韓国 gsomia 破棄 アメリカ。 GSOMIA 韓国は破棄をちらつかせ日本は破棄は困るっていうのはどうしてですか...(2ページ目)

韓国、GSOMIA破棄で“中国側の国”に…西側陣営離脱、米国が韓国潰しの動き

韓国 gsomia 破棄 アメリカ

一方で、アメリカ政府の消息筋は、GSOMIA終了を決定したことをアメリカが理解しているとした韓国大統領府関係者の説明を否定し、これについて韓国側に抗議したことを明らかにしている。 韓国の政界では、大統領府の今回の決定に対し、野党が強く反対している。 曺国(チョ・グク)法務相内定者に関するスキャンダルが拡大しており、これを沈静化させるためにGSOMIA終了を決定したのではないかと、野党側は強く反発している。 曺氏はこれまで、大統領府の民情首席秘書官を務め、8月9日に法務相に内定されたが、娘の大学入学や不動産売買に関して不正を指摘されるなど大問題になっている人物だ。 民情首席秘書官とは、政府高官の監視と司法機関を統括するポストでもある。 GSOMIA破棄で喜ぶのはどの国か 自由韓国党の黄教安(ファン・ギョアン)代表は8月23日、国会で「GSOMIA破棄に北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長は万歳を叫び、中国とロシアは祝杯をあげて喜んでいるだろう。 文在寅大統領が本当に国益を考えているならば、GSOMIAではなく(2018年9月の平壌での南北首脳会談の際に署名された)板門店宣言軍事分野履行合意書を破棄すべきだ」と述べた。 黄代表は「百害無益で自害行為以外の何物でもない決定を下した理由は、結局、曺内定者の内定辞退を求める要求が高まっている中、そのような世論を弱めるために破棄を決定したものだ」と付け加えた。 さらに、「現在の政権は二重人格で詐欺、偽善を行う人物である曺国という1人を守るため、大韓民国の国益を捨てようとしている。 韓国の国内政治のために、安全保障と外交まで犠牲にさせた大韓民国を破壊する行為だ」と述べた。 これに対し、与党「共に民主党」は「GSOMIA以降の情報交流はそれほど多くなかった」と指摘し、安保への危機を訴える自由韓国党の姿勢は問題だと指摘した。 同党の李海瓉(イ・ヘチャン)代表は記者会見で、「自由韓国党の批判姿勢そのものが問題。 原因と当事者のことを考慮せず、ただ非難する新たな親日派のような話はやめるべきだ」と述べた。 さらに、「そんな姿勢を続ければ続けるほど、自由韓国党は親日派的な枠組みから抜け出すことができない。 国民がそんな姿勢を目の当たりにすれば自由韓国党の人間は親日派に近いと見るだろう」と述べた。 また、李代表は「常識的に考えて、曺氏の問題は国会の聴聞会で議論されるべき問題だ。 一方でGSOMIAは、東北アジアの安全保障に関連したものであり、問題の次元が違う。 曺氏は法務相内定者であって、国防省や外務省の大臣候補でもない。 そんな判断も思考もできなければ、政治をしないのがましだ。 かえって政治に害となる」と付け加えた。 (ソウル新聞2019年8月23日号).

次の

GSOMIAわかりやすく解説破棄したらどうなる?韓国や日本への影響は?

