エンペルト 育成論。 エンペルト : 【最速エンぺ】 拘りスカーフ型

ブルンゲル育成論

エンペルト 育成論

エンペルトの歴史 第四世代 高いと優秀なタイプ、やという積み技の存在、という先制技など長所が非常に多く、特にとのコンボでを発動する構成が強力であった。 マスターカテゴリ準優勝のメンバーとして採用された実績も持っている。 そのエンペルトの技構成は、、、、性格はであった。 その大会のルールは、エントリーした6個のアイテムを1試合ごとに自由に持ち替え可能なので、とを1試合ごとに持ち替えていた。 当時のは大抵の都合上素早さの実数値が148に調整されていたため、こごえるかぜを1回打ってそれを抜けるような調整が好まれ、人によってはサンダーをそのような状況下で抜けるのでアクアジェットは要らないという意見も見られた。 に関してはやを考慮しなければとに各252振りが基本であった。 というのも、素早さの近いやはそれぞれ、という打点を持っているがこちらは有効打が無いためである。 要は原則としてメジャーなを抜く調整には意味がなかったのである。 旅パにおいては使い勝手はそこまで悪くはなかったがとが抜群のため、あくまででの利用価値を考えた限りにおいてはが邪魔に感じられた。 ちなみに本世代の御三家同士の闘いになった場合、もも苦手になってしまう。 また、ではの状態で24でを覚えるまで碌なウエポンに恵まれないという難点もあった。 に関してはへの有効打となる、への打点となるを比較的早期に獲得できるため、特にめざめるパワーの獲得時期が遅いのタイムアタックでは主要な選択肢に挙がる。 2017年頃のオフ会環境など、の多い環境では交代読みに頼らずとも耐性の優秀さが活きる。 第五世代 目ぼしい技としては、を習得したが、前者は元々を覚えるため、後者は火力を優先してハイドロポンプを選ぶことがざらであるため、その点では強化とは言い切れなかった。 BWではヤタピのみは入手不可能であり、を利用してから入手するしかなかったため、この世代のライトユーザーにとってみがわりとヤタピのみのコンボは馴染みが薄かった。 それでも、この世代に活躍した、、、といったドラゴンタイプに対する強力な受けとして活躍。 さすがにWCS優勝または準優勝といった実績には恵まれなかったが、環境の変遷だけで立場を保ったと言える。 ただ、この世代になってのメンバーとしての個性が出たガブリアスやこの世代を代表するかくとうタイプのローブシンなどに弱点を突かれる面が目立ち、そのことから環境を意識するとプレイング要求値は高くなったと言える。 期に配布技としてを獲得()。 単体でもそこそこ強かったが、この世代ではのとでを行い、で持久戦を行い、この2匹の苦手であるパルシェンへの補完としてエンペルトを投入した「バンギグライエンペ」というトリオもこの世代に発祥していた。 第六世代 全体の威力低下、のタイプ相性仕様弱体化などによって弱体化したが、はがねタイプがこの世代から登場したフェアリータイプに強いため、その点ではメタとして使用されることもあった。 しかしとの蔓延でメタを張る先のが減ったのと、のに弱いことなどから、採用率自体は下がった。 アタッカーとしてはやなどがより強力であり、この頃からのの中でも環境の主力からは一歩引いた存在となった。 PGLレーティングバトル統計データを見ると、ドラゴンメタのれいとうビームが鉄板というべき状況であった他、、、、、が採用率を伸ばした。 フェアリータイプが元々寄りであることやフルアタック構成を違和感なく行うことができることなどからが採用率を伸ばした。 は火力が出るようにが多く選ばれ、次いでとつげきチョッキと合わせて両受けができるようにが母数を伸ばした。 相性補完に優れる相方としては第五世代に登場したがおり、を持たせたランドロスの、で起点を作り、でサイクルを回し、とつげきチョッキを持たせたエンペルトで相手の攻撃を交代出しによって受けてある程度自在なタイミングでを発動する「エンぺランド」が実用化に至った。 第七世代 やの登場などの普及によって相対的に地位が向上。 に非常に有利なのは強みだが、一方でには複合タイプので弱点を突かれてしまうのが重い。 じめんタイプも依然として多いため、中堅どころを維持する形となった。 