トイレ 壁紙 画像。 トイレの壁をセルフリフォーム!壁紙DIYでトイレがおしゃれな空間に大変身!

サンゲツ等トイレ等の壁紙画像が多数!シュミレーションも!お洒落に

トイレ 壁紙 画像

【在庫について】 商品については、日々在庫管理を行っておりますが、突発的な欠品や廃盤などが発生した場合、その情報がページに反映されていない場合がございます。 その場合には、大変申しわけございませんが、ご注文後に、納期のご相談や注文の変更・キャンセルをお願いする場合がございますことを何卒ご了承下さい。 RESTAでは、どなたでも簡単にお部屋の内装を自分で施工していただける様にさまざまなDIYコンテンツや貼り方・施工方法などをご紹介させて頂いております。 また、初めての方でもクロスの張替えを楽しみながらチャレンジして頂けるよう、施工道具やマニュアル、生のり付壁紙などがセットになった、 RESTAオリジナル「かんたん壁紙張替えチャレンジセット」などをはじめ種類豊富な生のり付壁紙や高級壁紙、タイルカーペットやクッションフロア、 ビニールレザーや椅子張り生地やダイノックシート、フロアタイルなど10,000点を超える各種リフォーム商品を取り揃えております。 そして、大量入荷・大量販売で価格も業界最安値を目指し、専門スタッフや職人によるアフターフォローも万全にてお客様をサポート致します。 スタッフ一同、お客様にご満足頂けるよう対応を心がけ、ご利用を心からお待ち申し上げております。 RESTAでは、どなたでも簡単にお部屋の内装を自分で施工していただける様にさまざまなコンテンツや貼り方・施工方法などをご紹介させて頂いております。 また、初めての方でもクロスの張替えを楽しみながらチャレンジして頂けるよう、施工道具やマニュアル、生のり付壁紙などがセットになった、 RESTAオリジナル「かんたん壁紙張替えチャレンジセット」などをはじめ種類豊富な生のり付壁紙や高級壁紙、タイルカーペットやクッションフロア、 ビニールレザーや椅子張り生地やダイノックシート、フロアタイルなど10,000点を超える各種リフォーム商品を取り揃えております。 そして、大量入荷・大量販売で価格も業界最安値を目指し、専門スタッフや職人によるアフターフォローも万全にてお客様をサポート致します。 スタッフ一同、お客様にご満足頂けるよう対応を心がけ、ご利用を心からお待ち申し上げております。

次の

【トイレにオススメの壁紙】トイレに合うアクセントクロスや色は?

