あすなろ 整形 外科。 横浜・都筑区・センター南 あすなろ整形外科・リウマチ科クリニック

あすなろ整形外科の口コミ・評判(3件) 【病院口コミ検索Caloo・カルー】

あすなろ 整形 外科

院長は股関節で有名な我汝会えにわ病院から独立したのかな? えにわ病院の副院長が出張で診てくれる曜日もあるので関連はあると思います。 腰痛と股関節の痛みがあり通っていたペインクリニック(そちらの... 院長は股関節で有名な我汝会えにわ病院から独立したのかな? えにわ病院の副院長が出張で診てくれる曜日もあるので関連はあると思います。 腰痛と股関節の痛みがあり通っていたペインクリニック(そちらのクリニックはレントゲンなどの設備が無いため)の先生に紹介されて行きました。 長谷川先生はちょっとクセのある先生だけど素晴らしい先生だから。 って教えられたのですが、何のことない話しやすい先生でした。 レントゲンで診てもらったところ股関節は先天性の形成不全で手術を薦められました。 手術を薦められたのは二軒目ですが手術は怖くて入院が長引くのでなかなか躊躇します。 腰痛はリハビリ担当の方から体操を教わりました。 プール通いとお尻の周りの筋肉を付ける体操をして股関節の痛みがおさまっているので手術をするのは先延ばしにしたいと思います。 午前中の診療が終わる30分前くらいに行きましたが、空いてました。 なので駐車場も(あまり広くないですが)難なく停められました。 火曜日担当の いつも違う病院にいらっしゃる方が 午後4時からの担当医でした。 パン屋さんの駐車場で 雪の上で転び 手首を外側でなく 内側に曲げて手をついたため 激痛が走りました。 車のハンド... 火曜日担当の いつも違う病院にいらっしゃる方が 午後4時からの担当医でした。 パン屋さんの駐車場で 雪の上で転び 手首を外側でなく 内側に曲げて手をついたため 激痛が走りました。 車のハンドルを持とうとすると 右手が使えません。 それで 左手だけでどうにか 自宅近くの あすなろ整形外科まで運転し駆け込みました。 「保険証の持ち合わせもないですが とりあえず痛くて折れているか捻挫か見ていただきたい」 という申し出に 何年か前に 一度きたことがあるので 保険証なくても大丈夫と言われました。 すぐレントゲンを撮るように案内され 15分後の診察で 橈骨がおれていると判明 すぐギブスを撒いて自然につくのをまつか 骨折箇所を 開いてねじでとめる手術にするかを 聞かれ 前者を選びました。 骨をちゃんと合わせて 整復していただくなり 痛みは半減 ギブスを丁寧に丁寧に 撒いていただきました。 その時 そのお医者様の方が 「うまくくっつけよ・・・」と祈るようにいってくださって。 お陰様できれいに骨はくっつき 2年経った今では全く痛みもなく過ごしています。 本当にありがたい対応で 素晴らしい先生でした。 ありがとうございます。 母が 足が痛いとずっと言っており 別の病院へ一度いったのですが 手術しか治療はなく かなりそこは混んでいて手術まで 一年先と言われこちらに来ました。 診断の結果 やはり手術しか方法はなく 入院手術と... 母が 足が痛いとずっと言っており 別の病院へ一度いったのですが 手術しか治療はなく かなりそこは混んでいて手術まで 一年先と言われこちらに来ました。 診断の結果 やはり手術しか方法はなく 入院手術となりました。 現在3年経過してますが 痛みもなく脱臼もなく問題なく機能しております。 術後に母が でてきたときに 非常に寒がり 寒い寒いと真っ青の顔で言ってたので心配になりました。 本人は麻酔がきいていたので 朦朧としており覚えてはいないですが 全身麻酔はやはり危険があるもので 若干その際の 看護師の対応が疑問でしたが (寒い寒いといっているので 温めるとかなにか対処がありそうですが なにもなかったです) さすっておいても おいつかないので 毛布をお願いしてかけてもらいました。 よくわかりませんが 例えば 寒いといっていても術後で温めてはいけないとか あれば 説明していただきたいですし 温めてもいいのであれば対応をしていただきたかったです。 それ以外は 術後の状況もよく問題ないんだと思います 先生は はっきり物事をいうさっぱりとした物言いなので 合わない方は合わないかもしれませんが 私は好感をもちました.

