はとこの親。 家系図で見る親戚・親族の呼び名早見表

はとこの意味は?家系図で見ると親戚!結婚はできるのか?

はとこの親

親の兄弟姉妹の子供を 「いとこ」と呼びますが、 親のいとこの子供を 「はとこ」と呼びます。 ただ「あなた」と「はとこ」の関係性を言い換えると、 はとことは、 親の親の兄弟姉妹の子供の子供です。 いとこ、はとこと遠ざかっていくにつれて、共通の祖先が1世代ずつ上へとずれていきます。 そのため、あなたといとこは祖父母が同じですが、あなたとはとことでは曽祖父母が同じです。 そして、さらにそれより1つ遠い 同世代の親戚は 「 みいとこ」と呼ばれます。 詳しくは、以下の家系図をご参照ください。 つまりひいひいおじいちゃん、ひいひいおばあちゃんから見ると、• あなた• あなたのいとこ• あなたのはとこ• あなたのみいとこ は皆「 玄孫(やしゃご)」という関係性なのです。 このように、みいとこまで行くとあまり呼び方など意識したことがない方がほとんどだと思いますし、現実的にかかわる機会もあまりないと思いますが、 今回の記事では、実際にあなたがかかわりを持つかもしれない、いとこの子やはとこの子の 呼び方について詳しく解説いたします。 「いとこの子」の呼び方について はとこの子まで行くとなかなかかかわりを持つ機会は少なくなると思いますが、 いとこの子であれば今後皆さんも関わる機会が出てくるかもしれませんね。 まず、そもそも自分の兄弟姉妹の子供を• 男の子なら「甥(おい)」• 女の子なら「姪(めい)」 と言いますが、 いとこの子の場合の呼び方は• 男の子なら「従甥(いとこおい)」• 女の子なら「従姪(いとこめい)」 と言います。 ただし「いとこおい」「いとこめい」は和名の読み方(訓読み)であり それぞれを音読みで• 従甥は「ジュウセイ」• 従姪は「ジュウテツ」 とも読みます。 是非両方覚えておきましょう。 「はとこの子」の呼び方について それでは次に はとこの子の呼び方になりますが、 はとこの子は「再」という感じを付け足して• 男の子なら「再従甥(はとこおい)」• 女の子なら「再従姪(はとこめい)」 と言います。 ただし、こちらも音読みでは• 再従甥は「サイジュウセイ」• 再従姪は「サイジュウテツ」 とも読みます。 ちなみに• 「おい」「めい」が訓読みで、• 「セイ」「テツ」が音読みです。 音読みはもともと中国由来の読み方なのでそれ自体では意味が分かりにくいものが多く、訓読みは日本に入ってきてから定められた読み方ですのでそれだけで意味が分かるものが多いという特徴があります。 そもそも漢字字体が中国からはいってきたものですので、音読みの方がかたい読み方のように感じられます。 従兄弟• 従姉妹• 従兄妹• 従姉弟• 従妹 そして、これに「再」という文字を付け足すと、それを「はとこ」と読みます。 当て字のようにして読むのですね。 ただし「はとこ」の呼び方は実は1つではなく、 はとこのことは「 ふたいとこ」「 またいとこ」とも呼んだりすることがあります。 このふたいとこの場合、漢字としては 例えば「 二従兄弟」のように書きます。 ここからわかりますように、例えば一番最初にお話しした「みいとこ」は 「 三従兄弟」のように書きます。 そして、そのみいとこの子供のことは• 三従甥「サンジュウセイ」• 三従姪「サンジュウテツ」 のように書きます。 それより遠い同世代の親戚は「四従兄弟」「五従兄弟」と続いていくので、あとは同じ要領で書くことが出来ます。 例えば親がいとこ同士で仲が良く、その子供のはとこ同士が仲よくなった場合、もしかするとその子供が三従兄弟同士で仲が良いという方もいるかもしれませんね。 中々ないことだと思いますが、もしかすると三従兄弟まで離れた親戚とはむしろ知らない間に関わっていることがあるかもしれません。

次の

「はとこ」と「いとこ」の違いって何?親戚・親族の呼び名を紹介します

はとこの親

