ラフテル laugh tale。 【ワンピース考察】ジョイボーイの「ヤバい正体」とは?Dの一族?カイドウ?ラフテルとの関わりとは?ズニーシャ?【空白の100年・人魚姫】

【ワンピース考察】ジョイボーイの「ヤバい正体」とは?Dの一族?カイドウ?ラフテルとの関わりとは?ズニーシャ?【空白の100年・人魚姫】

ラフテル laugh tale

(ONE PIECE64巻 尾田栄一郎/集英社) 一方、ロジャーがラフテルに到達した時に出た名前が「ジョイボーイ」。 ジョイボーイという名前が初めて登場したタイミングが新世界に入った直後の魚人島編だったため、かなり唐突感もありました。 個人的にジョイボーイはそこまで重要キャラとは思ってませんでしたが、どうやら間違い。 そこで当サイト・ドル漫では 「ジョイボーイのヤバすぎる正体」をおさらいもかねて徹底的に考察してみた。 現段階ではまだ不明ですが、ジョイボーイの存在が描かれるとしたら800年以上前の「空白の100年の過去編」も詳細に『ワンピース』では描かれそう。 ジョイボーイとは? まずはジョイボーイの正体をおさらい。 ジョイボーイとは 「」に実在した人物とされます。 ロジャーの口ぶりから、おそらく同じ海賊と予想してみる。 ジョイボーイは800年前にに「人魚姫に対する謝罪」を書き残し、その石碑を魚人島の海の森に置いたことで有名。 (ONE PIECE967話 尾田栄一郎/集英社) ネプチューン王曰く、ジョイボーイは 「かつて魚人島の魚人と約束した内容を守れなかった(正確には破ってしまった?)」とのこと。 古代文字が読めるもジョイボーイの謝罪文について触れておりますが、まだ正体については深くは語られてない。 そして、ジョイボーイが魚人と結んだ約束とは「 魚人島に隠された巨船ノアを使用して何かをする内容」だったとのこと。 それでも裏切られた側の魚人島は律儀にジョイボーイの石碑の謝罪文を信じて、謎の巨船ノアを800年以上も守り続けてる。 一方、ラフテルに到達したロジャーが最後に何故か「ジョイボーイ」の名前を口に出してる。 そのためラフテルに残されてるとされる「」は、かつてジョイボーイが800年以上前に残したものだった可能性もありそう。 ジョイボーイの「正体」はDの一族か? 言うまでもなく、人魚姫とはのこと。 現在は「しらほし姫」がそれに該当しますが、800年以上前の人魚姫も同様に、古代兵器ポセイドンとして海王類と意思疎通できたっぽい。 特別な人魚は数百年おきに生まれるとのこと。 一方、しらほし姫の行動を見る限りは古代兵器ポセイドンを使っても使用者が死ぬわけではないため(あくまで海王類と意思疎通するだけだから)、ジョイボーイの謝罪は「純粋に古代兵器を使えなかったことに対するもの」と考察することができそう。 例えば、古代兵器を使わせて人魚姫を死亡させてしまったことに対する謝罪などではない。 じゃあ、古代兵器を使う場面とは一体どんな状況なのか?逆に、ジョイボーイは古代兵器ポセイドン(人魚姫)とノアを使って何かしようと試みたもののそれが失敗に終わって困る状況とは? 結論から書くと、「現在世界に君臨するとの戦いで古代兵器を使えなかったこと」に対する謝罪。 おそらく天竜人と800年前に戦った存在が「Dの一族」だったはず。 その戦禍の時代こそが空白の100年と位置付けられるはず。 つまり、この考察が正しいのであれば ジョイボーイの正体とは「Dの一族」だった可能性が高そうです。 しかも、かつてジョイボーイが古代兵器を使えてなかったとしたら、それこそが「Dの一族側の敗因」ではないのか?それが世界貴族側の勝因だったのではないか? 更に考察を深めるなら、 ジョイボーイとは「Dの一族」の中でもリーダーに近い存在だった可能性もありそう。 そうでもない限り、わざわざポーネグリフに自らの名前を代表するかの如く謝罪文を残さない。 天竜人世界を支配するようになった800年前から、人間以外の魚人族や人魚族に対する差別や迫害が生まれたとしたら、Dのリーダーであったジョイボーイが謝罪するのも極めて自然な話か。 ジョイボーイとはズニーシャか? 続いては「ジョイボーイに関するネット上の噂」を考察していこうと思います。 とは全長20kmを超える謎の巨象。 この背中にはが暮らすモコモ公国があったほど。 元々はどこかの国で飼われていたものの「何かしらの罪」を背負わされ、罰として1000年以上もずっと海をさまよい歩き続けてる未知の生物。 そのためポーネグリフに謎の謝罪文を記していたジョイボーイと共通する部分がある…という予想 ただし、ズニーシャは空白の100年以前からさまよい歩いてる。 一方、ジョイボーイは空白の100年に生きた人物とされる上、現在ジョイボーイは死亡済み。 時間軸が合わない。 また巨大な象がポーネグリフに謝罪文を残すという状況がなかなかキテレツすぎる。 もちろん時間軸的にズニーシャもジョイボーイと関わってくる可能性も大いにありそうですが、普通に考えたら ジョイボーイは「人語が話せる種族」のはず。 だから時間軸的に古代兵器とも言えないはずですから、ズニーシャの正体もいまいち謎が多い。 『ワンピース』の世界観は空白の100年がクローズアップされがちですが、逆に900年以上前の歴史もいまいち判然としませんからね。 Dの一族ともどう絡んでくるのか、うーん。 百獣のカイドウとは四皇の一角を占める海賊。 の実力を誇りそう。 ただでさえフィジカルは攻撃力と防御力の両面で最強クラスにも関わらず、悪魔の実が「龍(ドラゴン)」ですからね。 空も飛べて火球も吐けるとかチート過ぎる海賊。 じゃあ、ジョイボーイの正体は何故カイドウと言えるのか? 理由はシンプル。 何故なら、ジョイボーイは 英語で「JOY BOY」と表記されるから。 まだ確定はしてませんが、おそらく中学生でも理解できる簡単な英語。 JOYは日本語で「快楽」や「楽しみ」を意味し、BOYは日本語で「童子」や「男の子」を意味する。 これを少し無理やり組み替えると、 JOY・BOYとは「快・童(かいどう)」と言い換えることが可能。 もちろんカイドウが800年以上前から生存してるとはさすがに考えにくいため、 正確には「ジョイボーイはカイドウの先祖」と解釈できそう。 実際、に隠されていた巨大な麦わら帽子の所有者もジョイボーイ(カイドウの先祖)のものだったとしたら? 前述のように、ジョイボーイの人種は不明。 かつての人魚姫のサイズも相当にデカかったはず。 もし二人が恋仲だった場合、ジョイボーイの身体も当然にして大きかった可能性は否定できない。 とはいえ、カイドウの性格を考えると律儀に謝罪するヤツではなさそうですが…。 とりあえず空白の100年で「中心的な存在だった男」がジョイボーイの可能性は高そう。 かつてジョイボーイが800年以上前に成し遂げられなかったことをルフィが実践していくのでしょう。 シャーリーの予言が実現されるのはまさに?.

