中華料理 池袋。 池袋の中華料理店で「犬の肉」を食べてみた

骨に残った肉まで味わい尽くす中華料理の知恵 :: デイリーポータルZ

中華料理 池袋

横浜中華街の門 関帝廟 最近増えている東京在住の中国人や、留学生、旅行者などにいわせると、横浜中華街は「日本人向けの中華料理店で、美味しくない」ということで、今の本当の中華街は池袋にあるといわれています。 私が顧問をしている吉林省の食品会社の通訳の若者やその友人らも、池袋で本場の美味しい中華料理を楽しんでいるようで、私も個人的に、日本人の友人らと数年前から池袋で、本格中華料理を楽しんでいます。 池袋の中華街は、 JR池袋駅北口(東武側)付近から散在していますが、横浜中華街のような門などの表示や案内パンフレットなどがありません。 駅を出るとすぐに中国人のおばちゃん達が中国人向けの新聞などを配っているので、すぐわかります。 目の前に中華食材の店や中華料理店が点在しているのですが、よく見ないと見過ごしてしまうかもしれません。 山下清海著 講談社選書メチェ「新・中華街」より転載 JR池袋駅北口の階段の広告 もともと池袋北口は風俗店が林立していて、風紀上あまり良くない街でした。 それらの風俗店が撤退した後に、中国人が経営する料理店に変貌していったようです。 この周辺地域は、中国人が多く住む土地であり、留学生も非常に多いため、日本人向けではなく、中国人向けの本格的な中国料理店が増えていったようです。 池袋には、 1980年以降に新華僑といわれる中国人が進出してきたことにより、 中華料理店だけでなく、食材・雑貨店、旅行代理店、不動産仲介店、美容院、保育園、自動車学校、インターネットカフェなど様々な種類の店や施設が約 300~ 400軒あるようで、この池袋中華街は中国人の日常生活を支える街となったのです。 当初は、この地を東京中華街として展開するという構想があったようですが、地元商店街の猛反対があり、断念したようですが、自然発生的に徐々に増えていったようです。 あるビルの 4階には「東京中華街」という名前の店がありますが、これは一軒の店の名前です。 駅前の中国食材販売店「友誼商店」と対面の「陽光城」 4階の店名は「東京中華街」 2階は新疆の料理店 吉林省の料理店 横浜中華街に最近安価な食べ放題の店が増えてきたのですが、これらの店も新華僑によるものだという報道もあります。 老華僑または旧華僑といわれる従来からの横浜中華街の老舗の店の経営者は、この現象に困惑しているようです。 横浜中華街は、主に古くから日本に住んでいる台湾系の華僑によって成り立ってきたといわれています。 池袋中華街の特徴は、横浜中華街や日本各地の中華料理店の料理とは異なり、近隣に住む中国人向けに、各地の本場の料理を提供しているのです。 私が中国に駐在していた頃や顧問として訪問している中国各地の本場の料理が楽しめるという点で私は大好きです。 例えば、非常に辛くてしびれる四川料理、大鍋で煮込んだ東北(遼寧省、吉林省、黒竜江省)料理、新疆の羊肉料理、火鍋など中国でしか味わえなかった料理を提供する店が多くあります。 中国語に自信のない方にはやや冒険かもしれませんが、日本語のメニューもあり、日本語も通じますので、中国に行ったつもりで、本場の中華料理に挑戦されることをお奨めします。 但し、店によって若干異なりますが、従業員はすべて中国人で、客の大半が中国人です。 従って、見たこともない料理や慣れていない味付けには要注意です。 日本生まれの中華料理である天津飯や焼餃子はないと思います。

