使用率 剣盾。 【ポケモン剣盾攻略】ランク対戦、12月のポケモン使用率について考察【ソード&シールド】

【ポケモン剣盾】ポケモンHOMEが神アプデ!バトルデータが追加!過去の戦績、順位、レート、ランキング、ポケモン使用率などが見れるぞ!

使用率 剣盾

11位 12位 13位 14位 15位 16位 17位 18位 19位 20位 21位 22位 23位 24位 25位 26位 27位 28位 29位 30位 ランキングの解説 環境が落ち着いてきた 新環境が始まり、2週目ということもあってかランキングに大きな変動は見られない。 特に上位陣10位に関しては動きが無いため、環境が全体的に落ち着いてきたと言っても良いだろう。 いちげきの型の採用が微増 上位陣というわけではないが、ウーラオス いちげきの型 の採用が微増している。 環境全体に通りが良い悪技をタイプ一致で撃てる+強力な先制技「ふいうち」を撃てる点も魅力だ。 いちげきの型の採用技・持ち物 持ち物 きあいのタスキ:34. 選出画面の見た目では環境上位にいる「れんげきの型」と見分けがつかないので、相手の構築でどちらの型か予想orどちらにも対応できる選出が必要だろう。 上位の新ポケモンも変動はなし 環境上位に入っている新ポケモンも順位は停滞中。 とはいえ、環境の上位に居ることは間違いないので、技や持ち物、特性の採用率は参考にしておこう。 ポリゴン2の持ち物・技・特性の採用率 持ち物 しんかのきせき:99. 「じこさいせい」でHP管理をしつつ、相手を倒していく型が使用されているようだ。 ウーラオスの持ち物・技・特性の採用率 持ち物 きあいのタスキ:26. 5 型 れんげきの型 採用技 :99. ダイジェットなどで倒されずに仕事を確実に遂行するためだろう。 とはいえ、こだわりハチマキとの差は微々たるものなので、どちらも警戒しておくのが良いだろう。 ジバコイルの持ち物・技・特性の採用率 持ち物 たべのこし:34. てっぺきとボディプレスを採用していると、環境上位に入っているポリゴン2に対して強く出られるのがポイントだ。 シーズンごとのポケモンランキング.

次の

【ポケモン剣盾】シングルバトルの使用率ランキング【ポケモンソードシールド】

使用率 剣盾

しかし、 構築次第では勝ちやすいパーティを作成することが可能であり、たくさん勝利を重ねことで最強になることはできます。 構築の仕方が重要 最強のパーティに仕立て上げるには、構築の仕方が非常に重要です。 好きなポケモンをパーティ内に入れるにも、タイプ相性の相性保管を考えたり、どのような戦略で戦うのかを考える必要があります。 まずは レンタルパーティを使用し、実戦の経験を積むことで構築のヒントが掴めます。 対戦環境の考察 解禁ポケモンが多数ランクイン シリーズ5からヨロイ図鑑のポケモンやテラキオン、コバルオンといった準伝説のポケモンが解禁されたことにより、多くの解禁ポケモンが使用ランキングにランクインしています。 多くのポケモンが解禁されたことにより、環境ががらりと変化するため、今一度環境に合わせたパーティ構成の見直しを行いましょう。 特に生半可な火力では突破することのできない耐久力を持つポリゴン2や専用技やキョダイマックス技が強力なウーラオスの対策が必要となってきます。 新環境でもリベロエースバーンが強力 新環境に突入しても攻撃時に技と同じタイプに変化する特性、「リベロ」を持ったエースバーンが強力です。 常に技をタイプ一致として使用できるため、どの技を使った場合でも大ダメージを与えられるエースアタッカーとしての活躍ができます。 物理環境に対応できる物理受けが増えている 物理アタッカーが多い現環境では、カバルドンやドヒドイデなど、物理アタッカーに強いポケモンも多く使われています。 これらのポケモンは耐久力の高さから長期戦になりやすく、対応手段を用意しなけれ完全に動きを止められてしまうため、特殊アタッカーや変化技を封じる手段が重要になっています。 ダイマックスを活かした型が多い ダイマックスの「HPが上昇する」という仕様や、ダイマックス技の効果を利用したポケモンが環境に多く存在しています。 特に 「ダイジェット」の素早さを上げる効果が強力で、「ギャラドス」や「アーマーガア」といった「ダイジェット」を効果的に使えるポケモンの評価が高いです。 この影響で、弱点を突かれた際に攻撃と特攻を2段階上げられる「じゃくてんほけん」を持ったポケモンが多く存在しています。

次の

シーズン7上位100名の構築記事・ポケモン使用率まとめ【ポケモン剣盾】|6tag.sixdegrees.org

使用率 剣盾

今回は11月の使用率ランキングが公開されたので取り上げてみました。 正直ソースについて調べてないのでもしかしたらガセかもしれないけど ガセだとしても大分辛評率の高い結果になっていたので問題ないかと。 では見て行きましょう。 使用率ランキング ミミッキュ強すぎ問題。 S89ぐらいにしないとバランス悪い気はする・・ 次回作もナーフされそう。 【1位・2位】 まぁドラパミミッキュは触れる必要もないぐらい強い。 【3位】 サザンドラがここまで上がってきたのは謎。 12月に入ってからではなく11月時点で40%もいたのは疑問ではある。 サザンドラはドラパルトに一方的に不利取るけど4位~10位のポケモンに対して有利ですよね。 それが選ばれている理由だとは思いますが。 【4位】 ドリュウズはロトムミミッキュ対策。 【5位】 こいつはなんでこんなに使われているのか本当に謎。 正直弱くないですか・・? 物理に対してはとても強いですが てっぺきやはねやすめのタイミングで特殊アタッカーを後出しすれば 何もできないと思うのですが・・私の知識不足なんでしょうか・・。 【6位】 いかくでも自信過剰でも強い。 りゅうのまいを切ってる人が意外と多い印象。 【7位】 ロトム2大巨頭。 こいつらは強すぎですね。 別に弱体化が必要とも思わないし 本当にバランスの取れた良ポケモンだと思います。 こいつの対策を考えるだけで楽しかった。 【9位】 物理受け、強い。 誰が使っても強い。 【10位】 バンギラスはカモ。 ドヒドイデもカモ。 という印象しかない。 ドヒドイデに関しては 私のパーティーは物理5体でロトムがいるのが基本でしたが 一度も選出されることはありませんでした。 いつ選出すんねん君ら。 うまい人、マスターボール級1000位以内の人が使ったら化けるんでしょうね・・。 どう立ち回ればいいか もちろんこの11体を潰せるパーティー構築をするべき。 それだけで何回でも勝てる。 そしてランク上位との読み合い合戦を楽しむ。 それがポケモンというゲームを最大限に楽しむ方法だと思っています。 では何をパーティーにいれればいいのかと言われると・・ 自分で考えたほうがいいです。 自分で考えた構築のほうがうまく立ち回れるからです。 仮に1位の人のパーティーを使っても 種族値の暴力で、対戦が弱い人にしか勝てません。 まとめ とりあえずドラパミミッキュの対策だけは必須でしょう。 オンライン対戦をするならまずはそこから考えてみましょう。

次の