ブレス マイル クリア 口コミ。 ブレスマイルクリアの口コミを分析!効果ない人は使い方が悪い!販売店も解説:banaman134のブロマガ

ブレスマイルクリアの口コミや評判まとめ【薬用ホワイトニング歯磨き粉】|輝け、口もと美人。オーラルケア専門メディア

ブレス マイル クリア 口コミ

歯を白くすることが期待できるけど• 実は虫歯予防が疎かになっていたり という「本末転倒な事態」が起こりかねないのです。 ブレスマイルクリアにしてからは これ1本でホワイトニングと虫歯予防対策ができるので、 断捨離好きの私にとっては、もはや手放せない商品となりつつあります。 一般的な歯磨き粉は「化粧品」に分類されており、基本成分だけで構成されています。 しかし医薬部外品の歯磨き粉は、薬用成分が含まれており、一般的には「薬用歯磨き粉」と呼ばれています。 薬用を表記するには、 その表示する効果効能に対して、厚生労働省からの承認を受ける必要があります。 つまりこれは、 特におすすめしたい人【3選】 ホワイトニング効果と口臭予防効果が認められているので、これらの2つの要素に関して気になっている人にオススメです。 その中でも、 以下の3つに当てはまる方には特にオススメしたいと思います。 また、有効成分ではありませんが、配合成分である 「メタリン酸ナトリウム」にも着目すべきです。 この成分は、 タバコやワインの着色汚れに特に有用とされています。 (すべての商品にはいっているわけではありませんが大多数に) 過酸化水素には 強力な還元作用があり、歯を白くする劇的な効果があります。 (歯科医で実施するホワイトニングにも過酸化水素を用います) ホワイトニング効果自体は強力なのですが・・・ 1つ重大な欠点が・・・。 それが、 とても「しみる」ということ。 そもそも欧米人に比べ、日本人は歯のエナメル質が薄いのです。 欧米人ように作られた過酸化水素入りのホワイトニング歯磨き粉は、日本人には強烈で刺激が強いのです。 日本人には、過酸化水素を使わない ポリリン酸ナトリウム系や メタリン酸ナトリウム系の歯磨き粉が良いです。 ブレスマイルクリアはメタリン酸系で、過酸化水素のように「しみる」心配もありません。 ちなみに、過酸化水素は日本では「劇薬」に指定されており、過酸化水素が配合された歯磨き粉というのは、一般には存在しません。 相手も注意しづらいし、マナー・エチケットとして「口が臭い男性」は、いかに他の要素が優れていても、 あらゆる側面から一発NGを食らってしまいます。 一般的な歯磨き粉でも口臭の予防は可能ですが、ブレスマイルクリアには口臭予防の有効成分が3種類も含まれています。 口コミが良いからと言って 誰にでもオススメは致しません。 以下の1つでも当てはまる要素があるのであれば、 購入を見送るべきでしょう。 ブレスマイルクリアで白くなれる程度の目安は、付属の「歯のシェードガイドカード」の 左から2番目までです。 最も左側のような「真っ白レベル」の歯になることは極めて困難なので、事前に認識しておくことが大切です。 事実、 口コミでも「真っ白になった」というレビューはありませよね?? このレベルの白さは、歯科医で実施するホワイトニングの 「過酸化水素」を用いなければなりません。 真っ白を目指すのであれば、回り道せず歯科医の「オフィスホワイトニング」を実施すべきでしょう。 市販の歯磨き粉がシュワッと泡立つのは発泡剤のおかげ、中でも「ラウリル硫酸ナトリウム」という成分が果たす役割が大きいです。 この成分は、泡立ちを良くするのですが、その反面、 安全面では賛否両論ある成分でもあります。 ブレスマイルクリアには、ラウリル硫酸ナトリウムが配合されておらず、泡立ち感・磨いた感は十分に味わうことはできません(しかし、それで十分ブラッシングできています) ほのかな「ミントフレーバー」はありますが、 シュワっ感はあまり感じ無いということを事前に知っておき、購入判断すると良いでしょう。 研磨剤「無水ケイ酸」というシリカ・石英の成分が配合されています。 一般的に、研磨剤は歯を削るイメージがあります。 それはそれで正解です。 しかし、無水ケイ酸の場合、 フッ素と混ざり合い、さらに ヒドロキシアパタイトと協力し合うことで、 研磨のデメリットを最小限に抑えつつ、着色汚れの除去と歯の再石灰化(エナメル質の修復)をサポートしてくれます。 参考: 研磨剤は、適切な配合で使用することでステイン除去に高い効果を発揮します。 しかしそれでも 「何が何でも研磨剤フリーの歯磨き粉がイイ!」というポリシーを持っている方にはオススメできませんね。 上記3項目に1つも当てはまらないのであれば、ブレスマイルクリアを選択する価値があります。 ブレスマイルの方は 定期便の継続回数条件が存在します。 よって、始めやすさ&定期便の解約のハードルの低さという観点から、 はははのはに軍配が上がります。 「はははのは」がおすすめの人 それは、 オーガニックに強いこだわりがある人です。 研磨剤や発泡剤など一切配合されていないので、化学成分に抵抗がある方には良い商品でしょう。 ただし、虫歯予防の為に配合されている成分が少ない&弱いので、 市販のフッ素入り歯磨き粉と併用するのが良いでしょう。 併用のコツに関してはこのサイトがわかりやすいですよ。 参考: ブレスマイルクリアの口コミ それでは最後に、ブレスマイルクリアを使った人の実際の感想を見ていきましょう。 やはり客観的な意見は大切ですからね!.