当然ながら、私たちがこの世に生を受けているということは、自分自身のとっての親が必ず存在するということになります。 当たり前のことかもしれませんが、人が生まれるためには、必ず母親と父親が存在しており、そこには血のつながりが生じるようになりますよね。 そして、家族という存在を考え、この血のつながりをたどって考えてみると、実際は非常に広い範囲にわたって血のつながりが存在しているといえます。 どういうことかと言いますと、例えば家族を考えてみるにしても、自分以外にも兄弟がいる場合がありますよね。 また、自分の両親もそれぞれ兄弟がいたりして、その兄弟が結婚して家庭を作って…と考えてみると、非常に広い範囲で血のつながりが実感できるようになるということです。 つまり、想像以上自分の親族という存在は多く存在しているということになるのです。 もちろんあまりにも離れているような親族の場合は他人といっても過言ではないくらいの関係性にしかならないかもしれません。 しかしながら、実際には親族として扱われることになりますし、場合によっては覚えておかないといけない知識になることもあります。 しかしながら、近い範囲の親族であればわかりますが、少し遠くになってしまうと呼び名であったり、関係性などがあやふやになってしまい理解しにくくなることもあります。 そこで、今回は親族の中でも特にあいまいになってしまう部分である「」、そして「いとこ」との違いなどについてご紹介していきたいと思います。 それ以外にも、ある程度の範囲内で親族や親戚の呼び名などについてもご紹介していきたいと思いますので、参考にしてみてください。 いとこ?はとこ?またいとこ?親族呼び名をわかりやすく解説 まだ幼い年齢の方などは特に気にしたことがないかもしれませんが、それなりに年齢を重ねてくると親族に関する知識などが身につけておく必要性があります。 なぜかというと、年齢を重ねるにつれて自然と様々な出来事が自分の身に降りかかるようになるからです。 例えば、自分自身の家族の誰かが結婚をしたり、場合によっては親族の中で誰かが亡くなってしまったりすることなども起きてくると思います。 そのようなことがあった際には、自然と親族が集まり、一緒に時間を過ごしたり、場合によては力を合わせて何かを行ったりするようなことなどもあると思います。 なので、ある程度親族の関係性などに関しては理解をしておかないと、恥ずかしいですし、対応などに困ってしまうことなども起きてくると思います。 また、社会での一般常識のくくりにもなりますので、最低限身近な親族との関係性くらいは覚えておくようにする必要性があります。 しかしながら親族というものは非常に複雑で、関係性などがたくさん存在しますので、頭の中で関係性が混同してしまったり、あやふやになってしまいがちな存在でもあります。 親の兄弟がいて、その家族や、もしくはその親の兄弟の結婚相手の親…などと考えてみると非常にややこしく、イメージがしにくくなってしまいます。 また、それぞれの関係性によって呼び名が変わるのですが、その呼び名などもあいまいな理解のままになってしまいがちな場合もあります。 大人になってもこれがうまく理解できていないような人などもかなり多く存在しているので、わかりにくい呼び名などは今回をきっかけにマスターできるようにしてみてください。 特によく使われるようないとこ、はとこなどの呼び名や意味合いは正しく理解しておきましょう。 間違えないように正しい呼び名を覚えよう 先ほども伝えしたようにある程度年齢を重ねてくると結婚式や葬式など、様々なことが舞い起こるようになります。 そのような時に親族とはどういうものなのか、どこまでが範囲内なのかということを正しく理解していないと困ってしまいます。 なので、必ず間違いの無いように正しく範囲を理解しておくことが求められるようになります。 しかしながら、親族の範囲は複雑でなかなか覚えにくいことも事実ではあります。 なので、まずは親族の関係性をご紹介する前に親族のくくりの基本的な考え方についてご紹介していきます。 そもそも親族の範囲内について考えていきたいと思いますが、基本としては日本の民法上において配偶者6親等以内の血族、および3親等以内の姻族すべてが親族になります。 これだけ聞いてもなかなかピンとこないと思いますので簡単にご紹介していきたいと思います。 まず配偶者6親等以内の血族という言葉の意味としては、単純に自分を起点とした直系親族を意味しています。 簡単に言えば、自分と自分の子供、さらにその子供…と考えて、これが6個の範囲内までを親族であると考えることです。 その逆に、自分の親、その親、さらにその親…と6個の範囲内を考えるということになります。 そして、3親等以内の姻族に関しては、簡単に言えば自分の配偶者、その配偶者の兄弟、そしてその子供までが3親等であると考えることができます。 