乾燥性敏感肌 化粧水。 乾燥肌が使うべき化粧水まとめ|肌の状態・年代別でおすすめの化粧水

10代おすすめスキンケアBEST10

乾燥性敏感肌 化粧水

1.アトピー化粧水の選び方 アトピー肌の方が化粧水を選ぶとき、成分や刺激性について正しい知識を持つことで、より適切なものを選択できるように なるでしょう。 その際のポイントについてご説明します。 肌を健康な状態に導くものを使う アトピー肌の方は、化粧水が合わないことで慢性的に肌トラブルを繰り返すことが多いようです。 肌に悪影響を及ぼす化粧水を使用することによって、皮膚バリア機能はさらに低下します。 そこにアレルギーによる炎症が絡み合うと、健康な状態の肌を取り戻すことがより一層難しくなります。 バリア機能を高める 乾燥や刺激から肌を守る力は、角質層であるセラミドが不足することによって弱ります。 セラミド成分の減少により、• 水分を保つ力が弱まり、乾燥しやすくなる• バリア機能が弱まることで、炎症を起こしやすく、悪化させやすくなる ですから、アトピー肌の方が使う化粧水には、バリア機能を高めるための保湿成分が必要で、低刺激であることが求められます。 スキンケアの大切さ またここで重要なのが、皮膚を乾燥させないようにしつつ、角質層を整えて肌を保護するというスキンケアです。 スキンケアは、美容という側面だけでなく、肌の健康面からも重要な取り組みです。 基本的には、肌が乾燥しないように保湿を心掛け、紫外線を浴びない、肌を清潔に保つなどに気を配ることです。 化粧水の基本的な選び方や知っておきたい基礎知識については「」をご覧ください。 成分表示と添加物 アトピー肌の方におすすめしたい化粧水は、メーカーが肌ストレスに考慮して研究・開発しているものです。 接触アレルゲンを含まない• 刺激性が低い• 使用感がよい この3点に留意して成分や注意書を読み、ご自分の肌に合うものを見つけてください。 成分表示の義務化 日本では現在、化粧品に使用した全成分の表示が義務化されています。 しかし、アレルギーなどの皮膚トラブルを起こす恐れがあると国が定めた指定成分は102種類です。 つまり、それ以外のものが添加されていても、無添加と表示できるということです。 添加物 化粧水に含まれる主な添加物は以下の通りです。 防腐剤• メチルパラベン• フェノキシエタノール• エリチル酸 など 防腐剤には刺激性や毒性があると言われています。 しかし、化粧水にカビや細菌を増殖させないよう、品質保持のために使用されています。 石油系界面活性剤• コカミド• 水酸化レシチン• コポリマー など 石油系界面活性剤は、石油由来の成分で、水と他の成分を混ぜ合わせるなどの役割を果たします。 しかし、肌の皮脂分泌への悪影響も指摘されており、肌乾燥の原因にもなると言われています。 合成香料• アニスアルデヒド• 赤202• フェチネルアルコール など 香りがよくても、合成香料に含まれる揮発性のアルコール類は、人体に入ったときの毒性が心配されています。 さらに、香害と言われる匂いのアレルゲンともなっており、人体への影響は小さくはありません。 合成ポリマー• セルロース• 加水分解コラーゲン• ジメチコン など 合成ポリマーは合成の樹脂・ゴムのことで、変質や腐敗を防ぐ安価な原料として化粧品に使用されています。 しかし、皮脂の分泌を減らし皮膚の保水力を失わせるので、肌の乾燥が進みます。 紫外線吸収剤• t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン• メトキシケイヒ酸エチルヘキシル• オキシベンゾン など 紫外線が皮膚深部に透過しないように、紫外線を吸収する成分です。 ただし、化学反応を引き起こすため、人によっては刺激となる場合があります。 無添加の表示には注意を! 無添加表示をうのみにしない 添加物をやみくもに怖がる必要はないでしょうが、無添加の表示をうのみにせず、使用成分をきちんと知ったうえで使うようにしましょう。 化粧水に使用されている成分を理解し、添加物への知識を深めていくことで、自分の肌に合う化粧水を探す際の目安がはっきりするはずです。 