韓国 gsomia 破棄 アメリカ

8月22日。 韓国がGSOMIA(日韓秘密軍事情報保護協定)の破棄を発表しました。 日本の輸出管理強化への報復として実行されたものです。 しかし輸出管理強化は貿易の問題。 でもGSOMIAは国の安全に関わる問題です。 ジャンルの違う問題をあえて報復手段に使ったのはなぜでしょうか? しかもGSOMIAはアメリカが日韓を仲介して行った協定です。 日韓の問題だけでなくアメリカも巻き込んだ外交問題になってしまいます。 なぜ韓国政府はそのようなリスクを犯してまでGOSOMIAの破棄を行ったのでしょうか? 文大統領の側近の曺国(チョン・グク)氏の醜聞隠しという噂もあります。 でもそれは破棄発表のタイミングをずらす理由にはなってもGSOMIAそのものを破棄する理由にはなりません。 そんな浅い理由で破棄したと納得していたのでは解説者として失格です。 仮に本当にそんな理由で破棄したら韓国の政治家はとてつもなく愚かなことになります。 (そうなのかもしれませんが) GSOMIA破棄にはもっと深い意味があります。 日本のテレビや新聞ではあまり報道しない韓国がGSOMIAを破棄した理由を解説します。 韓国がGSOMIAを破棄した理由 そもそも対抗手段がない 最大の理由としては「韓国から輸入できなかったら日本の産業界は困る!」という 取引材料が韓国にはない。 という事情があります。 確かに韓国はDRAMなど半導体やスマホは日本でも高いシェアを持っています。 韓国製半導体が輸入できないと困る企業も出るでしょう。 でも輸入できないと分かれば日本企業は台湾やアメリカから半導体を調達しようと努力します。 代わりは他にもあるのです。 しかも半導体は韓国経済を支える主要産業です。 長い目で見れば韓国側のダメージの方が大きいです。 だから韓国としては輸出制限して日本を困らせたいけどそれができない。 そこで目をつけたのがGSOMIAというわけです。 韓国国民に評判の悪いGSOMIA もともと韓国国内ではGSOMIAは評判がよくありません。 2010年ごろ。 日本では民主党政権時代。 韓国では李明博(イ・ミョンバク)政権のときに交渉が始まりました。 ところが日本と協定を結ぼうとしていることが韓国国民に知られると猛反発を受けて交渉が中断しました。 2016年。 朴槿恵(パク・クネ)政権の末期に実現しました。 安倍政権時代になって北朝鮮から弾道ミサイルが頻繁に飛んでいましたし、韓国にいる脱北者の情報から拉致被害者の手がかりが得られるのではないかという期待もあったようです。 韓国ではこのときも国民の反対を受けないように大統領の署名のあとに発表するという慎重さでした。 発表後は韓国国民からは反発が起こります。 その後、諸般の事情で朴槿恵大統領が失脚しました。 親米的な朴槿恵、李明博そして韓国軍は北朝鮮に対抗するためにアメリカや日本との協力は必要と考えていました。 アメリカから日本と協定を結びなさいと言われれば韓国としてもなかなか断れません。 でも国際情勢が理解できていない韓国国民は「日本は敵なのになぜ軍事情報を共有しなければいけないのか?」という感情があるようです。 幼稚園の時から反日教育をしているのですから当然といえば当然の反応です。 韓国ではGSOMIA破棄を54. 中には「国格が上がった」と喜ぶ国民もいます。 国格とは国の品格という意味でしょうか?韓国ではよく漢字由来の難しい言葉を使います。 漢字を書けない人たちが本当に意味を理解しているのか怪しいものです。 たぶん日本やアメリカの言いなりにならない自主独立した立派な国になったと喜んでいるのでしょう。 そういう国なのです。 文在寅大統領は親北派 朴槿恵政権のあと誕生したのが文在寅(ムン・ジェイン)政権。 文在寅の両親と姉は朝鮮戦争時代に北朝鮮から韓国に逃れてきました。 祖母や叔母は北朝鮮に残りました。 文在寅自身も若い頃は学生運動をしていました。 自身は学生運動家出身。 文在寅を支えるスタッフも学生運動家あがりの人がいるようです。 弁護士になったあと政治家になりました。 盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権(与党は親北派の民主党)時代には彼を支えるスタッフの一人になりました。 朴槿恵大統領が失脚した後、大統領になりました。 