コロナ ビルゲイツ。 ビルゲイツ推奨のワクチンは危険!?コロナ発生の予言は人口削減計画の一部か|ソクラテスのつぶやき

【陰謀論】「新型コロナの黒幕はビル・ゲイツ」だという主張がネット上で広まる

コロナ ビルゲイツ

また同氏は「検査システム及び追跡システムのおかげで、各国は感染地域を迅速に特定して制御できるようになる」が、一方で人々は「感染する可能性を非常に心配し、ライフスタイルを劇的に変えるようになる」ため、完全に普通の生活に戻ることはできないだろうと述べた。 ゲイツ氏は「政府は、治療やワクチン摂取が死亡リスクを残留リスクにすることが証明されるまでは、人々をスタジアムに行かせることはないだろう」と述べている。 同氏は、治療法の開発は重要であるものの、普通の生活に戻ることを可能にするのはワクチンのみだと強調した。 ゲイツ氏は「ワクチンよりもはるかに簡単に使用し始めることができる治療法に取り組むことが絶対に必要だ。 なぜならば大規模なテストをする必要がないからだ(中略)しかし世界が普通の状態に戻るためには、きわめて効果的な治療法かワクチンが必要になる。 ワクチンは非常に重要だ。 おそらく、まさにそれによって我々は普通の生活に戻ることができるからだ」と語った。 関連記事• ソーシャルネットワーク上のユーザーアカウントを通じてスプートニクのサイトでユーザー登録および認証を受けたという事実は、本規約に同意したことを意味する。 ユーザーは自らの振舞が国内法および国際法に違反しないようにしなければならない。 ユーザーは議論の他の参加者、また読者や、当該記事の題材となっている人物に対し尊敬をもって発言しなければならない。 サイト運営者は記事の基本的内容に用いられている言語とは異なる言語でなされたコメントを削除できる。 sputniknews. comの全言語バージョンで、ユーザーが行ったコメントの編集が行われる可能性がある。 以下に該当するユーザーのコメントは削除される。 記事のテーマにそぐわないもの• 憎悪を煽り立て、人種・民族・性・信教・社会的差別を助長し、少数者の権利を迫害するもの• 未成年の権利を侵害し、倫理的損害等、何らかの形態の損害を未成年に与えるもの• 過激主義、テロリズムを内容に含み、または、何らかの非合法活動を教唆するもの• 他のユーザー、個人ないし法人に対する中傷や脅迫を含み、その名誉や尊厳を傷つけ、または社会的評判を貶めるもの• スプートニクを中傷し、または貶める発言• プライバシーや通信の秘密を侵し、第三者の個人情報をその人の許可なく拡散させるもの• 動物への虐待・暴力シーンを描写し、またはそうしたページへのリンクを張ること• 自殺の方法に関する情報を含み、または自殺を教唆するもの• 商業的目的を持った発言、適切でない広告、違法な政治的宣伝または、そうした情報を含む別のサイトへのリンクを含むもの• 第三者の商品またはサービスを、しかるべき許可なしに宣伝するもの• 侮辱的ないし冒涜的表現およびその派生的表現、またはそれら表現を匂わせる字句の使用• スパムを含み、スパムの拡散やメッセージの大量配信サービスおよびインターネットビジネスのための素材を宣伝するもの• 麻薬・向精神薬の使用を宣伝し、その作成法や使用法に関する情報を含むもの• ウィルスなど有害ソフトウェアへのリンクを含むもの• そのコメントが、同一または類似の内容を持つ大量のコメントを投下する行動の一環をなす場合(フラッシュモブ)• 内容の稀薄な、または意味の把握が困難ないし不可能なメッセージを大量に投稿した場合(フラッド)• インターネット上のエチケットを乱し、攻撃的、侮辱的、冒涜的振舞を見せた場合(トローリング)• テキストの全体または大部分が大文字で又は空白無しで書かれるなど、言語に対する尊敬を欠く場合 サイト運営者は、ユーザーがコメントの規則に違反した場合、または、ユーザーの振舞の中に違反の兆候が発見された場合に、事前の通告なしに、ユーザーのページへのアクセスをブロックし、又は、そのアカウントを削除する。 ユーザーは、にメールを送り、自分のアカウントの復元、アクセス禁止の解除を申請することが出来る。 手紙には次のことが示されていなければならない。 件名は、「アカウントの復元/アクセス禁止解除」• ユーザーID• 上記規則への違反と認められ、アクセス禁止措置が取られる理由となった行動に対する説明 モデレーターがアカウントの復元とアクセス禁止の解除が妥当であると判断した場合には、アカウントは復元され、アクセス禁止は解除される。 再度の規則違反があり、再度のアクセス禁止が行われた場合には、アカウントは復元されず、アクセス禁止は全面的なものとなる。 モデレーター・チームと連絡を取りたい場合は、電子メールアドレスまで。