パッチテストをしましょう 皮膚の刺激性を判断するのが、パッチテストです。 今は、多くの化粧品メーカーが安全性を図るため、パッチテストを推奨しています。 パッチテストをして、アレルギー反応がでたり、刺激を感じないか確認しましょう。 商品サンプルで試すこともできますから、安心して使うことのできるものを見つけてください。 参考: 私はアトピー肌ではないですが、肌が元気になる感じが気に入って使っています。 肌の水分と似ている組成なので、角質層のすみずみまでスーッとなじみべたつかずしっとりとした肌になります。 すべてのアトピー肌の方に合うとは限りませんが、健やかな肌を目指したい方におすすめです。 「アトレージュ 薬用 スキントリートメント」は、現代女性に多い敏感肌の悩みを解決しようと、生まれた化粧水です。 外からの刺激や環境の変化などで、不安定になりがちな肌を整え、素肌の力を引き出します。 レビューでも、刺激性がなく、優しく潤いを与えてくれ、肌トラブルが減少したと多くの声が上がっています。 「季節の変わり目にたっぷり使うと肌が痒みや赤みが治る」「ひどいアトピーで何を使ってもダメだったのが、これはもう15年くらい使っている」といった、アトピー肌の方から賞賛の声も多い化粧水です。 アトレージュ 薬用 スキントリートメントの詳細 メーカー アンズコーポレーション 内容量 200ml 参考価格 5,400円(税込) 1mlあたりの値段 27円(税込) 「オルナ オーガニック 化粧水」は、身体に悪影響を及ぼす成分は使用しないという開発者の思いが込められた化粧水です。 22種類のオーガニックと天然成分を配合し、添加物を一切使用していません。 敏感肌の方も安心して使用できますし、コラーゲンやセラミドなどの美容成分も配合され、健康な美肌へと導いてくれる逸品です。 レビューでも、「ベタつかず程よいしっとり感がいい」「乾燥が気になる春先までは手放せない」など、保湿効果への評価が高いようです。 お手頃価格の人気オーガニックコスメです。 オルナ オーガニック 化粧水の詳細 メーカー オルナ オーガニック 内容量 200ml 参考価格 2,041円(税込) 1mlあたりの値段 10円(税込) 「ドクターケイ ケイカクテルVローション」は、12種類のビタミンを配合した化粧水です。 ビタミンが肌を満たし、素肌そのものの保湿力を高めてくれるので、つけたてのうるおいが持続します。 ダメージのある肌が回復した、使っているうちに肌の調子が良くなってきたと、肌トラブルを抱える体験者がその効果をレビューで語っています。 ブースターやイオン導入剤としても使える高機能を考えると、この価格も納得です。 素肌に一番最初につける安全な化粧水として、おすすめします。 ドクターケイ ケイカクテルVローションの詳細 メーカー ドクターケイ 内容量 150ml 参考価格 7,560円(税込) 1mlあたりの値段 50円(税込) 「三朝みすと」は、世界屈指のラジウム温泉である鳥取県「三朝温泉」の源泉を100%使用した化粧水です。 光触媒技術によって温泉水を何度も濾過させ、天然のミネラル成分のみを残した化粧水ですので、肌へのなじみがよく、浸透性に優れています。 ミスト状なので、肌に隙間なく吸い付く感じで、ラドン泉に含まれる保湿成分が肌をやさしく包み込みます。 レビューでは、風呂上がりに使うという方が多く、「冬はカサカサ肌がしっとり、夏はひんやり気持ちいい」といった声が上がっています。 顔以外の全身にも使え、自然に肌になじむ気持ちよさが好評のようです。 三朝みすとの詳細 メーカー 三朝温泉旅館協同組合 内容量 200ml 参考価格 2,160円(税込) 1mlあたりの値段 11円(税込) 「ウィラード・ウォーター」は、敏感肌の方が安心して使える化粧水を開発したいとの理念のもとに研究を重ね、生まれた化粧水です。 化粧水が何も使えないという、アトピーなどの弱い肌の方が悩みから解放され、前向きに自信をもてるようにサポートすることを目標にするメーカーです。 