彼を支える与党は親北派の「共に民主党(民主党)」。 左派と呼ばれる北朝鮮や中国と親しい派閥です。 彼は朝鮮半島のリーダーとしては初代韓国大統領の李承晩(イ・スンマン)よりも金日正(キム・イルソン)に正当性があると考えています。 もともと北朝鮮には親しみを持ち、南北の融和が最優先と考える人です。 また財閥には批判的な人なので企業が経済的に困ってもあまり気にしません。 文大統領が北朝鮮との交流に異常に熱心なのもそのため。 北朝鮮が短距離ミサイル(明らかに韓国に対する警告です)を跳ばしても反発しないのは、委員長の怒りなのだから真摯に受け止めねばと思っているからなのでしょう。 そんな文大統領にとって、日本と協力して北朝鮮の軍事力に対抗するなんてあってはなりません。 彼らにとって北朝鮮は戦う相手ではありません。 同胞なのです。 だからGSOMIAは必要ないのです。 韓国国民の生活よりも北と仲良くすることが大事。 そういう大統領ですし、そういう人物を歴史的な大差で選んだのが韓国国民です。 北との融和は韓国国民の希望なのでしょう。 金委員長が望んでいる 文大統領が仲良くしたいと思っている北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長は GSOMIAの破棄を望んでいます。 北朝鮮の宣伝サイトではGSOMIAは「犯罪的共謀と結託の産物で、日本に軍国主義復活と朝鮮半島再侵略の足場を提供する売国協定、戦争協定である」とまで言っています。 また日本が韓国に対して「経済侵略で首を絞め上げ、朝鮮半島平和プロセスまで破綻させようとしている」とまで非難。 韓国に日本とのGSOMIAを破棄するように求めています。 ちなみに「経済侵略」という言葉。 韓国の新聞がよく使います。 同類なのでしょうか?日本がやっていることは距離をおこうとしているのですから意味としては侵略の逆なのですが?漢字を廃止した国ですから漢字由来の言葉の意味がよくわかっていないようです。 よくGSOMIA破棄は北朝鮮と中国、ロシアが得するだけだから破棄させてはいけない。 という意見があります。 でも文大統領は、大好きな金委員長の望むようにしたいと思っています。 それが韓国政府の意思であり、半数以上の韓国国民がGSOMIA破棄を望んでいることです。 だからアメリカの忠告にも従いません。 日本政府が韓国国民の民意を尊重する必要はありませんが日本が韓国の意思を変えるのは無理です。 日本は親北派の民主党政権が続く間は日韓協力は諦め、別の方法で北朝鮮から国を守る方法を考えるべきではないでしょうか。 派閥が変わると意見が変わるのは李氏朝鮮時代と同じ 韓国政治で面白いのは政権与党が変わると主張が180度変わることです。 敵対する政党が決めたことは何でも反対。 というのが韓国のスタイル。 これは李氏朝鮮時代から続く伝統です。 李氏朝鮮にも重臣たちには派閥がありました。 派閥が変わると正反対の政策をして前の派閥の功績を否定していました。 韓国の政治は李氏朝鮮時代と変わらないのです。 日本の政治家や外交官は韓国は協定を守らないとよく言います。 500年続いた李氏朝鮮の伝統が残っているのです。 わずか数十年で変わるはずがありません。 だから文大統領としては敵対する派閥の朴槿恵政権が勝手に結んだGISOMIAは気に入らない。 まして親愛な金委員長がお望みとあっては破棄してしまいたい。 とウズウズしていたはずです。 韓国・共に民主党政権にとってGSOMIA破棄は今がチャンス そんな文政権(与党は共に民主党)にとって日本の輸出管理強化は絶好の 口実です。 GSOMIA破棄をちらつかせて日本が譲歩すればそれでいいし、譲歩しなければ破棄の理由にできます。 たとえ譲歩して今回は破棄しなくても別の日韓問題が起きればまたGSOMIA破棄をもちだして破棄しようとするでしょう。 逆にここで狼狽えたえて譲歩したら韓国の思うつぼです。 いつかまたGSOMIAを持ち出して日本を脅しにかかります。 日本は狼狽えず輸出管理を続ければいい 日本はGSOMIAが破棄されたからといって譲歩する必要はありません。 民主党政権が続く限りはどうせ破棄する予定のものだったのですから。 日本はしっかりと輸出管理をすればいいのです。 輸出管理を続けていけば北朝鮮にも戦略物資が行きにくくなり、北朝鮮の軍事的な驚異も減ることになるからです。 関連記事.

