お笑い ネット配信。 動画配信サービス比較ランキング!【定額で見放題】

バラエティ番組やお笑い動画を見るなら?動画配信サービスおすすめ6選

お笑い ネット配信

松本人志氏がプロデュースする新シリーズ『フリーズ』は『ドキュメンタル』とは対照的な笑いを企画するものになる(写真:(C)2018 YD Creation) オリジナル企画のバラエティ番組が充実しているネット動画配信サービスといえば、Amazonプライム・ビデオでしょう。 「地上波では無理」を売りに、コンプライアンスが厳しくなっている地上波の事情を逆手に取ったような企画が目立ちます。 「地上波では無理」がネット動画の売りなのか? その代表例にあるのが松本人志氏がプロデュースする密室笑わせ合いサバイバルの『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』でしょう。 松本人志さんが呼び寄せた10人の芸人が優勝賞金1000万円を懸けて笑わせ合い、最後まで笑わなかった人が勝ちというルールのなかで展開されていくものです。 この連載の一覧は 笑わせ合いのなかで、下ネタは常套手段。 好みが大きく分かれる笑いであることは容易に想定できるのにもかかわらず、「そんなことはお構いなし」といった具合で連発されていきます。 それがかえってスポンサーの意向や視聴率にとらわれない自由さと新鮮味を感じさせます。 もちろん、視聴者から支持されなければ容赦なく打ち切りでしょうが、『ドキュメンタル』は現在シーズン5まで制作、配信され、Amazonランキング大賞のPrime Video総合部門でつねに上位にランクインする人気シリーズに君臨しています。 この『ドキュメンタル』に続いて、松本人志氏がプロデュースする『HITOSHI MATSUMOTO Presents FREEZE(フリーズ)』の見放題独占配信もAmazonプライム・ビデオで9月19日から始まったところです。 新シリーズは「何が起こっても、動いてはいけない」というルールをもとに、ミュージシャン、芸人など総勢8名が参加し、「悪だくみ」の仕掛けに対して最後まで動かなかった人が賞金100万円を手にするといった内容です。

次の

ネット配信を録画する方法おすすめ:Windows・Macでネット配信を手軽に保存して楽しもう!