もちろんそれ以外の場合もあり、配偶者の親、その親、そしてその親まで…というように3個までの範囲内が親族であると考えることができるのです。 最初は理解すること自体が難しく感じるかもしれませんが、この基本的な考え方を身に着けておけば、そこまで難しい考え方が必要なことではありません。 なので、まずはこの基本的な考え方を身に着けていただき、その上でどの立ち位置の人がどういう呼び名で呼ばれるのかということを正しく理解しておきましょう。 親戚・親族の呼び名 親族と呼ばれる人はどのような範囲内にいる人たちなのかということを簡単にご紹介していきました。 ある程度親族の範囲内を理解いただけたところで、ここからは親戚や親族のそれぞれの呼び名についてご紹介していきたいと思います。 親族や親戚に関してはそれぞれのポジションによって呼び名が異なっています。 なので、どういう立場にある人なのかということによって呼び名が変わりますので非常に複雑な関係性だと思い込んでしまいやすいです。 しかしながら、正しい意味を理解していればそこまで難しい呼び名になるということはそこまでありません。 最初は複雑に感じるかもしれませんが、それぞれの特徴を踏まえながら、正しい言葉を知識として身に着けていきましょう。 両親の父 まず初めにご紹介する親戚親族の呼び名として「両親の父」が存在しています。 自分自身に両親がいるように、自分の両親にも必ず両親は存在しているはずです。 例えば、自分のお父さんのお父さん、自分のお母さんのお父さんなどがそれにあたります。 では、これらのポジションの位置している人がどう呼ばれるのか?と考えていただくと、結論として祖父と呼ばれるような存在になります。 もっと簡単な言葉で表現するとすればおじいちゃんということが言葉で表現するのが分かりやすいと思います。 大多数の方が自分自身のおじいちゃんと会ったことがあるという方が多いと思います。 年末やお盆などにはおじいちゃんの家に遊びに行ったりすることが習わしになっているという家庭などもあると思いますので、会ったりすることは多いはずです。 両親の父に該当する人はおじいちゃんや祖父と呼ばれ、表現することができます。 これは比較的、親族の呼び名などが分からない人でも知っている、一般的な知識に該当すると思います。 改めて正式な名称ではどのように呼ぶのかということを覚えておいてください。 両親の母 次にご紹介する親戚親族の呼び名として「両親の母」が存在しています。 両親がいるということは簡単には父親がいれば必ず母親の存在するということになります。 それは自分自身の両親にとっても全く同様なので自分自身の両親のお母さんに値しているような人もそれぞれ存在しているはずです。 では、このポジションに位置している人がどう呼ばれるのかと言いますと、祖母という言葉で呼ぶことができるようになります。 祖母という言葉ではなく、もっと簡単な言葉に直すとすれば、おばあちゃんという言葉で表現することができるはずです。 先ほども伝えした通り比較的親族間での交流が少ない家庭だったとしてもおじいちゃんやおばあちゃんとの交流などがある家庭はほとんどです。 なので、大体の方がこの関係性や呼び名などは正しく理解していると思います。 そこまで難しくない知識にもなりますので、親族の名称の中でも基礎的な言葉として覚えておきましょう。 祖父母の父 次にご紹介する親戚親族の呼び名として「祖父母の父」が存在しています。 祖父母の父と聞くと難しく感じるかもしれませんが、簡単な言葉に直すと、おじいちゃんmおばあちゃんのお父さんと言い換えることができます。 これは家庭によってはあまり交流はなかったり、場合によっては亡くなってしまっていたり、幼い頃にしかあったことがないということもあるかもしれませんね。 ちなみに、祖父母の父のポジションにある場合は呼び名としては「曾祖父」という言葉で表現することができます。 直系親族の3親等の距離に当たる関係にあるといえます。 祖父母の母 次にご紹介する親戚親族の呼び名として「祖父母の母」が存在しています。 祖父母の母とは簡単に言えば、おじいちゃんやおばあちゃんのお母さんにあたる人物であると考えることができます。 このポジションにいる人の場合は、別の言葉で言い換えると「曾祖母」という言葉で表現することができます。 