次の

ビル・ゲイツ「新型コロナ予言」の背景を徹底解説! エボラ、SARS、疑惑のスピーチ…事実ベースに陰謀論を読み解く

コロナ ビルゲイツ

投資がなかったわけではないんです。 たとえば私たちの財団は、英「ウェルカム・トラスト」や複数の政府とともに「感染症流行対策イノベーション連合(CEPI)」を設立しました。 これはワクチンのプラットフォームを作り、私たちの不意をついて感染症が流行したとき、これまでより速く新しいワクチンを作れるようにするものでした。 ですから、何もしていなかったわけではありません。 ただ、いまから振り返ってみると、あの5年前にTEDで言ったことが正しかったと言わざるをえないのが、いちばん悲しいことです。 あのスピーチは、研究や計画策定やシミュレーションを前に進めなければならないと伝えるためだったのです。 それができていれば、いま起きていることも非常に早い段階で食い止められたはずです。 関連記事: 多くの国は、このような大きな問題になることが予測できていませんでした。 指数関数的成長というものは、倍化時間を3度見逃していると、8倍に増えてしまい、そうなると制御することがはるかに難しくなります。 MERS(中東呼吸器症候群)やSARS(重症急性呼吸器症候群)の経験があった国などがいちばん早く対応しました。 たとえば韓国です。 中国も最初は感染者が多数出ましたが、いまは状況が大きく変わり、多くの人を学校や職場に復帰させられています。 ですから、そういった国々が、感染者数を減らすために何をしたのか、再拡大を防ぐために何をしているのか、について学ぶべきことがあります。 なぜなら世界の全人口のかなりの割合がワクチンを接種するまで、再拡大のリスクはずっとつきまとうからです。 WHOは「検査、検査、検査」と言っています。 検査が重要なのでしょうか。 それともITが果たす役割もあるのでしょうか。 アジア諸国ではITを駆使して情報を迅速に広め、ウイルスとの闘いを有利に進めています。 いますべき重要なことを一つだけ挙げるとしたら何になりますか。 検査をすれば、社会的隔離措置を強化すべきなのか、それとも少し緩めていい状況に達したのかを判断する参考になります。 ただ、やみくもに検査数を増やせばいいわけではありません。 検査結果が24時間以内に出ることも大事ですし、誰を優先的に検査するのかも決めなければなりません。 どの国でも検査の需要に供給が追いついていません。 韓国など一部の国では政府が動いて、検査すべき人が検査を受けられるようにしていました。 こうした国では、一元化されたシステムがあり、個々の事例を見ながら検査を受けるべきか否かの判断を下せる基準があります。 米国にはそれがありません。 無数の会社やラボが検査を実施していますが、その大半が基準のない検査です。 そのせいで、いまたくさんの積み残し作業が出ています。 この検査数でできていたはずのことができていない状況なのです。 検査数が増えていても、検査を上手に進められているわけではありません。 きちんと優先順位をつけて検査を実施できる状況を、これから整えていかなければなりません。 仮にいまあなたがこの場で「陽性」という検査結果が出たら、あなたに接触した人たちも、ほかの人に感染させる前に隔離しなければなりません。 PCR検査は、症状が出る前の人でも感染の有無を調べられる精度があります。 症状が出る前に、ほかの人にうつさずにすむのが理想的で、感染者数を減らすために重要なのです。 ですから、いまは適切な「検査」と「隔離」が最重要の戦術です。 中期的には薬を見つけて、入院数を減らし、致死率を下げることも非常に重要です。 この問題を最終的に解決できるのは、効果が高い、安全なワクチンなのですが、数十億人分のワクチンを用意するのは大変です。 私たちの財団は、これらの分野のすべてで活動しています。 最も有望なワクチンには、同時並行で資金を提供し、生産の規模を大きくしています。 最終的に採用するワクチンの数よりも、ずっと多い数に資金を出しているわけです。 