次の

米国、米韓同盟破棄を真剣に検討か 韓国はもはや味方にあらず、日米豪印同盟に舵切る米政権(1/8)

韓国 gsomia 破棄 アメリカ

GSOMIAとは 「GSOMIA」とは日本と韓国の間に締結された「軍事情報包括保護協定」のこと。 「General Security of Military Information Agreement」の頭文字をとって「GSOMIA」と名付けられました。 「ジーソミア」と読みますね。 意味は次の通りです。 同盟など親しい関係にある2国あるいは複数国間で秘密軍事情報を提供し合う際、第三国への漏洩を防ぐために結ぶ協定。 引用元: ざっくりいうと「この軍事機密、仲が良いあなただからこそ教えるけどさ~他の国に教えちゃダメだよ~」ということ。 なお、日本は2019年8月21日時点では、アメリカやNATO、フランス、オーストラリア、インド、韓国と締結をしています。 しかしながら、8月22日に韓国から破棄の申し出がありました。 韓国とは2016年11月に締結をしました。 期間は1年間であり、90日前までに破棄を通告しない限り自動更新されるというもでした。 破棄するとなると、どうなるのかを見ていきたいと思います。 「GSOMIA」を破棄するとどうなるの? 例えば北朝鮮がミサイルが発射された時、今までは韓国からも情報を入手することができたけれど、破棄によって、その情報を入手することができず、判断に遅れが生じてしまうということが挙げられます。 判断が遅くなる分、多くの国民に危険をさらしかねないということなります。 これに対して、河野太郎外務大臣が次のようなコメントを発表しました。 「現下の地域の安全保障環境を完全に見誤った対応と言わざるを得ない。 韓国政府は今般の発表の中で、安全保障の文脈において韓国政府による 終了の決定と先般の我が国の輸出管理の見直しとを関連付けているが、この二つは全く異なる問題であって、韓国側の主張は全く受け入れられるものではない。 こうした全く次元の異なる問題を混同し、こういう決定をしていることに対しては断固として抗議したい」とした上で、「日韓関係は現在、今回の決定を含め韓国側からの極めて否定的・非合理的な動きが相次ぎ、非常に厳しい状況が続いているが、日本政府としては様々な問題についての一貫した立場に基づき、引き続き賢明な対応を強く求めていきたい」 「韓国の外交部は少なくとも日韓関係の重要性を理解し、問題解決のための話し合いをしようということで長官とも一致している。 外交当局としては難しい環境ではあるが、日韓関係をしっかりとマネージし、改善できる努力を続けたい」と話した。 引用元: 韓国が「GSOMIA」破棄した理由は? 日本が強化した輸出規制が「両国間の安保協力環境に重大な変化をもたらした」ことが理由と説明したとのことです。 韓日間の「軍事秘密情報の保護に関する協定」、すなわちGSOMIAの延長可否に関する政府の決定について発表する。 政府は韓日間GSOMIAを終了することを決定し、協定に基づき、延長の通告期限内に外交経路を通じて日本政府に通告する予定だ。 政府は、日本政府が8月2日、明確な根拠を提示せず、韓日間の信頼が損なわれ、安保上の問題が発生したという理由で「輸出貿易管理令の別表の第三国群(いわゆる「ホワイト国」リスト)」から韓国を除外したことで、両国間の安保協力環境に重大な変化を招いたと評価した。 このような状況で、政府は安保上、敏感な軍事情報交流を目的に締結した協定を継続することが、われわれの国益に合致しないと判断した。 引用元: アメリカの反応は? アメリカ側は日米韓の友好関係を築き、北東アジアの安全を守ろうと考えてきましたが、今回の破棄について次のように述べているとのことです。 韓国政府が日韓の軍事情報包括保護協定=「GSOMIA」(ジーソミア)の破棄を決めたと発表したことについて、アメリカ国防総省はさきほど声明を発表し、「アメリカと日本、韓国が連携し、友好関係を築くことができれば、われわれは強くなり、北東アジアは安全になる。 情報の共有は共通の防衛政策と戦略を策定する上で鍵となる」として、GSOMIAは北東アジアの安全保障上、欠かせないとの認識を強調し、協定維持の必要性を訴えました。 そのうえで「われわれは日韓両国が意見の違いを解決するために協力することを促す。 日韓がそれを早く実現できることを望んでいる」として、日韓双方に対話によって対立を解消するよう改めて呼びかけました。 引用元: 今までアメリカは日本と韓国との問題だから、お互いで解決をという立場を貫いていました。 しかながら、今回の件は、アメリカの安全保障にも支障をきたす恐れがあることから、対応に乗り出す可能性もあるようです。 韓国の反応は? Twitter上での韓国側の反応です。 破棄したことを歓迎しているようです。 — 사단법인 운암김성숙선생기념사업회 unamkimsungsuk 韓国の反応(Google翻訳による)。 정부는 한일군사정보보호협정을 종료하기로 결정했습니다. 저희 중소벤처기업부는 이번 결정을 통해 우리 중소기업들의 상황을 더욱 더 면밀히 살피고 중소기업과 대기업이 함께 상생하는 산업생태계로 만드는 계기로 삼겠습니다. 기술독립, 소재국산화의 길에 더욱 매진하겠습니다. 政府は、日韓の軍事情報保護協定を終了することを決定しました。 私たちの中小ベンチャー企業部、 今回の決定を介して、私たち中小企業の状況をさらに綿密に確認し、中小企業と大企業が一緒に共存する産業生態系にする契機になりません。 技術独立、素材の国産化の道にさらに邁進いたします。 日本の反応は? 日本の反応です。 「破滅に向かう韓国民こそ悲劇だ」との意見も。 韓国がGSOMIA破棄を発表。 「日本のホワイト国除外が安保協力環境に重大な変化を招いた」とまるで駄々っ子の説明だ。 日本は情報収集衛星7基を運用し暗号や電波情報の取得も充実しているが困るのは韓国。 いよいよ文氏は日米より「北主導の南北統一」へ第一歩を踏み出す。 破滅に向かう韓国民こそ悲劇だ。 — 門田隆将 KadotaRyusho 情報が入ってこなくなりますからね、韓国にとっても不利な状況ではあるはずですが・・・ 韓国さん、マジで凄いや 自国の偵察衛星1機も持ってないから、米国、日本に見せて貰ってたのに、 勝手に怒って破棄して、何処にミサイルが降ってくるか韓国自身分からなくなるの、、 スゲーや!! — ミラー(そらきち) sorakiti0213 GSOMIAを破棄するとどうなる?アメリカや韓国の口コミなどのまとめ GSOMIAを破棄することで、韓国はどこへ向かっていくのでしょうか アメリカとの関係にもヒビが入りそうな気もします。 その結果、信頼関係が薄れ国際上の立ち位置も悪くなるように思うのですが。 日本は日本で立ち位置を明確にしながら今後の対応を行ってもらえたらと思います。 以上となります。

次の