多くのミネラルと有機成分により、肌の活力を助けてくれる化粧水です。 肌への浸透や吸収がよいのも特長です。 レビューを見ると、肌の調子がよくなった、肌荒れが治ったなど、肌のトラブル時にはこの化粧水が好評のようです。 ウィラード・ウォーターの詳細 メーカー ウィラード・ウォーター 内容量 220ml 参考価格 3,780円(税込) 1mlあたりの値段 17円 「アルピタ バリアミストローション」は、年齢を問わない肌の悩み、特に敏感肌に特化して開発された化粧水です。 天然のうるおい成分セラミドが、肌のバリア機能を高め刺激をブロックします。 細かい霧のミストタイプですから、肌に吹きかければよく、こする刺激から解放されます。 敏感肌でも大丈夫だった、肌が柔らかくなったなど、肌に悩みを持つ方がレビューで高い評価をしています。 アレルギー成分は不使用ですので、天然の保湿成分が肌をみずみずしく保ち、肌荒れを防いでくれる化粧水です。 アルピタ バリアミストローションの詳細 メーカー ミックコスモ 内容量 250ml 参考価格 1,296円(税込) 1mlあたりの値段 5円(税込) 「透明竹酢液」は、その名のとおり、竹を炭にするときに出る蒸留水を濾過して、化粧水にしたものです。 竹の天然成分である竹酢液を蒸留精製し、匂いや有害物質などを取り除いたものですから、そのまま薄めず使用できます。 竹酢液に含まれる竹の天然有機成分は約200種類以上。 なかでも、蟻酸成分には、肌を再生させる作用があるので、ダメージのある肌をやさしくケアしてくれます。 レビューのなかには、お風呂上がりや洗顔後に使用すると肌の調子が良くなるといった声や、肌の赤みや痒みも少なくなった、緩和されたという、アトピー性皮膚炎の方の声も上がっています。 透明竹酢液の詳細 メーカー 健カンパニー 内容量 500ml 参考価格 998円(税込) 1mlあたりの値段 2円(税込).

次の

乾燥性敏感肌・脂性敏感肌におすすめの化粧水!スキンケアのコツも解説

乾燥性敏感肌 化粧水

さっぱりとした質感ですが、 セラミドが配合されているため、肌をしっかりと潤してくれます。 ブランド:アルージェ(Arouge)• 容量:150ml• 価格:2,484円(税込) 2. アクセーヌ モイストバランス ローション 皮膚生理学に基づいた敏感肌向けのスキンケアブランド、 アクセーヌ(ACSEINE)。 こちらの「 モイストバランス ローション」は、脂性敏感肌さんにぴったりのベタつかないサラッとしたテクスチャーなのに、潤いが長時間持続するのが魅力的。 業界最小レベルの「超微細ナノカプセル化技術」により、潤い保持成分が角質層の深部にまで浸透。 潤いが溢れる、みずみずしい肌へと導いてくれます。 商品名:モイストバランス ローション• ブランド:アクセーヌ(ACSEINE)• 容量:360ml• 参考価格:5,500円(税抜) 3. アルビオン 薬用スキンコンディショナー エッセンシャル 「スキコン」の愛称で親しまれている、 アルビオン(ALBION)の超人気化粧水「 薬用スキンコンディショナー エッセンシャル」。 ハトムギエキスが配合されており、肌あれ・乾燥を防いでみずみずしい健やかな肌へと導きます。 清涼感のある使い心地なので、脂性敏感肌さんや夏のスキンケアにぴったり。 ニキビ予防のために愛用している方も多いようです。 商品名:薬用スキンコンディショナー エッセンシャル• ブランド:アルビオン(ALBION)• オルビス アクアフォースローション L(さっぱり) 角質層の水分量にアプローチする、 オルビス(ORBIS)の「 アクアフォースシリーズ」。 化粧水には2タイプがありますが、脂性敏感肌さんには「 アクアフォースローション L(さっぱり)」がおすすめ。 100%オイルカットなのでベタつかず、角質層にスッと浸透して潤いをたっぷりと与えてくれます。 ライン使いするとより効果を実感できるので、お得なトライアルセットから始めてみるのがおすすめですよ。 