ワクチン生産能力に数十億ドルも投資するわけですが、同時並行で進めることでワクチン接種までの時間が1ヵ月でも短縮できるのであれば、それは数兆ドルとまではいかなくても数千億ドルの価値があるのです。 いまおっしゃったように、あなたの財団はグローバルな新型コロナ対策に1億ドル(約108億円)を投資すると表明されました。 お金がどういったところに向かうのか、教えていただけますか。 資金の多くは開発途上国の能力向上を支援するものです。 資金の一部は中国の初期の対応を支援しましたし、いまは欧州やアメリカを支援していますが、私たちが重視するのは開発途上国です。 途上国は大きな課題に直面しています。 なぜなら途上国では、社会的隔離措置を実施するのがいっそう難しいからです。 安定した食料供給を維持するだけでも大変ですが、都市部のスラムで暮らしている場合、理想的な社会的距離はとれません。 途上国は、いまのところ感染者が少ない国でも、悲しいことに、中国の0. 01%のようには感染症を封じ込められない可能性が非常に高いのです。 裕福な国は数パーセントに抑えられるはずですが、開発途上国では、感染症が広まり、国民の過半数が感染するところが出てくるはずです。 そうなると、病院が満杯になってしまい、ほかの疾患を抱えた人が死んだりするなど、問題が非常に重くのしかかってきます。 いまウイルスは途上国に広がりつつあり、恐ろしい状況です。 ウイルスがアフリカ全土に到達していることがわかっていますが、まだ急速に増えているわけではありません。 死者数や感染者数はどの程度になると予想されていますか。 感染症と闘う途上国の能力に不安はありますか。 幸運が微笑む可能性もあります。 一部の国では、気候などの影響で感染力が弱まることもありえます。 そこはまだわかっていません。 ただ、オーストラリアなどの南半球の国でも、それなりの感染者数が出ているので、これは著しく季節性のものではなく、単にアフリカでは拡大が始まるのが遅くなっているだけだと想定しています。 その想定が間違っていたということになればいいですけれどね。 この感染症の致死率が1%程度だと言うのは簡単です。 病院が満杯になれば、その数字は2~3%に上昇します。 アフリカの人口は若いので、それは数字を下げます。 ただ、屋内外での煙の吸入による併存疾患、結核、HIV、栄養失調に関しては、ほかの地域よりかなり高いです。 ですから、先がほとんど見通せない状況です。 死亡率が2%になる恐ろしい状況も想定不可能ではありません。 パニックが起こり、医療崩壊が深刻になれば、死亡率がさらに悪化する可能性もあります。 食べ物を求めて外出したり、生計を立てるためにモノを売りに出かけたりする人が出てくるはずですし、狭い家に大勢で暮らしていたり、スラムで生活していたりするわけです。 途上国でロックダウンが効果を出す可能性はあるのでしょうか。 とてもいい質問です。 途上国の多くは最善を尽くしています。 インドも最善を尽くしていますが、まだ始まったばかりの段階です。 食べ物の宅配業者が仕事をしていいのか否かといったことを、見きわめていかなければなりません。 何が必要不可欠の活動なのかを決めていくのは簡単ではありませんからね。 イヌの散歩のための外出はいいのか。 どの企業は事業を継続していいのか、といった問題です。 米国も事前にこういったことを考える練習をしていなかったので、いま見きわめようとしています。 開発途上国は、流行曲線の平坦化に取り組むべきです。 ただ、それが功を奏して感染者が数パーセントにとどまるという可能性は、所得水準が下がるにつれ、あまり期待できないと不安視しています。 とりわけ都市部のスラムではあまり効果がないのではないでしょうか。 とはいえ、少しだけでも感染拡大の時期を遅らせ、感染拡大のスピードを遅くできるなら、それには価値があります。 医療従事者の感染を抑えたり、医療施設が満杯になったりするのを抑えられたりできるわけですからね。 (続く).

