シーバス ロッド 青物。 シーバスロッドで巨大青物と戦ってきた!

青物も釣れるエギングロッドとは?シーバスロッドでもいいかも?!

シーバス ロッド 青物

シーバス初心者です。 シーバスロッドを買おうと思って ロッドは決まったんですが、 硬さで悩んでいます。 MとMLで悩んでいるのですが 実際、どのくらい違うもの なんでしょうか? 釣り場は河口、サーフ、 防波堤です。 シーバスフィシングを ガッツリと始めたいので しんさんにアドバイス 頂きたいです。 よろしくお願いします。 よくある質問や 緊急性の高い質問など 当ブログの記事で お答えしていきます。 あなたもお気軽に問い合わせて 頂けると うれしいです。 よろしくお願いします。 シーバスロッドパワーM こんにちは、しんです。 おお、いきなりシーバスロッドを 新調されるということは、あなたは ルアーフィッシング経験者ですね。 なるほど、ロッドパワーですか。 分かりました。 それぞれ、解説させてください。 いわゆる、ロッドを曲げた時の 曲がり具合が硬いか柔らかいか の事です。 私のブログでもこちらは ロッドパワーと表現されているので 頭の片隅にでも 置いておいてくださいね。 では、いきましょう。 まず、ロッドパワー Mの方ですが シーバスフィッシングをメインで 考えた場合はハードタックル 寄りになります。 シーバスと言うよりは どちらかと言うと、 青物などに 丁度いい感じのロッドパワーです。 バイブレーションやメタルジグを 日常的にキャストするなら 余裕があって程良い感じですね。 ストレス無くランガン出来ると 思います。 ですが 反面、軽いルアーは 投げにくくライントラブルを 起こしやすくなります。 このロッドパワーで投げにくい 軽いルアーというのは、 10グラムから15グラムくらい。 いわゆるシーバスフィッシングで 使われるほとんどのミノーや シンペンが当てはまります。 と言っても、投げられない わけではありません。 でも、シーバスアングラーには ロッドパワーMのシーバスロッドを 使っている方が たくさん居ます。 では、なぜMを使う人が居るのか? これはホームフィールドが原因です。 地域によっては、例えば 外洋に面したエリアで ドン深に なっていて、足元から水深が かなりあるフィールドがあります。 サーフでも防波堤でもルアーを キャストすると、やけに 水深が あるフィールドや地域って ありますよね? 水深があると深いレンジを探る 事が多くなり、バイブレーション などでも軽いタイプはスピーディーに 探るのにかなりのストレスになります。 そして、そういったフィールドは 得てして青物の寄りが良く、 美味しいゲストが頻繁にバイト してきます。 こうなると、MLではちょっと 苦しくなるかもしれません。 さらに、 サーフでは基本的にルアーの 飛距離を出すために重さが必要に なることが多いですよね? ここで、ルアーを大きくして 飛距離を稼ぐために相性がいい Mのロッドが出てくるわけです。 つまり、あなたが通うフィールドの 水深も大きなヒントになります。 そしてあなたが通う河口やサーフ、 防波堤の特徴を総合的に考えて ロッドパワーを選ぶといいですね。 シーバスロッドパワーML さて、ロッドパワーMLで考えた 場合、シーバスフィッシングでは 丁度いいパワーになります。 人によってはMLでも少し 硬いという方も居ますね。 まあ、これはロッドの種類によって 同じMLの中でもロッドパワーの違いに けっこう 差がある事があるからです。 一般的には10~30グラムくらいの ルアーをキャスト出来ます。 そのため、シーバスフィッシングで よく使われるミノーやシンペン、 バイブレーションの重すぎないヤツ など、ほとんどのルアーを使えます。 あなたが、 「俺はシーバスしか狙わない」 と言うならMLですね。 そして、こちらは今度は 重いルアーが投げにくいです。 あなたの持ってるルアーが 平均25グラムとかだと結構 やりにくいと思います。 このMLはあなたの通う フィールドの水深が浅い時に いい感じですね。 