直系親族でもありますので、人によっては関わりがあるという方もいるかもしれませんね。 曾祖父と同様に、曾祖母も3親等の距離に当たり関係であり、親族の呼び名でもそれなりに重要な言葉でもありますので、覚えておくようにしてください。 曾祖父母の父 次にご紹介する親戚親族の呼び名として「曾祖父母の父」が存在しています。 曾祖父母の父とは、先ほどご紹介した曾祖父や曾祖母のお父さんを示しています。 このポジションにある人は、「高祖父」という言葉で表現することができますが、あまり聞きなれない言葉である場合が多いと思います。 先ほどご紹介した曾祖父や曾祖母の立ち位置の人自体が亡くなっている可能性が高いので、そのお父さんやお母さんとなると存命している可能性が低い場合がほとんどです。 なので、関わり自体がないので、呼び名などもわからなかったりすることがほとんどだからです。 しかしながら、場合によってが存命している場合などもありますので、必ず覚えておきたい言葉の一つでもあります。 あまり実際に使用したりする機会はほとんどないかもしれませんが、覚えておいて損はありませんので、親族を表す言葉の一つとして覚えておきましょう。 曾祖父母の母 次にご紹介する親戚親族の呼び名として「曾祖父母の母」が存在しています。 曾祖父母の母とは、先ほどご紹介した曾祖父や曾祖母のお母さんを示しています。 このポジションにある人は、高祖母という言葉で表現することができますが、高祖父と同様に、あまり聞きなれない言葉である場合が多いと思います。 子供を産む時期が早い家庭の場合はまだまだ存命の場合なども十分可能性はありますので、必ず親族を表す言葉として覚えておきましょう。 祖父母の兄 次にご紹介する親戚親族の呼び名として「祖父母の兄」が存在しています。 祖父母の兄とはどういう立ち位置なのかといいますと、簡単にいえばおじちゃんやおばあちゃんの兄のことを意味しています。 つまり、親族においての親等を考えてみると、4親等に位置していると考えることができます。 家庭によっては頻繁に交流があったり、密接な関係性にある場合も多い立場の人だといえます。 ここで注意していただきたいのが、これまではお父さんやお母さんなどひとくくりにされてポジションをご紹介していきました。 なので、人によっては兄弟や姉妹が同じくくりになるという認識を持っている人が多いです。 しかしながら、実際はポジション別に分けると、兄や弟、姉や妹と細かく分かれて呼び名なども変化しています。 なので、この点をしっかりと理解していないと、間違った呼び名で読んでしまったりする場合などがありますので、注意してください。 まずは祖父母の兄の呼び名として「大伯父」という言葉が存在しています。 これは祖父母のお兄さんにしか使用しない言葉であり、弟の場合は別の呼び名になりますので、注意が必要です。 祖父母の姉 次にご紹介する親戚親族の呼び名として「祖父母の姉」が存在しています。 祖父母の姉とは、簡単に言えばおじいちゃんやおばあちゃんの姉のことを意味しています。 これも先ほどご紹介した大伯父と同様に、かなり関係性が密接になっている場合が多い親族でもあります。 では、祖父母の姉はどのような言葉で表現するのかといいますと「大伯母」という言葉で表現することができます。 この言葉に用いられている漢字を正しく認識していないと妹のポジションにいる人との呼び名の違いなどが十分に把握できない可能性があります。 似たような漢字を使用していますし、同じ呼び名にもなりますので、必ず区別できるように覚えておきましょう。 祖父母の弟 次にご紹介する親戚親族の呼び名として「祖父母の弟」が存在しています。 祖父母の弟とは、おじいちゃんやおばあちゃんの弟に位置している人だと言えますが、このポジションにいる人にも呼び名が存在しています。 このポジションにいる人は「大叔父」と呼ばれるような存在であり、これは注意する必要がある言葉です。 なぜならば、祖父母の兄と意味している「大伯父」という言葉と漢字が違いますが、呼び名自体が全く同じだからです。 呼び名が同じであり、なおかつ漢字字体もかなり似ているような漢字が使用されていますので、注意しておかないと間違ってしまう可能性があるからです。 会話の中では同じ読み方なので、気にする必要はありませんが、字に直すと顕著に違いが表れるようになるので、正しく認識しておくようにしてください。 