青タン 湿布。 打撲であざが出来た!色の変化はどうなる!?黄色は治るサインです!

注射した後の内出血を早く治す方法!痛みがある場合や予防法は?

青タン 湿布

そもそも打撲とは? そもそも打撲とは、転倒や衝突などによって身体の内側の皮下組織や筋肉などを損傷することです。 全身のあらゆる部位で起きる可能性のあるケガで、打ち身と呼ばれることもあります。 打撲は身体の内側の損傷ですから、基本的に傷口を伴いません。 しかし、打撲は少なからず 内出血や 炎症を引き起こすため、患部に痛みや腫れが発生します。 また、打撲にもさまざまな損傷レベルがあります。 何もせずに自然に治る軽傷のケースがほとんどですが、骨折や内臓損傷などを伴う重症のケースもあります。 打撲は放置しておけば自然に治るの? 打撲は放置しておけば自然に治るものなのでしょうか?前述の通り、打撲といっても損傷レベルはさまざまです。 したがって、 打撲を放置しておいても自然に治るかどうかは、どのくらいの損傷レベルなのかによって変わります。 たとえば、手足を家具にぶつけたなどの軽傷の打撲は、基本的に内出血や炎症もそれほどひどくなりません。 そのため、適切な応急処置をした上でできるだけ安静にしていれば、おおよそ1~2週間ほどで痛みや腫れが引いてきます。 必ずしも病院を受診する必要はないでしょう。 一方で、 交通事故で全身を強打したなどの重傷の打撲となると、皮下組織・筋肉・血管・神経なども広範囲に損傷するため、自然には治らない可能性があります。 こうした重傷の打撲では、骨折や内臓損傷などを伴っているかもしれません。 必ず病院で診察・治療を受けるようにしましょう。 スポンサーリンク 打撲で病院に行くべき判断基準とは? では打撲で病院に行くべきかどうかはどのように判断すればよいのでしょうか?打撲の症状を見た目だけで判断するのは難しいですが、とりあえず下記のようなときには必ず病院を受診しましょう。 「特に問題はなかった」と確認するだけでも、病院を受診する価値はあります。 1.頭部・胸部・腹部などを強打した 頭部・胸部・腹部などを強打した場合には、必ず病院を受診しましょう。 というのも、 脳や内臓などの損傷が疑われるからです。 打撲直後は何ともなかったとしても、数日後に異常が出ることもあります。 2.患部の内出血・炎症が非常に広範囲に出ている 打撲の内出血や炎症があまりにひどいと、血管・神経などが圧迫されることで機能障害が出ます。 何らかの組織への血流が長時間停止してしまうと、 知覚異常・運動麻痺などの後遺症が残ってしまうことも…。 打撲の内出血や打撲が非常に広範囲に出ているときには、すぐに適切な応急処置をした上で、病院を受診してください。 3.患部を動かそうとすると激痛が走る ほとんどの打撲は軽傷ですから、患部を動かせないほどの痛みが出ることはありません。 したがって、患部を動かそうとすると激痛が走る場合には、単なる打撲ではない可能性があるでしょう。 専門家に診察してもらうのがよいです。 4.患部を自力で動かせない 単なる打撲で運動機能に問題が出ることはありません。 打撲の痛みを我慢すれば、普通に患部を動かせるはずです。 