でタマゴ技にを追加され、とを活かしたつけあがる型が使用されるケースも稀に見られるようになったが、結局は積み技ととつげきチョッキが両立不可能であることから既存の型とはアンチシナジーであり、火力指数自体も合計10段階以上が上昇していないとに劣ってしまうため、この世代に跋扈しているに対しての攻撃技の通りが悪いこともあって、つけあがる型はエンペルトの型としては主流にはなっていない。 USUMリーグシーズン10以降は、、を採用し、攻撃技は、の内から1つを選んだ起点型が主流となり、前世代で比較的多かったずぶとい型におだやか型が取って代わった。 この頃になるとを持たせた型、を持たせた削り重視の起点型がメインとなった。 USUMリーグシングルバトルシーズン15には、エンペルト、、、、を採用したはがね統一パが最終レート2028(110位)を記録している。 そのパーティに採用されたエンペルトはこうそくいどうを採用してミズZを持たせた終盤用の抜きエース型であった。 この世代ではカバルドンで物理を受け、エンペルトで特殊を受けつつ共に昆布戦法を行い、メガボーマンダで詰める「カバエンぺマンダ」がエンペルト入りの構築の主流となった。 USUMリーグシングルバトルシーズン14で最終レート2104(84位)を記録したパーティも「カバエンぺマンダ」構築であった。 2018年2月に行われたシンオウ図鑑限定戦の『バトル オブ シンオウ』ではいずれのカテゴリでも使用率ベスト30入りを逃しており、かつての栄光からは遠ざかった状況となった。 WCS2018(全国ダブル)世界大会マスターカテゴリではベスト16進出はならなかったが日本人選手がエンペルトを使用していたことが報告されている。 一般的な育成論 唯一の・タイプのポケモン。 弱点は、、とメジャーなタイプに弱いが、耐性がとても多く半減以下が12 では11 タイプもある。 が非常に高く特殊アタッカーとしての育成がメジャー。 はあまり高くないので、先手を取ることはあまり期待せず特攻を伸ばすためにをひかえめにすることが多い。 ただしを積むタイプやを持たせて意表を突く型の場合、素早さ調整のためにおくびょうにされることも多い。 逆に、先手を取るのは完全に頼みにする場合、を下げないためにゆうかん・れいせいが選ばれることもある。 タイプの技を半減できるタイプのポケモンの中で、高い特攻でを撃てる数少ないポケモンであるため、能力の調整も必然的にドラゴンタイプのポケモンに打ち勝つのを目標とされることが多い。 との複合でタイプの技が弱点ではなくなっているため、などのサブウェポンで対策されにくいのもメリットとなっている。 ただしそのまま出しても高い確率で持っているなどのタイプの技で返り討ちにされてしまうが、で登場したアイテムのを持たせれば、まずは相手はエンペルトにはあまり通じない他の技で一度攻撃してふうせんを割る必要があるため、先に一撃を入れたり、こうそくいどうを積む隙を作ることができる。 ただし、この場合は出てきた時に「ふうせんで ういている」とメッセージで判別されるため持ち物がバレやすい点に注意が必要。 あるいは道具ばれがされにくいを持たせて相手のじめんタイプの技を誘い、確実に耐えて反撃に出る作戦もできる。 攻撃技はタイプ一致のや、を筆頭に、やタイプ対策の、、などが候補。 めざめるパワーは主にほのおまたはでんき。 でもいいが以外はほぼくさむすびで間に合う。 素早さの調整しだいではれいとうビームではなくが入ることもある。 また、のため能力を活かせないが、タイプ一致先制技のアクアジェットも採用の余地がある。 すばやさの低いエンペルトにとってはありがたい技。 以降は相手を状態にしてそこそこある物理耐久をさらに高めるも候補に挙がる。 補助技は、、、こうそくいどうなど。 こうそくいどうを覚えさせる場合は一般的なスタイルとは異なり、他の3つの技は全て攻撃技にして、序盤で隙を見つけてこうそくいどうを積んで先制できる体制を作り上げたうえで3タテを狙うこととなる。 採用率はかなり低いが、攻撃もそれほど低くはないため、物理型として採用させる場合もある。 物理アタッカーによって強力になった先制技のアクアジェットのほか、、、、、、、あたりが候補となる。 やも覚えさせて火力増強を図りたい。

