ブロッコリー と カリフラワー の 違い。 「ブロッコリー」と「カリフラワー」、「ロマネスコ」の違いとは?

ブロッコリーとカリフラワーの違いは?栄養と味に違いはある?

ブロッコリー と カリフラワー の 違い

ブロッコリーとカリフラワーの違い ブロッコリーとカリフラワーは、実はどちらもアブラナ科なので、同じ仲間の植物ということになります。 では、逆にどのような違いがあるのでしょうか? 色の違い まず、ブロッコリーとカリフラワーの最大の違いといえば色ですよね。 ブロッコリーは緑色なのに対して、カリフラワーは日本では白色が主流となっています。 基本的にブロッコリーは緑色の濃淡くらいしかないのですが、カリフラワーにはオレンジ色や紫色のものもあります。 味の違い ブロッコリーとカリフラワーは味も違います。 ブロッコリーはキュッとした独特の食感で、菜の花のような味がします。 特に葉野菜に近い味だといわれています。 その一方で、カリフラワーはコリコリとした歯ごたえのある食感で、クセがなくほんのりと甘いです。 どちらかというとブロッコリーよりもキャベツに近い味だといわれています。 栄養素の違い ブロッコリーとカリフラワーは栄養素も違います。 また、ビタミンCだけで見るとブロッコリーの方がカリフラワーより多いみたいですが、茹でた際に流れ出てしまう量が多いため、結局食べる時にはどちらも同じような量となるのだとか。 栽培方法の違い さらに、ブロッコリーとカリフラワーは栽培方法も違います。 育っていく過程が違い、ブロッコリーは花芽が成長して蕾になったものが集まった状態で収穫されます。 それに対しカリフラワーは、花芽が成長せずにそのまま数が増えた状態で収穫されます。 ブロッコリーは花が咲きますが、カリフラワーは花が咲きません。 ブロッコリーとカリフラワーの起源は同じ ここまで見てみると、ブロッコリーとカリフラワーは違いが意外と多い野菜に思えますよね。 しかし、実はどちらも起源が同じだと考えられています。 ブロッコリーの誕生はあの野菜から もともと地中海沿岸で自生していた野生のキャベツの花蕾が肥大化して、それがブロッコリーになったそうです。 つまり、ブロッコリーはキャベツから派生して誕生した野菜なのです。 これに関しては知らなかった人も多いのではないでしょうか。 筆者もブロッコリーとキャベツに関係があると思っていなかったので、正直これには驚きました! カリフラワーが生まれたのは偶然? その一方で、カリフラワーはブロッコリーの突然変異体となっています。 その突然変異体のブロッコリーを品種改良したことで、現在のようなカリフラワーが生産されるようになったそうです。 そしてカリフラワーも普通に市場に出回るようになり、一般家庭でも食べられるようになりました。 ブロッコリーとカリフラワーの共通点 違いが意外と多いブロッコリーとカリフラワーですが、もともとの起源が同じなので共通点もたくさんあります。 ここからはそんな共通点についてご紹介します。 ブロッコリーとカリフラワーは仲間 歴史から見れば分かるように、カリフラワーはブロッコリーから派生したものということもあって、分類上も最も近しい種類の野菜となります。 そもそもカリフラワーはブロッコリーの突然変異体なので、ある意味では同じ野菜と言っても過言ではないかもしれませんね。 実際、どちらもアブラナ科アブラナ属ヤセイカンラン種に分類される野菜となっています。 旬の時期も同じ 日本では栽培方法が豊富にあり、流通がしっかりしていることから、ブロッコリーもカリフラワーも年中市場に出回っています。 スーパーに行けばすぐにどちらも手に入るので、食べたい時に食べることができるでしょう。 しかし、本来の収穫時期である旬が最も風味が深くなる他、新鮮な状態で食べやすい時期でもあるので、旬については知っておいた方が良いかもしれませんね。 ブロッコリーもカリフラワーも旬は同じです。 どちらも秋の終わりから冬の初めにかけて最収穫期を迎える野菜となっています。 まとめ ブロッコリーとカリフラワーは見た目が大きく違いますが、それ以外にも味や栄養素や栽培方法なども違ってきます。 これも把握していれば完璧ですね! ただ、ブロッコリーはキャベツから派生した野菜であり、カリフラワーはブロッコリーの突然変異体という経緯で生まれていることから共通点も多くあります。