商品名:アクアフォースローション L(さっぱり)• ブランド:オルビス(ORBIS)• 容量:180ml• 価格(化粧水単品):1,620円(税込)• 価格(トライアルセット):1,296円(税込) 5. ヴェレダ アイリス モイスチャーローション 世界中で愛されているオーガニックコスメブランド、 ヴェレダ(WELEDA)。 こちらの「 アイリス モイスチャーローション」は、日本人の肌のために開発された、日本限定の化粧水です。 普通肌~混合肌・脂性肌向けの商品で、肌に足りない水分を補い、みずみずしい肌へと導いてくれます。 ベタつかない、さっぱりとした使い心地です。 商品名:アイリス モイスチャーローション• ブランド:ヴェレダ(WELEDA)• 容量:100ml• 価格:3,080円(税込) 6. ブルークレール ローズエステリッチローション 国産オーガニックコスメブランド、 ブルークレール オーガニック(bleu clair organics)。 化粧水の「 ローズエステリッチローション」には、オーガニックローズ水をはじめとする23種類もの植物成分を配合しています。 サラッとしているのにしっかり潤う、みずみずしい使い心地が魅力的。 単体使いも良いですが、リーズナブルなトライアルセットから始めてみるのもおすすめです。 商品名:ローズエステリッチローション• ブランド:ブルークレール(bleu clair)• 容量:155ml• 価格(化粧水単品):5,400円(税込)• 価格(トライアルセット):1,580円(税込) 7. ドゥーオーガニック エクストラクト ローション リペア 国産オーガニックスキンケアブランド ドゥーオーガニック(do organic)の、「 エクストラクト ローション リペア」。 エコサート認証・コスメビオマーク取得済のです。 柳蘭エキスや キューカンバーエキスを配合しており、キメの整ったなめらかな肌へと導いてくれます。 軽やかでみずみずしいテクスチャーなので、ベタつきが気になる脂性敏感肌さんにぴったりです。 商品名:エクストラクト ローション リペア• ブランド:ドゥーオーガニック(do organic)• 容量:120ml• 価格:4,104円(税込) 8. 化粧水は2つの種類がありますが、脂性敏感肌さんには「 フェイスローション L(さっぱり)」がおすすめです。 サラっとしたローションが素早く肌になじみ、潤いが長時間持続します。 無香料・無着色・低刺激性・パッチテスト済み・アレルギーテスト済み・アルコールフリーですので、敏感肌の方でも安心です。 容量:120ml• 価格:4,200円(税込) 9. キュレル 皮脂トラブルケア 化粧水 乾燥性敏感肌のために生まれたスキンケアブランド、 キュレル。 実は乾燥肌だけでなく、脂性肌用のスキンケアアイテムも販売されています。 こちらの「 皮脂トラブルケア 化粧水」には、皮脂のベタつきを抑制する成分と、潤い成分の両方が配合されているのがポイント。 ベタつきを防ぎつつ、なめらかで潤いのある肌へと導いてくれますよ。 商品名:皮脂トラブルケア 化粧水• ブランド:キュレル• 容量:150ml• 価格:1,453円(税込) 10. 無印良品 化粧水・敏感肌用・さっぱりタイプ プチプラ化粧水として人気がある、 無印良品のスキンケアシリーズ。 さまざまな種類がありますが、脂性敏感肌の方には「 化粧水・敏感肌用・さっぱりタイプ」がおすすめです。 コスパが良いので、全身にバシャバシャ使えるのも魅力的です。 商品名:化粧水・敏感肌用・さっぱりタイプ• ブランド:無印良品• 容量:400ml• 価格:980円(税込) ベタつかない化粧水で脂性敏感肌をケア! 脂性敏感肌さんにおすすめの化粧水を10種類ご紹介してきましたが、いかがでしたか?ベタつかないのに、肌に潤いをたっぷりと与えてくれる化粧水ばかりです。 また、どの化粧水も肌にやさしい低刺激処方なので、肌荒れを起こしやすい脂性敏感肌さんでも安心して使用できますよ。 過剰な皮脂や肌トラブルで悩んでいる脂性敏感肌の方は、ぜひこれらの化粧水を使用してみてくださいね。

次の

敏感肌の私が勧める!低刺激で保湿力の高い化粧水ブランド7選

