耳 掃除 ごっそり。 耳垢をごっそり取る方法とは?正しい耳掃除のコツや道具まとめ【動画】

耳掃除はしちゃダメ?耳が聞こえにくくなったら、それ耳アカかも!|東京都 中央区 耳鼻咽喉科 日本橋大河原クリニック

耳 掃除 ごっそり

そもそも耳垢とは? 耳垢は、医学的には「じこう」と呼び、 耳垢腺、皮脂腺、汗腺からの分泌物、古くなってはがれた皮膚、ホコリなどが混ざりあってできたものです。 耳垢の役割 耳垢というくらいなので単なる老廃物かと思いきや、 じつはさまざまな役割を担っています。 外からの異物の侵入や雑菌の繁殖を防ぐ• 耳の中のデリケートな皮膚の保護• 特有の匂いや苦味で虫よけの効果 このような役割を持っているため、 耳垢はきっちり全て取り除かなければいけないわけではありません。 むしろ ある程度の耳垢があることで、耳の中を保護してくれています。 耳垢の種類 耳垢には、 乾性耳垢と湿性耳垢の2種類があります。 日本人の6〜7割程度はカサカサタイプの乾性耳垢、残りの3〜4割程度がベトベトタイプの湿性耳垢です。 これは耳垢を作り出す耳垢腺の多さによって決まり、少ない場合は乾性、多い場合は湿性の耳垢になります。 いずれのタイプかは遺伝によって決まり、途中でタイプが変わることはありません。 耳掃除はしない方がよい? 「子どもの耳掃除はする必要がない」と聞いたことがある方も多いのではないでしょうか? しかし放っておくと耳垢がたくさん溜まってしまうのではないか不安ですよね。 確かに 耳垢は、皮膚の表面にある毛の動きや食事や会話の際にアゴを動かすことで、自然に奥から押し出されます。 とはいえ、一概にまったく耳掃除をしなくてもいいとは言えません。 頻繁に耳掃除する必要はなく、月に1〜2回ほどおこなうのがよいでしょう。 ただし、 せっかく外に出ようとしていた耳垢を奥に押し込んでしまったり、耳掃除のしすぎで耳の中を傷つけてしまったりすることも多くあり、注意も必要です。 耳掃除しにくい湿性耳垢や新陳代謝のよい子ども、外耳道が狭い場合などは、耳垢がたまりやすく、定期的にした方がよいと考えられます。 子どもの耳掃除の仕方 子どもの耳掃除では、耳かきではなく綿棒を使いましょう。 ベビー用綿棒は、子どもの小さな耳の穴にも入りやすく、おすすめです。 子どもの頭をしっかり押さえ、耳たぶを少し後ろに引っ張り、汚れが見える部分だけをぬぐいましょう。 カサカサした耳垢は、 綿棒にベビーオイルやワセリン、オリーブオイルをつけると取れやすくなります。 子どもの耳掃除をする際の注意点 子どもの耳掃除をする際には、以下の点に注意しましょう。 耳の奥まで綿棒を入れない 綿棒は奥まで入れないようにしましょう。 耳垢腺は入り口から1cmほどにしか存在しないため、その部分の掃除だけで十分です。 奥まで掃除しようとすると、鼓膜などを傷つけたり逆に耳垢を奥に押し込んでしまったりすることになってしまいます。 周囲を確認してから 耳掃除をしている際に、 きょうだいやペットなどがぶつかって怪我をする事故が少なくありません。 必ず 安全な場所で、周囲を確認してからおこなうようにしましょう。 綿棒は子どもの手の届かない場所にしまう 小さな子どもが、 綿棒や耳かきを自分の耳の中に突っ込んでしまい、怪我をする事故も多く発生しています。 大変危険なので、 綿棒などは子どもの手の届かない場所にしまっておきましょう。 子どもの耳掃除にまつわるトラブル 子どもの耳掃除は以下のような思わぬトラブルや事故につながることもあります。 耳垢塞栓 大量の耳垢が耳の穴を塞いでしまう状態のことです。 痛みを感じることは少ないですが、耳が詰まった感じになり、ひどくなると難聴の症状があらわれる場合もあります。 