女性 用 バイアクラ 認可。 女性用バイアグラの正しい飲み方とその効果とは?|MED

バイアグラの女性への効果|竹越昭彦院長コラム【浜松町第一クリニック】

女性 用 バイアクラ 認可

バイアグラとは、ご存じの通り男性器を勃起させる薬(厳密には勃起状態を維持しやすくする薬)です。 勃起不全に悩む男性たちの救世主として、なぜか国会では全会一致によって国内での販売が極めて迅速に認可された薬として有名です。 バイアグラを服用すると、男性は単純なものですから、その効果から勢いで「その気」になってしまうことが多く、いわば「男性用の媚薬」ともいえます。 作用機構的に考えると、陰核が充血して感度が良くなるかもしれないという程度で、女性が「その気」になることはまずないでしょう。 これは真菌症の治療薬として実際に処方される薬なので、それなりの効果はありますが、膣の分泌液が増える(=濡れる)というだけで「その気」にはならないのが女性と男性の違うところです。 しかし、ここにきてまったく別のメカニズムで女性の性欲自体を亢進するという薬が登場しました。 商品名は「Addyi(アディー)」で、成分はフリバンセリンです。 市場の期待値は非常に高く、もともと従業員25人のベンチャー企業が開発していましたが、それをカナダのバリアント・ファーマシューティカルズが10億ドル(1000億円以上)で買収したことからも、市場規模の大きさがうかがい知れます。 説明書によるとアディーは、バイアグラのように性交前に服用するものではなく、「その気」を高めていく薬剤であり、長期の服用が前提となっています。 したがってアディーを1錠飲んだからといって、すぐにムラムラし始めるというものではないようです。 ちなみに、女性にムラムラする気分を起こさせる即効性のある薬として研究されていた「PT141」は、アメリカ食品医薬品局(FDA)の安全性テストで落ちたため市場には出回っていません。 アディーが開発されたきっかけは、抗うつ剤としての治験中に性欲改善が見られたことから、副作用転じて主作用となったものです。 ただし、抗うつ剤のように即効性はなく、しかも個人差が大きいという特徴があります。 肝臓で解毒を司る酵素の中にシトクロムP450というものがあり、そのなかの分子種のひとつであるCYP3A4の阻害剤(アゾール系抗菌剤、マクロライド系抗生剤)とアディーの相性は悪いらしく、危険な低血圧、さらには卒倒(気絶・失神)を起こす危険性があるとされています。 同様にアルコールとの相性も最悪で、低血圧などから失神を引き起こすリスクが高いとされています。 この場合の失神は、放置していると死に至る可能性もあります。 実験では24人中6人が飲酒との併用で起立性低血圧を起こしています。 また服用者の1%前後にふらつき、吐き気、だるさ、不眠などが起こるとされており、その副作用から服用をやめてしまう可能性もあります。 FDAのテストでも副作用が懸念されており、なんとか認可にこぎ着けたものの、しばらくはごく一部の薬局でしか取り扱えないようになっています。 このように、女性用バイアグラといっても、そもそもの処方適応は閉経前の没交渉状態の中高年女性がターゲットであり、長期服用によって性欲を取り戻させるのが目的の薬であり、若い女性を「その気」にさせる目的の薬ではないという点が重要です。 現時点では、国内で試しようがなく入手も困難で、日本人に対してどの程度の効果を持つかも不明という状況です。 (文=へるどくたークラレ).

