乃木坂フェイクぽるの。 フェイクポルノで問題になったDeepfakesを簡単に試せるサイトを作ってみた

「ディープフェイク」とは何か?AI技術やフェイクポルノとはどう関係しているのか? VISTEC スパソーン・スワジャナコーン氏×Appier ミン・スン氏|ビジネス+IT

乃木坂フェイクぽるの

先日Twitterで見かけた、DeepFake(ディープフェイク)がマジですごかった。。 そもそもDeepFakeとは何かというところですが、「 深層学習(deep learning)」と「 偽物(fake)」の造語で、人工知能(AI)によって人物を合成したコンテンツの事をいいます。 最新技術が普及するのに最も大きなエネルギーを生み出すのは常にアダルト産業ですが、機械学習に基づくDeepFakeもそうですね。 現在、DeepFakeを専門としたアダルト動画を配信しているウェブサイトがいくつかあります。 主に、タレント、アーティスト、女優などの顔と既存のアダルト動画を合成しているので、配信されている動画は顔を合成された本人の体ではありません。 追記 先日、フェイクポルノを正式に違法とする地域が登場したと報道されました。 元交際相手などとの日常における画像・映像とポルノムービーを合成させる「フェイクポルノ」は、リベンジポルノとして使われる可能性が問題視されています。 このことから、アメリカ・バージニア州が世界で初めてフェイクポルノを『違法』と定めたようです。 によれば、2014年以来バージニア州は「他人を強制、嫌がらせ、または脅迫する目的」で裸の画像またはビデオを公開することを禁止しています。 最新の改正によって、「ニセの作成されたビデオまたは静止画像」を含むことを明確にされました。 これは、「ディープフェイク」だけでなく、Photoshopによる画像または偽造映像も指す可能性があります。 規則に違反するのはクラス1の軽犯罪となり、最高 12ヶ月の懲役と最高2,500ドル(約27万円)の罰金が科せられます。 また、アメリカの他41州も2019年までにフェイクポルノを違法化する方針だそう。 女性の写真を1クリックで裸にしてしまう「」というサービスは、問題を指摘されため停止しています。

次の

アダルトのディープフェイク(フェイクポルノ)が凄かった

乃木坂フェイクぽるの

作成のリクエストごとにGPUインスタンスが立ち上がり学習を行います。 学習したモデルを再利用することもできるようになっています。 詳しくはまた別のエントリーにて説明します。 フェイクポルノで話題になっていたDeepfakesですが、アニメや映画の作成現場などでの活用も期待されています。 オープンソースのコードもいろいろ公開されていたりするので、 それを利用して一般の人が簡単に試せる場があったら面白いかなと思い立ち作ってみました。 ディープフェイク Deepfakes とは? ディープラーニング技術を使って動画の人物の顔を別の人物の顔とすげかえる技術。 もともとはRedditのdeepfakesというユーザがコミュニティ内で「FakeApp」を公開したのが始まり。 作ったもの 動画ファイルを2つアップロードするだけで両者の顔を交換できます。 (時間はかなりかかります) ざっくりやっていることは、• 受け取った動画を画像に分割• 画像から顔を抽出• 画像内の顔を学習• 画像内の顔を交換• 顔を交換した画像を動画に変換 課題 精度がまちまち 画像から顔を抽出した際にNGなものを目視で確認して除外すると精度を上げられるのですが、 このサービスにはその仕組みを入れられてません。 また、学習のエポック数も固定にしてあるので学習の精度が十分になる前終了してしまっているかもしれません。 以上です。 ちょくちょく調整したりしてみたいと思います。 使っていただいて感想などいただければありがたいです。 くれぐれも悪用はお止めください。