次の

「ブロッコリー」と「カリフラワー」、「ロマネスコ」の違いとは?

ブロッコリー と カリフラワー の 違い

「ブロッコリー」は緑色で、総合的に栄養価の高い緑黄色野菜です。 「カリフラワー」は主に白色で、ビタミンCが豊富な淡色野菜です。 「ブロッコリー」をもっと詳しく 「ブロッコリー」は、アブラナ科、つまりキャベツの仲間にあたる野菜です。 鮮やかな緑色が特徴で、食事の彩りとして使用されることも多いですよね。 ブロッコリーは、野生のキャベツの花蕾 からい 花のつぼみ が大きくなったものが起源とされています。 肥大化したキャベツの花蕾は地中海周辺で、紀元前2000年頃から食べられていたとも言われています。 ブロッコリーの花芽は、収穫後に白や黄色の花を咲かせるときもあります。 花が咲いてしまうと、味が落ちてしまうので、注意しましょう。 葉酸は、胎児の脳や脊髄 せきずい 、中枢神経系に重要な神経管の形成に関わる栄養素で、妊婦さんや妊娠を望む女性には欠かせません。 ビタミンCに関しても、カリフラワーよりブロッコリーの方が、多く含まれています。 しかし、ブロッコリーのビタミンCは水に溶けやすいため、茹でた後のビタミンC量はカリフラワーの方が多く含まれています。 ブロッコリーの栄養素を逃さないようにするためには、さっと短時間で茹でたり、電子レンジを活用したりするとよいとされています。 「カリフラワー」をもっと詳しく 「カリフラワー」も 「ブロッコリー」と同様、アブラナ科に属する野菜です。 カリフラワーは、白色がほとんどですが、緑やオレンジ色のものもあります。 ブロッコリーが突然変異し、花蕾が白色になったものが起源だとされています。 現在のカリフラワーは、品種改良が行われたものです。 現在は、ブロッコリーの方が見かける頻度が多いですが、日本に先に伝えられたのは、カリフラワーだと言われています。 カリフラワーは、第二次世界大戦後、白アスパラガスとセロリとともに「洋菜の三白」と呼ばれ、洋食文化とともに浸透していきました。 カリフラワーのビタミンCは、ブロッコリーと異なり、茹でても失われないことから、カリフラワーを「畑のレモン」と呼ぶこともあります。 それだけでなく、食物繊維も豊富に含んでいます。 カリフラワーの花芽から花が咲くことはなく、蕾がしっかり堅く結びついているのも特徴です。 「ブロッコリー」と「カリフラワー」の中間?「ロマネスコ」とは? 「ロマネスコ」も花蕾を食べる野菜です。 ブロッコリーとカリフラワーの中間のようなライトグリーン色をしています。 日本ではまだ多く見かけませんが、ヨーロッパでは一般的に販売されており、さまざまな料理に用いられます。 カリフラワーの一種という説やブロッコリーとカリフラワーの掛け合わせてできたという説など、起源はまだ謎に包まれています。

次の

カリフラワーとブロッコリーの違い!栄養価値が高いのは?