シーバスフィッシングの水深は だいたい浅いです。 そういうところに居ますから。 と言っても、フィールドに 寄りますけどね。 それに、例えば河口などで バイブレーションを使うときに 28グラムもあるバイブを遠投したら 100% 根掛かりします。 河口という場所は上流から 常に砂や小石が流されてきて それらが底に堆積していきます。 ですから、河口でドン深な フィールドはほとんど無く だいたい 遠浅になっています。 近くへキャストするなら バイブが重くてもロッドで レンジを操作できますよね? でも、遠くへキャストすれば するほど、どんなに速くリールを 巻いても底を引きずってしまいます。 ですから、遠浅のフィールドで 28グラムを超えるようなバイブは ハッキリ言って使えません。 だからロッドパワーはMLで 十分なんです。 あなたはどう見ても釣りの 経験者ですから大丈夫ですが ごくまれに、 「ロッドパワーが強いほうが ルアーは飛ぶに決まってるだろう」 とか言ってる人がいます。 これは間違いではありませんが ただの極論です。 ルアーの飛距離と言うのは ロッドの反発力で引き出しています。 なぜなら、人間の能力には 限界があるから。 例えば、大砲の弾を大砲と 同じくらいの腕力と瞬発力で 飛ばせる人間がいるなら ロッドはただの 棒でいいわけです。 今のリールは高性能ですから、 棒にセットしてもドラグ機能だけで 魚を手元まで寄せてくる事が 出来ると思います。 でも人間の力には限界があり、 人の力と 人力+ロッドの反発力では 後者のほうがルアーの飛距離が 出るんです。 ちょっと考えてみてください。 ロッドパワーMのロッドに メバル用の1. 5グラムのプラグを セットしてキャストしてみます。 あなたはよく飛んで行くと 思いますか? 言うまでもないですね。 腕力だけでキャストする事に なります。 もちろんこれも極端な話。 ですが、パワーのありすぎる ロッドで軽いルアーを投げても ロッドの反発力を十分に生かせず 飛距離が伸びないのは分かりますよね? 逆もまた然り。 パワーのないロッドで重すぎる ルアーを投げても反発力がルアーの 重さに負けてしまいます。 ですから、MLよりもMの方が よく飛ぶなんて事はないです。 すべては、あなたが使う ルアーとのバランス。 あなたの個性やフィールドなど いろんなものを含めて考えた バランスが何より大切だという事。 まとめますと、 要するに、MとML どちらでもいいです。 ただ、あなたのフィールド、 ベイトの大きさ、狙っている魚 などから、ルアーが決まってきます。 そして、そのルアーと あなたのフィールドとの バランスを考えた時に始めて ロッドパワーが決まってくるんです。 あなたのフィールドには 河口とサーフがありますね? 場合によっては最終的に どっちも買ってしまうのも アリだと思いますよ。 単純に見るなら、軽いルアーを 使うなら MLで。 ほとんどのルアーが20グラムを 超えるなら Mでもいいと思います。 バイブレーションを多用するなら フィールドが浅いか深いかも 重要なので気を付けてくださいね。 それでは、また。 記事ランキング• 66,630件のビュー• 54,520件のビュー• 40,401件のビュー• 36,155件のビュー• 34,991件のビュー• 28,400件のビュー• 25,709件のビュー• 22,550件のビュー• 22,487件のビュー• 20,281件のビュー• 18,145件のビュー• 17,918件のビュー• 16,426件のビュー• 14,790件のビュー• 14,436件のビュー• 13,680件のビュー• 12,923件のビュー• 12,695件のビュー• 12,565件のビュー• 12,395件のビュー• 11,738件のビュー• 11,569件のビュー• 11,509件のビュー• 11,238件のビュー• 11,040件のビュー• 11,022件のビュー• 10,843件のビュー• 10,484件のビュー• 10,375件のビュー• 10,176件のビュー.