祖父母の妹 次にご紹介する親戚親族の呼び名として「祖父母の妹」が存在しています。 祖父母の妹とは、おじいちゃんやおばあちゃんの妹に位置している人だと言えますが、このポジションにいる人にも呼び名が存在しています。 このポジションにいる人の呼び名としては「大叔母」という言葉で表現されるようになります。 一通り、祖父母の身近な親等の呼び名を考えていただければ、兄、弟、姉、妹、それぞれ呼び名が非常に似通っている言葉がわかるはずです。 用いられている漢字などもそれなりにパターンがありますし、呼び名などは性別によって同じようになっています。 なので、仕組みさえ分かっていればそれほど難しくはない漢字などなので、難しく考える必要性はありません。 しかしながら、だからこそ呼び名などがこんがらがってしまうこともありますので、必ずすべての言葉をセットで覚えるようにしてください。 そうすることによって、呼び名などがバラバラになって覚えるようなことを防ぐことができます。 両親の兄 次にご紹介する親戚親族の呼び名として「両親の兄」が存在しています。 両親の兄といえば、非常に関係としては密接な関係性にあると言えます。 親族関係図の中における3親等に入っており、実際にあったりすることなども多いと思います。 兄弟の関係性は基本的に密接であり、お盆の時期や年末などにはおばあちゃんやおじいちゃんの家に集まったりして顔を合わせることなども多いと思います。 また、家が近い場合が日常的に交流などもあると思いますので、呼び名くらいは正しく認識しておく必要性があります。 両親の兄は「伯父」という言葉で表現することができ、先ほどご紹介した祖父母の兄と非常に似た言葉になります。 単純に頭についている大という言葉を取り除いただけでの言葉でもありますので、比較的覚えやすい言葉でもあります。 なので、セットで覚えるようにすればしっかりと頭の中で関係性などをイメージできるようになるはずなので、覚えておきましょう。 両親の姉 次にご紹介する親戚親族の呼び名として「両親の姉」が存在しています。 両親の姉に関しても、非常に関係性としては密接な関係性にある存在だと言えます。 先ほどご紹介した両親の兄と同様に親族関係図における立ち位置としても3親等以内に入っています。 両親の姉を正式な名称で呼ぶとすれば「叔母」という言葉で表現することができ、これも考え方としては、大という言葉が取り除かれただけになります。 なので、基本的な考え方としては、非常に単純な考え方になると言えます。 親族の関係性を表す言葉の中でも、よく用いられる言葉でもありますので、これは必ず覚えておく必要性があります。 両親の弟 次にご紹介する親戚親族の呼び名として「両親の弟」が存在しています。 両親の弟は「叔父」と呼ぶことができますが、これもある程度想像をつかせることができると思います。 この範囲内の親族はかなり関わりが深い関係性でもあり、なおかつ間違った漢字などを覚えてしまいがちな言葉にもなりますので、注意して覚えてください。 両親の妹 次にご紹介する親戚親族の呼び名として「両親の妹」が存在しています。 両親の妹は「叔母」と表現することができ、親族を表す言葉の中でもかなり一般的な言葉でもあります。 一般家庭においては、関わったりすることなども比較的多いと思いますので、両親の兄弟、姉妹に関係する言葉などはすべて関連付けて覚えておきましょう。 おじ・おばの息子 次にご紹介する親戚親族の呼び名として「おじ・おばの息子」が存在しています。 おじ・おばの息子に関しても注意していただきたい点があり、自分にとってその息子が年上なのか年下なのかっていう点が大事なポイントになります。 どういうことかと言いますと、自分よりも年上である場合と、自分よりも年下である場合によって呼び名が変わるからです。 例えば、おじやおばの息子が自分よりも年上の場合はいとこのくくりの中でも「従兄」という呼び名になります。 そして、もしも年下だった場合は「従弟」という呼び名に変化するようになります。 実際はいとこという呼び名になるかと思うのですが、正式名として、従兄、従弟と いう言葉が存在していますので、併せて覚えておくようにしてください。 特にいとこは親族の中でもかなり顔を合わせたりしやすいですし、年齢が近い場合は親しい関係性にもなります。 なので、相手の親族としての呼び名くらいは正しく覚えておくようにしておきましょう。 