とくに 湿性耳垢の場合に起こりやすいですが、乾性耳垢でもプールのあとなどに耳垢が水を含み膨張して耳の穴を塞いでしまうことがあります。 耳の穴を塞いでしまっている耳垢は耳鼻科でとってもらえます。 外傷性鼓膜穿孔 耳掃除の途中に綿棒などの弾みで鼓膜を突き破ってしまうことがあり、これを外傷性鼓膜穿孔と呼びます。 激しい痛みや出血、聞こえの悪さが生じますが、小さな孔であれば自然にふさがり治癒します。 しかし 場合によっては手術が必要なこともあるため、鼓膜を傷つけた気がする場合には、必ず耳鼻科を受診しましょう。 危険な事故を防ぐためにも、 耳掃除の際には、必ず周囲を確認し安全な場所でおこなうようにしましょう。 外耳炎 耳掃除をしすぎると耳の中に傷がつき、外耳炎を引き起こしてしまうことがあります。 耳の中の皮膚はとても薄く傷つきやすいため、そこから細菌が入り込み、炎症を起こしやすいのです。 子どもの場合、 プールに入ったあとに発症するケースも少なくありません。 かゆみや耳だれといった症状だけでなく、出血や化膿してしまったり耳が詰まった感じや聴こえにくさを感じたりする場合もあります。 子どもが耳をかゆがったり耳だれが出ていたりしているようなら、できるだけ早く耳鼻科を受診しましょう。 外耳道湿疹 耳掃除をしすぎると、 耳の中に湿疹ができる外耳道湿疹になることもあります。 かゆみがおもな症状で、かきすぎると外耳炎になったり耳だれが出たりします。 治ったとしても、少しの刺激で症状を繰り返すことも多く、子どもが耳をかゆがるなど違和感を覚えたら、早めに耳鼻科を受診するようにしましょう。 子どもの耳垢は耳鼻科でとってもらおう じつは、 子どもの耳垢は耳鼻科でとってもらうことができます。 もちろん 保険適用が認められていて、医師から「その程度のことで」などと嫌がられるということもありません。 とくに 湿性耳垢の場合には、家庭で掃除することは難しいことも多く、耳鼻科でとってもらうことをおすすめします。 子どもの耳垢を耳鼻科でとってもらうメリット 耳鼻科で耳垢を取ることの最大のメリットは、 耳の中を傷つけず安心してきれいに除去できることです。 しかしそれだけではなく、 同時に中耳炎や外耳炎などの病気がないかどうかもチェックしてもらえます。 子どもは耳のトラブルが少なくないため、 定期的に耳垢掃除とあわせて耳のチェックをしてもらえれば、症状がひどくなる前に対処できて安心です。 耳鼻科で耳垢をとる方法 耳鼻科で耳垢を除去する方法は、耳垢の状態などに合わせてさまざまです。 鼓膜内視鏡をや耳鏡を使い、耳の中や鼓膜を傷つけないように、耳垢をピンセットを使って除去したり、細い吸引管で吸い取ったりします。 湿性耳垢で固まってしまっている場合には、無理に取り除こうとすると痛みをともなうこともあるため、耳垢水という液体を使い、ふやかしてから除去します。 両耳にこびりついた耳垢を一度に取り除いてしまうと、一時的にめまいやふらつきを感じることもあり、数回に分けておこなう場合もあります。 まとめ 子どもの耳掃除は意外とデリケート。 奥に大きな耳垢があるからといって、 無理に取ろうとすると思わぬトラブルや病気につながることもあります。 また、きれいにしているつもりが、 逆に耳垢を奥に押し込んでいたというケースも少なくありません。 基本的に子どもの耳掃除は、 耳を覗いて見える部分だけをさっと綿棒でぬぐう程度で問題ありません。 耳垢が溜まっていないか心配なら、 耳の定期検診も兼ねて、月に1回ほど耳鼻科で診察してもらうことをおすすめします。 とくに湿性耳垢の場合は、乾性の場合よりも溜まりやすく、自分では除去しにくいため、耳鼻科での耳掃除が安心で確実です。 耳垢くらいで……などと思わず、 耳にまつわることならまず耳鼻科に相談しましょう!.