次の

必吃!池袋東口美食推薦TOP15

中華料理 池袋

いかにも中国四川らしいBGMが流れていますが、中国人シェフがご機嫌にそのBGMに合わせて鼻歌を歌いながら料理を作るのが、なんだかおもしろいです。 料理レポート 汁なし坦々麺(800円) ココ『楊 (ヤン)』に来たら、もちろん 「孤独のグルメ」で五郎さんも食べた「汁なし坦々麺」を食べないわけにはいきません。 中華料理なのに、イタリアの国旗のようなカラーグラディエーションで、見た目も鮮やかな一品です。 坦々麺なので、よく混ぜ混ぜして食べることになりますが、 混ぜているうちに山椒と唐辛子の刺激的な蒸気がフワーッと立ち込めてきます。 刺激的な蒸気の香りで警戒しながら食べてみましたが、意外と 白ゴマペーストの甘さがパワフルで、山椒と唐辛子・ラー油の痺びれる辛さはあるものの、どちらかというと味覚の中では「甘さ」が一番先頭を走っていきます。 (とはいえ、もちろん後から少しずつ舌がアツーく、痺れる感覚が出てきますw) そして、麺がまた日本のラーメンとはまた違うアルデンテ状でコシが強めながら、モッチモチしていて、甘く痺れる辛さ溢れる坦々ソースに良く合います。 クラッシュナッツも散りばめられているので、 カリカリとした食感がアクセントになって飽きが来ず、箸が止まらなくなります。 また、 この「汁なし坦々麺」と「黒酢」が恐ろしいほど相性が良く、魔法のような化学反応を起こして旨味成分を増幅してくれます。 あまり入れ過ぎるとむせる程酸味の強い黒酢が置いてあるので、少しずつ調整しながら味変化を楽しみましょう。 四川風 麻婆豆腐(890円) 思いの他、「汁なし坦々麺」の辛さが心地よかったので、 「四川山椒が 強烈」とメニュー表にも注意書きがされていた「四川風 麻婆豆腐」もオーダーしてみました。 目の前に配膳された時点で、目が少し痛くなるほどスパイシーで強烈な蒸気が出ています。 スプーンで麻婆豆腐をすくうと、より山椒と唐辛子の刺激的な香りがより強く際立ちます。 あまりに香りが強いので、スプーンを口に運ぶ瞬間に、ジェットコースターに乗る前のような緊張感で胸がドキドキします・・・w 口に麻婆豆腐を入れた瞬間、 電流が駆け巡るような、もしくは 超強力な炭酸水を飲んだときのような、ビリリリッとした衝撃が口の中で発生します。 ただ、 その衝撃は本当に最初の一瞬だけで、辛さはそんなに口の中に残り続けず、あとから 豆腐と挽肉のコクの深い甘さが追いかけてきます。 粗びきされた四川山椒が散りばめられているので、ツブツブした食感もアクセントになっています。

