洗濯指数。 洗濯指数を使って洗濯上手になろう!おすすめ洗濯アプリ7選!

洗濯指数って何?ちょっと調べてみました。

洗濯指数

洗濯指数ってどうやって決めているの? すっかり春らしくなってきました。 衣替えはすすんでいますか? 冬物衣料はきちんと洗ってからしまわないと、次のシーズンに出したときに、変色や虫食いなどのトラブルに見舞われてしまうかもしれません。 ご家庭で洗濯できない衣類はクリーニングに出してくださいね。 さて、洗濯日和という言葉がありますが、その目安になるのが「洗濯指数」という情報。 天気予報でよくやっていますね。 「今日の洗濯指数は・・・」ってやつです。 この洗濯指数ってどうやって決めているかご存知でしょうか? この数字を出すには意外と難しい計算をしているようです。 日本気象協会の情報によると 長袖の木綿シャツを洗濯して2分間脱水し、午前9時から午後2時まで干した後にシャツに残った水分量を測るという実験をもとに計算式を作ったそうです。 この計算式に当日の気温、湿度、風速、日射量を当てはめて割り出した数字が洗濯指数です。 洗濯指数が100%なら「絶対洗濯すべき」、80%なら「布団干しも最適」、60%は「乾きが悪い」、50%は「アイロンがけが必要」、30%だと「部屋の中でも乾かない」というのが目安になります。 関連記事•

次の

洗濯指数って何?ちょっと調べてみました。

洗濯指数

最近、よく見かける「洗濯指数」っていったい何を基準に決めているんだろう? ずっと気になっていたんですが、 私と同じように知らないひとも多いと思うのでちょっと調べてみました。 洗濯指数とは、 綿100%のシャツを使って、3時間でどれだけ乾くかの目安で、 もっとも乾いた状態が100、全く乾かないのが0です。 気温、湿度、風の状態などの影響を加味して決められています。 100~80は完全に乾く。 70~60はよく乾く。 50~40は湿っぽさが残る。 30以下は乾かないこと。 っていうのも、現実的には洋服の厚さや生地は加味されていないということなんですから・・・。 でも、やっぱり雨の多い時期や忙しい主婦の方には計画的に洗濯が出来て便利かも? 大物、厚手物、毛布をクリーニングする際には、チェックしてみるべし!です。 洗濯物、干しっぱなしで出かけて、雨に濡れっちゃったら最悪ですもの。 『洗濯指数30以下は要注意!』です。 うっかり雨に濡らしてしまった洗濯物、洗い直ししなくても大丈夫と言う方もいますが、 最近は、雨に大気汚染物質が含まれていると言われるので洗った方がいいんじゃないかな? (ずぼらな私でも洗い直します。 ^^;) 晴れの日で絶対、大丈夫!て時でも、うっそーゲリラ豪雨が。。。 と、何度となく経験しています。 外出は(遠方)室内に干すのが正解ですね。

次の

洗濯指数とは?意味や調べ方、洗濯への活用方法も紹介!

洗濯指数

天気は日常生活と密接な関係があり、の会社では、天気予報にをつけ、日常生活に役立つ様々なを作っている。 洗濯指数は、その代表的なもので、ある会社では、ののの乾き具合を表し、・・・などをに計算し、「よく乾く」「乾きにくい」などと表現している。 このほか、・干し・お出かけに適した天気かどうかの洗車指数・布団干し指数・お出かけ指数や、ビールや鍋物がうまく感じる天気かどうかのビール指数・鍋物指数、さらには風邪ひき指数、肌荒れ指数など、生活に密着した気象に関連した指数が増える傾向にある。 ただ、詳細な計算方法は各会社のノウハウになっており、ほとんど公開されていない。 饒村曜 和歌山気象台長 / 2008年 出典 株 朝日新聞出版発行「知恵蔵」 知恵蔵について の解説 天気の影響を大きく受ける洗濯物の乾き具合をはかる指数・指標。 天気と日常生活は密接な関係にあるため、民間の気象会社では天気予報とは別に、日常生活と関わりの深いさまざま指数をつくっている。 洗濯指数は、気象に関する各種指数の先駆けであり、代表的なもの。 たとえば、気温・湿度・風速・日射量などを基に計算し、木綿 もめん の長袖のシャツの乾き具合を表わす洗濯指数として「よく乾く」「乾きにくい」などと表現する気象会社がある。 また、別の気象会社は、0~100までの指数を計算して発表し、数値により洗濯に最適、適、不適とする図表を表示するなど、各社それぞれで特徴を出している。 洗濯指数のほかにもいろいろな指数がある。 洗車指数、布団干し指数、お出かけ(外出)指数はそれぞれに適した天気かどうかを、ビール指数や鍋物指数はビールや鍋物がおいしく感じる天気かどうかを、段階で示している。 気象に関連した生活密着型の指数は増える傾向にあり、星空指数、熱中症指数、傘指数、風邪ひき指数、紫外線指数、肌荒れ指数、快眠指数、アイスクリーム指数などもある。 なお、これら指数の計算方法は各社が独自に行っており、ほとんど公開されていない。 [饒村 曜].

次の