ワンピース オニ 丸。 ワンピース河松が日和や牛鬼丸と再会!狐のオニ丸はその後どうなった?

ワンピースネタバレ953話最新話確定ゾロがおでんの刀「閻魔」を手にする?

ワンピース オニ 丸

持ってる薙刀も白ひげのやつと同じくらい大きいと思う。 ゾロかっこいい — カワイ D ワンピース ONEPIECE4587829 漫画「ワンピース」ワノ国編では、ゾロが日和を助けていましたが、その後一緒に行動している際に良い再会がシーンがありましたね! ゾロが「リューマ」から受け継いだ名刀である「秋水」を、坊主姿の「牛鬼丸」に奪われてしまったときのことです。 ワノ国の宝である「秋水」を守りたい 牛鬼丸と、譲り受けた刀を返してほしい ゾロとの戦いは、完全に平行線でした。 そこに、赤鞘九人男の一人である「河松」が割って入り、 日和と河松は感動の再会を果たすのです。 河松と日和は、未来へ飛ばなかったメンバーのうちの一人なので、日和と河松が知り合い同士であるのは容易に想像ができたかと思います。 日和いわく、当時食糧もあまりなくそのほとんどを日和に渡していた河松は、どんどんやせ細っていったとのことでした。 「もし自分がいなくて河松一人だったら生き残れるのに」と考えた日和。 このまま自分のせいで河松が死んでしまうのではないかと恐くなり、 河松の前から姿を消したんだとか。 日和はこの頃から優しい心の持ち主だったんですね。 お互いがお互いのためを思って現在のような結果となったのでしょうが、無事に再会できて本当に良かったと思うばかりです! そんな再会を喜んでいた矢先、横槍が入ってしまいました。 以前「牛鬼丸」に武器を奪われた者たちが復讐に来てしまい、その結果、牛鬼丸は銃で撃たれてしまうのです。 そこで乱戦になるのですが、戦う河松とゾロを置いて牛鬼丸は逃げていきます。 そして一人になったところで「 河松様、ご無事であられた。 」と 涙を流すのです! まさかの 河松と牛鬼丸も関係があり、実は感動の再会だったのです! 牛鬼丸が武器を剥ぎ取っていたのも、河松と深い関係があるんだとか? 次項でそのあたりの関係もご紹介していきます。 漫画「ワンピース」河松と狐のオニ丸は牛鬼丸だった? 錦えもん、お鶴は本物の狐説。 もしくはお鶴は鶴。 鶴の恩返し。 オニ丸で狐が人に化けれることは証明できた。 狐火の錦えもんとは本物に狐だから。 能力も不思議な実を食べたと言っているが実は狐の能力なのでは。 日和が河松の元からいなくなってしまった後、河松は腹を切る為に「鈴後」に向かいます。 そこには墓荒らしから一人で墓を守る狐(キツネ)の「 オニ丸」の姿がありました。 「鈴後」の風習として 墓の墓標は刀と決まっているのですが、墓標となる刀の中には名刀もあるため、 墓荒らし絶えない場所なんだとか。 「鈴後」の大名である霜月牛マルが亡くなった後、オニ丸はずっと墓の番人の役目を果たしていたんですね。 一方の河松は、日和を守れなかったことを悔やみ、13年後起こるであろう戦いのための武器を「鈴後」で集め、守ることを決意します。 突如墓荒らしを始めた河松に対して、墓の番人をしていたオニ丸は最初は噛み付きます。 しかし河松は「まだ戦いは終わっていないんだ。 このまま刀を眠らせるわけにはいかない」と墓荒らしを止めません。 やがて河松の必死な思いが届いたのか、徐々に 二人で墓荒らしをするようになり、決戦の日に備えて地下に武器を隠し始めるのです。 そんな二人ですが、本物の墓荒らしに重要な刀を奪われないように、河松が 僧兵の格好で追い払っていました。 その際河松が口にしていた台詞は、「拙者、おいはぎ橋の 牛鬼丸。 武器を置いていけ!」という台詞。 その代わりとして、 オニ丸は「牛鬼丸」に変化して墓荒らしから刀を守っていたのです! これが、河松が生きていたと知ってオニ丸が涙した理由だったんですね。 「牛鬼丸」の正体であるオニ丸は、ずっと一人で「鈴後」を守り続けていました。 「鈴後」を離れるわけにも行かず河松を探しにも行けず、ただ信じることしかできなかったのだと思います。 オニ丸のエピソードは、本当に感動的ですよね。 牛鬼丸はゾロを扉の前まで導くと、こつ然と姿を隠してしまいます。 その扉は、13年前に 武器を隠していた地下につながる扉だったのです。 なんと、地下には大量の武器が保管されていました! オニ丸は墓荒らしから守るだけでなく、河松の代わりに武器も集めていたんですね! 河松は、オニ丸は帰らない自分に呆れて待ってはいないだろうと言っていました。 しかし実際は河松が帰ってきたときに戦えるように、ずっと信じて待っていたんですね。 オニ丸は牛鬼丸の姿からキツネの姿に戻ると、 河松の前に姿を現すことなくどこかに去っていきます。 嬉しそうに去っていくのですが、行っちゃうの!?と思った方が多かったのでないでしょうか? 実はそこから オニ丸がどうなったのか分かっていません。 河松もオニ丸がお墓を守っていたことを知らないままなのです! オニ丸はただのキツネではなく 狛狐という種類のようで、特殊な技を使えたりするようです。 なので、きっと生きていると思いますので、いずれちゃんと再会するのではないでしょうか。 もしかすると、河松たちがピンチになったときに助けに現れたりするかもしれませんよね! そのときが待ち遠しいです。 漫画「ワンピース」河松が日和や牛鬼丸と再会まとめ まさかの令和元年最後の日に夜更かしでずっとワンピース読んでるっていうね。 河松可愛すぎて、もう大好きすぎて、大人の河松も子供の頃の河松も可愛い💕 河松の回想シーンで日和編好きやけど、オニ丸編でオニ丸可愛すぎる 今のワンピース面白すぎるし伏線回収されまくりやし展開早いしもう次みたい — なっぱ NAPPA78nappa78 漫画「ワンピース」河松(かわまつ)が日和(ひより)や牛鬼丸(ぎゅうきまる)と再会したのか、狐のオニ丸はその後どうなったのか調べていきましたが、いかがでしたでしょうか? 河松と日和と牛鬼丸は無事再会を果たしていましたね! しかし、狐のオニ丸はその後どうなったのか分かっていないので、再登場に期待です。 漫画「ワンピース」今後の展開が楽しみですね!.

