ジュキヤ 犯罪 者。 瀧川ジュキヤ引退へ

ジュキヤって何者!? 大学や年齢,高校,事務所などのプロフィール【先生,YouTube,Twitter,動画】

ジュキヤ 犯罪 者

MBTI診断とは このブログで紹介しているMBTI診断テスト 16TEST, 16分類テスト は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。 この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。 適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。 このようなMBTI診断はというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。 まずは受験してみましょう! 今回はMBTI診断テストの結果に基づいた、16タイプごとの犯罪者がどのような犯罪を犯しそうか、というテーマで記事を作成しました。 あくまで、イメージであり、実際に科学的根拠はありません。 エンタメ程度に楽しんでください。 INTJ型の犯罪者【薬物中毒】 INTJ型の人は心の内部で実は強烈に他者からの刺激を意識しています。 また、自身の感情をコントロールすることが苦手で、コントロールしようとトレーニングはしているものの、依然として感情の起伏が激しい状態。 自身の爆発した感情を抑えるために薬物に手を出すかもしれません。 ENTP型の犯罪者【恐喝】 ENTPの人は頭の回転が早く、少し頭の使った嫌がらせを思いつきます。 一方で、快楽主義的な弱点や感情のコントロールが苦手なところもあります。 そのようなENTP型の人は、感情的になると相手の逃げ道が塞がるように設計された手の込んだ恐喝をするかもしれません。 INTP型の犯罪者【サイバー犯罪】 INTP型の人は、IT業界に超強いタイプで、IQも高い知的な人々です。 そんなINTPの人は、人が作り出せない・思いつかないような独創的な手法で様々なプロダクトを生み出したり、様々な解決法を思いつくことができます。 人の気持ちをうまく汲み取ることができない、INTP型の人は持ち前の頭脳を生かしインターネット世界を乗っ取ろうと、サイバー犯罪に手を出すかもしれません ESFJ型の犯罪者【売春】 ESFJ型の人は、心が優しく、いつも人のことを考えてくれる、縁の下の力持ちで会社でも、重宝される人材です。 そんなESFJ型ですが、社会に振り回されながら、疲れた果てに、身近な何か新しい刺激を求めます。 結果として、売春に行き着いてしまうかもしれません。 ISFJ型の犯罪者【従犯罪】 ISFJの人は、いい意味でも悪い意味でも人のことをしっかり考えており、素直で仕事をしっかりこなします。 一方で、利用されやすいところがあり、それが本人の思い出はなかったとしても、いつのまにか犯罪に流されてしまうことがあるかもしれません。 ESTJ型の犯罪者【暴行・いじめ】 ESTJは、目標のためには手段を選ばないようなタイプで、また計画的に物事を成し遂げる仕事ができる奴に多いタイプです。 ルールを守らない人を許さない、社会の守り人ですが、感情のコントロールが下手くそです。 そのため、スイッチが入り暴力沙汰やイジメを起こすかもしれません。 ISTJ型の犯罪者【脱税】 ISTJは影で会社を支えているような仕事熱心なタイプです。 効率性をしっかり追い求め、業績を残すので社会では重宝されています。 しかし、効率性を求めすぎるあまりに、周りが見えてないこともしばしばあります。 そんなISTJの元には脱税を犯してしまうかもしれません。 ESFP型の犯罪者【泥酔】 ESFPの人は、いわゆるウェーイ系です。 今その瞬間を生きるために、毎日頑張っていきていたり、何をしても楽しそうなタイプです。 悪い奴ではないのですが、遊びの度がすぎることがあります。 そんなESFP型の人は、酒によって暴れ周りの人に迷惑をかけるかもしれません。 ISFP型の犯罪者【万引き】 ISFPの人は、常に今を楽しみながら物をコレクションしたり、人生を楽しんでいます。 感情のコントロールも上手く、起伏があまりない一方で、刺激を求めて突飛的な行動を起こすことがあります。 ISFPの人はそんな毎日に刺激を求めて、万引きに手を染めてしまうかもしれません。 ESTP型の犯罪者【スピード違反】 ESTP型の人は、刺激中毒で毎日何かしらの刺激を求めています。 そして、実は自分の気持ちのコントロールが苦手で自分が理解されないことに納得がいきません。 そんなESTP型は後先考えることなく、自己主張をするため、お気に入りの車でスピード違反を犯すかもしれません。 ISTP型の犯罪者【DV(家庭内暴力)】 ISTPの人は、基本的に計算高く物事を考えています。 鋭いその思考には一目置く必要がありますが、どこかでネジがずれることがあるかもしれません。 実は感情のコントロールが苦手だったり、自身の感情を爆発させていることがあるこのISTP型の人は、自宅のオフモードの時に家庭内暴力(DV をしているかもしれません。 入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。 1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。 16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット 心理機能 を理解することで16性格診断を理解することができます。 この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。 エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。 9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。