次の

耳垢が全然とれない?なら洗浄液でごっそり丸洗い!

耳 掃除 ごっそり

耳掃除をしていて、ごっそりと耳垢が取れた時の快感!なんともいえないですよね。 耳垢が溜っている、湿っていないに関わらず、気持ちがいいからという理由で、毎日の習慣として、耳掃除をしている方も多いのではないでしょうか? ただ何につけても言える事ですが、やり過ぎや、間違った方法で行うと、耳垢がキレイに取れなかったり、最悪の場合は耳の奥に耳垢が詰まって取れなくなったり、耳の病気を患うリスクもあるため、細心の注意が必要です! そこで今回は、耳垢の種類と実はすごい役割、傷付きやすくてデリケートな耳の穴に気をつけつつ、溜まりやすい耳垢をキレイ取って、嫌な臭いがない清潔な耳周りにするための具体的な方法をお伝えします。 耳の健康には不可欠!耳垢の大切な役割3つ 外部からのゴミや埃をキャッチ 耳垢腺からの分泌物は、 嫌な臭いと粘りがあるのですが、この粘りが外部からの侵入物を吸着します。 外耳の皮膚を刺激等から守る 耳垢腺からの分泌物の中には脂質も含まれおり、外耳の皮膚に適度な潤いを与え、刺激から守ります。 雑菌の繁殖を抑える 耳垢の中には、唾液や鼻水にも含まれる抗菌作用のあるリゾチーム、粘膜からの病原体の感染予防に作用するIgA 免疫グロブリンA 、インフルエンザワクチンで作られる抗体で病原菌の毒素を中和する作用があるIgG 免疫グロブリンG が含まれています。 この3つの成分のおかげで、耳の中での細菌等の繁殖を抑制してくれているのです。 さらに耳垢は、 こな耳と呼ばれる乾性耳垢、そして あめ耳と呼ばれる湿性耳垢の大きく分けて2つに分けられ、見た目や触感でそれぞれ2タイプに分けることができます。 湿性耳垢 あめ耳 ベタベタした耳垢 触るとべたつき、指で潰すと伸びる耳垢です。 ザラつくた耳垢 ベタベタした耳垢が細かくなったような粒状の耳垢で、触るとざらつきとベタベタ感があります。 乾性耳垢 こな耳 サラサラした耳垢 肌が粉をふいたときと同じような粒子の細かい耳垢で、触るとサラサラしています。 薄皮・塊タイプ 乾燥したかさぶた、そして皮が剥けたものが連なったような耳垢で、耳掃除でごそっと一気に剥がれ落ちます。 触ると乾燥しているためボロボロになります。 耳垢が溜っていたら不潔だからといって、頻繁に耳掃除をするのは、どうなのかな?と思ってしまいますよね。 だからといって放っておくと、耳の中が痒くなったり、聞こえが悪くなったりしますので、ある程度の間隔をおいて、正しく耳垢を取ることが大切なのです。 2 取り過ぎに注意! 耳垢を取るタイミングと頻度 耳垢をいつ、どのくらいの頻度で取るようにしていますか? 耳垢には外耳を守る働きがあり、耳垢を溜めすぎない、取りすぎない、そして耳の中を傷つけないことが、耳掃除を行う大切なポイントなのです! そこで、耳垢を取るのに適切なタイミングと頻度についてお伝えします。 耳の健康を維持!耳掃除のタイミングと頻度 お風呂上がりに行う 耳垢がふやけているので、耳垢を取りやすいです。 月に2回(2週間から1ヶ月に1度 程度の頻度 耳垢には通常、外へ出ていく性質があるため、やり過ぎることで、逆に耳垢を耳の中へ追いやっている事も多いのです。 ついつい癖で耳掃除をしてしまいますが、やり過ぎは耳の健康に決してよくありませんので、今まで毎日や毎週のように耳掃除を頻繁にしていた方は回数を減らすようにしましょう。 3 綿棒使って安全に耳掃除! 耳垢の正しい取り方 耳掃除の道具については、綿棒派の方と耳かき派の方に分かれますよね。 より安全に、簡単に耳垢を取るには、綿棒をオススメします。 