2020 ヒット ソング。 OH MY GIRL 8冠達成の大ヒット曲 「Nonstop」の日本語ver.配信開始! 日本オリジナル曲含むサマーソング3ヶ月連続配信決定!

JPOP 最新曲ランキング 邦楽 2020ヒットチャート 新曲 メドレー 【作業用bgm】 新曲 2020

2020 ヒット ソング

株式会社ページワンが運営する、2001年開設、国内最大級の歌詞検索サイト『歌ネット』が、約4. 1ヒットソングは、Official髭男dism「I LOVE... 」 2020年上半期もっとも歌詞が見られた楽曲は、Official髭男dismの「I LOVE... 」となりました。 リリースが2月の為、実質4ヵ月ほどの集計数にもかかわらず、200万回以上の歌詞アクセスを記録し堂々の1位獲得です。 またOfficial髭男dismはTOP10内に4曲ランクインし、アーティスト別においても1位を獲得。 今もっとも歌詞が注目されているアーティストと言えます。 同曲は、2018年に発売された楽曲ですが、じわじわと人気が上昇。 さらに31位には2019年のリリース作「だから僕は音楽を辞めた」もランクインしており、アーティスト別では12位にランクインとなりました。 顔出しをせずロゴのみをアーティストビジュアルとし、TVなどのメディア露出もしていないヨルシカ。 露出が一切ないからこそ、彼の作る「歌詞世界」が注目されている事がわかります。 あいみょんが作詞・作曲を務めたこの曲。 動画再生回数は2000万回を突破し、歌詞アクセスも日に日に上昇。 その結果が上半期のランクインに繋がりました。 現在もWEEKLYランキングで1位を記録中。 下半期に向けてまだまだアクセスを伸ばすでしょう。 その他、アーティスト別9位には【童謡・唱歌】がランクイン。 話題の楽曲はもちろんですが、いつまでも変わらず老若男女から愛され続ける楽曲・往年の名曲等が幅広く検索されている事が、歌詞検索サイト「歌ネット」ならではの特徴です。 TOP30までの詳しい情報は、特集ページにてご覧ください。 1日平均200万回以上、年間で約7億5千万回の歌詞が見られています。 メジャーレコード会社のほぼ全てと連携しており、CD発売前に歌詞を見ることができる新曲も多数あります。 また、歌詞の掲載だけでなく、これまでに300人をこえるアーティストや作詞家とともに、歌詞にこだわった歌ネットでしか見られないオリジナル・コンテンツも多数展開しています。