逆に患部を自力で動かせないのであれば、 骨折の可能性が疑われます。 特に肘や膝など関節部位の打撲では注意が必要です。 もちろん、骨折が自然に治ることはないですから、専門的な治療を受けてください。 5.患部の痛みや腫れがいつまでも引かない ほとんどの打撲では内出血や炎症もそれほどひどくならないため、おおよそ1~2週間ほどで痛みや腫れが引いてきます。 もし打撲の痛みや腫れがいつまでも引かないのなら、別の異常があるかもしれません。 自己判断せずに診察を受けたほうがよいでしょう。 スポンサーリンク 打撲は病院の何科を受診すればよいのか? では打撲は病院の何科を受診すればよいのでしょうか?いざ打撲で病院に行こうと思っても迷ってしまいますよね。 一般的に打撲は病院の 整形外科を受診するようにします。 整形外科は骨・関節・靭帯・腱・神経・筋肉などの運動器を専門としていますから、適切な診察をしてくれるでしょう。 なお、はじめての打撲の診察で整骨院や接骨院には行くべきではありません。 というのも、打撲の症状を正確に診断するために必要なレントゲン撮影やMRI検査などは、整骨院や接骨院ではできないからです。 もちろん、打撲の治療やリハビリで信頼できる整骨院や接骨院に行くのはよいでしょう。 正しい打撲の応急処置は? もしあなたが何らかのアクシデントで打撲をしてしまったら、すぐに応急処置をすることが大切です。 最初に適切な対処ができれば、打撲の早期回復につながります。 打撲の応急処置方法としては、 「RICE処置(ライスしょち)」を覚えておくとよいでしょう。 RICE処置とは下記の4つの頭文字をとったものです。 無理に患部を動かしたりすると、内出血や炎症が悪化してしまいます。 また、患部を無闇にさわらないようにします。 Ice(冷却する) 打撲の応急処置で最も重要なのが冷却(アイシング)です。 すぐに患部を冷却することで、内出血や炎症を最小限に抑えることができます。 もしあなたが打撲をしてしまったら、できるだけ迅速に患部を冷却するようにしましょう。 具体的には氷水を入れたビニール袋(2重・3重にするとよい)などで患部を冷やしてあげるのがよいです。 また、手足などを打撲した場合には、氷水の入ったバケツに患部をつけるのでもOKです。 ただ凍傷には十分に注意してください。 すぐに氷を用意できない場合には、流しっぱなしにした水道水に患部をつけることでも、一定の冷却効果を得ることができます。 Compression(圧迫・固定する) 打撲をした部位の周辺を包帯やテーピングで圧迫すると、内出血や炎症を抑える効果を得られます。 ただ包帯やテーピングをあまりきつくしすぎないようにしましょう。 健康な細胞まで壊死してしまうことがあります。 Elevation(挙上する) 患部が心臓より低い位置にあると、患部に血液がどんどん流れるため、内出血や炎症が助長されます。 そのため、患部を心臓より高い位置に保つように意識しましょう。 たとえば、 枕やクッションなどの手軽なものを活用するとよいですね。 全身的な打撲の場合には、無理に拳上を意識する必要はありません。