次の

ブレスマイルクリアの口コミや評判まとめ【薬用ホワイトニング歯磨き粉】|輝け、口もと美人。オーラルケア専門メディア

ブレス マイル クリア 口コミ

ブレスマイルクリアは本当に効果があるのか? 結論:ホワイトニングレベルではない です。 ではその理由を解説します。 ホワイトニングレベルではない理由は? ブレスマイルクリアは 「医薬部外品」 なので国が認めた効果のある成分が きちんと入っています。 これに関しては間違いありません。 なんか国も認めていて効果めっちゃありそうですよね。 ですが、そもそもみなさん医薬部外品の定義を きちんと知らない方が多いと思います。 この医薬部外品の定義こそ 僕が歯医者のホワイトニングレベルではないという 根拠になります。 」 (日本薬局方より引用) つまり何が言いたいかというと 医薬部外品の目的は 「治療」ではなく「防止」や「予防」 ここがこの記事の全てです。 もう1度言います。 治療ではありません。 防止や予防です。 ではニュースの記事は嘘なのか? 嘘ではないと思います。 実際に有効成分である ・ポリエチレングリコール400 ・ゼオライト ・フッ化ナトリウム ・グリチルリン酸ジカリウム ・塩化セチルピリジニウム はそれぞれ国が認めている正式な有効成分なので 虫歯や口臭、歯石の沈着に予防効果があります。 なので 予防として使う歯磨き粉なら非常に いい商品であると言えますが、 歯医者のホワイトニングレベルではないと思います。 でも実際に白くなった写真があるのはなんで? 記事の下の方に実際に使った人の写真と感想があります。 確かにそこでは白く清潔な綺麗な歯が写っていますが その写真には『before』がないことに気づくと思います。 そして感想に関してはサイトに書かれているだけで 個人のアカウントなどから書いたものではないので 本当に使った人が満足してその感想を言っているかどうかの 信憑性は少し低いです。 結論 ひつこいですが、医薬部外品は防止や予防を 目的とするもので 治療を目的とするものではありません。 なのでこのブレスマイルクリアは 口臭や虫歯、歯石の沈着の 予防としては 優秀な歯磨き粉tと言えますが 歯医者に行く方が治療には効果ありです。

次の

ブレスマイルクリアを実際に使ってみた感想と口コミは?

