大手 ゼネコン。 ゼネコン・建設会社の就職難易度の一覧! 偏差値をランキング化

【スーパーゼネコン】激務なゼネコン業界大手5社の違いと比較・ランキング!鹿島建設・大林組・大成建設・清水建設・竹中工務店

大手 ゼネコン

不採算受注にもう走りたくない 足元を見られる大手の葛藤 「常盤橋」。 この言葉を耳にした瞬間、百戦錬磨であるはずのスーパーゼネコン(大手)首脳たちの目に感情が表れる。 ある者は目を輝かせて熱っぽく語りだし、ある者は目を泳がせて言葉数が少なくなる。 常盤橋とは、東京駅日本橋口で開発が進む「東京駅前常盤橋プロジェクト」を指す。 採算が取れないだろう類いの案件だ。 三菱地所が開発し、2027年に大型ビル4棟の全面開業を予定している。 中でもB棟は高さ390mで、「あべのハルカス」(大阪市、高さ300m)、23年3月末に竣工する虎ノ門・麻布台地区再開発のA街区・複合棟(東京都港区、325. 24m)を抜いて日本で一番高いオフィスビルとなる。 これを大手のどこが受注するかは業界で最大の関心事の一つになっている。 「東京駅前常盤橋プロジェクト」の建設地 Photo by Masami Usui ゼネコン業界は右肩上がりに業績が回復し、絶頂期を迎えている。 11年の東日本大震災で復興特需が発生し、12年に与党へ復権した自由民主党が「国土強靭化」の大号令で公共事業を増やし、東京五輪・パラリンピックの20年開催が決まって都心の再開発も加速。 業界ピラミッドの頂点に立つ大手5社は、案件をぜいたくに選別しながら大量に受注した。 しかるにこの数年は、「採算が取れないと判断したプロジェクトはさりげなくかわしたり、いんぎん無礼に断ったりしてくる」(不動産会社幹部)のが常だった。 であれば採算が取れなそうな常盤橋について「やる気はない」の一言で片付けてもよさそうなものだが、各社首脳の反応はそんなあっさりしたものではなかった。