次の

青あざの治し方!いち早く「青あざ」を消すために効果的な方法

青タン 湿布

スポンサーリンク 身体をどこかに強打したり、転倒したりと怪我をしてしまう可能性はいつでもあります。 打撲や捻挫、ひどい場合には骨折など、さまざまな怪我は存在しています。 その時に起こるのが「 内出血」です。 必ずしも起こるわけではありませんが、多くの場合同時に起こる症状です。 当サイトでは内出血の治し方などについて詳しく解説しています。 まずは基本的な概要についてお話ししていきましょう。 【内出血とは…】 打撲などによって血管が傷ついてしまい、皮膚の下に溜まってしまう状態です。 皮膚以外にも胸腔、腹腔、筋肉の中に起こる可能性もあります。 皮膚の下に溜まっている程度であれば命に係わることはほとんどありませんが大量に出血している場合には致命傷になる可能性もありますので注意が必要です。 身体の中の血液はおよそ4リットルから5リットルほどになります。 少しの出血では致命傷になることはありませんが、1リットルを超える出血量の場合には注意が必要です。 【内出血とあざって違う?】 あざとの違いというのはほとんどありません。 青あざなどということがありますが基本的には内出血した部分が青くなるものを青あざと言います。 青い場合には皮膚から近い部分で起こっており、黒くなっている場合には皮膚から深い部分で起こっていると考えることが出来ます。 【治し方】 打撲や捻挫と同じように処置を行っていきます。 ここで推奨されているのがRICE処置になります。 RICE処置 R=REST(安静) I=ICE(冷やす) C=COMPRESSION(圧迫) E=ELEVATION(挙上) 怪我の際の応急処置として最も有名なものになります。 多くのスポーツで取り入れられている応急処置方法になります。 スポンサーリンク 内出血の際にも同様です。 腫れや出血が起こっている場合にはまずは「冷やす」ことが重要です。 冷やすことによって腫れや出血の悪化を防ぐ効果を狙います。 その場合には安静にすることも大切です。 挙上というのは心臓よりも患部を高くすることです。 患部に血液が行き渡らないようにして出血を抑えることにつながります。 治し方はこの方法で行いましょう。 怪我をした急性期には冷やすことが重要になりますが慢性期(回復期)には温めることが重要になってきます。 【温めることで修復を促すことが出来る】 温めることで血行を促進し回復を促します。 血管や筋肉を修復する酸素や栄養素を運んでくるのは血液です。 血行を良くすることによって血液が多く運ばれるように促します。 冷やすことと温めることを踏まえたうえで使用する湿布にも注意が必要です。 湿布の種類には冷湿布と温湿布があります。 急性期には冷湿布、回復期には温湿布を使用するようにしましょう。 【早く治す薬】 大前提として薬を使用する際には薬剤師や医師の指示の下で使用することが大切です。 市販のものを紹介しましょう。 ヘパリンZクリーム、ヒルドイド、ビーフソテン、HPシリーズ、アットノンなどが挙げることが出来ます。 塗り薬にも種類があり、ジェルタイプ、クリーム、ローションなどの種類があります。 市販の薬を使用する際には薬剤師に相談してから購入しましょう。 【まとめ】 内出血で致命傷となることはほとんどありません。 同時に打撲などの外傷がある場合には注意しましょう。 大きく腫れている場合には軽い打撲などだけではなく骨折の可能性もあります。 内出血が起こってすぐに処置することによって早期完治を望むことが出来ます。 しっかりと治療を行っていきましょう。 スポンサーリンク.