次の

ジュキヤって何者!? 大学や年齢,高校,事務所などのプロフィール【先生,YouTube,Twitter,動画】

ジュキヤ 犯罪 者

歴史 [ ] ツァイサー(左)とヴォルヴェーバー(右) 、東ドイツのソ連占領軍当局は「第5委員部(K-5)」(秘密警察組織)を創設した。 その委員(大臣に相当)には、 ()を、副委員にはを任命した。 形式上、K-5は刑事局に従属した。 東ドイツでは、の建国以前からソ連軍軍政下に自治組織である ()(DWK)があり、「人民警察」も組織されていた。 この「人民警察」は「」を経てとなった。 また、K-5やシュタージの創設には時代ののやで国内諜報や国外諜報を担当した親衛隊情報部(SD)の出身者が相当数採用されたとの説もあるが、真偽や詳細については不明な部分がほとんどである。 1949年のドイツ民主共和国建国後、1950年に国家保安省が創設された。 国家保安相にはツァイサーが、次官はミールケが任命された。 、ミールケはと関連して、ツァイサーを弾劾し、ツァイサーは解任された。 国家保安省の地位は低下し、内務省に従属する庁扱いとなった。 長には、 ()が、副局長にはミールケが任命された。 大統領(右背広姿の人物)80歳の祝辞を述べるミールケ 左背広姿の人物がヴォルヴェーバー 、シュタージは省の地位を取り戻した。 ミールケは、支持の際、ヴォルヴェーバーを弾劾した。 、ヴォルヴェーバーは、上の理由で辞任し、ミールケが国家保安相となった。 ミールケの下で、シュタージにはと同様のおよびが導入され、ミールケ自身は少将となった(1959年に中将)。 、シュタージに対外諜報を担当する「A」総局()が創設された。 「A」総局長兼国家保安省次官には、少将が任命された。 、シュタージの策動の下ウルブリヒトは解任され、と交代した。 ホーネッカーは感謝の印に、ミールケを政治局員候補にした。 、ヴォルフが辞任。 ヴォルフの後任には、が任命された。 当時「A」局では4,126人の職員が働いており、各国に4,500人以上のエージェントを有していた。 、し、シュタージは 国家保安局( Staatssicherheitdienst、略号: SSD」に改称したが、翌12月に解散した。 組織 [ ] この節のが望まれています。 シュタージには、以下の組織・部局が存在した• () - 対外諜報部門。 のに相当する。 A総局とも呼ばれる。 第1局(Hauptabteilung I) - および、 ()( ()直轄の部門)の監視を担当。 第2局() - 防諜担当。 第3局(Hauptabteilung III) - 東ベルリンにおける防諜とによる通信傍受を担当。 - 直属の準軍事組織。 対国内諜報活動 [ ] シュタージは軍隊式の階級を持ち、正規職員は(陸軍)のものと酷似した制服を着用することもあった。 国内活動向けのとして、を有しており、これが公にされていた唯一の組織であった。 それ以外に IM(: Inoffizieller Mitarbeiter、)と呼ばれたを多数抱えており、彼らによって国民を徹底的に相互監視し、分子をした。 正規職員とIMの総数は、最盛期には約190万人いたとされ、総人口の1割以上が秘密警察の構成員とその関係者という、ゲシュタポやKGBの規模をもしのぐほどの極端な警察国家となっていた。 この事から、東ドイツ国民の間ではシュタージを「盗み聴き・のぞき見( VEB Horch und Guck)」と揶揄するジョークがあった。 