というのも、耳かきだとどうしても、外耳の皮膚を傷つけやすいのです。 そこで、綿棒を正しく使って耳垢を取る方法をご紹介します。 耳掃除に綿棒と一緒に使えるもの5選 ・生理食塩水 ・ベビーオイル ・オリーブオイル ・ワセリン(不純物が除去されたもの) ・市販の耳掃除専用のローション 湿性耳垢 あめ耳 は、粘りがあり、皮膚にべったりと付いていますので、ウェットタイプの綿棒を使ってみるのもいいでしょう。 乾性耳垢 こな耳 の場合は、耳垢が奥に入り込むリスクがありますので、粘着性のある綿棒を使うことで、パラパラの耳垢をキャッチしやすくなります。 ウォットタイプ、粘着性のあるタイプ、それぞれの綿棒はドラッグストアで入手可能ですよ! 5 間違った耳垢取りが原因! 気になる耳の病気とその症状 耳の掃除のし過ぎが原因で、かかってしまう耳の病気が実はあります! 間違った耳掃除が原因!耳の病気とその症状 外耳道炎 耳掃除の際に、耳の入り口から鼓膜までを外耳道の皮膚を強く擦ってしまうことで、傷ついて出血することがあります。 そうなると傷口から細菌等が入り込み、炎症が起こしてしまいます。 主な症状は、耳の痒みや痛み、灼熱感、また酷くなってくると、耳だれが見られます。 外傷性鼓膜穿孔 がいしょうせいこまくせんこう 耳かきを勢いよく耳の奥まで入れてしまうと、鼓膜を破ってしまう 鼓膜破裂 ことがあります。 鼓膜が破れると、耳が痛くなることはもちろんこと、音が聞こえなくなったり、頭痛や眩暈が起こります。 耳垢栓塞(じこうせんそく) 湿性耳垢 あめ耳 が耳掃除を怠ることで乾燥し切ってしまい、固まって外耳道を塞いで(ふさいで)しまうと、耳が聞こえにくくなったり、めまいや肩こりの原因になることがあります。 また、耳垢を取っているつもりが、実は耳垢を耳の奥へと押し込んでいて、鼓膜が塞がれてしまうことでも同様の体の不調が起こることがあります。 耳垢栓塞は湿性耳垢 あめ耳 の人に発症することが比較的に多いのですが、 乾性耳垢 こな耳 の人も、海水浴やプールでの水泳などで耳の中に水が入ると、乾燥した耳垢が水分を含んだ耳垢に変わり、耳の中で固まり外耳道を塞ぐこともあります。 そのため海水浴やプールでは外耳道を守るためにも、耳栓を付けるようにしましょう。 また、 耳垢掃除のやり過ぎで耳の中がヒリヒリする、もしくは掃除した綿棒に血が付着していたときには、耳鼻科を受診して処方される点耳薬を差すとと、傷ついた部分の治りが早くなります。 さらに耳掃除をした後に耳のかゆみ、耳が聞こえづらくなった、耳の中からの出血が続く、耳の奥や耳の後ろ側の痛みが消えない等症状がある場合は、耳の病気の可能性もあります。 少しでも耳に違和感や異常を感じたときには、速やかに耳鼻科を受診しましょう。 耳垢を取る方法を中心に、耳に関するトラブル、そして解決方法をお伝えしましたが、いかがでしたか? 通常、耳垢は自浄作用により、自然と外へ排出されるものですので、頻繁に耳掃除をする必要はありません。 耳掃除のしすぎは、かえって新陳代謝を活発にして耳垢を増やすこともありますし、耳垢を耳の奥に押し込み外耳道を塞ぐ耳垢栓塞や外耳道炎になることもあります。 耳掃除の頻度は月に1〜2回くらいにして、正しい方法でやさしく取り除くようにしましょう。 もし耳垢が上手く取れない、耳垢が詰まって耳が聞こえづらくなった場合などは、 耳鼻科を受診すればお医者さんの手で数分で耳掃除してもらえます 保険適用内 ので、気になる方は病院へ行くことも検討してください。 も併せてご覧ください。 記事カテゴリー• 135•