次の

エンペルト : 穏やかな皇帝|ポケモン育成論サンムーン|ポケモン徹底攻略モバイル

エンペルト 育成論

全国 No. 7 m 重さ : 84. 5倍になる。 隠れ特性 夢特性 まけんき 相手のわざや特性で能力のランクが下がると、攻撃のランクが2段階上がる。 エンペルトのさらに詳細なデータはを参照 覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます。 エンペルトの特徴 【良いところ】• 特攻種族値が高めであり、「げきりゅう」発動後の水技が強力です。 遅い素早さは「こうそくいどう」で補います。 水技に耐性があります。 スイクン・ヤドラン・「じしん」のないギャラドスなどの水タイプに交代出しができます。 水相手には「くさむすび」を使うのが基本ですが、シャワーズのように体重が軽い相手は「あくび」で流します。 ドラゴン技に耐性があります。 強力な二刀エースであるボーマンダのドラゴン技読みで交代出しができます。 ボーマンダ流しを重視する型にするなら「じしん」の対策として「シュカのみ」を持たせます。 持っていなくても相手が勝手に警戒して逃げてくれたりしますが・・・ 【悪いところ】• 12ものタイプに耐性があり、一見交代出ししやすそうなポケモンです。 しかしメジャーである地面・格闘技に弱点を持ち、かつ素早さが遅いです。 耐性を活かして繰り出しても、多くのケースでは次のターンに先手で弱点を突かれて倒されてしまいます。 そのため、交代出しできる範囲は実は狭いです。 相手の水タイプを流すには「くさむすび」を使いますが、シャワーズなど体重が軽い相手には効きません。 「あくび」を使って相手水を流すこともできますが、それは相手にも同じことがいえます。 耐性と「くさむすび」を活かしてスイクンなどの水タイプを流すことができます。 水タイプで水流しができるポケモンにはスターミーがいます。 スターミーは素の素早さが高く、「いのちのたま」で火力を補う全抜きエースとしての活躍が期待できます。 エンペルトは素早さが低いため、スターミーのように手軽な全抜きエースとして扱うことができません。 エンペルトを全抜きエースとするには「こうそくいどう」などの積み技が必要ですが、流せる相手が限られるため交代際に積む隙があるとは限りません。 「こうそくいどう」を積むチャンスが限られるため、積めるときに積む必要があります。 しかしバトル序盤で積むとハピナスやシャワーズを味方が削っていないため止まりやすくなります。 かといって、バトル終盤に相手のスターミーやゴウカザルなどのエースと対峙してしまうとそもそも積めません。 25倍。 「こうそくいどう」で上がった素早さで全抜きを狙います。 みがヤタはHPを減らして戦うため先制技に弱いですが、エンペルトは「バレットパンチ」「こおりのつぶて」「アクアジェット」「でんこうせっか」などに耐性を持つため先制技に強いです。 砂嵐ダメージも受けません。 キングドラなどの抜きエースにも言えますが、「ハイドロポンプ」の外れは大きいです。 特にエンペルトはHPを減らして戦うため、技の外れは致命的。 「ハイドロポンプ」を使うなら特に、勝ち筋をエンペルトだけに頼らない方がよいでしょう。 性格・努力値について。 エースなので特攻全振りは確定です。 性格は基本的にひかえめですが、おくびょうにすると「こうそくいどう」後にようきスカーフヘラクロス・いじっぱりスカーフガブリアスを抜けるようになります。 ようきスカーフガブリアスはおくびょう最速でも抜けません。 終盤エースとしてようきスカーフガブリアスが多いような環境ならそもそもこの型は向いていないといえます。 HPは「みがわり」3回の使用でちょうど「ヤタピのみ」が発動するよう4の倍数に調整しておきます。 素早さは調整です。 性格がひかえめなら、「こうそくいどう」時にいじっぱりスカーフヘラクロス抜きの調整がムダがありません。 それ以上素早さに割くなら最速マルマイン抜きか全振りとなります。 ようき最速スカーフヘラクロスはギリギリ抜くことができません。 スカーフヘラクロス・ガブリアスなど全抜きの障害となるポケモンは予め狩っておくのが理想です。 性格がおくびょうなら、いじっぱりスカーフガブリアスまで抜く調整がオススメです。 最速でも構いません。 持ち物について。 「げきりゅう」と合わせて決定力を出す「ヤタピのみ」です。 技について。 