シュタージが集めた反体制分子と目された人々の詳細なのファイルは、東ドイツ後、本人や家族に限り閲覧が出来る様になったが、それによってや親友、クラスメイトや職場の同僚が実はシュタージの職員もしくはIMであり、信頼していた人物にまで言動を監視されていた真実を知ってや極度のに陥った事例も少なからず発生し、中にはを患う者さえ出た。 なお、崩壊前に証拠隠滅として個人ファイルの紙をバラバラに切り刻んだために詳細が不明となっている記録も多く、時点でも、によってファイルの復元作業が行われている。 に作成された要領で、を越えてへを図る者は、でも躊躇せず銃撃を加えることと規定され、厳しい東西対立のほか、西側への人口流出という社会問題を背景に、徹底的な抑圧を行った。 ベルリンの壁を乗り越えようとし亡命に失敗、発砲などで命を落とした人は、およそ1200人を越えるといわれている。 より、シュタージは「 ()」と呼ばれる、的な「戦意喪失策」を監視対象に対して実行する法を体系化して採択した。 ツェルゼッツンクは「分解」や「弱体化」、「破壊」や「崩壊」などと訳される用語であり、監視対象者を逮捕・投獄する前段階で心理的に攻撃し、弱体化させる目的で開発されたが、実際には投獄中や、釈放後にも継続して実施される事もあった。 具体的には、前述のような手段により収集された個人情報の中から、監視対象者の職業上・家庭内での失敗、、や・などへの、何らかの収集癖、監視対象者の家族や監視対象者が所属する何らかのグループ内の仲間しか知りえないレベルの恥や失態といった人間的弱点を抽出し、匿名の手紙、電話や電報、改竄された写真などを用いて監視対象者の周囲にばら撒いたり、監視対象者の家屋や車両などに「目に見える形の」軽微な破壊工作を仕掛けたり、既婚者、特に女性に対しては ()と呼ばれる男性エージェントを用いてを仕掛け、に至る紛争を誘発させたりする事で、監視対象者本人と家族を含む周囲の人物との間に不和と相互不信を生じさせ、監視対象者の人間関係を破壊して孤立させ、を加えることで反体制的な意志の弱体化を図った。 東ドイツの対外宣伝に大いに役立てられた達も例外ではなく、海外遠征中になどを企図した疑いのある選手に対しては、トップ選手であっても容赦なく「弱体化」の処置が加えられた。 著名な例としては、女子陸上選手の ()は、海外遠征中に親密になった現地人男性から亡命を勧められた事が原因で、シュタージの手で「腹痛を発症した後に行われた手術の際に、胃を全摘出される」という行為を受け、この後遺症により現役引退を余儀なくされている。 イネスは東ドイツ崩壊後に自らのシュタージ・ファイルを閲覧した事で、初めて事の真相と自らに施された手術の全容を知ったという。 ドイツの歴史家である ()に依ると、ツェルゼッツンク採択の後、シュタージは必ずしも全ての政治的反対者を逮捕・投獄する必要が無くなったが、逆にシュタージは逮捕するまでには至らない水準の監視対象者に対してもツェルゼッツンクを用いた心理的攻撃を積極的に仕掛け、人間関係と精神状態を崩壊させていく過程を娯楽のように楽しむようになっていったという。 クナーベはこうした東ドイツの支配体制を「 による物理的暴力を主体とした従来型の支配体制に比較して 非常に近代的な独裁であった」と総括した。 は、かつて東西ドイツの国民を震え上がらせたツェルゼッツンクの手法は決して過去のものではなく、の進展でが発達した現代こそ、改めて注目されるべき心理戦法であろうと報じている。 