次の

京華閣(池袋西口/中華)<ネット予約可>

中華料理 池袋

日本三大中華街:橫濱、神戶、長崎 在日本,江戶幕府末期開港的橫濱、神戶、長崎等港口城市中建有中國城(唐人街)。 日本這三大中華街都作為重要的遊覽地發展起來。 它們以中國餐廳為中心,集中了銷售中國民間工藝品、中國食品、中國點心以及中國茶等商品的店鋪,營造出充滿異國情調的中國世界。 最近,日中關係雖然不是很融洽,但週末到訪橫濱中華街的時候,發現那裏如同交通高峰期一樣擁擠。 這說明日本人不僅喜歡中國菜,還對中國文化有著濃厚興趣和很大的關注。 新華僑的增加 隨著中國的改革開放政策的推進,以外出打工和留學為目的走出國境,去到世界各地的中國人越來越多。 區別於改革開放之前出國的中國人(老華僑),他們被稱為「新華僑」。 在日本,上世紀80年代以後,在日語學校以及其他各種學校學習的學生以留學簽證來到日本,這樣的新華僑急劇成長。 據法務省對僑居日本的外國人的統計,中國人(擁有中國國籍)在1980年有52,896人,但從80年代末開始迅速成長,到1990年升至150,339人,2000年達到335,575人,而到2010年進一步增加到687,158人。 2011年東日本大地震後,雖然回國的中國人一度有所增加,但截止到2014年,仍有654,777人僑居日本。 我是在研究所學生時代開始調查日本以及世界各地中國城的。 在北美、歐洲、大洋洲等地,我注意到由新華僑建立起新的中國城。 而前邊我提到的日本三大中華街,則是由從中國飄洋過海而來的老華僑們在漫長的歷史中,通過與日本社會的不斷交流而建立起來的。 老華僑建立了日本三大中華街,那麼不斷增加的新華僑不會不建起新的中國城吧——我的腦海裏浮現出這樣的問題。 池袋中國城的形成 這個謎團後來由中國留學生的一句話解開了。 上世紀90年代末,中國留學生對我說,「池袋對我們中國人來說是個很方便的地方哦。 打工的地方多,中國人需要的東西在池袋都可以買到」。 池袋站北口 那之後,當我在池袋站的東口和西口一帶漫步時,發現池袋站北口周圍集聚了新華僑經營的中國料理店、中國食品超市、中國書店、網咖、旅行社等店鋪。 我確信該站北口的確誕生了我在國外所見到的那種新型中國城,並且在2003年,我把這裏稱作為「池袋中國城」。 當時,如果在網站搜尋「池袋中國城」,只能找到我的主頁,而現在已經能夠搜到10萬條以上了。 電視、報紙、雜誌等也都對此進行了報道,很多人開始意識到池袋中國城的存在。 截至2015年6月,據我的調查,以池袋站北口為中心的池袋站西側,約有210家與中國有關的店鋪,其中僅中國餐廳就多達70餘家。 池袋周邊的日語學校和廉價公寓 新華僑的店鋪之所以聚集在池袋,主要有以下3個原因。 第一,池袋周邊建有很多日語學校。 20世紀80年代後半期,日語學校很多都集中在東京,尤其以池袋及新宿周邊居多。 第二,從池袋站徒步5到10分鐘的範圍內有很多陳舊的、房租比較便宜的公寓。 第三,池袋算得上東京屈指可數的繁華區,在這裏,即使是剛來日本,日語還不熟練的中國學生,也可以輕易在餐廳找到洗盤子或清掃大廈等零工。 其中一個重要契機,是1991年中國食品超市「知音中國食品店」在池袋站北口附近開業。 從那以後,新華僑經營的店鋪逐漸開始大量集中到它的周圍一帶,對於那些想自己創業的新華僑來說,「池袋站北口」這個地方已經成為一個品牌標誌。 漫步池袋中國城 池袋中國城的門戶就是池袋站北口。 在這裏相約碰頭的中國人很多。 從池袋站北口走路不到1分鐘,就可以看到掛著頗具中國特色的紅色招牌的中國食品超市「陽光城」,是池袋中國城的一個象徵性存在。 它對面的一個雜居樓的四樓,「駐紮」著「知音中國食品店」的「接班人」——「中國食品友誼商店」,中國食品應有盡有。 該樓的2樓還有一家中國書店「聞聲堂」。 生煎饅頭店「永祥生煎館」 池袋中國城中與中國相關的大多數店鋪與日本三大中華街的店鋪不同,它們通常開在雜居樓的高層樓或地下。 這是因為1樓很多都是日本人經營的連鎖店,或者是很早以前就在這裏開業經營的店鋪,即使新華僑想在1樓開店,也很少有空出的店面了。 所以,在池袋中國城漫步時,一大秘訣就是你要昂首抬頭向高處看。 處在雜居樓的高層樓或地下的中國餐廳,因為它們散發出的某種獨特氣氛而令許多日本人望而卻步。 如果你也有這種感覺,那麼可以在白天午餐時間去。 一般的中國餐廳都會準備午餐菜單。 除了一天一換的套餐,還有麻婆豆腐、青椒肉絲、咕咾肉、乾燒蝦仁、韭菜炒肝尖等套餐(大多會送杏仁豆腐等甜點),大概680~800日圓就可以吃到。 午餐時間,有很多日本上班族和學生也會光顧。 當然備有日語菜單,中國店員也會說日語。 池袋站北口附近還有一家上海點心——生煎饅頭的專賣店,叫「永祥生煎館」,1包4個,400日圓,日本顧客也會來這裏排隊購買。 池袋中國城,是身在日本而最能感受到中國的地方。 希望「尚不知其味就討厭中國」的日本人也能來池袋中國城看看。 首先把目標鎖定在池袋站北口,先來嚐嚐道地的中國菜吧。 標題照片:池袋的中國食品超市「陽光城」.

次の