いのちのたま カビゴン。 ジュカイン育成論

カビゴンの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

いのちのたま カビゴン

【良いところ】• 特攻・素早さが高めなので、速攻特殊アタッカーとしての活躍が期待できます。 バトル終盤で、傷ついた相手を狩りましょう。 6on6バトルの終盤で活躍するポケモンは、スターミー・ゴウカザル・ガブリアスなど素早さの高いポケモンが多いです。 ジュカインは彼らよりも素早さが高いです。 相手ポケモンへの蓄積ダメージとジュカインの技構成にもよりますが、撃ち合いになった場合先制で倒すことができます。 特に、終盤エースとしてメジャーなスターミーに強いことが評価できます。 ジュカインは、終盤エースのポケモン達を倒せるメタとしての活躍が期待できます。 ゴウカザルやスターミーなどは死に出しで「ありじごく」ダグトリオが出てくると狩られてしまいますが、ジュカインはダグトリオに強めです。 終盤エースであるポケモンは、弱った相手を何匹も倒していくことが期待されています。 これらのポケモンが相手を1匹倒した時点でダグトリオに狩られてしまうと、負けに大きく近づきます。 ジュカインはダグトリオにタイプ的に有利です。 メインウェポンが草タイプで半減されやすいですが、覚える技が意外と多く、草技を半減してくる多くのタイプの弱点をつくことができます。 「りゅうのはどう」ではドラゴン、「じしん」ではゴウカザルなどの炎タイプや鋼タイプの弱点をつくことができます。 「けたぐり」を使えば、特殊受けであるカビゴンの突破もムリではありません。 防御振りハピナスはムリですが・・・ 【悪いところ】• 努力値をHPに振る余裕がないため耐久がなく、交代出ししにくいです。 「なみのり」「じしん」など耐性のある攻撃読みで出せないこともありませんが、長持ちさせるためにはバトル終盤に死に出しで出した方がよいです。 ジュカインは終盤エースとして期待できますが、火力はスターミーやゴウカザルの方があります。 ジュカインのメインウェポンは半減されやすい草タイプです。 スターミー・ゴウカザルは、草技よりも等倍がとりやすい水・炎技をメインに持つことができます。 ジュカインのメイン草技は「くさむすび」「エナジーボール」「リーフストーム」から選択となります。 ここで、バトル終盤に連打できない「リーフストーム」は使いにくいので置いておきます。 「くさむすび」は相手の体重で威力が決まるため火力は安定せず、最高威力でも120しか出せません。 「エナジーボール」は威力80と低いです。 スターミー・ゴウカザルが威力120の「ハイドロポンプ」「だいもんじ」を連打できることを考えると、ジュカインは火力に欠けていることが分かります。 終盤エースとしてのジュカイン・ゴウカザルの技構成 よくある一例 を比べてみます。 「くさむすび」の火力ではジュカインはゴウカザルに勝てますが、炎・格闘技の火力はタイプ一致のゴウカザルに大きく負けてしまいます。 「りゅうのはどう」「めざめるパワー氷」はガブリアス・ボーマンダなどドラゴンに撃つ技ですが、4倍弱点をつける「めざめるパワー氷」の方が優秀です。 これより、ゴウカザルの方が火力があり、広範囲の相手に対応できる終盤エースだといえます。 ジュカインを終盤エースとして使う理由は、メジャーな終盤エース スターミーなど に勝てる可能性があるから、ということだけです。 ジュカインが相手を全抜きできる位までパーティのポケモンでHPを削る必要があります。 逆にそのサポートが成功すれば、スターミーやゴウカザルよりも活躍できるかも、しれません。 特殊寄りの型にすると、ハピナスで止まります。 ハピナスは予め倒すか、HPを削っておく必要があります。 コチラのゲンガーでハピナスを呼び寄せて「だいばくはつ」で削ってからジュカインで倒す、などのコンボもあります。 「みがわり」は「がむしゃら」との相性も良いです。 しかし、一度「ヤタピのみ」が発動してしまったら引くことができないため、小回りがきかないのが欠点です。 また体力を削って戦うため、ハッサムの「バレットパンチ」など先制技や、霰・砂のじわじわダメージに弱くなります。 ジュカインの型 性格 : むじゃき 努力値: 特攻252、素早さ252、HP6 持ち物: いのちのたま メイン: くさむすび サブ技: めざめるパワー炎、りゅうのはどう、じしん、けたぐり 補助技: なし バトル終盤で、傷ついた相手を狩っていくジュカインです。 できるだけ多くの相手を抜いていける技構成です。 一撃で倒せる相手に死に出しで出すのが基本です。 性格・努力値について。 最速にしたいのですが、二刀流にするので性格で攻撃を下げたくありません。 努力値は素早さ・特攻に全振りでOKです。 物理技は「いのちのたま」で強化します。 持ち物について。 小回りの効く火力UPアイテム「いのちのたま」です。 技について。 「くさむすび」「めざめるパワー炎」「りゅうのはどう」「けたぐりorじしん」という技構成とします。 「くさむすび」はメイン技。 連打できる草技には「くさむすび」「エナジーボール」がありますが、多くの相手には「くさむすび」の方が威力が高いためコチラがオススメです。 終盤エースとして対峙するかもしれないスターミーに対しては「くさむすび」も「エナジーボール」も威力80であり、HP4振りスターミーが「いのちのたま」込みで確1です。 「めざめるパワー炎」は草技に耐性のある鋼・虫・草タイプの弱点をつくことができる技です。 特にハッサムの4倍弱点をつくことができ、特防特化ハッサムが「いのちのたま」込みで低乱数1となります。 「りゅうのはどう」は草技に耐性のあるドラゴンタイプの弱点をつくための技。 受けに来たボーマンダを返り討ちにすることができます。 HP4振りガブリアスは確2なので、ガブリアスに予めダメージを与えておかないとキビシイです。 残りの技は選択肢となります。 「じしん」は終盤に出てきやすいゴウカザルの弱点をつける技。 HP4振りゴウカザルに、「いのちのたま」込みでも最高で9割程度のダメージです。 ゴウカザルのHPがフルで残ってしまっているとタイマンではキビシイです。 「けたぐり」は特殊受けであるカビゴンの弱点をつくことができます。 耐久無振りカビゴンに「いのちのたま」込みで6~7割程度のダメージがあります。 ジュカインを受けに来たカビゴンを狩ることができます。 突破はキビシイですが、ハピナスの弱点も突けます。 カビゴンなどの特殊受けを味方の別な特殊アタッカーで誘い出し、HPを削っておけるなら「じしん」。 コチラがカビゴンに対処しにくいパーティなら「けたぐり」がオススメです。 役割関係.