次の

ビル・ゲイツがフランスでイベルメクチンのコロナ治療第三相治験開始 驚異的な薬効 1日で治り1週間で退院

コロナ ビルゲイツ

TEDとは? TEDは、アメリカ合衆国のニューヨーク市に本部があるLLC。 カナダのバンクーバーで、 毎年大規模な世界的講演会「TED Conference」(テド・カンファレンス)を開催(主催)している非営利団体である。 より引用 これだけ見ると「さすがビル・ゲイツ、先見の明があるな」で終わるかも知れません。 しかし彼の「予言」めいた言動はこれだけではありません。 より引用 すなわち、今回の新型コロナウィルスによるパンデミック(2020年)が起きる半年前に、 ほぼ同じ状況のシミュレーションを公式に行っていた(しかも想定したウィルスがコロナウィルス) ということです。 これを聞くと、「シミュレーションでコロナウイルスまでピッタリ予言してるなんて、ちょっと当たり過ぎじゃない?」と疑念を持つ人が出てしまうのも無理はありません。 イベント201について とは、 2019年10月に開催されたもので、 コロナウイルスのパンデミックをシミュレーションし、どのように感染が広がり、どれくらいの被害が出るかを予測したものです。 「対策を今から準備しておこう」というものですね。 シミュレーションではコロナウイルスの発祥地点はブラジルの養豚となっています。 その後18ヶ月で6500万人の死者を出したところで、シミュレーションは終了しています。 【陰謀論】ビル・ゲイツはワクチンの利権を欲している さらに、ビル・ゲイツ氏は ワクチンの普及に熱心であることが疑念に拍車をかけます。 ワクチン開発やワクチン関連事業に莫大な資金を提供しているのです。 また WHOや大手製薬会社とのつながりも指摘されます。 となるとこう考える人がいてもおかしくありません。 「新型コロナウイルスとそれに対するワクチンが同時に『開発』されていたとしたら 莫大な利益を得ることができる」 もちろんこれは、陰謀論好きの妄想に過ぎません。 だってお金ならもう、ビル・ゲイツ氏は捨てるほど持っているでしょう。 ただ、ビル・ゲイツ氏には「お金」以外の噂もありますので問題が複雑なんです。 【陰謀論】ビル・ゲイツがワクチン普及に執着する理由 「ビル・ゲイツ氏はワクチンの普及に熱心」なのは彼の言動から間違いありませんが、これが実に 「度を超えて熱心」なんです。 その点を ロバート・F・ケネディJr. という弁護士が指摘しています。 被害の一例• ゲイツ氏指導のもと、インドでポリオワクチンを幼児に投与させた結果、 49万人の幼児が非ポリオ急性弛緩性麻痺を起こし、2017年にはインド政府から撤退を依頼された。 その後、非ポリオ急性弛緩性麻痺は激減した。 2002年の「MenAfriVacキャンペーン」で アフリカの500人の子供にワクチンを投与し、50人に麻痺が起きた。 ネルソン・マンデラの元上級エコノミストであるパトリック・ボンド教授に 「冷酷で人道に外れた行為」と批判された。 2010年に臨床試験中のマラリアワクチンに資金を提供したが、その ワクチンを投与されたアフリカの幼児151人が死亡、1000人余りに重篤な副作用が出た。 2014年にゲイツ財団が出資した製薬会社が、 インドの若い女性に実験段階のワクチンを投与した結果、23000人中1200人に深刻な副作用が出た。 そのうち 7人が死亡した。 これに関わった研究者は起訴された。 ロバート・F・ケネディJr. 氏によると、これら以外にも、ビル・ゲイツ氏が大きな影響力を持つと言われるWHOが行ったワクチン投与で、多くの被害が出ているとのこと。 もし、この話が真実なら、 ほとんど「人体実験」とも思えるようなことになってしまいます。 そうなると、 なぜそんな強引なことまでしてビル・ゲイツ氏はワクチン開発に熱心なのかという疑問がわきます。 これに対して、ロバート・F・ケネディJr. 氏は 「世界の医療政策への独裁権力を得るため」と説明します。 【陰謀論】ビル・ゲイツは世界人口を減らしたい でも、 ビル・ゲイツ氏は医療政策への独裁権力を得て何をしたいのでしょう? 