次の

ばい あぐら 女性 飲ん で みた

女性 用 バイアクラ 認可

本記事では 女性がバイアグラを服用した場合の効果についてまとめていきます。 男性向けの勃起促進薬であるバイアグラは、女性の服用が想定されているものではありません。 しかし、いくつかの臨床試験や医学研究によると バイアグラの有効成分シルデナフィルは女性の不感症・性的興奮障害の症状の改善に効果があることが示唆されています。 実際に海外では女性向けにシルデナフィルを配合したバイアグラジェネリックが販売されています。 おすすめなのは、インド製のバイアグラジェネリックであるラブグラです。 アメリカで認可されたフリバンセリン(アディ)はバイアグラとは別物です。 服用には大きなリスクがあるのでおすすめできません。 どうせ服用するならシルデナフィルが配合されたバイアグラジェネリックを選ぶようにしましょう。 バイアグラを女性が服用するとどうなる? バイアグラはED(勃起不全)の治療薬です。 そのため男性向けの医薬品となります。 バイアグラの認可にあたっての臨床試験においてもEDを患っている男性のみを対象としており、女性の服用は想定されていません。 そのため、どのような副作用のリスクがあるのかなどのデータが不足しているため、日本国内で流通しているバイアグラを女性が使用することはおすすめ出来ることではありません。 しかし、セックスに対する悩みを抱えているのはなにも男性に限ったことではありません。 不感症・性的興奮障害に悩んでいる女性は多くいます。 パートナーと良好な関係を維持するためには満足のいくセックスは欠かせないものです。 「性欲はあるのに十分に興奮できず満足のいくセックスが出来ない」 バイアグラはこのような悩みを抱えている女性の一助とはならないのでしょうか。 不感症の改善に役立つかも バイアグラの製造元である ファイザー社は女性を対象にしたバイアグラの臨床試験も行っているようです。 その試験は50人の女性にバイアグラを服用してもらうというものです。 その試験結果によると、被験者の大部分に以下のような薬効が認められたとのことです。 女性器が濡れやすくなった• 性欲が増進した• オーガズムに達しやすくなった ファイザー社のバイアグラの女性への効果に対する公式見解は次のとおりです。 「女性の性感を向上させる作用がバイアグラにあるかどうかについては未確認」 しかし、この臨床試験結果を見ると女性の不感症の治療にもバイアグラは効果があるように思います。 でまとめているように、バイアグラは偶然の産物として開発されたものです。 そのため、その全容はまだ解明されていません。 バイアグラは、今後、研究が進むことにより女性に対する効果が認められるポテンシャルを秘めているということですね。 女性器周りの血行が促進される バイアグラはそもそも男性の勃起を補助する医薬品です。 そのバイアグラがなぜ女性の不感症に効果を持ち得るのでしょうか。 それは、 「女性の陰核(クリトリス)は男性のペニスに対応する器官であるから」とされています。 クリトリスとペニスは形状は違えど、発生学的には同じものとみなすことが出来るとのことです。 つまり、バイアグラのペニスに対する効果は、そのままクリトリスにも同様の効果をもたらすということです。 具体的には、 有効成分シルデナフィルは女性器周辺の血行を促進し、その結果としてクリトリスの勃起を促すことになります。 言うまでもなく、勃起したクリトリスは外部刺激に対して敏感であり、性的快感につながりうるものです。 このクリトリスへの効果が女性の不感症や性的興奮障害の治療につながるのではと言われています。 若返り効果という嬉しい副作用 また、バイアグラには不感症の治療以外にも女性に有益な効果をもたらす可能性が示唆されています。 それは老化の防止です。 アンチエイジング効果がバイアグラにあるかもしれないということです。 帝京大学医学部附属病院泌尿器科の研究によると、 バ イアグラを服用することにより身体の酸化ストレスが減少し、男性ホルモンの増加につながるとのことです。 最新の科学では女性のアンチエイジングにも男性ホルモンが必要であると指摘されています。 また、バイアグラには男性器・女性器の周辺だけではなく全身の血行促進させる副次的効果があります。 血行を良くするとは、血管を拡張させるということです。 この バイアグラの全身の血管を拡張させる効果が、血管の老化を食い止めるのではないかという研究者の指摘もあります。 実際、バイアグラを服用している男性は、以前より朝勃ちがしやすくなるそうです。 これと同様の血管の若返り効果が、バイアグラを服用することによって女性にももたされる可能性はあります。 女性用バイアグラは海外通販で 今のところ、バイアグラの有効成分であるシルデナフィルを配合したいわゆる「女性用バイアグラ」というものは日本国内で認可されたものはありません。 しかし、 海外ではすでに女性向けにシルデナフィルを配合した医薬品が製造されており実際に多くの女性が手にとっています。 バイアグラのように日本国内のクリニックで認可してもらうことは出来ませんが、海外通販で手軽に入手することが出来ます。 「セックスに対して苦手意識があり、パートナーとの関係が上手くいってない」 「血管のアンチエイジング効果に期待してバイアグラを試してみたい」 このような思いを抱いている方は日本人向けの海外通販サイトをチェックしてみましょう。 また、 ネット上には女性用バイアグラを実際に使用した方のレビューなどもシェアされています。 女性のバイアグラ使用や海外通販に不安がある方はぜひ確認してみて下さいね。 おすすめはラブグラ 本サイトでおすすめしている女性用バイアグラにラブグラがあります。 詳しくはにてまとめているので、興味がある方はそちらを参照して下さい。 ラブグラは女性向けバイアグラジェネリックです。 有効成分はファイザー社の本家バイアグラと同じシルデナフィルです。 そのため、上記にまとめたようなバイアグラの女性に対する効果をラブグラで得ることができます。 ラブグラはインドの製薬会社であるアジャンタファーマ社が製造・販売を行っています。 男性向けのバイアグラジェネリックとして絶大な人気を誇るカマグラゴールドを販売している会社ですね。 そのため、 ラブグラにおいても一定の質は担保されていると考えて問題ないでしょう。 インドの製薬会社によるジェネリック医薬品の特徴については、にて詳細をまとめています。 類似品に注意 ラブグラの他にも「女性版バイアグラ」を謳っている医薬品はあります。 有名なところでは、2015年にアメリカ食品医薬品局が認可したフリバンセリン(アディ)という薬があります。 女性のHSDD(性的欲求低下障害)を改善する薬として注目を集めました。 しかし、この フリバンセリンはバイアグラとは似ても似つかない医薬品です。 上記にまとめたような女性がバイアグラから得られるであろう恩恵はフリバンセリンからは得られません。 フリバンセリンは、バイアグラと同じ効果をもつのではなく、抗うつ薬のように脳の中枢神経に働きかけるものです。 そのため、 失神や極度の眠気など意識障害、強い吐き気などの重い副作用のリスクをともなうものです。 個人輸入すれば入手することはできますが、そのリスクを考慮すると、とてもではないですがおすすめはできないものです。 同じ女性向けのバイアグラならば、やはりラブグラのほうがおすすめとなります。 まとめ:バイアグラは女性にも効く…かも バイアグラは男性向けのED治療薬であり、公式には女性向けの効果は喧伝されていません。 しかし、ファイザー社が行った臨床試験によると、 バイアグラは女性の不感症・性的興奮障害の症状の改善に効果があることが示唆されています。 この効果は、バイアグラのペニスに対する血行促進効果が、クリトリスにも同様の効果をもたらすためであるとされています。 海外ではすでに女性向けのバイアグラが発売されています。 おすすめはインド製の女性向けバイアグラジェネリックであるラブグラです。 海外通販で手軽に個人輸入することができます。 アメリカで認可された女性のHSDD(性的興奮障害)の治療薬であるフリバンセリン(アディ)はバイアグラとは別ものの薬で服用にあたってはリスクがありおすすめできません。 有効成分シルデナフィルを配合したものを選ぶようにしましょう。