次の

女性の写真を1クリックで裸にしてしまう「DeepNude」が登場

乃木坂フェイクぽるの

2019年06月27日 21時00分 女性の写真を1クリックで裸にしてしまう「DeepNude」が登場 AIを用いて有名女優のポルノ映像を作成するという「 」が2017年末から2018年にかけて大流行しましたが、これと同じようにAIやニューラルネットワークを用いることで、女性の写真から服だけを削除して裸にしてしまうという凶悪なアプリケーション「 DeepNude」が登場しています。 This Horrifying App Undresses a Photo of Any Woman With a Single Click - VICE DeepNudeは服を着た女性の写真から、服部分だけを削除し、胸や外陰部がはだけた裸の写真に変換してしまうというもの。 女性の写真のみ変換可能で、実際にDeepNudeを使用したというIT系ニュースサイト・Motherboardは、「服を着た状態の女性でも成功するものの、肌の露出が多い写真の方がより効果的にヌード写真に変換できた」と記しています。 フェイクポルノはAIを使ってムービー内の人物の顔を違和感なく別の人物に入れ替えることができる技術「 」を用いて作成されました。 しかし、今回作られたDeepNudeは「DeepFakeよりも使いやすく、作成も速い」とのことで、より凶悪なフェイクポルノが生まれる可能性があります。 DeepNudeはダウンロード版のアプリと、オンライン上で試し使いできるデモ版があります。 記事作成時点ではダウンロード版アプリは「メンテナンス中なので12時間後にもう一度チェックして」と表示されダウンロードできません。 AI Powered X-Ray App DeepNude というわけで、「Try Online」をクリックしてデモ版を使用してみます。 サンプルとして水着の女性画像が2枚表示されるので、どちらか好きな方を選択。 続いて赤枠部分にある顔アイコンに写真の女性の顔部分が合うように調整して、「Transform」をクリック。 すると女性の写真から水着がきれいに消えました。 リベンジポルノ活動団体であるBadassのカテリン・ボーデンCEOは、「これはとても恐ろしいことです。 裸の写真を撮ったことがなくても、誰でもリベンジポルノの犠牲者になる可能性があります。 このような技術は一般向けに公開されるべきではありません」と語っています。 メリーランド大学のロースクールに勤めるダニエレ・シトロン教授は、「 DeepFakeやDeepNudeのような技術は 性的プライバシーの侵害です」と語っています。 加えて、「本物の陰部が写っているわけではありません。 しかし、他の人たちは DeepNudeが作った裸の写真を見て あなたが裸になったのだと思うでしょう。 DeepFakeの被害者たちは私に『何千人もの人々が自分の裸を見て、自分の体はもはや自分のものではないかのように感じた』と語りました」と述べています。 DeepFakeが公開されたのは2019年6月23日で、無料でダウンロードできるアプリ版には大きな が埋め込まれるようです。 しかし、50ドル 約5400円 の有料版ではこのウォーターマークが消え、代わりに画像の左上に「FAKE 偽 」という文字が追加されるのみとなります。 この「FAKE」マークは画像の左上に表示されるだけなので簡単に切り取り可能であり、Photoshopで削除することも容易とのこと。 Motherboardはテストとして10人以上の男女の有名人を裸に変換しており、結果は写真により異なるものの、カメラの方を向いたビキニ姿の女性の写真は特にうまく裸に変換できたとしています。 Motherboardによれば、DeepNudeのアルゴリズムは「衣服の下にある胸の角度から、乳首の位置や影を正確に補完します」とのこと。 なお、Motherboardはうまく裸に変換できた事例として、 や 、 、 、 などの写真を公開しています。 ただし、低解像度の写真や漫画のキャラクターなどではうまくいかなかったようです。 MotherboardはDeepNudeの開発者である「アルベルト」を名乗る男性と連絡を取ることに成功。 アルベルトさんは2年前の2017年に などの技術を知り勉強を始め、カリフォルニア大学バークレー校が2017年に開発した をベースにDeepNudeを開発したとのこと。 DeepNudeのアルゴリズムをトレーニングするために、1万枚以上の女性のヌード写真を用いたとも語っています。 アルベルトさんはDeepNudeの男性版も開発予定としながら、男性の場合はインターネット上でヌード写真を見つけづらいのが難点だとしています。 アルベルトさんは「ネットワークは多角的なものであり、それぞれが異なるタスクを持っています。 ひとつは服を認識し、ひとつは服を消し、ひとつは服をはがした際の乳首などの位置を推測し、ひとつは裸をレンダリングする」と語っており、この複合的な処理により変換に時間がかかるようになっているものの、いずれは処理を高速化していく予定とのこと。 なお、MotherboardによればDeepFakeを用いたポルノ映像の場合は映像の変換に数日かかる模様。 しかし、熟練した画像編集者であっても、Photoshopを使って裸のコラージュ写真を作るには数分必要とのことで、DeepNudeの手軽さは凄まじいものがあるとMotherboardは指摘しています。 by カリフォルニア大学バークレー校でコンピュータサイエンス学部の教授を務めるハニー・ファリド氏は、「我々はDeepFakeのようなものをより早く発見できる必要があるだろう。 そして、技術の進歩をより安全に保護し、意図しない有害な方法で使われないようにするための方法を、学者や研究者はより批判的に考えていく必要がある」と語っています。 — deepnudeapp deepnudeapp.

次の