ツェルゼッツンクに類似した国家による個人攻撃手法はでもとして採用されていた時期があり 、以来 ()に代表される対外工作活動が重視されてきたでも、による権力掌握後は主にロシア国内やに駐在するや、旧ソ連構成国内の反体制的なを対象に同様の手法が積極的に用いられるようになったとされている。 また、の世界では、ツェルゼッツンクの手法はしばしば 集団ストーカー、ギャング・ストーカー の常套テクニックとして、広く応用されているとも主張される。 対西ドイツ工作の成果 [ ]• 1954年7月20日、西ドイツの BfV 長官代行博士が東ドイツに亡命(のち西ドイツに帰国)。 1985年8月15日、連邦憲法擁護庁防諜局長 ()が失踪した。 8月19日、ティートゲは東ベルリンでを開き、西ドイツと決別し、東ドイツで新しい生活を送ることを明らかにした(実際は、自身のや妻の死に起因する精神不安定が原因とされている)。 後ににおいて、BfVの活動を記述した「ドイツ連邦共和国における憲法擁護庁の防諜機能」という論文で博士号を取得。 1989年、ソ連に亡命。 ギヨーム事件• 1956年、シュタージの諜報員とクリステルのギヨーム夫妻はを偽装してに入国した。 ギヨームは1970年1月28日から首相官房で働き始め、能力を評価されて1972年には首相の個人秘書に就任した。 この時から西ドイツの政策、特に「」の内容は東ドイツに筒抜けになった。 1973年5月24日、西ドイツの連邦憲法擁護庁に、ギヨームがシュタージのスパイ「ゲオルグ」であることを示唆する報告書が提出された。 ギヨームは11か月の間監視下に置かれたが、されるようなミスを犯さず、シュタージのエージェントと接触を続けた。 翌1974年1月、西ドイツの検察は証拠不十分のため、ギヨームに対する逮捕令状の申請を却下した。 だがは継続され、同年4月24日、ギヨーム夫妻はスパイ容疑で逮捕された。 ギヨームは自らを逮捕した捜査官に対し「私はの将校で、国家保安省の職員でもある。 将校としての私の名誉が尊重されることを望む。 Ich bitte, meine Offiziersehre zu respektieren)」と述べ、自らが東ドイツのであることを認めた。 この事件は直ちに大きく報道され、の辞任の原因ともなった。 1975年12月15日、ギヨームは15年(妻クリステルは8年)を言い渡されたが、1981年10月、西ドイツのエージェント8人と交換でされた(妻クリステルは6人と交換)。 その後、ギヨームはシュタージの諜報学校で講義を行い、1995年に死去した。 ギヨーム夫妻事件は『で最も成功したスパイ作戦の事例』の1つと考えられている。 ベルリンの旧シュタージ中央庁舎 ドイツ統一後 [ ] シュタージ解散後、と間で、シュタージエージェントの名前が記された「シュタージ・ファイル」の獲得を巡る暗闘が始まった。 シュタージ・ファイルとは、一種のカードであり、情報源の項目にはエージェントの登録番号と偽名、本文の項目には提供情報のレジュメと日時が記載されていた。 1月15日、東ドイツの人権活動家達がベルリンの旧シュタージ庁舎を占拠した。 彼らは、大量のファイルを入手したが、対外諜報機関関係の書類だけは一つも見つからなかった。 対外諜報関係の資料は、がソ連に持ち出したとも、駐東ドイツ支局が焼却したとも言われている。 当時、は「薔薇の木作戦」を実行し、大量のを奪取することに成功した。 は、この文書の返還を求めたが、は拒否し続けた。 ある時CIAは、BfV駐ワシントン代表にエージェントのリストを閲覧させたが、この際に持ち帰りやによるが出来ず、筆写しか許されなかった。 