次の

話題の女性版バイアグラ、ムラムラ&濡れやすくさせる?副作用で死の危険も(Business Journal)

女性 用 バイアクラ 認可

繰り返しになりますが、医薬品として認可されている媚薬は販売されていません。 体の症状や悩みを改善することを目的としないラブグッズだからです。 そのため、薬局だけでなく病院やクリニックでも処方してもらうことはできません。 おすすめの女性用媚薬はどこで買える? おすすめの女性用媚薬が購入できる販売店は、 ネット通販一択と考えて問題ありません。 ネット通販のメリットである誰にもバレずに購入できる、店舗を持たないので格安価格で購入できる、マカ・ムイラプアマ・トンカットアリなどの媚薬効果が期待できる成分が配合されている製品が多いからです。 女性用媚薬が薬局で購入することができるのか、紹介しました。 残念ながら女性用媚薬を薬局で購入することはできません。 それは本記事で紹介した通り、医薬品として販売されているが存在しない点が大きな理由として挙げられます。 ED治療薬などは医薬品として販売されていますが、民間の伝承薬として古くから愛用されている媚薬に関しては残念ながら医薬品がありません。 しかし、残念に感じる心配は不要です。 なぜなら、本記事で紹介している通り、本記事で紹介しているネット通販で購入できる女性用媚薬はどの商品もマカ・ムイラプアマなどが配合されており、催淫効果や性欲アップなどの効果を期待できる商品ばかりです。 ぜひ、気になる女性用媚薬を一度購入して試してみてください! きっとあなたの希望を叶える商品ばかりですよ!.

次の