乾燥性敏感肌 化粧水

<もくじ>• 敏感肌の原因は、肌が乾燥することです。 乾燥肌を改善するには、保湿が必須です。 だから、毎日の保湿効果の高いスキンケアをすることで乾燥肌が改善します。 乾燥肌が改善すると敏感肌も改善します。 そのためには、保湿効果の高いスキンケアを行う必要があります。 だから、化粧水を使う必要はありません。 化粧水は、ほぼ水でできています。 水だけで、肌の保湿はできません。 だから、 ほぼ水で作られている化粧水で保湿することはできません。 これが、敏感肌に化粧水を使う必要がない理由です。 特に、化粧水を使うとヒリヒリする、突っ張る、痛みを感じる方は要注意です。 もしかすると、化粧水を使うことで、敏感肌がひどくなっているかもしれません。 今すぐ、化粧水の使用を止めて、敏感肌にあった低刺激のスキンケアを行ったください。 あなたに大切なことは、化粧水を使うことではなく、低刺激で保湿できるスキンケアを毎日続けることです。 そして、 若々しくきれいな美肌を手に入れてくださいs。 化粧水とは そもそも『化粧水』って何でしょうか? 化粧水は、洗顔やメイク落としの後に使う化粧品です。 化粧水の役割は、肌に水分を補給することです。 水分補給だけでは、保湿することはできません。 だから、 化粧水に保湿効果があるわけではありません。 あくまで、化粧水の役割は、水分補給効果です。 実は、これ知らない方がたくさんいます。 でも、化粧水は水分補給しかできません。 だから、残念なことですが、 いくら探しても保湿できる化粧水は見つかりません。 これをしらないと、保湿効果のある化粧水を探すコスメジプシーとして、化粧品売り場やドラッグストアを永遠にさまようことになります。 ・敏感肌に化粧水が必要ない理由 化粧水の成分は、ほぼ水! 多くの化粧水は、95~99%が水です。 残りの1~5%が、水以外の成分です。 水以外の成分としては、有効成分が含まれています。 有効成分以外にも防腐剤が配合されています。 その他にも、化粧水の使用感がさっぱりしていればアルコール。 化粧水にキレイな色がついていれば、着色料。 化粧水からいい香りがすれば香料が、含まれています。 このように化粧水は、 水を除いたわずか1~5%の中に有効成分や防腐剤、着色料、香料などが配合されています。 化粧水の成分は、ほぼ水だとわかる化粧水成分の構成 こう見ると、いかに化粧水に、美肌効果のある有効成分の配合量が少ないかが分かります。 化粧品の中で、もっとも有効成分が少ないのが化粧水です。 ですから、 化粧水は、『ほぼ水』だという認識で間違いありません。 ほぼ水なので、化粧水は保湿することができません。 だから、敏感肌に保湿効果のない化粧水を使う必要はありません。 洗顔後や入浴後に化粧水を使う必要がない理由 通常のスキンケアでは、洗顔の後に化粧水を使います。 そうしないと、化粧水は皮脂にはじかれてしまいます。 皮脂は『油分』なので、ほぼ水である化粧水をはじいてしまいます。 だから、洗顔で肌表面の皮脂を落としてから、水分補給のために化粧水を使います。 あなたは、この化粧水の使用方法に疑問を抱きませんか? 通常、洗顔するときは、水をたっぷり使って顔を洗います。 つまり、洗顔した後の肌は、限られた時間ではありますが、とても潤った状態になっています。 このように潤っている状態の肌に、さらに、ほぼ水の化粧水を与えたところで、何か意味があるのでしょうか? 何度も言いますが、化粧水を使う目的は、肌への水分補給です。 肌への水分補給は、乾燥している肌にこそ、その価値を発揮します。 逆に、 潤っている肌に、水分補給しても意味はありません。 だから、洗顔後に化粧水を使う必要はありません。 もちろん、 洗顔後よりも肌が潤っている状態である入浴後にも同じことが言えます。 化粧水をたっぷり使う必要がない理由 よく「化粧水はたっぷり使ったほうが美肌効果がある」と言われます。 乾燥した肌に、たっぷりと水分を補給することで、肌が潤うというのが理由です。 でも、 肌が無限に水分を吸収し続けることはありません。 肌の厚さは、たったの0. 