ブロッコリー と カリフラワー の 違い

ブロッコリーとカリフラワーの違い ブロッコリーとカリフラワーは、実はどちらもアブラナ科なので、同じ仲間の植物ということになります。 では、逆にどのような違いがあるのでしょうか? 色の違い まず、ブロッコリーとカリフラワーの最大の違いといえば色ですよね。 ブロッコリーは緑色なのに対して、カリフラワーは日本では白色が主流となっています。 基本的にブロッコリーは緑色の濃淡くらいしかないのですが、カリフラワーにはオレンジ色や紫色のものもあります。 味の違い ブロッコリーとカリフラワーは味も違います。 ブロッコリーはキュッとした独特の食感で、菜の花のような味がします。 特に葉野菜に近い味だといわれています。 その一方で、カリフラワーはコリコリとした歯ごたえのある食感で、クセがなくほんのりと甘いです。 どちらかというとブロッコリーよりもキャベツに近い味だといわれています。 栄養素の違い ブロッコリーとカリフラワーは栄養素も違います。 また、ビタミンCだけで見るとブロッコリーの方がカリフラワーより多いみたいですが、茹でた際に流れ出てしまう量が多いため、結局食べる時にはどちらも同じような量となるのだとか。 栽培方法の違い さらに、ブロッコリーとカリフラワーは栽培方法も違います。 育っていく過程が違い、ブロッコリーは花芽が成長して蕾になったものが集まった状態で収穫されます。 それに対しカリフラワーは、花芽が成長せずにそのまま数が増えた状態で収穫されます。 ブロッコリーは花が咲きますが、カリフラワーは花が咲きません。 ブロッコリーとカリフラワーの起源は同じ ここまで見てみると、ブロッコリーとカリフラワーは違いが意外と多い野菜に思えますよね。 しかし、実はどちらも起源が同じだと考えられています。 ブロッコリーの誕生はあの野菜から もともと地中海沿岸で自生していた野生のキャベツの花蕾が肥大化して、それがブロッコリーになったそうです。 つまり、ブロッコリーはキャベツから派生して誕生した野菜なのです。 これに関しては知らなかった人も多いのではないでしょうか。 筆者もブロッコリーとキャベツに関係があると思っていなかったので、正直これには驚きました! カリフラワーが生まれたのは偶然? その一方で、カリフラワーはブロッコリーの突然変異体となっています。 その突然変異体のブロッコリーを品種改良したことで、現在のようなカリフラワーが生産されるようになったそうです。 そしてカリフラワーも普通に市場に出回るようになり、一般家庭でも食べられるようになりました。 ブロッコリーとカリフラワーの共通点 違いが意外と多いブロッコリーとカリフラワーですが、もともとの起源が同じなので共通点もたくさんあります。 ここからはそんな共通点についてご紹介します。 ブロッコリーとカリフラワーは仲間 歴史から見れば分かるように、カリフラワーはブロッコリーから派生したものということもあって、分類上も最も近しい種類の野菜となります。 そもそもカリフラワーはブロッコリーの突然変異体なので、ある意味では同じ野菜と言っても過言ではないかもしれませんね。 実際、どちらもアブラナ科アブラナ属ヤセイカンラン種に分類される野菜となっています。 旬の時期も同じ 日本では栽培方法が豊富にあり、流通がしっかりしていることから、ブロッコリーもカリフラワーも年中市場に出回っています。 スーパーに行けばすぐにどちらも手に入るので、食べたい時に食べることができるでしょう。 しかし、本来の収穫時期である旬が最も風味が深くなる他、新鮮な状態で食べやすい時期でもあるので、旬については知っておいた方が良いかもしれませんね。 ブロッコリーもカリフラワーも旬は同じです。 どちらも秋の終わりから冬の初めにかけて最収穫期を迎える野菜となっています。 まとめ ブロッコリーとカリフラワーは見た目が大きく違いますが、それ以外にも味や栄養素や栽培方法なども違ってきます。 これも把握していれば完璧ですね! ただ、ブロッコリーはキャベツから派生した野菜であり、カリフラワーはブロッコリーの突然変異体という経緯で生まれていることから共通点も多くあります。

次の