「お金ならもう、100回生まれ変わっても使い切れないほど持ってるでしょ。 やっぱり利益のためでなく、純粋に、病気をなくそうと思ってるんじゃないの?」 というのが、妥当な解釈ではないでしょうか。 しかし、それに対してはこんな話が持ち出されます。 またしてもビル・ゲイツ氏のTEDでの講演。 今度は2010年ですが、そこで彼はこんなことを言っています。 「現在世界の人口は68億人です。 90億人程度まで増加します。 しかも「新ワクチン」によって。 ビル・ゲイツはワクチンの危険性を知っていた? 上記ロバート・F・ケネディJr. 氏によると、WHOが行った「破傷風ワクチンキャンペーン」で 「ケニヤの女性が不妊処理された」と2014年にケニヤのカトリック教医師会が糾弾しています。 また、上項でお伝えした以下の件ですが• 2014年にゲイツ財団が出資した製薬会社が、 インドの若い女性に実験段階のワクチンを投与した結果、23000人中1200人に深刻な副作用が出た。 そのうち7人が死亡した。 これに関わった研究者は起訴された。 この事件では副作用として「受胎障害」に苦しめられる女性が多数出ています。 これはまさに、 人口削減につながる「副作用」です。 その一方で、1990年代にシアトルでビル・ゲイツのプライベートドクターを務めた医師が 「ビル・ゲイツ氏は、 自分の子供に一切のワクチンを投与することを拒否した」 と語ったと言われています。 これが真実なら、 彼はワクチンを危険だとみなしているということです。 ビル・ゲイツの陰謀とは一体何なのか。 すべては人類削減計画の名のもとに では、ビル・ゲイツ氏の陰謀とは一体何なのでしょうか。 以下は一つの仮説です。 決してお金のためではなく、 それ(人類を削減すること)を使命として考えているならば、ビル・ゲイツ氏の行動も一定の理解はできます。 このような視点で見ていくと、ビル・ゲイツ氏が 新型コロナのパンデミックを前もって知っていたとしてもそれは当然というわけです。 全部計画だった可能性もあるということです。 2020年現在、我々が最も欲しているのは「新型コロナウィルスに対するワクチン」であることは間違いありません。 おそらく、そのワクチンを開発した最初の企業・機関が、 今後の世界の医療政策への独裁権力を握ることになります。 このワクチンを一番最初に成功させるのはどこの企業・機関なのか、 我々は注視しながら見守る必要があります。 さいごに 今回お伝えした内容は、今の段階では一つの陰謀論に過ぎません。 たとえば予言ひとつにしても、「そもそも陰謀を企んでるのなら、目立つ予言なんかせずこっそり進めるはずでしょ」と言う見方もできますよね。 また、ビル・ゲイツ氏の言う「ワクチンによる人口抑制」についても、「ワクチンによって死亡率が下がれば、沢山子供を作る必要がなくなるから人口増加率も下がる」と解釈することもできます。 今の時点では、全てにおいてさまざまな解釈が可能であるということです。 真実は時とともに明らかになることでしょう。 サーズ、マーズ、コロナ、全て発生元が中東と中国っておかしいですよね。 スペイン風邪も戦時中に発生したし…。 例えば、自国でウイルス作り自国でばら蒔く人なんかいません、他国にばら蒔くのが妥当です、それも陸続きではない遠い国々が安全ですよね。 露人はいないと思います。 ビルゲイツは計画した人間と何らかの付き合いがあり以前から計画を知ってたのではないか?と.. 思います。 計画を尻これはいけないと預言者を装い世界中に発信したのではいか?なと思います。 人口が減ればその分アマゾンの売り上げも激減します。 またこのウイルスは白人に効果蟻アジア人には効果あまり無いようですしね、ウイルステストする検体が白人しかいなかったからでは?東洋人の検体でテストできなかったのでは?こう言うのを正に自業自得と言うんで生姜 笑 こんな地球を出て月か他の星に行って暮らしたいと思うのも同感ですよね、そんな金持ちじゃあないのでリーむうですけど。

次の