2㎜です。 そんなに、たくさんの水分を補給することはできません。 一定量を超えた化粧水は、肌表面に残ります。 このように 化粧水で肌がビチョビチョになった状態で、油溶性成分の多い乳液や保湿クリームを使ってもうまく塗ることができません。 これは、水と油は相性が悪いことが原因です。 化粧水を使いすぎると、肌の水分と油分のバランスが崩れてしまいます。 そのため、油分によるバリア機能が発揮されずに、保湿効果が弱くなります。 つまり、化粧水をたっぷり使うことが美肌効果を損なうことにつながります。 だから、 化粧水をたっぷり使う必要はありません。 化粧水だけのスキンケアは、乾燥肌になる たっぷり化粧水を使うことで水分は肌の上に残ります。 肌の上に残った水分は体温や気温によって蒸発します。 肌の上にある水分が気温や体温によって蒸発するとき、肌内の水分も一緒に蒸発します。 その結果、化粧水をたっぷり使う前よりも肌が乾燥してしまいます。 これを 『過乾燥』と言います 『過乾燥』は、乾燥肌の原因となり、また、敏感肌をはじめ、シミ、シワ、ニキビなど肌荒れを引き起こす原因にもなります。 だから、 化粧水だけのスキンケアは、敏感肌の原因である肌の乾燥を悪化させるので使う必要はありません。 敏感肌は化粧水を使う必要性はない 敏感肌に、化粧水を使ってはいけません。 これは化粧水だけに限らず、乳液や栄養クリーム、美容液などにも言えます。 「は?化粧水も乳液や美容液を使ってもダメって、一体何を使えばいいのよ!」 と言われそうですが、化粧品を使う必要がないという意味ではありません。 厳密に言うと正しくは、 できるだけ不必要な化粧品を使わず、本当に肌に必要な化粧品だけを使うことが大切です。 化粧品を使うとき、肌と手で摩擦が起こります。 美容液やクリームを塗るとき、すり込んだり、浸透させるためについつい指先に力が入ってませんか? たとえば化粧水の使用時に、コットンを使う場合があります。 コットンは、細かな繊維が肌への刺激になります。 また、化粧水を使う際、肌を叩くタッピングをする場合があります。 タッピングは、物理的な刺激が非常に強く、敏感肌にしてはいけない行為です。 このようなことをしても成分がより浸透する訳ではありません。 乾燥肌が改善する訳でもありません。 敏感肌にとっては、化粧水をはじめとする化粧品をたくさん使うことは肌への刺激となります。 敏感肌に刺激は大敵です。 肌への刺激を避けるためには、できるだけ不要な摩擦を起こさないことが大切です。 そのために 保湿効果の少ない化粧品を使わないことが賢明です。 特に、 化粧水は、コットンを使ったり、タッピングしたりして肌に刺激を与えます。 こんなことを繰り返していると、敏感肌がひどくなるだけです。 セラミドやヒアルロン酸配合化粧水などに、過剰な美肌効果を期待をしてはいけない理由 敏感肌になる要因は、主に肌の乾燥です。 乾燥によって、肌のバリア機能が低下することで、肌が過敏になってしまうのです。 健康な肌の人が刺激に対して何の問題もないのは、このバリア機能がきちんと働いているからだといえます。 肌が乾燥する一因は、肌内部の細胞に存在する『セラミド』や『ヒアルロン酸』が不足することです。 だから、敏感肌の人の中には、セラミドやヒアルロン酸が配合された化粧水が使う方もいます。 セラミドやヒアルロン酸が配合された化粧水を使うことで、体内のセラミドやヒアルロン酸が増えるとの想いからでしょう。 化粧品メーカーもそういった人たちを狙って、セラミドやヒアルロン酸を配合した化粧水を販売しています。 でも、断言します! そのような化粧水を使っても体内のセラミドやヒアルロン酸は、1mgも増えません。 よく考えてみてください。 体内にある組成と異なる成分が、外部から体内に入っていき、細胞内のセラミドやヒアルロン酸のある場所にたどり着き、それらと合体して、同じ働きをするでしょうか? 残念ながら、それは不可能です。 それに、もし、 体内のセラミドやヒアルロン酸を増やす効果があれば、その化粧水は化粧品ではなく医薬品です。 