トイレ 壁紙 画像

しかし、素材選びのときに気をつけたいポイントはたくさんあります。 快適なトイレ空間にするために、床材のデザインにも機能にもこだわっておきましょう。 掃除のしやすさを考える トイレの床は、気づかない間に汚れていくものです。 こまめに掃除をしたつもりでも、トイレマットを丁寧に交換していても、思った以上に汚れが飛びはねる範囲は広く、また知らぬ間にトイレの付け根まで汚れが垂れ落ちているため、汚れや臭いがこびりついてしまうのです。 トイレを清潔で気持ち良い場所にするためには、清掃性に優れた床材を選ぶのが一番です。 なるべく凹凸の少ないフラットな床材や、汚れがつきにくい加工をされた商品を選びましょう。 アンモニアや水・洗剤に強い素材を選ぶ 水や洗剤を吸収しやすい素材をトイレの床に取り入れてしまうと、変色・腐食してしまう恐れがあります。 耐水や耐アンモニアの表記がされている床材にすれば、掃除も楽になる上、不快な臭いに悩まされずに済みます。 タイルやフローリングにする場合は、接合部に水が染みこまないように工夫した施工をしてもらうことも必要です。 特にフロ-リングは性能に気をつける トイレのリフォームで、他の部屋に合わせてフローリングにしたいという方はたくさんいます。 しかし水に弱く、アンモニアや洗剤の付着によって傷みやすい木材は、本来は水まわりには不向きです。 トイレの床をフローリングにしたいときは特に、アンモニアや水に強い材質のものか確認してから施工しましょう。 木目調が好きなだけなら、フローリング風のデザインのクッションフロアで代用するのも良いですよ。 約10年程度のサイクルで交換するため、工事しやすい素材が良い 日々手入れをしていても、水まわりはどうしても劣化していきます。 床材に限らず、水まわりの内装は10年位のサイクルでリフォーム・交換をするのが平均的です。 このためトイレの床材も、10年おきでもすぐに交換できるものにしておくと、メンテナンスが容易になります。 特に床がタイルの場合、床だけを工事するのは難しいです。 タイルを張り替える前後にトイレ本体も一度取り外さなくてはならないため、リフォーム費用も高額になります。 もしトイレの床のみをリフォームするときは、「10年後も交換しやすい素材にしたい」と施工業者に相談してみるのが無難です。 来客が多い場合は、より品質に配慮を またお客様を招くことが多いご家庭の場合、リビングや洗面所、使いやすいトイレなどを意識する方は多いのですが、トイレの床材に関しては見落としがちです。 トイレの床のデザインはもちろんですが、汚れがつきやすい、あるいは目立つ素材の床では悪目立ちしてしまいます。 家族以外の人にもトイレを使ってもらうなら、より床材にも配慮しておきましょう。 トイレの床リフォームの費用相場 トイレの床のリフォーム費用は、1~6万円が一般的です。 トイレ本体を付け外ししなくてはならないタイル床などの施工でなければ、高価な素材を選ばなければ6万円以内の予算で考えておいて大丈夫です。 最近では、低価格で柄が豊富な上、お手入れや施工もしやすいクッションフロアが人気です。 クッションフロアから新しいクッションフロアへ張り替える場合、工事費も1万円程度でできるのでお手軽と言えるでしょう。 トイレの 床材を \ 交換したい!/ オススメのトイレの床柄8選 それでは、おしゃれでフレッシュ感あふれるトイレの床柄の実例を見てみましょう。 高級感のある内装によく似合っています。 優しい色調で、明るい雰囲気がトイレとは思えませんね。 合わせる壁紙も明るい色にすれば、こんな明るいトイレにすることもできます。 テラコッタ調が落ち着いた印象。 もしも壁材がタイルであれば、アンティークテイストにもできますよ。 温かみのある木目調 本物のフローリング材を用いるのも良いですが、トイレの床は、汚れや耐水性に配慮しなくてはなりません。 そこで、木目調のクッションフロアはいかがでしょうか。 クルミ風のフロア材なら、ブラック系のタイルを用いた壁ともよく似合います。 落ち着いた濃い目のブラウンが、まるで本物のウォールナットのようになるので、トイレにも高級感を出したいという方にはおすすめです。 なお、床材を濃い色合いにする場合は、トイレが暗くなり過ぎないように、選ぶ壁紙は明るめの色にしましょう。 メープルかホワイトアッシュのような淡い色調がおしゃれ。 廊下や他のお部屋のフローリングと色を合わせるのもおすすめです。 トイレの 床材を \ 交換したい!/ タイル・石柄 シックでおしゃれなタイルや石ですが、目地の掃除は簡単ではありません。 代わりに石調のフロア材を使ってみてはどうでしょうか? 薄く硬質なプラスチック素材で、爽やかなグリーンの石調の床材もありますよ。 お好みの色を選んでみるのも、良いかもしれません。 芦野石柄 画像引用:パナソニックホームページより URL : 栃木県那須町近辺で採れる芦野石を模した床材です。 シックな印象に仕上げたいときに最適です。 珊瑚石柄 画像引用:パナソニックホームページより URL : 画像引用:パナソニックホームページより URL : 珊瑚石柄では、簡単に高級感が演出できるのでおすすめです。 大胆な柄で 思い切って大きな柄に挑戦してみるときは、トイレ本体とのバランスも考えてみましょう。 必要な大きさ・形にカットしてDIYしてみても良いですね。 ちょっとしたイメージチェンジにおすすめです。 床柄には、いろいろなものがありますね。 ショールームやネットショップには、さらに豊富なカラーやパターンがそろっています。 中でも、汚れが目立ちにくく、飽きのこないプレーンなデザインを選ぶ方が多いようです。 トイレも、大切なお住まいの一部。 おしゃれで快適な空間になるよう、壁紙などと合わせてコーディネートされることをおすすめします。 トイレの 床材を \ 交換したい!/ リショップナビでは、全国のリフォーム会社情報やリフォーム事例、リフォームを成功させるポイントを多数公開しております。 お住まいの地域のリフォーム会社を探したり、リフォーム事例を見てイメージをふくらませたりできます。 また、リフォームにかかる費用や、どこにお願いすれば満足のいくリフォームが出来るのか、わからないことが多く不安という方へ、そんな不安を解消し、適正な価格で安心してリフォームをしていただくために、リショップナビでは厳格な加盟基準にクリアした優良なリフォーム会社をご紹介しています。 リフォーム会社によって施工技術、対応、リフォーム瑕疵保険の加入の有無が異なり、施工にかかる費用が違っていますので、優良なリフォーム会社を選ぶには各リフォーム会社の見積もりを比較するのが一般的になっています。 リフォームの契約をする前に、リショップナビで無料見積もり、リフォーム料金やプランを比較のうえ、内容に納得してリフォームをしましょう。