おじ・おばの娘 次にご紹介する親戚親族の呼び名として「おじ・おばの娘」が存在しています。 おじ・おばの娘に関しても、先ほどご紹介したおじ・おばの息子と同様に広い区分で表現するとすれば、いとこであることに変わりはありません。 しかしながら、おじ・おばの娘の立ち位置も年齢によって表現方法がことなるようになりますので、注意が必要です。 具体的には、おじ・おばの娘がもしも自分よりも年上だった場合は「従姉」という言葉表現するようになります。 そして、もしも自分よりも年下だった場合は「従妹」という言葉で表現するようになります。 呼び方のパターンがある程度決まっていますので、そこまで難しくはない表現方法になると思います。 しかし、正しく認識していないとついつい忘れがちな表現方法にもなりますので、様々な関係性とセットで覚えておくようにしましょう。 「いとこ」と「はとこ」の違いは? ここまではある程度基本的な親族の呼び名についてご紹介していきました。 非常に複雑に感じるかもしれませんが、必ず覚えておきたい知識でもありますので、間違えなく覚えておくようにしましょう。 では、ここからは改めて親族の中でも比較的利用頻度が高い言葉である「いとこ」、そして「はとこ」についてご紹介していきたいと思います。 いとこは親族の中でも比較的関係性が密接な存在であり、これはわざわざ確認しなくても大多数の方が理解している言葉だと思います。 しかしながら、はとこという言葉については理解していない人なども多く、どうしても名前なども似ているので、「いとこ」と「はとこ」の違いなどが曖昧になってしまいがちです。 呼び名だけを理解していても正しく相手の呼び名を選ぶことはできませんので、必ず呼び名とセットで関係なども理解しておく必要性があります。 なので、改めて親族の中でも基本的な関係性である「いとこ」の定義、そして「はとこ」との違いについて理解するきっかけとして活用してください。 「いとこ」と「はとこ」の具体的な違い 「いとこ」と「はとこ」は名前が似ているので、同じ言葉だと勘違いしてしまいやすく、違いが分かりにくい言葉です。 しかしながら、考えてみると全く違う意味を持っている言葉になりますので、注意する必要性がある言葉でもあります。 では、「いとこ」と「はとこ」ではどのような意味の違いがあるのか、簡単にご紹介していきたいと思います。 まず、「いとこ」とは簡単に言えば両親の兄弟姉妹の子供であると考えられます。 つまり、自分自身の両親に兄弟姉妹が存在し、その兄弟姉妹に子供がいればその人が自分にとってのいとこであり、相手からしてみても自分はいとこであると考えられます。 それを理解した上で、いとこという言葉の漢字を考えてみると、意味がとても分かりやすくなると思います。 いとことは、従妹、従弟、従兄、従姉というふうに漢字に直すことができるようになっています。 意味と漢字を考えてみると、なんとなく関係性があるような言葉だと受け止めることができると思います。 では、「はとことはどのような意味なのか、考えていきましょう。 「はとこ」」とはどのような意味かと言いますと、簡単に言えば両親のいとこの子供を意味しています。 つまり、両親のポジションから、まずいとこを想像していただき、そのいとこの子供がはとこであると考えていただくと関係性が分かりやすいと思います。 なので、「いとこ」と「はとこ」に関しては全く別の意味合いを持っている言葉であると考えることができます。 同じ言葉だと思っていた人は、改めてこの二つの言葉の意味の違いを理解し、正しく認識できるように覚えておきましょう。 呼び名が似ている「またいとこ」とは? 「いとこ」と「はとこ」の違いについて簡単にご紹介していきましたが、さらに親族の関係性を示す似ている言葉として「またいとこ」という言葉も存在しています。 この言葉も、これまでご紹介してきた二つの言葉と非常に似ている言葉なので、意味が曖昧になってしまいやすいです。 なので、「またいとこ」とはどのような意味を持っている言葉なのか、簡単にご紹介していきたいと思います。 「またいとこ」とはどのような意味を持っている言葉なのか?といいますと、「またいとこ」は簡単に言えば「はとこ」と全く同じような意味を持っている言葉です。 そして、さらに似ている言葉として「ふたいとこ」という言葉も存在していますので、同じような意味を持っている言葉が非常にたくさん存在しています。 