最近は、 セラミドは角質に存在するので、化粧品に含まれるセミラドと直接接触することが可能なために、「すごい美肌効果がある」と考える人がいますが、現状はそのような効果は認められていません。 また、セラミドの中でも美肌効果が高いと言われている『ヒト型セラミド』は、化粧水のような水系に溶けにくく配合量がごく少量になります。 そのため セラミド化粧水に配合されているヒト型セラミドは、超微量です。 どうしてもセラミド化粧品を使いたければセラミド化粧水ではなく、セラミドクリームがおすすめです。 個人的には、セラミドを体内に取り込む一番のおすすめの方法は、セラミドサプリで直接体内に入れるのがいいと思います。 化粧品の場合だと、セラミド化粧水に含まれるセラミドは、保湿剤として肌の上に乗っかってるだけです。 セラミドもヒアルロン酸も、それほど肌に吸着しないので、24時間以内に汗や皮脂と共に流れ落ちていきます。 もちろん、お風呂に入って体を洗えばすっきり無くなります。 だから、セラミド化粧水の効果に対して、過剰な期待は止めましょう。 セラミド化粧水の中身は、ほぼ水なので使う必要はありません。 1.保湿効果が高いスキンケアであること。 敏感肌の原因は、肌の乾燥です。 乾燥肌を改善するには、日々の保湿が欠かせません。 保湿で乾燥肌を改善すれば、おのずと敏感肌も改善することができます。 2.低刺激のスキンケアであること。 敏感肌には、刺激が大敵です。 出来る限り肌に与える刺激を少なくする必要があります。 だから、できるだけスキンケアをシンプルにしましょう。 一般的なスキンケアのように、化粧水・乳液・クリーム・美容液など、たくさんの化粧品を使うことは、敏感肌を悪化させる可能性が高まります。 保湿効果に優れた化粧品だけでスキンケアを行いましょう。 まとめ• 化粧水は、ほぼ水なので保湿できない• 洗顔後や入浴後に化粧水を使う必要はない• 敏感肌に化粧水をたっぷりつかう必要はない• 化粧水だけを使うスキンケアは乾燥肌になる• 敏感肌に化粧水を使う必要はない• セラミドやヒアルロン酸が配合された化粧水を使う必要はない• 敏感肌には、保湿効果の高い低刺激スキンケアを行いましょう このように、毎日のスキンケアに化粧水を使う必要はありません。 逆に、化粧水を使うことで肌に刺激を与えて、ヒリヒリすることもあります。 あなたに必要なのは、化粧水ではなく、肌に潤いをもたらす保湿効果と低刺激のスキンケアではないでしょうか? ぜひ、 やさしく保湿することで、みずみずしい美肌を手に入れて、楽しい毎日を過ごすしてください。 もし、あなたが高い保湿と低刺激のにスキンケアに興味があるなら、こちらのスキンケアをお試しください。 金額についてよくある質問 本商品の1ヶ月あたりの費用は? アクアテクトゲル(保湿)のみの場合 一番お得な購入方法(お得用サイズを定期注文)で、1ヶ月2,500円前後。 アクアテクトゲル(保湿)・ダブルクレンジングゲル(メイク落とし・洗顔)の場合 一番お得な購入方法(お得用サイズを定期注文)で、1ヶ月4,500円前後 定期注文したら得になるとかあるんですか? はい、定期注文だけの特典があります。 特典 ・購入合計金額に応じた割引 ・定期注文だけで貯まるポイントにあわせたプレゼント ・定期商品お届けのたびにプチプレゼント など そのため、ご愛用者の82. 6%の方が、定期注文をご利用中です。 定期注文は、お試しセットご注文の方に限りお申し込みいただけます。 どこで買うのがお得ですか? アクシリオは、アースケア公式サイトでのみご注文いただける商品です。 そのため、このページでの注文が一番お得です。 amazonやYahooショッピング・楽天など、モールでの販売も一切行っていません。 効果についてよくある質問 1本で本当にうるおうんですか? はい、うるおいます。 乾燥している部位や乾燥肌の方は、使用量を調整することで、肌にうるおいを与え、肌荒れや乾燥を防ぎます。 これまで2つ以上の化粧品を使用されてきた方は、最初、物足りなく感じられるかもしれません。 その場合は、美容液やクリームを塗るように、重ね塗りを行ってください。 