います。 陽菜との果たされなかった約束や いくら言葉を重ねてもわかってくれない警察に 陽菜のおかげで晴れたにも関わらずそれを知らずに喜ぶ大人たち 世界の不条理に憤る帆高の心情が歌われています Cメロは帆高の決心と選んだものへの確信 最後のCメロは物語の終盤の帆高の心の動きを歌っていると思います。 陽菜を助ける選択肢をとると 晴れがこない雨だけの世界になってしまいます。 何もない僕たちに なぜ夢を見させたか 終わりある人生に なぜ希望を持たせたか この歌詞にあるように 帆高は自分が陽菜に進めた晴れ女の仕事が、結局陽菜を消してしまう羽目になったことを またそれ以前に現実から逃れるために島から出てひなに出会ってしまったことを 陽菜が消えたことで晴れたのに周囲は誰もそれを知らないことを悲観します。 なぜこの手をすり抜ける ものばかり与えたか それでもなおしがみつく 僕は見にくいかい それとも、きれいかい しかし帆高はただ陽菜に会いたい、助けたいと言う思い警察から逃げ出します。 この歌詞は必死になって陽菜を助けにいく帆高の姿を歌っていると思います。 映画の最後ですが、 帆高は陽菜を助け出すことに成功します。 しかしそれとともに世界はまた雨ばかりになってしまいます。 帆高はまた補導され、 保護観察として高校卒業までの三年間島で大人しく過ごすことになります。 その間陽菜とは連絡を取っていません。 三年後帆高は大学進学とともに東京に引っ越します。 その時帆高は世界を「雨がやまない世界」にしてしまったことが本当によかったのか悩んでいます。 陽菜にあったらなんと言おうか悩んでいます。 しかし、陽菜に会った瞬間自分は間違いなく「この世界を選んだんだと」 「陽菜がいて雨が止まない世界を選んだんだ」と確信します。 帆高は陽菜に「僕たちはきっと大丈夫だ」と確信を持って伝えます。 歌詞の最後にはそれまで 愛にできることはまだあるかい 僕にできることはまだあるかい と聞いていたものが 愛にできることはまだあるよ 僕にできることはまだあるよ と確信を持っている歌詞に変わります。 帆高が陽菜にできることをしたいと考えて、陽菜に天気の仕事を勧めて手伝った前半とは違い、 例え雨ばかりの世界でも陽菜がいる世界を選んだ今だから確信を持って 愛に、自分にできることはまだあると歌っているのではないでしょうか?.