しかしながら、同じ意味を持っている言葉なので、明確な違いなどが存在しませんので、 セットで覚えておくようにしましょう。 では、基本的な意味はどのような意味なのかと言いますと、意味は先ほど伝えた通り「両親のいとこの子供を意味しています。 つまり、簡単に言えば自分のおじいちゃんやおばあちゃんの兄弟の孫だと考えていただければわかりやすいかと思います。 難しく表現するとすれば、いとこは4親等であるのに対して、はとこ、またいとこ、ふたいとこ、などは6親等になると考えることができます。 そう考えてみると、かなり遠い関係性であるということがわかるはずです。 家族間での交流などはいとこまでというような家庭なども多いので、はとこの人とは会ったことがないという人も多いはずです。 親等ではあるものの、その中でも遠い関係性に位置しているので、あまり使用される機会も少なく、意味が曖昧になってしまいやすいこともあります。 しかしながら、冒頭でもお伝えした通り、結婚式やお葬式などの場面では親族が出席してくれる場合などもあり、会う場面などは多く存在します。 なので、ある程度基本的な言葉の意味くらいは覚えておくようにしてください、一般的な常識の部類でもありますので、知らない人は注意しておきましょう。 いとこ、はとこ、親族の呼び名を覚えておこう!(まとめ) 今回はいとこやはとこの具体的な違いであったり、親族の呼び名などについて詳しくご紹介していきました。 親族の中に置いてもいいとこが比較的密接な関係性にあるポジションでもありますので、基本的な意味合いなどを理解している人は多いと思います。 しかしながらはとこという存在になるとなかなか関わったりすることが少なくなるような存在でもありますので、意味合いなどがやや薄れがちになります。 しかし、言葉自体がかなり似ているので、間違った認識を持ったり、呼び名を間違って使用してしまったりすることもありますので、具体的に区別できるようにしておくべきです。 親族の呼び名なども、頻繁に用いるようなものではありませんが、様々な場面で使用しなければいけない状況などが出てくることもあります。 なので、基本的な呼び名などについては覚えておいて損はありませんし、大人になれば一般的な常識として扱われるようになります。 なので、この機会に呼び名などをあまり知らないという方は、正しく認識できるようなきっかけとして活用してみてください。

次の

「いとこ」と「はとこ」の違いは何?自分との関係性をまとめてみた

はとこの親

続柄とは? 読み方は 「つづきがら」です。 一般的に「ぞくがら」と読むことが多いですが、「ぞくがら」は俗称で、正しくは「つづきがら」です。 続柄は血縁関係や婚姻関係を示す言葉で、関係の度合いを 「親等(しんとう)」という言葉で表します。 「親等」は、自分をゼロとし、自分の親や自分の子など、最も近い人を「一親等」、自分の兄弟姉妹や孫などを「二親等」、自分の叔父や叔母などを「三親等」、その後離れて行くごとに数字も増えて行きます。 また、血縁関係や婚姻関係で繋がりのある人たちの総称を 「親族(しんぞく)」とも言い、 民法で親族は「六親等内の血族(血の繋がりのある人)、配偶者、三親等内の姻族(配偶者の血族や自分の血族の配偶者)」と定められています。 では「いとこ」と「はとこ」の意味を見ていきましょう!「いとこ」と「はとこ」は何親等にあたるのでしょうか? 「いとこ」の意味とは? 「いとこ」は、四親等の親族で、自分の両親の兄弟姉妹の子のことです。 父母の兄弟姉妹は自分からみると叔父叔母(三親等の親族)にあたり、叔父叔母の子どもが「いとこ」ということです。 自分から見ると、〇親等は以下のようになります。 一親等・・・父母、子 二親等・・・兄弟姉妹、孫、祖父母 三親等・・・ひ孫、曾祖父母、叔父叔母、甥姪 四親等・・・玄孫、高祖父母、 いとこ、大叔父大叔母 「いとこ」は自分より年上か年下か、いとこ同士の性別などによって漢字表記がかわります。 いとこが一人の場合は、漢字表記では以下のようになります。 読み方はいずれも「いとこ」です。 自分より年上・・・従兄、従姉 自分より年下・・・従弟、従妹 いとこが複数人いる場合は以下のようになります。 この場合もすべて読み方は「いとこ」になります。 