お笑い ネット配信

動画配信サービス比較ランキング 定額で見放題が今、熱い! 映画にドラマ、アニメなど、これからはネットで見るのが主流になるかもしれない。 これまでにも、単品で料金を支払って視聴するタイプの動画サイトは存在したが、最近になって、月額の固定の料金を支払うだけで何千もの動画が見放題になる、定額制の動画配信サービスが登場してきた。 同じだけ動画を見たとしても、以前よりもぐっと格安で、たくさんのコンテンツを見ることが可能になったのだ。 動画配信サービスはいくつもあるが、ではどのサービスが一番良いのか? 当サイトはその疑問にお答えしよう。 各サービスの特徴から、作品の本数はいくつあるのか、月額料金はいくらなのか、無料でお試しできるのかを比較して、詳しく紹介していく。 当サイトがおすすめする動画配信サービスはこれだ! Hulu ついに日本に上陸した、動画配信サービスの王者! 全世界で1億人以上(2017年5月現在)の加入者を持つNetflix(ネットフリックス)。 運営会社は Netflix株式会社。 ユーザーフレンドリーなところが素晴らしいサービス。 プランを画質や機能に応じた3種類から選べるほか、レコメンド機能の使いやすさは他の追従を許さない。 また動画を配信するだけで無く、 独自作品を制作して自社サービス上で公開するといった強みも。 料金体系 月額料金: ・ベーシック:月額800円(税抜) ・スタンダード:月額1,200円(税抜) ・プレミアム:月額1,800円(税抜) 動画本数 非公開 無料期間 1ヶ月の無料体験あり 公式サイト: Amazonプライム・ビデオ 月額プランも選べる、TSUTAYAの動画配信サービス! CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)グループの T-MEDIAホールディングスが運営する動画配信サービス。 2015年9月にリニューアル。 月額定額の「動画見放題プラン」に加入すれば見放題対象作品がいくらでも観られるほか、 新作を2本分観られるぶんの配信ポイントももらえる。 お得度では他社に負けないサービスだ。 料金体系 動画見放題&定額レンタル8:月額2,417円(税抜) 動画見放題:月額933円(税抜) 個別課金レンタル/セル 動画本数 見放題対象作品 約10,000タイトル (2019年10月時点) 無料期間 「動画見放題&定額レンタル8」を30日間無料お試し可能 公式サイト: Paravi テレビがもっと身近になる、定額制サービス! 2018年4月に新たに登場した、見放題サービスがメインの動画配信サービス「Paravi」。 TBSの人気ドラマやテレビ東京の経済番組などがラインナップされている。 運営するのはTBS・テレビ東京など6社の共同出資により設立された プレミアム・プラットフォーム・ジャパン。 各社が力を合わせて他社サービスに対抗する。 画質の良さ、動作の軽さ、ラインナップの豊富さ、そして料金の安さと、 総合的に優れたサービスで、アニメファンからの評価も高い。 昔のアニメから最新のアニメまでそろっているから、大いに楽しむことができそうだ。 料金体系 月額料金:400円(税抜) 動画本数 3,800作品以上 (一部レンタル作品を含む) (2020年6月時点) 無料期間 31日間の無料期間あり 公式サイト: 動画配信サービスをタイプ別で比較! 特徴別、ジャンル別に各サービスを比べてみるならこちら。 自分に合ったサービスを見つけよう。 定額制動画配信サービスはメリットがいっぱい たくさんの動画の中から、好きなものを選んで視聴! テレビのように決まった時間に決まった番組が放送されるのではなく、自分が見たい動画を選んで楽しむことができる「オンデマンド」形式である。 テレビというよりは、レンタルビデオのネット版と考えればわかりやすいだろう。 もちろんオンラインだから、レンタルビデオ店とは違って貸し出し中で見られないなんてことも無い。 大きなサイトなら万単位の動画がそろっている。 最新の作品から過去の名作まで、それも国内のコンテンツだけでなく、海外の人気作品、例えば洋画や韓流ドラマもたくさん。 あなたが見たい動画・気になる動画がきっと見つかるはず。 「最近のテレビは面白くない…」こう思っている方でも、動画配信サービスならきっと満足できるはずだ。 革命的な、料金の格安さ! 定額制の大きなメリットは、なんといってもその安さ。 月額で1,000円を切るあたりが現在の主流。 「dTV」のように月額500円のものまであり、各社の競争も激しくなっている。 500円といえば、レンタルビデオ数本分程度の値段。 これだけで多くの動画を、どれだけ見ても定額なのだから驚きだ(最新の作品など、個別課金されるものもあるが)。 ぞんぶんに楽しもう。 マルチデバイスで、どんな機器でも利用できる! 今はすでにモバイルが中心の時代。 だからもちろん、パソコンだけでなくiPhoneやiPad、Androidなどのスマートフォンやタブレットで視聴が可能だ。 そのまま見るのも良し、ケーブルを使って大きなテレビに接続すれば大画面で映像を楽しむこともできるだろう。 自宅でも外出先でも観られるのもメリット。 自宅で家族みんなでゆっくり見るのも良いし、1人でじっくり見るのも良い。 スマートフォンを使って通勤時間中や出張先で見ることもできる。 いつでもどこでも動画がそばにあり、生活の一部に溶け込んだ、そういった世界が広がっていく。 くれぐれも夜更かしに注意! あれもこれもと映画やアニメを見まくっていると、ついつい時間を忘れてしまうものだ。 気づいたら朝になっていた…なんてことも、次の日が休みなら問題ないかも知れないが、平日の場合はくれぐれも仕事や勉強に差し支えないようにしよう。 もし先生や上司に怒られてしまっても当サイトでは責任を持てないのであしからず…。

次の

お笑いやライブ映像、動物…家で楽しむ無料配信まとめ(6tag.sixdegrees.org 関西のニュース)