次の

耳鼻咽喉科の耳掃除は忘れられないくらい快感でした

耳 掃除 ごっそり

耳掃除はしちゃダメ? 耳が聞こえにくくなったら、それ耳アカかも! お風呂上がりに綿棒で耳の中をぐりぐり。 なんだか耳がさっぱりした気がしますし、綿棒の先に耳アカがごっそり付いていると「こんなに取れた!」とちょっと嬉しかったりしますよね。 しかし、この耳掃除法は大きな間違いなのだそう。 日本橋大河原クリニック院長の大河原大次先生に、正しい耳掃除の方法をレクチャーしてもらいました。 入浴後&綿棒はNG! 耳アカを溜めてしまい逆効果に 耳掃除は綿棒を使うイメージが定着していますが、これは正しい方法なのですか? 「いいえ、綿棒はおすすめしていません。 市販の綿棒は先端が耳の穴より少し小さいくらいの大きさで、耳掃除道具としては太すぎます。 また、綿棒は柔らかいイメージがありますが、実際は固く巻かれています。 この太く固い綿棒を耳に入れると、逆に耳アカを奥に押し込んでしまうのです」 入浴後に耳掃除する人も多いと思いますが……。 「お風呂上がりはさらに良くない。 耳の中がふやけ、耳アカも粘土のように柔らかくなっているので、その状態で耳掃除すると、耳アカをより奥へ押し込んでしまいます。 また、炎症やかゆみの原因になることもあります。 なお、耳の中がかゆいと綿棒で掻く人もいますが、これもNG。 かゆみは炎症を起こしているということで、そこを触ってしまうと余計に炎症がひどくなり、耳の中が腫れ上がることもあります」 耳の中をきれいにしようとしていたのに、逆効果だったんですね。 「耳アカは急に膨れ上がるわけではなく、こうした間違った耳掃除のしすぎで日々堆積していきます。 溜まりすぎた耳アカが耳の中を塞ぎ、急に耳が聞こえにくくなってしまうこともあるのです。 耳アカが原因で耳が聞こえにくくなる人は、『耳の中は綿棒でよくきれいにしている』と言う人が多いんですよ」 耳アカは自然に取れる! 耳掃除は基本不要 では、どのような耳掃除法が適していますか? 「基本的に耳掃除は必要ありません。 耳の中は手足の皮膚と同じ性質のものからできています。 手足の皮膚からターンオーバー機能でアカが取れるのと同様に、耳の中の老廃物である耳アカも自然に外に排出されるようになっています。 まったく耳掃除をしなかったから耳アカが溜まり、聞こえなくなってしまう、ということはまずありません。 もしそんなことがあったら、動物は外敵を察知できず、ほかの動物に食べられてしまいます。 人間の身体も基本的に動物と同じで、よくできているんですよ」 何もしないと、耳アカが自然に取れるまで耳の中で溜まっていくのが気になってしまいそうです。 「耳アカがたくさん溜まることで起こるトラブルはほとんどありません。 逆に、耳アカを一生懸命取ろうとして綿棒でゴリゴリとこすり、炎症を起こすことの方が何十倍も多いです」 耳掃除したい時は竹の耳かき&耳鼻科で! 耳掃除したい場合はどのような方法が良いですか? 「100円ショップにも売っている、昔ながらの竹の耳かきがおすすめです。 竹は弾力があり鋭利ではないので、耳の中に入れる道具として適しています。 頻度は月1回程度で十分です。 また竹の耳かきは先端が少し曲がっていますが、人間はこのような形状の物が耳の中に入ってくると恐怖感を覚えます。 『痛くないかな』と神経を尖らせて、そーっと耳掃除するので、綿棒を使った時のように耳の中をガリガリとこすってしまうこともありません。 耳の中は危険を知らせるために、鼓膜に近い場所ほど神経が密になっていて、痛みを感じやすい。 痛みがあったら『これ以上奥に入っちゃダメだよ』というサインなので、それ以上はやらないようにしましょう」 耳アカにはカサカサしたタイプと、水分の多いタイプがありますが、水っぽい耳アカだと竹の耳かきでは取りにくいのでは? 「水っぽい耳アカに綿棒を使う場合も、粘土状になった耳アカを奥に押し込めてしまうことになるため、竹の耳かきが有効です。 『瓶の周りに付いたものをヘラで取る』ようなイメージですね」 自分では取りにくい、耳の奥の耳アカはどうしたら良いでしょう? 「耳鼻科を受診して、医師に取ってもらってください。 耳の奥を傷付けずにきれいにするには、耳鼻科医に診てもらうのが安心です。 特に、先述した水っぽい耳アカの人は取りにくいので、自分で耳掃除するよりも耳鼻科を受診するのが早道ですよ。 耳掃除だけで耳鼻科を受診する人もいるので、遠慮せずに来てください。 ちなみに、カップルなどがよく膝枕で耳掃除したりしますが、あれは危険です。 耳鼻科医ではない一般の方が耳の中をいじると、余計なところを触って傷つけてしまう可能性があります。 耳掃除するなら痛みのない場所までは自分で、それ以上奥の掃除は耳鼻科を受診するようにしましょう」 耳アカがたくさん取れることはちょっとした達成感がありますし、気分も爽快です。 でも、そもそも耳アカは躍起になって取らなくても良いものだと、覚えておきたいところ。 これまで綿棒一択だった人は、ぜひ竹の耳かきをゲットしてみてくださいね! (五十嵐綾子+アリシー編集部).

次の