自分から見て男性同士のいとこ・・・従兄弟 自分から見て女性同士のいとこ・・・従姉妹 自分から見て男女のいとこで、男性が年長の場合・・・従兄妹 自分から見て男女のいとこで、女性が年長の場合・・・従姉弟 自分から見て男女のいとこで、どちらも年長の場合・・・従兄姉 自分から見て男女のいとこで、どちらも年少の場合・・・従姉弟 いとこを総称すると・・・従兄弟姉妹 「はとこ」の意味とは? 「 はとこ」は、六親等の親族で、自分の両親のいとこの子のことです。 自分の祖父母の兄弟姉妹が「大叔父大叔母」で、大叔父大叔母の子が「いとこちがい」、いとこちがいの子が「はとこ」になります。 自分から見ると、〇親等は以下のようになります。 一親等・・・父母、子 二親等・・・兄弟姉妹、孫、祖父母 三親等・・・ひ孫、曾祖父母、叔父叔母、甥姪 四親等・・・玄孫、高祖父母、いとこ、大叔父大叔母 五親等・・・来孫、五世の祖(高祖父母の両親)、いとこちがい 六親等・・・昆孫、六世の祖(五世の祖の両親)、 はとこ 両親のいとこは自分から見ると 「いとこちがい(五親等の親族)」といい、 「いとこちがい」の子が「はとこ」です。 「はとこ」は、 「またいとこ」や 「ふたいとこ」とも言い、意味は同じです。 「はとこ」もいとこと同じように自分より年上か年下か、はとこ同士の性別、父方か母方かなどによって漢字表記がかわります。 はとこが一人の場合は、漢字表記では以下のようになります。 読み方はいずれも「はとこ」です。 自分より年上・・・再従兄、再従姉 自分より年下・・・再従弟、再従妹 はとこが複数人いる場合は以下のようになります。 いずれも読み方は「はとこ」です。 自分から見て男性同士のはとこ・・・再従兄弟 自分から見て女性同士のはとこ・・・再従姉妹 父方の、自分から見て年長の男性のはとこ・・・従堂兄 父方の、自分から見て年上の女性のはとこ・・・従堂姉 父方の、自分から見て年少の男性のはとこ・・・従堂弟 父方の、自分から見て年少の女性のはとこ・・・従堂妹 父方の、男性同士のはとこ・・・従堂兄弟 父方の、女性同士のはとこ・・・従堂姉妹 父方の、男女同士のはとこ・・・従堂兄妹 母方の、自分から見て年長の男性のはとこ・・・従表兄 母方の、自分から見て年長の女性のはとこ・・・従表姉 母方の、自分から見て年少の男性のはとこ・・・従表弟 母方の、自分から見て年少の女性のはとこ・・・従表妹 母方の、男性同士のはとこ・・・従表兄弟 母方の、女性同士のはとこ・・・従表姉妹 母方の、男女同士のはとこ・・・従表兄妹 はとこの次は? はとこの次は 「三従兄弟姉妹(みいとこ)」で、八親等の親族で、自分の両親のはとこの子、自分の高祖父母の玄孫にあたります。 更に 「よ(四)いとこ」「いつ(五)いとこ」「む(六)いとこ」と続くそうですが、民法で親族は「六親等内の血族、配偶者、三親等内の姻族」と定められていますので、六親等の「はとこ」までを親族として考えると良いようです。 いとこのいとことは? 「いとこのいとこ」は、自分とは血のつながりはなくなり、六親等を超えてしまうため親族とは考えず、特に呼び方もないようです。 叔父叔母の子は、自分とは「いとこ」になります。 その「いとこ」からみて「いとこ」ということは、自分の叔父叔母の兄弟姉妹の子・・・ということになるのですが、ここでは、自分の父親と叔父が兄弟として考えてみましょう。 叔父の配偶者である叔母は、自分とは血のつながりはなく、その叔母の兄弟姉妹の子が「いとこのいとこ」にあたります。 「いとこ」や「はとこ」は結婚できる? 民法では、「直系血族又は三親等内の傍系血族の間では、婚姻をすることができない」と、近親者の婚姻を禁止しています。 直系血族とは、両親、祖父母、子、孫など、自分から直線的なつながりがある人のことで、傍系血族とは、兄弟姉妹、いとこ、叔父叔母などの、自分から横につながりがある人のことです。 以上のことから、 いとこは四親等の傍系血族、はとこは六親等の傍系血族なので、結婚することが可能です。 いとこやはとこを漢字表記するとびっくりするくらい種類があるんですね。 昔は兄弟姉妹の数が多かったため、いとこやはとこの数も当然多く、自分との関係を表すために、読み方は同じでも漢字表記の数も多くなったそうですよ。 自分と親戚がどういう関係にあるのか、家系図を書きながら確認していくとわかりやすいかもしれませんね。 関連: 関連: -.

次の