ドイツもアメリカもシュタージの記録を解読できなかったことで、暗闘は先鋭化した。 この問題は、文書の一部が解読された1月になって、初めて解決した。 解読された文書は、からまでの記録であり、16万件を超える。 現在、シュタージの文書解読と保管には、元反体制派の牧師を長とする40人の職員が従事し「ガウク機関」と通称される(から長がマリアンネ・ビルトラーに交代し「ビルトラー機関」)。 文書の総数は、9億件にも上るとされる。 1月2日、上にエージェント10万人のリストが掲載された。 リストには氏名だけではなく、彼らの評価や毎月のまで書かれていた。 11月、の(Odense)で、サザン・デンマーク大学 (University of Southern Denmark)の冷戦研究センターが主催して、シュタージで諜報活動に従事していた約60人が「時代の緊迫したの生き証人」として証言する会合がもたれた。 、西ドイツにおける学生運動、らによるの激化の契機となった、による参加学生殺害事件に関して、クラスがシュタージのスパイだったという事実を示す資料が発見された。 この事実を各メディアが一斉にトップニュースとしてし、ドイツ国民に衝撃を与え、高い関心を買うこととなった。 にあるオーネゾルクの慰霊碑に「による犠牲者」の文字が付け加えられた。 備考 [ ] ソ連のである東ドイツの情報機関であることから、KGBとは緊密な協力関係にあった。 はKGB勤務時代の1985年から5年間東ドイツに駐在していたが、その際にシュタージの身分証明書も持っていたことが、2018年に明らかになっている。 シュタージの登場する作品 [ ]• 『トンネル』(原題:DER TUNNEL)監督:ローランド・ズゾ・リヒター 2001年製作• 『』(原題:Good Bye Lenin! )監督: 2003年製作 第53回最優秀ヨーロッパ映画賞受賞等• 『』(原題:Das Leben der Anderen)監督: 2005年製作 2007年度外国語映画賞受賞等• 『コードネーム:カルロス 戦慄のテロリスト』(原題:CARLOS、):、製作• 『』():、製作 上記TVシリーズの劇場公開版。 『Z-ツェット-』• 『』・/• 『』 注釈 [ ]• ・『ドイツ文化史入門 16世紀から現代まで』、2011年、311頁。 - withnews• , TED Salon, Berlin, 2014• - WIRED. , Stanford. edu• , The Guardian, 2011-7-23• - SAGACIOUS NEWS• Deutsche Welle• 副島美由紀、小樽商科大学言語センター 「言語センター広報」第18号、2010年1月31日• 2019年12月8日閲覧) 参考文献 [ ]• 桑原草子『シュタージの犯罪』、1993年• 関根伸一郎『ドイツの秘密情報機関』、1995年• 河合純枝『地下のベルリン』、1998年• (編)『世界諸国の組織・制度・人事 1840-2000』、2001年• 『顔のない男 東ドイツ最強スパイの栄光と挫折』、2007年• T・ガートン・アッシュ(今枝麻子訳)『ファイル』、2002年• ウルリヒ・メーラート 伊豆田俊介訳 『東ドイツ紙1945-1990』白水社、2019年 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ドイツ連邦共和国の情報機関• (ドイツ語) (英語)• (ドイツ語)• (ドイツ語).