次の

採血による内出血について.健診会東京メディカルクリニック,日曜診療,夜間診察

青タン 湿布

内出血ができるメカニズムは? まずは、内出血を治す方法を紹介する前に、内出血ができるメカニズムを説明していきましょう。 皮膚の内出血は、一般によく「青タン」とか「青あざ」などと呼ばれていますね。 皮膚に何かがぶつかったりした時に、皮膚の下では血管が傷ついて出血してしまいます。 毛細血管などの血管が傷ついて出血したとしても、皮膚に傷がないので外には出てこず、皮膚のすぐ下が赤くなります。 このことを「内出血」と言います。 内出血した皮膚を見てみると、ぶつけた当初は赤や赤紫っぽい感じです。 下の画像は緑から黄色っぽくて、ほとんど治りかけの状態ですね。 内出血は、高齢者で血管が老化していると少しの刺激だけですぐに内出血を起こします。 また、脳梗塞や脳出血を防ぐため、血液をサラサラにするお薬を飲んでいる場合でも、出血が止まりにくかったりするのですぐに内出血ができて拡がります。 では、 内出血を早く治すにはどんな方法があるのでしょうか? 内出血を早く治す方法は? 内出血ができてしまったら、その経過に合わせてどんなことをすれば良いか説明していきましょう。 まずは内出血を起こしている部分を冷やしましょう。 患部を冷やす 内出血があると、その部分の皮膚が痛みを伴うことが多いです。 だいたい2~3日は痛いです。 痛みの程度は範囲によりますし、痛みの感じ方は個人差があります もし打撲したのであれば、受傷後1日くらいは、なるべく冷やすほうがいいでしょう。 冷すことで、出血をしている部分の血管が収縮して血液が早く止まります。 早くに出血が止まってしまえば、内出血の範囲や腫れをなるべく小さく抑えることができます。 そして、痛み止めも飲んでも構いませんが、筋肉の部分にまで深く損傷を受けていないのであればそこまで痛みは感じないと思います。 冷やすには、上の画像のようなアイスパックや保冷剤をハンカチタオルやガーゼなどに包んだものを使用したり、範囲が広ければアイスノン枕などでも構いません。 そして、次に安静です。 患部を安静にする ぶつけてまだ間もない、赤紫っぽい色の時にはまだ出血が完全に止まっていないこともあります。 止まっていたとしても、もし皮膚の上から刺激を与えるとまた出血したりしますので、なるべく患部を抑えたりマッサージしたりしないようにしてください。 ひとつの例として紹介すると、よく採血や点滴をした際に針を抜いたあとに揉む人がいますが、これはしてはいけません。 この行為をする人はとても多いです。 針を抜いた直後に揉むと、血管に空いた穴から血液がどんどん漏れますので、内出血がひどくなります。 針を抜いたあとに揉んでもいいのは、肩の辺りにする筋肉注射のみですね。 筋肉注射の時には、薬の吸収がよくなるように揉んでいます。 揉んだほうがいい時には看護師さんがちゃんと言ってくれると思いますので、その時だけ揉むようにするようにしてください。 それ以外の採血や点滴などで肘の付近から針を刺した時には、抜いた後はそっと抑えるだけにしましょう。 回復してきたら温める 回復してきたと判断できるひとつの目安としては、内出血の色が緑から黄色になっている時くらいです。 その頃は、残っている劣化した血液が吸収されていったら色は消えるだけの状態です。 ですので、その 残っている劣化した血液の吸収を早めるために温めて血液循環を良くします。 そうすれば、酸素や栄養分が入った血液がどんどん傷の部分に流れてきますので修復が早まります。 でもこの時でもあまりマッサージなどで患部を触らないほうがいいですね。 血液循環がよくなっている上に揉んだことで何かの拍子に再出血が起こったら、更に内出血がひどくなって元も子もないです。 温めるのは、入浴や温湿布でもいいでしょう。 ここまで内出血ができた後の経過に合わせて、少しでも早く治るようにするためのポイントを説明してきました。 次にその 内出血が更に早く治る方法を説明していきたいと思います。 内出血に効く薬や食べ物にはなにがある? 内出血に効く薬の中にはヒルドイドや湿布なども含まれますので、ここで一緒に説明していきたいと思います。 内出血が顔や目などよく目立つ部分にできてしまうと、ちょっと恥ずかしいしどうにか内出血に効くお薬はないかと思いますよね。 内出血というのは、それ自体を消してしまうお薬や食べ物などはありません。 つまり、 早く治すためにできるのは、その出血した血液の吸収をどれだけ早くさせるか、ということです。 その吸収をよくするような薬や食べ物、湿布などを紹介していきましょう。 