次の

シャンクスとバギーはラフテル上陸した?赤太郎号泣の意味と仲良し義兄弟!

ラフテル laugh tale

まだ見ていない方はこちらの記事で! 正直そんなマジのお宝だとは思っていませんでしたが尾田先生が映画公開前のコメントで「ワンピース終わらせる気かよ!」と言っていたのが頷けます。 そして大きく話題になったのが ラフテルの綴りが「 laugh tale」だった事。 意味や新たな考察などは次の項で。 ラフテルの綴りは「laugh tale」意味は笑い話? このlaugh taleという言葉を調べてみると 意味は「笑い話」と出ました。 laughが笑う、〜を見て笑う、面白がる、笑い声の様な音を出す、うれしそう、満足な状態などの意味があるそうで。 taleは(事実・伝説・架空の)話、物語、(たわいもない)むだ話、作り話、うそ、(人の秘密などの)うわさ話、中傷などの意味があるそう。 なのでまあ笑い話なるという訳ですね。 これまでラフテルの綴りは「RAFTER」では?と言われておりそこから派生した考察などもありました。 自分も以前その様な考察をしていましたが違っていたんですね。 ラフテルやロードポーネグリフの考察はこちら 元から決まっていたのでしょうから考察も外れていた事になりますが、「ラフテル」が「笑い話」とはどういうことなのでしょうか。 あの綴りは誰が書いた?そもそもラフテルと名付けたのは? 映画ではそのラフテルのエターナルポースに「laugh tale」と掘られており、おそらく映画のラストシーンで出てきた勝手にラフテルのログを貯めた船員が彫ったものと考えられます。 ロジャー達が「ラフテルは笑い話の様な物だ。 」と考えたのでしょうか。 エターナルポースには記録した島の名前をアルファベットで記すのが一般的っぽいですが、「laugh tale」と彫ったのは笑い話とかけて、ということを認識して彫ったのか、偶然なのか。 というか今更ですが ラフテルって誰が名付けたんでしょう。 唯一その島に行ったというロジャー達? その島にいた先住民? その島にあった遺跡とかに書いてあった? 元からラフテルという名前だけは広まっていた?など様々な可能性が考えられます。 ここまで来てワンピースが大したものじゃなかったってありえないですし「 ワンピースはご褒美の様な物」と尾田先生は仰っていたので何らかのどでかいご褒美なんでしょう。 という事はラフテル自体というかラフテルへの行き方とか、 ラフテルに関係する何かが「笑い話」の様な事だったのかもしれません。 そんな行き方かよ!とか笑い話みたいなおかしな島だな!とか。 意外な所にワンピース独特のユーモア溢れる部分があったりして…。 あのエターナルポースは本物か?ロジャーの言葉の真意は。 STAMPEDEの考察、感想記事でもすこし書きましたがあのラフテルへのエターナルポースは本物なのでしょうか。 他の海賊達はロジャーがあの島に置いて行ったとフェスタが嘘をついていたので信じているのでしょうが、 フェスタはよくあれで海賊万博開こうと思いましたね。 (笑) あんなもんどっかの海賊が適当なエターナルポースに「laugh tale」って書いて海に捨てただけかもしれないのに。 まあおそらくアレ自体は映画ラストの ロジャーの回想シーンは尾田先生自ら提案と万博巻に書いてあるので本物なのでしょうが、それは観てる人がわかる事でフェスタ本人はよくそれでいけると思ったな〜と。 そこはやっぱり元ロジャー海賊団のバレットと出会ったりとか、フェスタの話術というか人々を信じさせたり、盛り上げさせる才能に再び火がついたのでしょう。 その辺りが噛み合って信ぴょう性も生まれるし、しかも海賊は「ロジャー」とかって言葉に弱いですもんね。 世界中巻き込んだ戦争起きたらこっちのモン的な部分もあるかと思いますが。 ちょっとこの辺りは揚げ足取りみたいですかね?(笑) そしてもう1つ気になったのはロジャーの言葉、「 早すぎたんだ俺達は…」というセリフ。 ワンピースについての事なのか、 ラフテルの事なのか、 そこで見た歴史の真実とかなのか…。 ロジャーがワンピースを置いて来たというのは早すぎたなという思いがあったんですね。 ロジャー自身は病に蝕まれていたのでやはり自分たちが扱える範囲を超えた何かを見た、または手にしたと考えられますね。 政府はワンピースについてどこまで知っているんでしょう。 ロジャーから何か聞いたという事は無いのかな。 まとめ 今回はSTAMPEDEに出たラフテルの新事実について書いてみました。 改めてSTAMPEDEはアニメ20周年にふさわしい最高のお祭り映画だったと思います。 ラフテルに関する物が出たりね。 何か気になる部分やラフテルやワンピースに関する予想などありましたらコメントしていただけると非常に嬉しいです。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