次の

大手ゼネコン(上場)一覧 売上・事業比較

大手 ゼネコン

この記事は曖昧な記述になっています。 を参考に修正してください。 ( 2014年3月) ゼネコンは、"general contractor"(ゼネラル・コントラクター)の略である。 英語で(コントラクター)は建設工事分野の「」という意味を指し、(ゼネラル・コントラクター、すなわち「総合工事業(者)」 又は「総合請負(者)」)は、特定工種の工事だけを請け負うspecialist contractor(専門工事業(者))あるいは元請業者から工事の一部を請け負うsubcontractor(業(者)・)に対する用語である。 ただし一般的に、欧米でgeneral contractorと呼ばれる建設業者は比較的小規模であることが多く(特定工種に特化せず、的にあらゆる工事を請け負う建設業者という意味合いが強い) [ ]、 スーパーゼネコンに代表されるような、各種専門工事業者の複合体である日本の総合建設業(ゼネコン)の業態をGeneral Contractorという英語で表現することは、必ずしも適切でない面がある。 [ ] generalの「ゼネラル」へのや、「ゼネコン」という略し方は、日本語独自のものである。 日本のゼネコン [ ] 日本では、後の期に建設需要が飛躍的に伸びたことにより、急成長を遂げたゼネコンが多数存在する。 一方で、後の建設需要の低迷、構造改革による政府の公共事業縮小などが原因で、1990年代後半から2000年代初頭には準大手以下でに追い込まれたり、金融機関などのによって辛うじて命脈を保つ企業が多くみられた。 多くのゼネコンでは、上の複数の建設業許可を有する一方で、得意とする分野に特化するものや、その成り立ちからや会社・会社の系列であるものも少なくない。 前者については、国や自治体のにおいて専門工事を分割発注する傾向が見られる等の理由もあって、ゼネコンから専門工事部門を分社化、子会社化したり、事業合弁により複数社の専門工事部門からなる新たな専門工事業者が組織されるなどの動きも見られる。 スーパーゼネコン [ ] 2019年度の売上高(単独)が1兆円を超えるゼネコン。 (非上場企業) 日本における建設大手のうち完成工事高上位5社を、その歴史と規模などから俗に スーパーゼネコンと呼ぶ。 スーパーゼネコンは、建設工事の施工を営業の中核としながら、社内に設計部門・エンジニアリング部門・研究開発部門を抱えており、建設に関する幅広い技術力を有している。 欧米の建設業界では、設計業と施工業は設計会社、施工会社と別会社組織で、明確な分業体制をとっているのが普通であり、日本のスーパーゼネコンは世界的に見てもかなり特異な存在であるといえる。 準大手ゼネコン [ ] 2019年度の売上高(単独)が3,000億円を超えるゼネコン。 中堅ゼネコン [ ] 2019年度の売上高(単独)が1,500億円を超えるゼネコン。 (非上場企業)• その他の主要ゼネコン [ ]• 旧不動建設の建築部門が継承され現社名に)• (新潟県が地盤 連結売上では1000億円を超える)• (2002年にピー・エスと三菱建設が合併。 (奈良県が地盤)• (長野県が地盤)• (1999年初に適用を申請。 2001年減資実施)• (2008年10月8日に適用を申請。 経営破綻するまで傘下)現スピードパートナーズ傘下• (2008年7月5日に民事再生法適用を申請)• (2002年3月3日に適用を申請。 経営破綻するまで準大手規模、その後持ち分法適用会社としてに入る)• (岩田建設とが合併し誕生)• ()2008年現在『神奈川建設四社』体制に• (旧・相鉄建設)• (2003年3月に倒産。 エヌ・エー建設に商号変更)• (建設四社)• (建設四社)• (2003年3月5日に民事再生法適用を申請。 2004年9月13日に破産)• (2008年6月24日に民事再生法適用を申請)• (建設四社)• 近藤組• 建設会社における「組」 [ ] 建設会社のには、「大林組」、「熊谷組」、「鴻池組」といったように「組」を使用している会社は多くある。 世間の多くの人々は、建設会社と暴力団との両者に何らかの関連性があるものと誤解しているため、正しい知識が必要である。 脚注 [ ] [].