次の

RADWIMPS『愛にできることはまだあるかい』の歌詞の意味を考える

愛にできることはまだあるかい

RADWIMPS『愛にできることはまだあるかい』とは? 『愛にできることはまだあるかい』は、2019年7月19日に発表された、RADWIMPSの曲です。 この曲は、2019年公開の映画『天気の子』の主題歌として書かれました。 作詞・作曲は野田洋次郎。 歌詞の意味を考える。 いくつかの印象的なフレーズについて考えてみます。 (歌詞引用の出典はすべて、RADWIMPS『愛にできることはまだあるかい』作詞・作曲:野田洋次郎) 諦めた者と 賢い者だけが 勝者の時代に どこで息を吸う RADWIMP『愛にできることはまだあるかい』より 賢い者が勝者になるのはわかりますが、諦めた者が勝者とはどういうことでしょうか。 諦めることと、先を見越す力があること、が混同されやすい時代です。 イソップ童話に、「酸っぱい葡萄」の話があります。 キツネが木になったブドウを食べようとするが、ジャンプしても届かない。 そこでキツネはこう言って立ち去ります「どうせ酸っぱいに決まっているさ」。 これは古代から変わらない人間の心情ではあります。 では、なぜ今の時代が「諦めた者が勝つ」時代なのでしょうか。 一つは、現代社会では、各人が情報をとることが容易になったということがあるのではないでしょうか。 情報を持っている者が得をする。 「情報強者」「情報弱者」という言い方もあります。 すると、諦めたい者は、諦めるための理由付けとなる情報をたくさん検索する。 そのうえで、諦めるのが賢い戦略だと、自他に言い聞かせる。 諦めようとしないのは、単に情報を持たない、無知なものの振る舞いだと貶めるわけです。 賢い者=情報を持っている者、とすると、自分がチャレンジしたくない理由付けの情報を探し出してきた者が、賢い者と非常に似てくる。 リスクを負って挑戦したり、自分の納得のいく生き方を追求する者は、諦める根拠となる理由を検索できていない者と、切り捨てられかねません。 一方で、空気を読むことに重きを置かれ、調和を乱すことが嫌われる時代。 「諦めない者」はときに煙たがられる存在となり、勝者となりにくいのかもしれません。 そういう時代の空気感を、端的に言い表し、なおかつ、自分は息を吸いづくなっても「諦めた者」にはなるつもりはないという意志も感じられる歌詞です。 支配者も神も どこか他人顔 RADWIMPS『愛にできることはまだあるかい』より 支配者は常に自分を抑圧してくる存在で、神は常に神々しくある存在、のはず。 ところがそういう支配者や神でさえも、自分のことにしか興味はなく、他人に関してはあまり関心がないようだ。 個の時代。 誰しもが他人に関心を持たず、興味がない時代。 たしかにテレビのニュースを見ていても、政治や宗教ですら、自己責任という言葉が跋扈して他人に優しさがないようにも見えることがあります。 誰もが誰に対しても他人顔。 これも今の時代の空気感を短く言い表した言葉ではないでしょうか。 勇気や希望や 絆とかの魔法 使い道もなく オトナは目を背ける RADWIMPS『愛にできることはまだあるかい』より オトナは大抵、「勇気」や「希望」や「絆」の威力を知っています。 それを馬鹿にする者はオトナではない。 ただ、使いどころが難しく使い道に迷うというのも事実です。 やたらふりかざすわけにもいかないし、そればかり唱えているわけにもいかない。 日常の忙しさにかまけて、現状維持のままではいけないと感じつつもついやらなければいけないことだけをノルマのようにこなし、大事なことを先送りにしがちになる。 この曲は、映画とシンクロして少年の目線で書かれたことを感じさせますので、少年の眼から見ると、大人は夢や希望や絆の魔法は知っているくせに、目を背けているように見えるかもしれません。 これもまた、現代社会の在り方を鋭く言い当てたフレーズではないかと思います。 運命とはつまり サイコロの出た目 RADWIMPS『愛にできることはまだあるかい』より 運命論も現代ではよく取り上げられる手法です。 流れに任せよう、なるようになると肩の荷を下ろしてごらん、というわけです。 しかし、運命とは言っても、そんなに神の明確な意思があるようにも思えない。 単なる偶然のようにも見えます。 単なる偶然かもしれないものを、「運命」ととらえて唯々諾々としたがってしまうか、そんなものは所詮サイコロと同じだと、自分の意志で生きようとするのか、そういった葛藤が伝わってくるフレーズです。 それでもなおしがみつく 僕らは醜いかい それとも、きれいかい RADWIMPS『愛にできることはまだあるかい』より 「愚か者だけが勝者の時代」には、自分の意志を守り、失いそうになるものにしがみつく姿勢は、醜いとされるのかもしれません。 人からは醜いと言われる、でも自分にとって大切なものはやはり大切であると思う。 それは醜いとかきれいとかの問題ではないはず。 人が「醜い」とすることに疑問を抱きつつも、「醜い」「きれい」を自分で判断する覚悟にはいたらず、答えを求めるところに、少年の揺れ動く心や葛藤が感じられます。 愛にできることはまだあるかい 映画の内容とシンクロする曲なので、映画のストーリーを追ってしまいがちになりますが、一つの楽曲として聴いた時には、「諦め」と「夢」と「他人の批判や評価」の間で揺れ動く少年の心が感じられる曲です。 短いフレーズで鋭く切り取られたフレーズ、それが繰り返すメロディに載せて語られる、極めて詩に近い曲のように感じました。

次の