もちろん、これから紹介していく薬などは顔や目の周り以外にも使えます。 よく効くお薬 吸収をよくするお薬の中に「ヘパリン類似物質」というものを使った軟膏があります。 ヘパリン類似物質というのは、私達の身体の中に元々あるヘパリンという物質に似たものです。 ヘパリンは肝臓で作られて、ヒトの細胞同士を結びつけてそこにある水分を逃げないように閉じ込めて肌を保湿する働きがあります。 更には、血液を固まりにくくする働きがあるので、血液の流れがよくなり傷の治りが早くなります。 そういった特性を活かして作られた次のような塗り薬 商品名を記載 が効くと言われています。 ヒルドイド クリーム・ローション・ソフト軟膏• ビーソフテン クリーム・ローション• ヘパリンZクリーム• HPシリーズ• アットノン などがあります。 これらはほとんど同じような効果を持っています。 では病院などでもよく処方される「ヒルドイド」を例に挙げて説明していきましょう。 ヒルドイド ヒルドイドもヘパリン類似物質が入った保湿クリームのひとつです。 この水分を保ってくれる機能と血行をよくしてくれる機能はヘパリン特有で、どんな化粧水よりも美容効果があると言われています。 ただこうした情報は口コミでどんどん拡がっていて、2018年1月24日厚生労働省が、「美容効果が目的でヒルドイドを処方してもらうことで医療費が膨らんでいることは問題、不適切な利用がないか強化をチェックする」ことなどを発表しました。 参照:日本経済新聞の記事より ですので、今後は皮膚になにも問題がないのに皮膚科でヒルドイドを処方してもらうのは難しくなるかもしれませんが、もし何かトラブルがあった際にはその時だけでも使ってみてください。 ではヒルドイドの主な効果を紹介します。 皮脂を補う• 血行障害による痛みと炎症性の病気を抑える• 外傷 打撲・捻挫 などの腫れ、血腫 けっしゅ・血が固まって膨れ上がった様子 ・筋肉痛・関節炎などを抑える など。 どのお薬もそれぞれ、ジェルやクリーム、ローションなど色々タイプがありますので、塗る心地の良さで選んでもらうといいでしょう。 市販薬でも効果は同じですし、ネットで購入するのもいいかと思います。 使う際には、入浴後など血液循環がよくなっている時などに、そういった塗り薬を肌に浸透させるように優しく擦り込んでいくといいです。 では湿布はどうでしょうか? 湿布類 湿布には冷湿布と温湿布があります。 先に説明してきたように、内出血ができ始めた当初は冷やしたほうがいいので、冷湿布を使うといいです。 そして、回復してきた頃には、温湿布で温めるのがいいですね。 湿布によっては、使ってみて痒くなったりとか肌に合わないものもありますので、そんな時にはガーゼを薄く1枚当ててから湿布を当てるといいですよ。 そうすると、かゆくなるのがましになったりします。 ただ、かぶれてきたりするとかゆみが強くなってもっとひどくなるので、そういう時には使用を避けましょう。 そして、顔や目の周りなどは皮膚がとても薄くデリケートなので、湿布でかぶれたりすると大変なので、冷やす目的だけで冷えピタを使用するほうがいいと思います。 よく効く食べ物 内出血の吸収をよくするような食べ物は、• ビタミンCが豊富な食べ物 パセリ、ブロッコリー、ピーマン、レモン、いちごなど• ビタミンEが豊富な食べ物 うなぎ、鮭、かぼちゃ、アーモンド、小松菜など• ビタミンBが豊富な食べ物 豚肉、小松菜、レバー、ぬか漬けなど• クエン酸が豊富な食べ物 梅干し、酢、レモン• ポリフェノールが豊富な食べ物 みかん、ほうれん草など これらの食物が血液の流れをよくして、内出血の吸収をよくし早く治すのに効果があります。 これらの食物を積極的に摂るといいでしょう。 内出血を早く治す方法についてのまとめ 今回は内出血を早く治すには、どんな方法や薬、食べ物などがあるのかについて説明してきました。 では、まとめてみましょう。 内出血の吸収をよくするような食べ物、• ビタミンCが豊富な食べ物 パセリ、ブロッコリー、ピーマン、レモン、いちごなど• ビタミンEが豊富な食べ物 うなぎ、鮭、かぼちゃ、アーモンド、小松菜など• ビタミンBが豊富な食べ物 豚肉、小松菜、レバー、ぬか漬けなど• クエン酸が豊富な食べ物 梅干し、酢、レモン• ポリフェノールが豊富な食べ物 みかん、ほうれん草など です。 既にできてしまった内出血は、すぐに治すことはできませんが、これらの薬や食べ物などでその回復を早めることは可能です。 特にここに挙げた食べ物に関しては、お肌の血流を改善するので美肌作りにも期待できますので、日頃から摂取することをおすすめします。 最後までお読み頂いてありがとうございました。

次の