お手入れを続けるうちに感覚が慣れてきて、うるおいやキメが整った肌のハリなど、保湿による効果を実感いただけます。 脂性肌にも効果がありますか? はい、効果が期待できます。 アクアテクトゲルで水分と油分を補い保つことで、肌の乾燥を防ぐことができます。 肌がうるおいを保てるようになると、乾燥により過剰になってしまった皮脂分泌が、適正になります。 皮脂が気になる箇所へは、アクアテクトゲルの重ね塗りをするお手入れがおすすめです。 しっかりとうるおいを与えて、肌の水分と油分のバランスを整えましょう。 シワに効果はありますか? はい、アクアテクトゲルは、乾燥による小ジワを目立たなくします。 ・シンプルケアで、刺激が抑えられること ・高い保湿力で、乾燥を防ぐこと この2つによって、シワを招いていた原因が解消されるためです。 気になる箇所は、アクアテクトゲルを重ね塗りするとより効果的です。 副作用についてよくある質問 パラベンって刺激になるんじゃないですか? パラベンにアレルギーをお持ちでない方にとっては、刺激はありません。 パラベン(メチルパラベン)は、多くの国で長年、化粧品の品質保持に活用されている成分です。 ポリマーって、肌によくないと聞くんですけど? ネットを中心にそのような情報が流れているようですが、化粧品成分によくある「誤解」のひとつです。 アクシリオシリーズには、ゲル化剤として、合成ポリマーに分類される成分を配合しています。 ネットでウワサされるような、肌を覆ったり、水分を弾いたりする事実は一切ありません。 無添加ですか? 石油系合成界面活性剤・アルコール・合成着色料・合成香料など、弊社が敏感肌には刺激となると考える成分は無添加です。 その他、特定の成分にアレルギーをお持ちで、配合されているかどうかをお知りになりたい場合は、全成分の一覧をご覧いただくか、お客様サポート係までお気軽にお問い合わせください。 一般的なスキンケアと比べてよくある質問 一般的なスキンケアと何が違うんですか? たった1本なのに、肌に必要な『保湿』をきちんと行える点が、一般的なスキンケア(化粧水・乳液・クリームなど、複数の基礎化粧品を使う方法)と異なります。 手間や時間・化粧品代などがカットできるのに、しっかりと肌にハリと潤いを与えられます。 他のオールインワンゲルと何が違うんですか? 保湿力が異なります。 世の中には、たくさんのオールインワンゲルがありますが、美白成分やコラーゲン・ビタミンCなど、スキンケアの本質=『保湿』とは関係のない成分が配合されているものがほとんどです。 中には、「オールインワン」と謳いながら、美容液やクリームなどを販売しているメーカーや、複数のオールインワン化粧品を展開しているメーカーもあります。 「1本でしっかりと保湿ができる」というゲルのメリットに特化していることが、アクアテクトゲルと他のオールインワンゲルとの大きな違いです。 保湿は、健やかで若々しい肌をキープするために欠かせないケアです。 また、肌は年齢と共に乾燥しやすくなるため、50代・60代など、エイジングケアを意識される方にほど、アクアテクトゲルが効果を発揮します。 赤ちゃんに使ってもいいですか? はい、ぜひご使用ください。 開発者の井上も、自身の3人の子供が乳児の頃から、アクアテクトゲルで全身ケアを行っています。 おむつかぶれや、あせもの予防にもおすすめです。 大人の方と同様、まずパッチテストを行ってから使用を開始してください。 手や体にも使えますか? もちろんです。 手・足・首・体・頭皮など、全身のスキンケアにご使用いただけます。 特に、手荒れケアでご使用の方は多いです。 また、赤ちゃんの全身ケアから、年配の方の体の乾燥対策など、年齢・性別を問わず、家族みんなのスキンケアとして活用いただけます。 「私の肌にも合うのかな?」「私の場合はどう使えばいい?」など、気になることはご遠慮なくお問い合わせください。 お答えするスキンケアアドバイザーもあなたと同じ、いろいろな肌トラブルを経験し、改善したものばかりです。 あなたのキレイ肌づくりを、精一杯サポートさせていただきます。

次の