次の

【ワンピース】953話「一度狐」考察・感想

ワンピース オニ 丸

【スポンサーリンク】 オニ丸=モデル達磨(ダルマ)説、人間に化けられた理由について考える! オニ丸の外見表現は以下のような感じ。 亡くなった鈴後の大名・霜月牛マルの相棒だったこの狐。 この背景について、色々と考えていくのはとても面白いことだ! ワンピース953話より引用 オニ丸の外見表現はこんな感じだった! バトワンの個人的な感覚からいくと、オニ丸の存在は強引に本シナリオに結び付けず 「そのあとオニ丸を見たものは誰もいませんでした、めでたしめでたし」と締めくくるのが美しいように思う。 そうすればオニ丸という存在には謎が残り、それは結果的にキャラクターに深みを残すことに繋がるはずだ。 そういった意味では、オニ丸の今後の扱いは 「日本特有の神秘的な雰囲気」を尾田先生がどう解釈し、どう描こうとしているかを汲み取る、格好の考察テーマになるといえるだろう! 【スポンサーリンク】 日本物語特有の神秘性を放棄した場合は? では、日本物語特有の神秘性を放棄した場合はどうだろう? 人間モードに変身したオニ丸の様子は以下。 鬼+牛で牛鬼であり、それに丸をつけての牛鬼丸。 良い名前だね〜! しかしともあれ、あの痩せた狐・オニ丸がこんなにイカツい感じになるのは少し違和感。 そんな中でオニ丸の姿にヒトヒトの実のモデルを求めるのなら、個人的には 「幻獣種・モデル達磨(ダルマ)」とかがもっともシックリくるかな〜! もしオニ丸の能力が幻獣種・ダルマだったとしたら、鬼ヶ島編とかで侍のひとりとして参戦してくる可能性はあると思う。 個人的な好みは別として、今回示した2つのパターンはどちらもあり得る範疇なはず。 ここは尾田先生の 「決め」の問題だと思うので、最後どのようにシナリオを固めてくるのか楽しみだね!!.

次の

【ワンピース】牛鬼丸の「やばい正体」と能力強さを徹底考察【霜月牛マル】【能力強さ】【妖怪族】

ワンピース オニ 丸

【スポンサーリンク】 オニ丸=モデル達磨(ダルマ)説、人間に化けられた理由について考える! オニ丸の外見表現は以下のような感じ。 亡くなった鈴後の大名・霜月牛マルの相棒だったこの狐。 この背景について、色々と考えていくのはとても面白いことだ! ワンピース953話より引用 オニ丸の外見表現はこんな感じだった! バトワンの個人的な感覚からいくと、オニ丸の存在は強引に本シナリオに結び付けず 「そのあとオニ丸を見たものは誰もいませんでした、めでたしめでたし」と締めくくるのが美しいように思う。 そうすればオニ丸という存在には謎が残り、それは結果的にキャラクターに深みを残すことに繋がるはずだ。 そういった意味では、オニ丸の今後の扱いは 「日本特有の神秘的な雰囲気」を尾田先生がどう解釈し、どう描こうとしているかを汲み取る、格好の考察テーマになるといえるだろう! 【スポンサーリンク】 日本物語特有の神秘性を放棄した場合は? では、日本物語特有の神秘性を放棄した場合はどうだろう? 人間モードに変身したオニ丸の様子は以下。 鬼+牛で牛鬼であり、それに丸をつけての牛鬼丸。 良い名前だね〜! しかしともあれ、あの痩せた狐・オニ丸がこんなにイカツい感じになるのは少し違和感。 そんな中でオニ丸の姿にヒトヒトの実のモデルを求めるのなら、個人的には 「幻獣種・モデル達磨(ダルマ)」とかがもっともシックリくるかな〜! もしオニ丸の能力が幻獣種・ダルマだったとしたら、鬼ヶ島編とかで侍のひとりとして参戦してくる可能性はあると思う。 個人的な好みは別として、今回示した2つのパターンはどちらもあり得る範疇なはず。 ここは尾田先生の 「決め」の問題だと思うので、最後どのようにシナリオを固めてくるのか楽しみだね!!.

次の