次の

【S3最終159位】りゅうのまいドラパルト軸最終日思い付き構築【ポケモン剣盾】

いのちのたま カビゴン

5倍 0. 25倍 なし 無効 解説 高い攻撃に加え、 毎ターン素早さが上昇する特性「かそく」のおかげで多くの相手に圧力をかけやすく、ダイマックスによって抜き性能も持つ優秀なアタッカーです。 技範囲も広くタイプで止まりづらい点も優秀ですが、ダイマックスしない場合は攻撃を上昇させる手段が無いので抜群を突けない高耐久で止まってしまう可能性もあります。 サメハダー自身の耐久は非常に低く、 ちょっとした攻撃でも致命傷となるので倒される前に相手を倒す事を意識して立ち回る必要があります。 毎ターン自動的に素早さが上がっていくのでダイマックスに 常に火力を意識した攻め手を選択出来るのは勿論、ダイマックスを使用せずともアタッカーとして強力な運用が可能になっていきます。 高火力であれば 半減の技ですら大ダメージとなる程の低耐久の為、攻撃を受ける前提での受け出しをする際には注意が必要です。 上記に挙げた技の他にもサイクル性能の上がる「クイックターン」や特定の受けポケモンに強くなる「じしん」、持ち物を「きあいのタスキ」に変更しての「みちづれ」、性格を変更して特殊技を採用するなど 様々なカスタマイズが考えられます。 ぬめいるさんのバトル講座「まとめ」 選出方法 まず敵のチームを見て大まかな構図を見ます。 慣れたらかなりわかると思うんですがそれまではうまい実況者さんの動画などを見てポケモンの方を覚えときましょう。 おおまかに分けるとダイマエース型、受けループ型、アタッカー型がいます。 これを見分けるのなら簡単なので絶対にしてください 個人の感想です ダイマエース型 大マックス展開が強いポケモンを中心とした構築です。 エースバーン、ギャラドスがいるとなんとなくダイマエース型だと思っていいです。 ダイマエース型で一番恐ろしいのは初手ダイマで全員倒れることなんですよね それを防ぐためにはードリュウズです! ダイマエースの特徴の一つとしてダイジェットがあります。 最初のキャラなどを糧にして無双する感じです。 大体 なので相手がダイマしてから交換だと遅いのでこの型だったらドリュウズを先発で出しましょう。 ドリュウズのタイプを見ると相手はダイマックス警戒も兼ねて一発で落とすために効果抜群技を打ってきます。 気合のタスキ読みでたまにダイジェット始動する人もいる そのダメージはドリュウズが必ず気合のタスキで耐えるので岩石封じ一択でいいです。 そのあとはドリュウズは捨ててOKです。 後は後続にウオノラゴンやドラパルト、ミミッキュを置いて倒せばいいです 相性次第ではゾロアーク、ゴリランダーもOK 素早さが高く突破性能のあるポケモンがいたらドリュウズに頼りましょう 受けループ型 受けループ型とは耐久の高いポケモンや積みを無視してくるポケモンで固められているチームで ドヒドイデ、ピクシー、ポリ2、ヌオーらへんが多かったら大体そうです この受けループ型の対処法は5つ程あるんですけどカビリアスさんのチームでは3つあります。 1、高火力で押し通す カビリアスさんのチームでこれが行えるのは、ゾロアーク、ドラパルト、ウオノラゴンですね できるだけ効果抜群を押し付けて回復が間に合わなかったら勝ちです ヌオーがいなかったらゾロアークがヘドロ爆弾で火力を上げれるので楽です 2、アイテムを落とす これはゴリランダーの持つはたき落とすを利用した対処です。 効果的なのは食べ残し、黒いヘドロ、進化の軌跡持ちですねこれで一気に突破しやすくなります。