【考察】ワンピースのラフテルとは?場所と大秘宝についても考察(ビンクスの酒との関係性)

ラフテル laugh tale

-------------------------------------------------- ラフテルLaughTaleの名付け親はロジャー! そして、ロジャーが到達した時点では最後の島には名前がなかったのでしょう。 確かにロジャーたちはこの過去回想で、一度も「ラフテルに行く」とは言わず、「最後の島に行く」という発言をしています。 ポーネグリフも文化遺産だと思われていたためか、それまでの歴史のどこにもこの島の名前が出ることはなく、名もなき島に辿り着いたことになるロジャー海賊団。 しかし、この最後の島にあった莫大な宝を見て涙を流すほど大笑いしたロジャーは、他のみんなに提案します。 この島をこのように名付けよう! 「ラフテル(Laugh Tale)」と! -------------------------------------------------- ラフテルLaughTaleという意味や名付けられた理由を考察! ではなぜラフテル(Laugh Tale)なのか? 意味はシンプルに「笑い話」となりますが… それはもう、ロジャーを始め海賊団の皆全員がこの宝を見て大笑いしたことが理由でしょう。 ロジャーはこのようにも言っています。 800年もの間、誰もこの島には来ることができなかったと。 つまり言い換えれば、800年以上もこのジョイボーイの宝は見つけてくれる人を待ち望んでいたと、宝側からすれば言えなくもないですよね。 でも、蓋を開けてみれば、確かに宝ではあるものの涙が出るほど笑えるものだった。 こんなにも時間をかけて到達したにもかかわらず、最後の島での経験はロジャーたちにとっては笑えるような出来事だった…。 ならば、その笑い話をそのまま島の名前に、という感じだったのではないでしょうか。 -------------------------------------------------- ラフテルの名付け親ロジャーはノリが大好き? 結構こういうノリ的な所があるのがロジャーかなと思います。 も、大鐘楼のもとにあったポーネグリフに「ここにロジャーが来たよ!」というような意味合いにも思えるメッセージを残していましたよね。 見方を変えると、ある意味、観光名所にメッセージを残す的にも思えますが…。 もちろんそんな意味でおでんに彫らせたわけではないでしょう、この文を最果てまで必ず持って行く!という、過去を生きた人へロジャーが伝えるメッセージでもあり、未来にまたこの文章を見たときにロジャーがここへ来ていたのだ!と思えるメッセージでもありますからね。 何にせよ、ロジャーは最後までその人生を思いっきり謳歌していた! これは間違いありません! -------------------------------------------------- ラフテルに関してネットの声 ラフテルに遂に辿り着く… 期待の声です!! 「ロジャーに会った事があるが記憶は曖昧」と語っていたモモの助、その思い出の場面がまさか〝ロジャーの伝説の冒険〟の真っ只中の話だったとは驚き。 ラフテルへ上陸していないイヌアラシやネコマムシに対し、歴史の鍵を握るトキはおでんと共にラフテルへの上陸を果たしているのかな。 — こんでぃ kondai1977 マジでそろそろラフテルと空白の100年について触れられそうでワクワクが止まらん。 お得に漫画やアニメを楽しみたい…• 過去の漫画やアニメを一気に見たい…• 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい… このような悩みを あなたは持っていませんか? かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

次の