次の

あすなろ整形外科〜診療理念 院長より

あすなろ 整形 外科

皆さんだれしも、ゲームセンターにはまったことがあるでしょう。 昔は体力使うゲームが多かったですよね。 エアーホッケーなんかも、けっこう燃えた覚えがありますね。 自分の学生時代にインベーダーゲームが登場し、以後はどんどん電脳ゲームが増えていくわけですね。 ただ、体力勝負のゲームも一部では人気があって腕相撲マシーンとか、球速測定マシーンなんてのは最近でもあるようです。 ところが、それがケガのもと、今回のお話のねたなんです。 ゲームセンターから救急車要請。 患者は25才、男性。 体格は良好。 血圧などには問題ありませんが、腕相撲ゲームしていたところ、右腕の痛みと変形。 よろしくお願いします。 というわけで、実はね、こういう時の怪我はたいてい上腕骨骨折なんです。 それも骨の真ん中が上から下まで斜めに螺旋状にはでに折れるんですよ。 レントゲン写真でも結構インパクトありますよ。 その名はまさに腕相撲骨折といいます。 もちろん、普通に誰かと腕相撲をしていて起こすこともありますし、球速測定マシーンでむやみやたらとスピードを出そうとした時にも起こすことがあります。 ちょっと難しい言葉でいうと、「自家筋力による骨折」というもので、グィーっと力を入れた途端に自分の筋肉の力で骨をねじ切ってしまうような状態と考えてください。 腕相撲では、がんばって相手をねじ伏せようとしている時には、上腕骨の肩側と肘側では反対向きの力がかかっているのです。 相手が弱いか、あるいはよほど強ければ自分の骨が折れる前に決着がつきますが、力が均衡している場合には要注意です。 手術が必要なケースも少なくありませんし、それより神経を同時に損傷してしまうこともあります。 しょせん、ゲームですからほどほどに。 同じく自分の力で骨折する代表が肋骨骨折です。 上半身をねじるような動作をした際に、いっちゃうんですね。 一番多いのがゴルフ。 ですから、ゴルフの「スイング骨折」という名称があるくらいです。 インパクトの後、ボールよなるべく遠くに飛んでくれ、という気持ちが上体の回転に結びつきポキッ。 うまい人なら、上体は残して、フォロースルーを大きく取るんでこんなケガはしない。 ケガした方は、もう一度自分のフォームを要チェックですよ。 肋骨が折れると胸が動く時、あるいは広がる時に痛みが出るので、咳がつらい、くしゃみがつらい、大笑いがつらい。 直る前にかぜでもひこうものなら大変です。 だいたい一ヶ月がまんすれば痛みはでなくなりますから、しばらくはテレビのバラエティは見てはいけません。

次の

「あすなろを選んだ私」

あすなろ 整形 外科

院長は股関節で有名な我汝会えにわ病院から独立したのかな? えにわ病院の副院長が出張で診てくれる曜日もあるので関連はあると思います。 腰痛と股関節の痛みがあり通っていたペインクリニック(そちらの... 院長は股関節で有名な我汝会えにわ病院から独立したのかな? えにわ病院の副院長が出張で診てくれる曜日もあるので関連はあると思います。 腰痛と股関節の痛みがあり通っていたペインクリニック(そちらのクリニックはレントゲンなどの設備が無いため)の先生に紹介されて行きました。 長谷川先生はちょっとクセのある先生だけど素晴らしい先生だから。 って教えられたのですが、何のことない話しやすい先生でした。 レントゲンで診てもらったところ股関節は先天性の形成不全で手術を薦められました。 手術を薦められたのは二軒目ですが手術は怖くて入院が長引くのでなかなか躊躇します。 腰痛はリハビリ担当の方から体操を教わりました。 プール通いとお尻の周りの筋肉を付ける体操をして股関節の痛みがおさまっているので手術をするのは先延ばしにしたいと思います。 午前中の診療が終わる30分前くらいに行きましたが、空いてました。 なので駐車場も(あまり広くないですが)難なく停められました。 火曜日担当の いつも違う病院にいらっしゃる方が 午後4時からの担当医でした。 パン屋さんの駐車場で 雪の上で転び 手首を外側でなく 内側に曲げて手をついたため 激痛が走りました。 車のハンド... 火曜日担当の いつも違う病院にいらっしゃる方が 午後4時からの担当医でした。 パン屋さんの駐車場で 雪の上で転び 手首を外側でなく 内側に曲げて手をついたため 激痛が走りました。 車のハンドルを持とうとすると 右手が使えません。 それで 左手だけでどうにか 自宅近くの あすなろ整形外科まで運転し駆け込みました。 「保険証の持ち合わせもないですが とりあえず痛くて折れているか捻挫か見ていただきたい」 という申し出に 何年か前に 一度きたことがあるので 保険証なくても大丈夫と言われました。 すぐレントゲンを撮るように案内され 15分後の診察で 橈骨がおれていると判明 すぐギブスを撒いて自然につくのをまつか 骨折箇所を 開いてねじでとめる手術にするかを 聞かれ 前者を選びました。 骨をちゃんと合わせて 整復していただくなり 痛みは半減 ギブスを丁寧に丁寧に 撒いていただきました。 その時 そのお医者様の方が 「うまくくっつけよ・・・」と祈るようにいってくださって。 お陰様できれいに骨はくっつき 2年経った今では全く痛みもなく過ごしています。 本当にありがたい対応で 素晴らしい先生でした。 ありがとうございます。 母が 足が痛いとずっと言っており 別の病院へ一度いったのですが 手術しか治療はなく かなりそこは混んでいて手術まで 一年先と言われこちらに来ました。 診断の結果 やはり手術しか方法はなく 入院手術と... 母が 足が痛いとずっと言っており 別の病院へ一度いったのですが 手術しか治療はなく かなりそこは混んでいて手術まで 一年先と言われこちらに来ました。 診断の結果 やはり手術しか方法はなく 入院手術となりました。 現在3年経過してますが 痛みもなく脱臼もなく問題なく機能しております。 術後に母が でてきたときに 非常に寒がり 寒い寒いと真っ青の顔で言ってたので心配になりました。 本人は麻酔がきいていたので 朦朧としており覚えてはいないですが 全身麻酔はやはり危険があるもので 若干その際の 看護師の対応が疑問でしたが (寒い寒いといっているので 温めるとかなにか対処がありそうですが なにもなかったです) さすっておいても おいつかないので 毛布をお願いしてかけてもらいました。 よくわかりませんが 例えば 寒いといっていても術後で温めてはいけないとか あれば 説明していただきたいですし 温めてもいいのであれば対応をしていただきたかったです。 それ以外は 術後の状況もよく問題ないんだと思います 先生は はっきり物事をいうさっぱりとした物言いなので 合わない方は合わないかもしれませんが 私は好感をもちました.

次の