韓国 徴用 工 現金 化。 韓国が資産現金化なら対抗措置 「徴用工」判決1年半 (1/2ページ)

対立再燃、韓国の出方注視 資産現金化なら報復措置も―日本政府:時事ドットコム

韓国 徴用 工 現金 化

韓国は、やばくなったらすぐ逃げる。 徴用工裁判で、差押までしたが、それ以上は、怖くてやれない。 なぜなら、日本政府が制裁すると言っているからだ。 じゃあ、いつ節目が来るのか。 中国もそうだが、韓国は、日本の総選挙の結果が見たい。 韓国は、首相が変わるたびに、通例の様に、日本に謝らせている。 首相が安倍でなくなったら嬉しい。 だから、そこまで様子を見るだろう。 つまり7月までは、事が動かない。 これが普通の見方。 しかし、もっと長いスパンで見たとしても韓国はヘタレだ。 構造的には制裁されるまで突き進むだろうが。 ヘタレ過ぎて、ずっと現金化できないかもしれない。 元々これは、韓国が裁判所を使って韓国の日系企業を恫喝して、交渉テーブルに出させるのが目的だった。 そして、財団を日本政府に拠出させて設立するというシナリオ。 これに対して、日本は、慰安婦とは、まったく違う反応をした。 韓国は、戦々恐々としてしまった。 もし、このまま現金化しなかった場合、制裁か、崩壊の流れはどうなる。 アメリカは、北朝鮮の制裁解除をしなかった。 南朝鮮は、併合が許されない。 日本は、北の制裁を当分(3年延期)続けると宣言した。 つまり、今の状況は、当分変わらない。 韓国は、サムスンがダメになれば、経済が大きく傾く。 現在、傾いている最中。 これで外資が引けば、打つ手がない。 韓国の、日本を部品メーカーにしたてた韓国組み立て工場というビジネスモデルは、中国にとられた。 これは、中国以外でも真似できるビジネスモデル。 例えば、日本が、国内の岩板規制の酷さの性で、国内生産を諦めて、国外に組み立て工場を持って世界と自由にやり取りするというモデルを確立したら、中国さえ、必要でなくなる。 たぶん日本がアメリカに進出したら、この機種は、アメリカモデルだと言い張るだろうし、中国も一緒。 組み立て工場とはそういうもの。 現在、台湾がそれにあたる。 アメリカが安全保障の為、先陣を切っているし、そうなりつつある。 じゃあ、取り残される韓国はどうなるのか。 そうなれば日系企業は、在韓するより、在中するより、在台する方が、安心だし、民度も高い。 何より、親日だ。 そして、日本から近い。 アメリカ軍も進駐してくれる。 このように、韓国が、日本政府の報復を恐れて、徴用工裁判で差し押さえた日本企業の財産を現金化しなくても、節目は来る。 一番わかりやすいのは、日台同盟成立。 ここまで行かなくても日台国交正常化。 民間はとっくだけどね。 旗色(きしょく)を鮮明にしろと言う言葉がある。 日本と台湾が手を携えると、韓国は、民主国側の唯一日本に近い国という立場を失う。 この時、日本企業は、リスクの高い韓国に、これ以上肩入れするだろうか。 むしろ、台湾に引っ越すのではないだろうか。 韓国リセット.

次の

徴用工訴訟めぐり韓国国内の日本製鉄資産を現金化へ→これで心置きなく報復措置が取れる

韓国 徴用 工 現金 化

【関連記事】 を相手取った訴訟の原告弁護団は16日の記者会見で、同社の商標権と特許権の売却手続きに入ると表明した。 売却手続きが取られるのは(旧新日鉄住金)とに続き3社目となる。 河野太郎外相は16日の記者会見で「日本企業に実害が及ぶようなことがあれば必要な措置を講じなければならなくなる」と対抗措置に言及し資産売却をけん制した。 日本政府にとり資産売却は一線を越えることを意味する。 請求権問題の完全かつ最終的な解決をうたった1965年の日韓請求権協定を根本的に覆すためだ。 同協定で日本は韓国への経済協力として無償3億ドル、有償2億ドルの供与を決めた。 日本企業の資産が売却で現金化され原告に支払われれば、協定を逸脱する。 日本外務省幹部は「不利益が生じた企業が救済されないなら、韓国政府に賠償請求する」と語る。 国際法上、国家には外交的保護権として自国の個人や法人が損害を受けた場合、相手国に適切な救済を求める権利が認められている。 韓国裁判所は当初、今夏にも日本製鉄が持つ韓国合弁会社の株式売却命令を出すとみられていた。 裁判所が同社への尋問手続きを踏むため、原告側によると早くても年末以降になる見通しだ。 三菱重工の資産も「知的財産権の査定に時間がかかり年内の現金化は難しい」(弁護士)との見方がある。 元徴用工訴訟を巡る仲裁委の設置に関する韓国側の回答期限は18日に迫る。 韓国大統領府高官は16日、「特別な回答はないと理解している」と述べ、日本側の設置要求に応じない考えを明らかにした。 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は15日に大統領府で開いた会議で、日韓の企業が出資し合い原告と和解する韓国政府案をもとにした日本との協議に期待を示した。 「唯一の解決方法だと主張したことはない。 両国民と被害者の共感を得られる合理的な方法を共に議論するつもりだ」と語った。

次の

元徴用工への賠償現金化なら日韓「戦争状態」へ 2020年の大予言【国際問題編】

韓国 徴用 工 現金 化

韓国が戦犯扱いする日本企業はおよそ300社。 裁判はまだ続く? 日本は報復に出るのか? 日韓の対立が続く 元徴用工問題。 韓国最高裁での判決結果を受けて日本企業に「実害」が生じた場合、 日本は報復措置に出るとの報道が目立ってきた。 すでにご存知のことと思うが、韓国側が 新日鐵住金の資産である株、 三菱重工の特許使用料など差し押さえて現金化しようとしている。 最終的に日本の報復措置はあり得るのか? 私は、たとえ報復措置を行ったとしても、韓国に致命的なダメージを与えるものではない、軽い報道措置になるだろうと考えている。 なぜ原告側は日本の報復措置を恐れるのか? 原告側は「 現金化する」と言いながら、もう3週間ほど何の動きもない。 そもそも、非公開株の現金化はかなり困難だということを以前にも当メルマガで述べた。 しかし、理由はそれだけではないようだ。 どうやら日本の報復措置を恐れていて、慎重に見極めているのだという。 原告側がどうして日本の報復措置を恐れるのか。 それは 裏に韓国政府がいるとしか考えられない。 通常、裁判では、原告側は国と国の関係なんてものはまず考慮しない。 そもそも、日韓関係を考慮するなら、朴槿恵前大統領のように裁判の判断そのものを延期にするような手段も取れた。 そこで疑問が出てくる。 どうして原告側が日韓関係を気にしているのか。 これも慰安婦と同じである。 日韓慰安婦合意を履行する前、これは朴槿恵前大統領の時に明らかになったのだが、実はその 慰安婦団体を裏で韓国政府が支援していた。 しかし、日韓慰安婦合意以降はそれが表向きにはできなくなった。 もっとも、2008年の「韓国蝋燭デモ」で朴槿恵氏が弾劾されて文在寅大統領になってからは、日韓慰安婦合意そのものを事実上は破棄しているので、今は 裏で政府が支援していても何らおかしくないだろう。 そして、 徴用工の裏にも韓国政府がいたわけだ。 表向きには裁判所の判断がどうとか述べているが、裏では徴用工を支援していた。 どうせ日本は折れて金を払うだろうと考えていたからだと推測できる、.

次の