次の

コロナ感染拡大、大手ゼネコン各社にも:【公式】データ・マックス NETIB

大手 ゼネコン

準大手ゼネコンはスーパーゼネコンの各社に次いで規模の大きな建設会社を指します。 スーパーゼネコンと同様に厳密な定義はありませんが、単独の売上高が4000億円以上の会社を大手ゼネコン、同じく3000億円以上を準大手ゼネコンと分類することが多いです。 当サイトでは大手も準大手も一括りにしてご紹介しています。 スーパーゼネコンほどではありませんが、準大手ゼネコン各社も華々しい施工実績を有しています。 超高層オフィスビルや超高層タワーマンション、複合商業施設や大型ショッピングモール、大型ダムや原子力発電所、空港やトンネルなど、その種類も多岐に渡ります。 官公庁関連や大学関連の公的な側面が強い物件も多いです。 会社名 売上(連結・推定) 約8130億円 約5269億円 約4684億円 約4677億円 約4290億円 約4173億円 約2844億円 約4041億円 長谷工コーポレーション 1937年に長谷川武彦氏が創業、1946年に株式会社長谷川工務店として設立されたゼネコンです。 東証1部と名証1部に上場していて、証券コードは1808となっています。 マンション開発事業に参入したのは創業から30年あまりが経ってからですが、現在ではトップクラスのマンションデベロッパーとしても知られ、60万戸以上もの施工累計実績を誇るマンション建築には、特に高い評価が下されています。 主な施工物件として「品川タワーレジデンス・セントプレイスシティ・NTTDATA葛西テクノビル」などがあります。 五洋建設 1896年に水野甚次郎氏が創業、1929年に合名会社水野組として設立されたゼネコンです。 東証1部と名証1部に上場していて、証券コードは1893となっています。 埋め立てや海底工事などといった、海洋関係の土木工事や建設工事を行う建設業者のことをマリコン(marine contractor)と言いますが、そのマリコンの中でも最大手として知られています。 海外での海洋関係工事の施工実績も豊富です。 主な施工物件として「スエズ運河・東京湾アクアライン・関西国際空港」などがあります。 フジタ 1910年に藤田一郎氏が創業、1937年に株式会社広島藤田組として設立されたゼネコンです。 2013年にハウスメーカー大手の大和ハウス工業の完全子会社となりました。 建築技術・土木技術・環境技術のいずれも高い評価を獲得していて、大型商業施設から交通インフラまで、様々な建設に携わっています。 主な施工物件として「国立スポーツ科学センター・留山川ダム・東京ビッグサイト西展示場」などがあります。 前田建設工業 1919年に前田又兵衞氏が創業、1946年に前田建設工業株式会社として設立されたゼネコンです。 東証1部に上場していて、証券コードは1824となっています。 ダムやトンネルや発電所などといった公共性の高い施設を多数請け負っていて、他のゼネコン各社と比べても、売上に対する公共施設工事の割合が高くなっています。 また、台湾やインドなどといったアジア圏での施工実績も増えてきています。 主な施工物件として「東京入国管理局庁舎・田子倉ダム・青函トンネル」などがあります。 戸田建設 1881年に戸田利兵衛氏が創業、1936年に株式会社戸田組として設立されたゼネコンです。 東証1部に上場していて、証券コードは1860となっています。 業界では「病院の戸田」と言われるほど、医療施設や福祉関連施設の建築に強みを持っているほか、全社員の3割ほどが一級建築士の資格を有しているなどといった特徴があります。 ちなみに、後述の西松建設と技術提携を結んでいます。 主な施工物件として「北海道大学医学部附属病院・東京医科歯科大学医歯学総合研究棟・茨城県庁舎」などがあります。 三井住友建設 1876年創業の住友別子銅山土木方(後の住友建設)と、1887年創業の西本組(後の三井建設)が、2003年に合併して誕生したゼネコンです。 東証1部に上場していて、証券コードは1821となっています。 三井グループと住友グループに属する唯一のゼネコンであり、土木分野においても建築分野においても、業界トップレベルの独自技術を有していて、マンションから発電所まで施工実績も多数あります。 主な施工物件として「ららぽーとTOKYO-BAY・イクスピアリ・静岡県小笠山総合運動公園スタジアム」などがあります。 西松建設 1874年に西松桂輔氏が創業、1937年に株式会社西松組として設立されたゼネコンです。 東証1部に上場していて、証券コードは1820となっています。 ダムやトンネル等の土木工事に強みを持っていて多数の実績を誇っているほか、官公庁や医療施設などといった公共性の高い建築物も数多く手がけています。 ちなみに、先述の戸田建設と技術提携を結んでいます。 主な施工物件として「久留米シティプラザ・東京警察病院・福大トンネル」などがあります。 NIPPO 日本石油(後のJXTGエネルギー)の道路部門と、浅野物産(後の丸紅)の道路部門が、1934年に合併して誕生したゼネコンです。 株式会社として設立されたゼネコンです。 東証1部と札証に上場していて、証券コードは1881となっています。 当サイトではゼネコンに分類してご紹介しておりますが、建設工事よりも道路等の塗装工事でよく知られていて、道路塗装業界では最大手に君臨しています。 また、サーキットやオートレース場の施工実績も豊富です。 主な施工物件として「医療法人博愛会広野病院・ランテック伊勢原BC・知花ゴルフコースクラブハウス」などがあります。

次の