次の

MLBヒットスタジオ2020 後編【ボクたちにはMLBが必要なんだ!】

2020 ヒット ソング

リグリー・フィールドでカブスが勝利した際に流れ、ファンが「W」フラッグを掲げながら大合唱するのがこの曲。 シカゴで生まれ育ち、生粋のカブスファンだったスティーブ・グッドマンというフォークシンガーが、地元ラジオ局WGNに依頼されて1984年に録音されたナンバー。 その年カブスは1945年以来39年ぶりの地区優勝を果たしたのですが、グッドマンは優勝決定直前に白血病のために死去。 この曲はチャリティーシングルとしてリリースされ7万枚以上の売上を記録しました。 時を経て2007年、地区優勝を果たした際にリグレーで久しぶりにこの曲が流れた際、当時の監督ルー・ピネラが「ファンが大合唱をしているのを見て思わず涙した」ことから、現在も勝利の賛歌として愛唱されております。 2016年のワールドシリーズGame5をボクは現地で観戦し、この曲を大合唱して選手達をクリーブランドに送り出したことは一生の思い出です……。 1901年にレッドソックスがボストン・アメリカンズとして創設した直後から、「Royal Rooters」と称されるファンたちがチームを鼓舞する応援歌として愛唱していたそうです。 1903年のワールドシリーズでは対戦相手のピッツバーグまでファンたちが押しかけ、敵地でもこの曲を大合唱し、アメリカンズは見事にチーム初の世界一に。 最終的に呪いを打ち破り、86年ぶりに世界一に輝いたワールドシリーズにて、この曲は球団公認の応援歌として採用されました。 彼らの曲で日本でも馴染みがあるといえば、千葉ロッテの応援がきっかけで今や高校野球での定番応援歌となっている「For Boston」。 皆さんも聞き覚えがあるのでは? アメリカを代表するオルタナティブ・ロック・バンド、Pearl Jamのヴォーカルを務めるエディ・ヴェダーはシカゴ出身にして最も有名なカブス・ファンのひとり。 2016年、カブスが108年ぶりに世界一に輝いた際も選手たちと一緒にシャンパン・ファイトに混ざっていました。 2013年にPearl Jamが初めてリグリー・フィールドでライブを行った際、エディはアーニーをステージ上に招き一緒にセッション。 アーニーにとってはこれが生前最後の勇姿でもありました。 アーニーは愛するカブスが世界一に輝く姿を見ることなく惜しくも2015年1月に他界しましたが、その翌年にカブスは「All The Way」に到達。 恐らくアーニーの意志も一緒に。 かつて「野球で100マイルの速球を打ってみたい」「自分は音楽で様々な体験をしてきたけど、息子のリトルリーグの試合を観ている時ほど興奮したことはない」と発言し、来日公演中の2012年には札幌ドームで高校の先輩後輩同士、現在は二人ともアメリカで活躍する大谷翔平と菊池雄星の投げ合いを観戦しているエピソードもあります。 さて、この曲は1975年にディランが作詞作曲した唯一の野球ソング。 殿堂入り投手キャットフィッシュ・ハンターのことを歌ったナンバーです。 趣味がナマズ釣りだったことからアスレティックスのオーナーに「キャットフィッシュ(ナマズ)」と名付けられ、1972~74年のワールドシリーズ3連覇に貢献しました。 そのオフに史上初のフリーエージェント選手となりヤンキースに移籍。 田舎者が100万ドルもらってヤンキースに入り派手な格好になって昔のチームメイトを打ち取る、といった、ちょっとシニカルな内容になっています。 1991年結成、現在も地道にインディ・シーンで活動しているベテランバンドが1995年に発表した曲。 カブスが依然として弱かった時代に、同じく今では強豪チームとして名を馳せる、当時弱小のNFLタンパベイ・バッカニアーズと共に「弱いチームも、いつか強くなるときはやって来る」と歌っています。 この曲が1位になったのは、どうやらこの記事を書いたRustin Dodd氏の思い入れもあるようで……。 ------------ いかがでしたでしょうか? チームを鼓舞する曲、往年の名選手からリクエストを受けて作られた曲。 また登場するチーム名や選手の名前によって、時代や世相、歌詞の真意なども味わうことの出来る野球ソングの数々。 ドラマーとして様々なレコーディングに参加。 またスポーツ専門テレビ局J SPORTS「MLBミュージック」メインMC、スポーツ専門Webテレビ局「DAZN」での解説、MLB情報誌『Slugger』でのコラム執筆を始め、MLB・酒場・ラーメンなどに関する執筆、ラジオ番組MC、クイズ作家としても活動。 香港政府観光局公認の「超級香港迷 スーパー香港マニア 」の肩書きも持つ。 SCOOBIE DO: Twitter: Instagram:.