次の

【MBTI】16タイプごとの犯罪者のイメージ像|今すぐ使える心理学

ジュキヤ 犯罪 者

MBTI診断とは このブログで紹介しているMBTI診断テスト 16TEST, 16分類テスト は、あなた自身の性格を16種類の性格に分類するようなテストです。 この16種類は、それぞれ、あなたが内向的か外交的なのか、感覚的なのか直感的なのか、感覚的なのか思考的なのか、情報を取り入れることで外界と接しているのか判断することで外界と接しているのかといった、それぞれ4つの属性に基づいて、分類します。 適職を考えたり、相性を考えたり、自分の性格を理解することで、自分を見つめる機会にもなるでしょう。 このようなMBTI診断はというMBTIを考える上で最も参考になる診断サイトで、無料で診断することができます。 まずは受験してみましょう! 今回はMBTI診断テストの結果に基づいた、16タイプごとの犯罪者がどのような犯罪を犯しそうか、というテーマで記事を作成しました。 あくまで、イメージであり、実際に科学的根拠はありません。 エンタメ程度に楽しんでください。 INTJ型の犯罪者【薬物中毒】 INTJ型の人は心の内部で実は強烈に他者からの刺激を意識しています。 また、自身の感情をコントロールすることが苦手で、コントロールしようとトレーニングはしているものの、依然として感情の起伏が激しい状態。 自身の爆発した感情を抑えるために薬物に手を出すかもしれません。 ENTP型の犯罪者【恐喝】 ENTPの人は頭の回転が早く、少し頭の使った嫌がらせを思いつきます。 一方で、快楽主義的な弱点や感情のコントロールが苦手なところもあります。 そのようなENTP型の人は、感情的になると相手の逃げ道が塞がるように設計された手の込んだ恐喝をするかもしれません。 INTP型の犯罪者【サイバー犯罪】 INTP型の人は、IT業界に超強いタイプで、IQも高い知的な人々です。 そんなINTPの人は、人が作り出せない・思いつかないような独創的な手法で様々なプロダクトを生み出したり、様々な解決法を思いつくことができます。 人の気持ちをうまく汲み取ることができない、INTP型の人は持ち前の頭脳を生かしインターネット世界を乗っ取ろうと、サイバー犯罪に手を出すかもしれません ESFJ型の犯罪者【売春】 ESFJ型の人は、心が優しく、いつも人のことを考えてくれる、縁の下の力持ちで会社でも、重宝される人材です。 そんなESFJ型ですが、社会に振り回されながら、疲れた果てに、身近な何か新しい刺激を求めます。 結果として、売春に行き着いてしまうかもしれません。 ISFJ型の犯罪者【従犯罪】 ISFJの人は、いい意味でも悪い意味でも人のことをしっかり考えており、素直で仕事をしっかりこなします。 一方で、利用されやすいところがあり、それが本人の思い出はなかったとしても、いつのまにか犯罪に流されてしまうことがあるかもしれません。 ESTJ型の犯罪者【暴行・いじめ】 ESTJは、目標のためには手段を選ばないようなタイプで、また計画的に物事を成し遂げる仕事ができる奴に多いタイプです。 ルールを守らない人を許さない、社会の守り人ですが、感情のコントロールが下手くそです。 そのため、スイッチが入り暴力沙汰やイジメを起こすかもしれません。 ISTJ型の犯罪者【脱税】 ISTJは影で会社を支えているような仕事熱心なタイプです。 効率性をしっかり追い求め、業績を残すので社会では重宝されています。 しかし、効率性を求めすぎるあまりに、周りが見えてないこともしばしばあります。 そんなISTJの元には脱税を犯してしまうかもしれません。 ESFP型の犯罪者【泥酔】 ESFPの人は、いわゆるウェーイ系です。 今その瞬間を生きるために、毎日頑張っていきていたり、何をしても楽しそうなタイプです。 悪い奴ではないのですが、遊びの度がすぎることがあります。 そんなESFP型の人は、酒によって暴れ周りの人に迷惑をかけるかもしれません。 ISFP型の犯罪者【万引き】 ISFPの人は、常に今を楽しみながら物をコレクションしたり、人生を楽しんでいます。 感情のコントロールも上手く、起伏があまりない一方で、刺激を求めて突飛的な行動を起こすことがあります。 ISFPの人はそんな毎日に刺激を求めて、万引きに手を染めてしまうかもしれません。 ESTP型の犯罪者【スピード違反】 ESTP型の人は、刺激中毒で毎日何かしらの刺激を求めています。 そして、実は自分の気持ちのコントロールが苦手で自分が理解されないことに納得がいきません。 そんなESTP型は後先考えることなく、自己主張をするため、お気に入りの車でスピード違反を犯すかもしれません。 ISTP型の犯罪者【DV(家庭内暴力)】 ISTPの人は、基本的に計算高く物事を考えています。 鋭いその思考には一目置く必要がありますが、どこかでネジがずれることがあるかもしれません。 実は感情のコントロールが苦手だったり、自身の感情を爆発させていることがあるこのISTP型の人は、自宅のオフモードの時に家庭内暴力(DV をしているかもしれません。 入門書としても応用本としてもトップクラスに評価されている本で、お値段こそすこし高いですが基本的な考え方を体系的に説明してくれている1冊になります。 1冊目を探しているあなたにも、ざっくり理解しているあなたも必読です。 16性格診断を勉強しているとFeやNiといったアルファベットが出てきますが、そのようなアルファベット 心理機能 を理解することで16性格診断を理解することができます。 この本も入門書としてはとても優秀で、オススメの一冊です。 エニアグラムの本は数多くありますが、筆者はこの本が最も理解しやすく感じました。 9タイプの特性をまずは理解したいあなたに、エニアグラムをもっと理解したいあなたにオススメの一冊になります。

次の