次の

トイレは壁紙が決め手、機能+デザインの上手な選び方 [内壁材・天井材・壁紙] All About

トイレ 壁紙 画像

湿気がこもりやすいので「かび」が発生する• 尿の飛び散りによる汚れ• 壁が近いので触ってしまい手垢が目立つ 私は内装の仕事をしていますので、実際にトイレのリフォームをする機会も多いです。 その時に気になるのがこの辺りになります。 トイレの壁紙を選ぶときの注意点 注意点を少し説明します。 湿気がこもりやすいので「かび」が発生する トイレは空気の動きが少ない閉ざされた空間という事もあり「かび」が生えやすいスペースになります。 ですので、小窓があれば空気の入れ替えをしたり、小窓が無ければ換気扇を常時回し「かび対策」することが大切です。 尿の飛び散りによる汚れ 男性が用を足すとき壁紙に飛び散り、汚れてしまう事もありますので…「座って用を足して!」と促す家庭も多いです。 余談ですが、男性が立って用を足すと、いくら便器を狙ったとしても尿が目に見えないくらいの霧状になり飛び散るそうです。 結果として、壁が汚れてしまう原因になります。 壁が近いので触ってしまい手垢が目立つ トイレが6畳くらいの広さだという方には関係ありませんが、一般家庭のトイレでは「手を伸ばせば届く距離」に壁があるのではないでしょうか。 そこで注意したいのが 「壁を触らないこと」。 壁紙を手で触ると、いつの間にか「手垢」によるシミが出来てしまいますので注意してください。 結論:トイレにおすすめの壁紙 それでは、トイレにはどんな壁紙がいいのか? トイレの壁紙の選びでは、いくつかのポイントがありますので紹介します。 アクセントクロスを使う場所は便器の後ろがおすすめ• ベースの壁紙は「汚れ防止機能」の付いた壁紙がおすすめ• お掃除で拭き取りやすい「ツルっ」とした壁紙がおすすめ• 機能性壁紙を使わないなら「色」のある壁紙がおすすめ• つまり、真っ白な壁紙は選ばない この辺りがトイレの壁紙を選ぶ際に抑えたいポイントになります。 これから壁紙を選ぶという方はぜひ参考にしてください。 まとめ この記事では「トイレの壁紙・クロスの施工例30選」をお届けしました。 トイレの壁紙を選ぶ方法は色々ありますが、デザインを重視するなら施工事例を沢山見て自分のイメージに近い物を見るける事が近道だと思います。 色んなパターンを見る事をお勧めします。 これから壁紙のリフォームをしたいという方はこちらの記事もどうぞ トイレに関する記事.

次の