ブレス マイル クリア 口コミ

歯を白くすることが期待できるけど• 実は虫歯予防が疎かになっていたり という「本末転倒な事態」が起こりかねないのです。 ブレスマイルクリアにしてからは これ1本でホワイトニングと虫歯予防対策ができるので、 断捨離好きの私にとっては、もはや手放せない商品となりつつあります。 一般的な歯磨き粉は「化粧品」に分類されており、基本成分だけで構成されています。 しかし医薬部外品の歯磨き粉は、薬用成分が含まれており、一般的には「薬用歯磨き粉」と呼ばれています。 薬用を表記するには、 その表示する効果効能に対して、厚生労働省からの承認を受ける必要があります。 つまりこれは、 特におすすめしたい人【3選】 ホワイトニング効果と口臭予防効果が認められているので、これらの2つの要素に関して気になっている人にオススメです。 その中でも、 以下の3つに当てはまる方には特にオススメしたいと思います。 また、有効成分ではありませんが、配合成分である 「メタリン酸ナトリウム」にも着目すべきです。 この成分は、 タバコやワインの着色汚れに特に有用とされています。 (すべての商品にはいっているわけではありませんが大多数に) 過酸化水素には 強力な還元作用があり、歯を白くする劇的な効果があります。 (歯科医で実施するホワイトニングにも過酸化水素を用います) ホワイトニング効果自体は強力なのですが・・・ 1つ重大な欠点が・・・。 それが、 とても「しみる」ということ。 そもそも欧米人に比べ、日本人は歯のエナメル質が薄いのです。 欧米人ように作られた過酸化水素入りのホワイトニング歯磨き粉は、日本人には強烈で刺激が強いのです。 日本人には、過酸化水素を使わない ポリリン酸ナトリウム系や メタリン酸ナトリウム系の歯磨き粉が良いです。 ブレスマイルクリアはメタリン酸系で、過酸化水素のように「しみる」心配もありません。 ちなみに、過酸化水素は日本では「劇薬」に指定されており、過酸化水素が配合された歯磨き粉というのは、一般には存在しません。 相手も注意しづらいし、マナー・エチケットとして「口が臭い男性」は、いかに他の要素が優れていても、 あらゆる側面から一発NGを食らってしまいます。 一般的な歯磨き粉でも口臭の予防は可能ですが、ブレスマイルクリアには口臭予防の有効成分が3種類も含まれています。 口コミが良いからと言って 誰にでもオススメは致しません。 以下の1つでも当てはまる要素があるのであれば、 購入を見送るべきでしょう。 ブレスマイルクリアで白くなれる程度の目安は、付属の「歯のシェードガイドカード」の 左から2番目までです。 最も左側のような「真っ白レベル」の歯になることは極めて困難なので、事前に認識しておくことが大切です。 事実、 口コミでも「真っ白になった」というレビューはありませよね?? このレベルの白さは、歯科医で実施するホワイトニングの 「過酸化水素」を用いなければなりません。 真っ白を目指すのであれば、回り道せず歯科医の「オフィスホワイトニング」を実施すべきでしょう。 市販の歯磨き粉がシュワッと泡立つのは発泡剤のおかげ、中でも「ラウリル硫酸ナトリウム」という成分が果たす役割が大きいです。 この成分は、泡立ちを良くするのですが、その反面、 安全面では賛否両論ある成分でもあります。 ブレスマイルクリアには、ラウリル硫酸ナトリウムが配合されておらず、泡立ち感・磨いた感は十分に味わうことはできません(しかし、それで十分ブラッシングできています) ほのかな「ミントフレーバー」はありますが、 シュワっ感はあまり感じ無いということを事前に知っておき、購入判断すると良いでしょう。 研磨剤「無水ケイ酸」というシリカ・石英の成分が配合されています。 一般的に、研磨剤は歯を削るイメージがあります。 それはそれで正解です。 しかし、無水ケイ酸の場合、 フッ素と混ざり合い、さらに ヒドロキシアパタイトと協力し合うことで、 研磨のデメリットを最小限に抑えつつ、着色汚れの除去と歯の再石灰化(エナメル質の修復)をサポートしてくれます。 参考: 研磨剤は、適切な配合で使用することでステイン除去に高い効果を発揮します。 しかしそれでも 「何が何でも研磨剤フリーの歯磨き粉がイイ!」というポリシーを持っている方にはオススメできませんね。 上記3項目に1つも当てはまらないのであれば、ブレスマイルクリアを選択する価値があります。 ブレスマイルの方は 定期便の継続回数条件が存在します。 よって、始めやすさ&定期便の解約のハードルの低さという観点から、 はははのはに軍配が上がります。 「はははのは」がおすすめの人 それは、 オーガニックに強いこだわりがある人です。 研磨剤や発泡剤など一切配合されていないので、化学成分に抵抗がある方には良い商品でしょう。 ただし、虫歯予防の為に配合されている成分が少ない&弱いので、 市販のフッ素入り歯磨き粉と併用するのが良いでしょう。 併用のコツに関してはこのサイトがわかりやすいですよ。 参考: ブレスマイルクリアの口コミ それでは最後に、ブレスマイルクリアを使った人の実際の感想を見ていきましょう。 やはり客観的な意見は大切ですからね!.

次の