次の

レッド

いのちのたま カビゴン

買値:売ってない• 売値:100円 3-6,2000円 7-• 説明文 ・ もたせると てきに ダメージを あたえたとき たいりょくが かいふく 以降 もたせた ポケモンが こうげきして あいてに ダメージを あたえたとき HPを すこし かいふく できる。 以降 漢字 持たせた ポケモンが 攻撃して 相手に ダメージを あたえたとき HPを 少し 回復できる。 入手方法 ・ 1階で、4個ずつと交換。 通信で入手する。 通信で入手する。 8000と交換する。 ・ のマンション2階の女性から貰う。 で拾う。 の見たポケモンの数が50匹以上になっているうえで、の民家で貰う。 ポケモンずかんの見たポケモンの数が70匹以上になっているうえで、ホドモエシティの民家で貰う。 の見たポケモンの数が70匹以上になっているうえで、の民家で貰う。 1階で、、4個ずつと交換。 の大試練達成後、のハウオリやくしょでカウンターにいる女性に話しかけると、から貰える。 で48BPと交換。 で拾う。 ダメージを与えたいなら威力・能力上昇のアイテムを使えば良い。 だが逆にを回復するべきポケモンは耐久性能が高いことが多く戦闘ダメージ(=回復量)はあまり見込めない。 そういうジレンマに囚われたアイテムである。 で真ん中に配置するポケモンに持たせて全体攻撃でダメージを与えればそこそこ使えるレベルになる。 、と組み合わせると威力の維持にもつながる。 のラインナップが貧相なでは、優秀な持ち物を他のポケモンに持たせたい場合にいわゆる「持ち物コスト」の都合ではあるが耐久の水増し手段として採用されることがあった。 そもそもこの道具で十分な回復量が得られるようなポケモンならば、他の道具を持たせたほうがはるかに効率良く攻撃していける。 とは機能するタイミングが違うため、戦闘終了時にも回復する。 シナリオ攻略中や、経験値や努力値稼ぎの際に保護者役に持たせておく分には便利。 同様に、やでも有用。 他の対戦施設とは異なり、戦闘後に回復できるとは限らないためである。 でのの仕様変更をうけて登場したLv1がんじょう持ちポケモンには(のようなもっと都合の良い技がないかぎり)、よく採用される。 Lv1だとHPが11~12程度しかないため、などの能力値によらずダメージを与える方法さえあれば、一撃でほぼ確実に自分のHPが全回復する。 特性の影響を受けない(でダメージを与えたときの特性によるダメージとこのアイテムによる回復は別物)。 を使用した場合、回復は最後の攻撃の後に発動する。 回復量は、のみ最後のダメージのみ、以降は全ての攻撃のダメージの合計から算出される。 特性を持ったポケモンがかいがらのすずを持ち、ちからずくの対象技を使うと、かいがらのすずの回復効果が無くなる。 攻撃の際にで強制交代させられた場合、回復はできない。 で相手のかいがらのすずを奪う場合、相手が回復してから奪う。 第三世代・第四世代• 交代前のポケモンへのでは発動しない。 状態でも回復できる。 攻撃が状態に防がれた場合、回復はできない。 第五世代以降• 交代前のポケモンへのでも発動する。 状態では回復できない。 攻撃が状態に防がれた場合も回復できる。 各言語版での名称 言語 名前 かいがらのすず Seegesang Shell Bell Campana Concha 第六世代以降 Camp.

次の