次の

▼CD/キッズ/Let's Go!令和キッズ こどもヒット・ソング〜ノリノリMAX〜(仮) サプライズweb

2020 ヒット ソング

リグリー・フィールドでカブスが勝利した際に流れ、ファンが「W」フラッグを掲げながら大合唱するのがこの曲。 シカゴで生まれ育ち、生粋のカブスファンだったスティーブ・グッドマンというフォークシンガーが、地元ラジオ局WGNに依頼されて1984年に録音されたナンバー。 その年カブスは1945年以来39年ぶりの地区優勝を果たしたのですが、グッドマンは優勝決定直前に白血病のために死去。 この曲はチャリティーシングルとしてリリースされ7万枚以上の売上を記録しました。 時を経て2007年、地区優勝を果たした際にリグレーで久しぶりにこの曲が流れた際、当時の監督ルー・ピネラが「ファンが大合唱をしているのを見て思わず涙した」ことから、現在も勝利の賛歌として愛唱されております。 2016年のワールドシリーズGame5をボクは現地で観戦し、この曲を大合唱して選手達をクリーブランドに送り出したことは一生の思い出です……。 1901年にレッドソックスがボストン・アメリカンズとして創設した直後から、「Royal Rooters」と称されるファンたちがチームを鼓舞する応援歌として愛唱していたそうです。 1903年のワールドシリーズでは対戦相手のピッツバーグまでファンたちが押しかけ、敵地でもこの曲を大合唱し、アメリカンズは見事にチーム初の世界一に。 最終的に呪いを打ち破り、86年ぶりに世界一に輝いたワールドシリーズにて、この曲は球団公認の応援歌として採用されました。 彼らの曲で日本でも馴染みがあるといえば、千葉ロッテの応援がきっかけで今や高校野球での定番応援歌となっている「For Boston」。 皆さんも聞き覚えがあるのでは? アメリカを代表するオルタナティブ・ロック・バンド、Pearl Jamのヴォーカルを務めるエディ・ヴェダーはシカゴ出身にして最も有名なカブス・ファンのひとり。 2016年、カブスが108年ぶりに世界一に輝いた際も選手たちと一緒にシャンパン・ファイトに混ざっていました。 2013年にPearl Jamが初めてリグリー・フィールドでライブを行った際、エディはアーニーをステージ上に招き一緒にセッション。 アーニーにとってはこれが生前最後の勇姿でもありました。 アーニーは愛するカブスが世界一に輝く姿を見ることなく惜しくも2015年1月に他界しましたが、その翌年にカブスは「All The Way」に到達。 恐らくアーニーの意志も一緒に。 かつて「野球で100マイルの速球を打ってみたい」「自分は音楽で様々な体験をしてきたけど、息子のリトルリーグの試合を観ている時ほど興奮したことはない」と発言し、来日公演中の2012年には札幌ドームで高校の先輩後輩同士、現在は二人ともアメリカで活躍する大谷翔平と菊池雄星の投げ合いを観戦しているエピソードもあります。 さて、この曲は1975年にディランが作詞作曲した唯一の野球ソング。 殿堂入り投手キャットフィッシュ・ハンターのことを歌ったナンバーです。 趣味がナマズ釣りだったことからアスレティックスのオーナーに「キャットフィッシュ(ナマズ)」と名付けられ、1972~74年のワールドシリーズ3連覇に貢献しました。 そのオフに史上初のフリーエージェント選手となりヤンキースに移籍。 田舎者が100万ドルもらってヤンキースに入り派手な格好になって昔のチームメイトを打ち取る、といった、ちょっとシニカルな内容になっています。 1991年結成、現在も地道にインディ・シーンで活動しているベテランバンドが1995年に発表した曲。 カブスが依然として弱かった時代に、同じく今では強豪チームとして名を馳せる、当時弱小のNFLタンパベイ・バッカニアーズと共に「弱いチームも、いつか強くなるときはやって来る」と歌っています。 この曲が1位になったのは、どうやらこの記事を書いたRustin Dodd氏の思い入れもあるようで……。 ------------ いかがでしたでしょうか? チームを鼓舞する曲、往年の名選手からリクエストを受けて作られた曲。 また登場するチーム名や選手の名前によって、時代や世相、歌詞の真意なども味わうことの出来る野球ソングの数々。 ドラマーとして様々なレコーディングに参加。 またスポーツ専門テレビ局J SPORTS「MLBミュージック」メインMC、スポーツ専門Webテレビ局「DAZN」での解説、MLB情報誌『Slugger』でのコラム執筆を始め、MLB・酒場・ラーメンなどに関する執筆、ラジオ番組MC、クイズ作家としても活動。 香港政府観光局公認の「超級香港迷 スーパー香港マニア 」の肩書きも持つ。 SCOOBIE DO: Twitter: Instagram:.

次の