「ハイドロポンプorなみのり」「みがわり」「こうそくいどう」「選択肢」という技構成とします。 「ハイドロポンプ」「なみのり」は「げきりゅう」の威力UPを受けるタイプ一致技です。 「ハイドロポンプ」は確定で倒せる相手が増え、全抜き体制は整えやすくなります。 「なみのり」は命中の安定が魅力です。 全抜き体制が整っているという前提ならコチラの方が優秀です。 「こうそくいどう」は交代読みなどで使うことで遅い素早さを補い、全抜きのプレッシャーをかけることができる技です。 残りの技は選択肢となります。 選択肢の技では、水技に耐性がある水・ドラゴン相手を狙うことになります。 「くさむすび」はスイクン・ミロカロスなど水タイプを狙う技。 シャワーズは体重が軽いので、「ヤタピのみ」込みでもHP振りシャワーズが中低乱数2となります。 氷技でなく草技を選択するとHP満タンラティオスの死に出しで止まってしまうので、ラティオスは予めしっかり削っておきましょう。 「れいとうビーム」はラティオスやボーマンダなどドラゴンタイプを狙う技です。 草タイプにも効果抜群です。 これにするとシャワーズなど水タイプで止まりやすくなります。 どちらを選択するとしても、止まってしまう相手に予めダメージを与えておけるようなパーティ構築にします。 【ボーマンダ流し型】 性格 : ひかえめ 努力値: HP252、特防調整、残り特攻 持ち物: シュカのみ 確定技: ハイドロポンプ、れいとうビーム、くさむすび 選択肢: あくび、ステルスロック 「いのちのたま」を持ったテンプレ二刀エースのボーマンダを流すことができます。 「こだわりスカーフ」型のボーマンダなら余裕です。 スイクンなどの水タイプの流しも兼ねます。 流せる範囲が狭く他のポケモンと被る上にボーマンダを釘づけしてあるパーティではあまり出番がありません。 性格・努力値について。 「だいもんじ」2発を耐えられるように特防に努力値を割いておくとさらに安定します。 特防に68だけ振ると、上記ボーマンダの「だいもんじ」2発耐え調整となります。 火力を保つために残りは特攻に振ります。 持ち物について。 ボーマンダの「じしん」に対抗する「シュカのみ」です。 「くさむすび」でラグラージを流しやすくなる効果もあります。 技について。 「ハイドロポンプ」「れいとうビーム」「くさむすび」「選択肢」という技構成とします。 「ハイドロポンプ」はタイプ一致技です。 交代読みで使うので、相手への負荷を考えて「なみのり」よりもオススメできます。 「れいとうビーム」はボーマンダの弱点を突ける技なので必須です。 「くさむすび」はスイクンなど水タイプの弱点を突く技です。 「じしん」を持たないギャラドスに交代出ししたときに等倍ダメージを与えることもできます。 残りの技は選択肢となります。 「あくび」は交代読みで使うことにより様々な相手の牽制となります。 またシャワーズのように、体重が軽く「くさむすび」の効きが悪い水タイプを流すことができます。 「くさむすび」で弱点を突けないギャラドスを流すこともできますが、ギャラドスは「カゴのみ」「ラムのみ」持ちが多いので微妙です。 「ステルスロック」は味方エースの決定力をサポートする技でパーティとの相談です。 相手がボーマンダやギャラドスを繰り出せる回数を制限することもできます。 役割関係.

次の

エンペルトの育成論・調整|ポケモン育成論ORAS・XY|ポケモン徹底攻略

エンペルト 育成論

ページ:• 投稿者:E 3DSとポケモン• コメント 40 みんなの評価 :• 投稿者:Ms. コメント 22 みんなの評価 :• 投稿者:まっちゃ• コメント 30 みんなの評価 :• 投稿者:ガダ• コメント 1 みんなの評価 :• ページ:• 投稿者:ケニーG• コメント 45 みんなの評価 :• 投稿者:むすたんぐ• コメント 10 みんなの評価 :• 投稿者:=• コメント 8 みんなの評価 :• 投稿者:れーな• コメント 4 みんなの評価 :• 投稿者:むすたんぐ• コメント 15 みんなの評価 :• 投稿者:クイーンズハイランド• コメント 34 みんなの評価 :• 投稿者:鯱• コメント 36 みんなの評価 :• 投稿者:umi• コメント 9 みんなの評価 :• コメント 50 みんなの評価 :• 投稿者:かゐゑん• コメント 18 みんなの評価 :• 投稿者:くす• コメント 21 みんなの評価 :• 投稿者:kodama• コメント 167 みんなの評価 :.

次の