お笑い ネット配信

室内換気のため、会場のドアはすべて開けられていた 客席に配信機材の劇場 都内の小さな劇場で2日夜、麒麟の川島明さんがMC、フルーツポンチの村上健志さんやジャルジャルの後藤淳平さんたち5人が出演するトークライブ「未完結の会」が行われました。 まだ完成していないゲームを試したり、印象に残っている未完結のスピーチをプレゼンしたり。 ゲーム中には、ライブならではの「奇跡」も起き、ステージは笑いに包まれていました。 しかし、客席に目を向けると、120人が座っていたはずの空間はがらんとしています。 代わりにあるのは、ステージを撮る3台のカメラと、配信作業をする限られたスタッフ。 感染防止のため全員がマスクを着けて距離を取り、換気のため入り口のドアも開かれていました。 片山さんは、ステージと配信中の画面を代わる代わる見つめ、大声で笑っていました。 「中止・延期にせざるを得なかったライブもあって、一カ月半ぶりぐらいの興行です。 やっぱり笑いはいいですね。 芸人さんから元気をもらえます」 開演前の会場。 ステージを撮影するカメラや客席だった部分には配信用の機材が設置されていた。 換気のため、入り口のドアも開いたまま ライブハウスでの感染「腹くくった」 吉本興業のマネージャーから、2009年に「スラッシュパイル」を立ち上げ、数々のお笑いライブを手がけてきた片山さん。 年2回、小劇場で実験的な企画を試す「一週間興行」はヒット作のフォーマットも生まれる名物コンテンツです。 今回のラインナップは、昨年から準備していたものでした。 国内で新型コロナウイルスの感染が初めて見つかった1月中旬から2月上旬までは、「まだまだ楽観論でした。 じきに収束して、3月末のこのライブはいつも通りできると思っていました」と振り返ります。 状況が変わったのは、ライブハウスでの集団感染が発覚した2月末です。 「密閉された空間やお客さん同士の距離の近さなど、イベントの構造が似ていたので、このままではお客さんを入れた形はできないなと。 腹をくくりました」 ちょうどこの頃、政府の専門家会議が「これから1~2週間が(感染の)急速な拡大に進むか、収束できるかの瀬戸際」というメッセージを出し、安倍晋三首相が3月中旬までを目安に、催しの中止や延期、規模の縮小を要請しました。 しかし、片山さんは「感染者数が収まる雰囲気はなかったし、少なくとも数カ月は続く覚悟をしました」。 無観客配信を決めたとき、無料にすることはほとんど頭にありませんでした。 「資金力のある会社と違って、小さい会社で無料配信を続けてしまったらギャラや劇場代を払い続けられない。 かっこつけずに、お客さんからお金をもらおうと最初から思っていました」 また、片山さんがライブで大事にしてきた「秘匿性」をオンラインで成立させる意味も有料配信にはありました。 「出演者とお客さんが会場で共有する空気は、公演の中身より大事なこともあります。 有料の限定配信とすることで、『見られない』状況を作り、コンテンツの価値を通常のライブと同じにしようとしました」 配信は、限定公開ができるサービス「Vimeo」を利用。 チケットの代わりとなる配信動画のURLとパスワードは、コンテンツプラットフォーム「note」の有料記事として販売する仕組みを作りました。 ライブヴューイングの映画館すら遠い方に楽しんで欲しい。 少しでも多くの方に笑いに触れて欲しいです!— 片山勝三 katayamashozo コロナ後の大きな財産に これまで配信の経験はなかった片山さんですが、有料で届ける以上、「プロ」としてのクオリティーにこだわっています。 3台のカメラの他に、音声などの機材や配信に関わるスタッフへの人件費。 さながら「スタジオ」のような配信チームを作り上げました。 「ストレスなくライブを楽しんでもらうには、きれいな映像と音質が欠かせません。 赤字覚悟ですが、そこは妥協しませんでした」 チケットは配信のため、各回通常の3分の1程度の値段で販売。 一方、購入者の数は自由に設定できるため、劇場定員の2~4倍の数のチケットが売れています。 「多くの方にライブを届けることができ、SNSでもたくさんの感想をもらっていて、ありがたいことです。 通信環境に左右されることもあるようなので、視聴についてのアナウンスなど、より楽しんでもらえる改善をしています」 新型コロナウイルスの感染拡大により、「突貫工事」で配信に踏み切った片山さん。 いま取り組んでいることは、コロナが収束した後も、大きな財産になると言います。 「元々、チケットを取れなかった人や、東京になかなか来られない人たちのためにライブ配信を考えていました。 お客さんを呼べない無念さとライブの火を灯し続ける決意。 置かれている状況もしっかりと書かれていて、深く話を聞きたいと、スラッシュパイルのサイトから片山さんに取材を申し込みました。 定点カメラで公演を流すのではなく、画面がテンポよく切り替わり、番組を見ているようでした。 その理由は、現場の配信設備を見て納得。 「映像と音質にはこだわりたい」と語った片山さんのこだわりが詰まっていました。 ただ同時に、この公演を劇場で見られたらどれだけ幸せだっただろうとも思いました。 過去に小劇場で行われたスラッシュパイルの公演に足を運んだことがあります。 お互いの服や荷物が当たるぐらいの空間、そこで起きる笑いと熱気は忘れられません。 片山さんが語っていた通り、これまで届けづらかった人たちに劇場のコンテンツを届けることができています。 出演者がツイッターの反応を拾う回もあり、楽しみ方も変わってくるかもしれません。 また、片山さんがライブで大切にしている「秘匿性」についても、いわゆる「ネタバレ」のようなツイートは今の所、見当たりません。 これは、有料かつ視聴者数を限定(上限800人)していることに加え、スラッシュパイルが築き上げてきたお客さんとの関係性が大きいと思います。 「お約束」を分かっているのです。 劇場だけの「秘匿性」に価値を付けている場合、配信は一見、反する手段にも映ります。 しかし、その秘匿性を守る仕組みを確立できれば、劇場の外に届けられる配信は武器になります。 興行側とお客さんの関係性をどう築くかが、より一層問われることになりそうです。

次の