次の

モンスター級!青物OK!?最強ランカーシーバスロッド5選

シーバス ロッド 青物

シーバスロッドは初心者向けの1万円以下のモデルから、ベテランアングラー向けの5万円以上のモデルまで非常に幅広い価格帯のモデルが販売されています。 シーバスロッドは他のルアーフィッシングに比べて8から10フィート前後の長めのロッドが多く、安いロッドであれば自重が重く、感度も悪い大味なロッドが多い傾向があります。 しかし価格帯が上がるにつれて、高品質のブランクスやトルザイトガイドなどの最新のテクノロジーを採用し、長さを感じさせない繊細なロッドが増えます。 そのため細かいルアーのアクションや潮の流れをしっかりと読みながら、1日中ルアーを振り続ける本格はアングラーには高額なロッドが人気なのです。 もちろん安い価格でもシーバスゲームの醍醐味を味わえるロッドは幅広くラインナップされており、低予算でロッドを探したい方にぴったりのロッドも多数存在します。 ここでは実際に高いシーバスロッドと安いシーバスロッドを比較することで、その違いを徹底検証していきます。 シーバスでは定番とされる9. 6フィートモデルで見ても自重の差はなんと20グラム。 5グラムで重さに違いを感じるルアーロッドにおいてこの自重の差は取り回しのしやすさや1日中キャストを繰り返すことを考えると非常に大きな差です。 また8〜42グラムまでと扱えるルアーのウエイトが大味なソルティアドバンスに対し、エクスセンスは6〜35グラムと得意なルアーウエイトをあえて絞り込むことで、よりアングラーのニーズにしっかり応えられるロッドとして仕上がっています。 もちろんスパイラルX、ハイパワーX、トルザイトリングガイドなど、使用されている技術や素材は比較できないほどの差があり、4万円を超える価格差は皆さんが考える以上に大きなものなのです。 シマノから販売されているシーバス専用ロッドのエントリーモデル。 ルアーマチックに比べると価格が上がりますが、ステンレスのSICガイドが採用されているなど、シーバスゲームで使用されるPEラインを前提とした仕様です。 ラインナップは硬さの異なる9フィート台の3本が用意されており、使用するルアーやフィールドに合わせてロッドを選ぶことが可能。 大規模河川やサーフなどがメインの釣行ポイントのアングラーの方には、シーバスゲームをしっかりと楽しめるエントリーロッドに仕上がっています。 3代目となった本作はロッドの粘りと強度高めるマイクロピッチクロスフォースが採用されており、しっかりと曲がりながらもシーバスに主導権を渡さない仕上がりです。 シーバスモデルは8から11フィートまで10種類のモデルが用意されており、使いたいルアーやフィールドに合わせて最適な一本を選ぶことができます。 本モデルは今まで紹介した中で最も柔らかい1本です。 バイブレーションを遠投するような豪快な釣りではなく、小型ミノーやソフトルアーを使った、繊細なシーバスゲームに最適な調子になっています。 9ftあり軽いルアーでも飛距離を十分に稼ぐことができるのもポイントです。 都市型河川や漁港をランガンするような釣りを目指すアングラーの方には間違いなくオススメの1本です。 ダイワから販売されているシーバス専用ロッド。 外層をカーボンテープで締め上げたブレーディングX、オールSICガイドなどの最新技術が採用されており、中級者以上の方も満足できる性能のアイテムです。 また8から10フィートまでのさまざまな硬さのモデルがラインナップされており、扱えるルアーも非常に幅広いシリーズとなっています。 そんな中でもこの96MLは、長さ、使用できるルアーが、どんな状況にも高次元でマッチする1本です。 都市型河川で小型ミノーやソフトルアーを使う時、中規模河川で28g程度のバイブレーションを使う時、大規模河川河口域やサーフで遠投をする時、はたまた、突然沸いた青物のナブラにメタルジグを投げ込む時。 いろんなシチュエーションがありますがこの1本を持っておけばまず間違えなく対応できます。 高価な類に入ってしまうロッドではあるものの、本格的なシーバスゲームを楽しみたい方であれば最初の1本にも申し分のないアイテムです。

次の

これさえあれば大丈夫!ヒラスズキ、青物兼用ロッド・リール

シーバス ロッド 青物

ワインド釣法について 【ワインド釣法】はジグヘッドにワームをつけてエギングのようにしゃくる釣り方です。 ワームの動作は左右にダートさせ、それにより生まれる波動で食性を刺激しリアクションで魚を釣る方法です。 この釣法は、既存のルアーでできなかったアクションをジグヘッドとワームの組み合わせでできるようにした釣り方です。 【ワインド釣法】では浅いところから、深場までジグヘッドの交換でたやすく攻めるレンジを変えることができます。 【ワインド釣法】は、ルアーがダートする際に【高速でターン】するため、魚の捕食スイッチを入れやすく【高い集魚効果】を得ることができます。 半径35m以内に魚がいれば反応すると言われています。 魚種 ワインド釣法は様々な魚を釣ることができます。 魚種 ワインドの効果 河口やサーフで釣ることができる人気のターゲットです。 バイブレーションやメタルジグ等で釣ることが多いシーバスですが、左右の動きができるワインドで釣果に差をつける事ができます。 ボトムをズル引きして釣ることが多いヒラメですが、ボトム付近でワインドすることで、左右の動きを加えることができます。 これにより釣果に差をつけることができます。 ヒラメ同様、ボトムの釣りが中心であるマゴチ釣りでもワインドの効果は高く、左右の動きでイレギュラーなアクションをだせるため釣果に差をつけることができます。

次の