東宝 選考。 東宝の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

東宝株式会社の新卒採用・企業情報|リクナビ2021

東宝 選考

基礎的なことを座学で学び、その後、実際の業務を経験!• 他のインターンとは違い、「学ぶ」だけでは分からないことを「体感」できたのが大きかった。 カリキュラムのどれをとっても貴重な経験となり、本当に参加してよかったです。 企画の仕事を経験することで、自己満足で終わらせずに企画を考えるのは難しく、悩むことも多いが、だからこそプロデューサーという仕事の面白さを感じ取ることができたと思います。 座学でも実際の業務でも、社員の方が常にていねいに接してくれました。 おかげで終始楽しくカリキュラムに臨むことができ、様々な気付きや発見を得られました。 忙しい中でも、真剣にアドバイスや意見をくださって、それがいちばん刺激になりました。 ぜひこれからも続けて欲しいと思います! 映画や演劇の企画立案、プレゼンに取り組み、社員から鋭いフィードバック!• 自分の企画に対してプロの目線でフィードバックを受けることができ、感激しました。 プロフェッショナルとしての意識を実感として学ぶことができました。 社員の方による直接指導で、まさに「生」のお話が聞けました。 普段なかなか知ることのできない映画業界で働くとはどういうことかを知ることができました。 「なにより大事なのは熱意である」という言葉に感銘を受けました。 また、企画は常に難しさを乗り越えて観客のもとへ届けられているのだなと思いました。 用意されたハードルは高く、緊張感も最終日まで続きました。 難易度はかなり高いと感じましたが、社員の方にバックアップして頂けたので、難しくても、苦にはなりませんでした。 映画や演劇の生まれる現場で、仲間と共に、実際の職場を訪問!• 照明、カメラ、美術、音声、監督などスタッフが現場でどう動いているのか勉強になりました。 現場の日常を垣間見られたのは貴重な経験だと思います。 日常の学生生活では触れられないものに触れる機会が頂けました。 ますます映画業界に関する知識や興味・関心が深まりました。 どの職場でも、一人ひとりが情熱を持って、楽しんで仕事をしている姿を目の当たりにしました。 将来的には自分もそんな仲間たちと仕事がしたいと強く思いました。 インターン生同士、みなしっかりとした個性があり、互いに良い影響を与え合えました。 よい意味で「仲間意識の中でのライバル意識」が芽生えたインターンでした。

次の

【18卒採用選考】東宝株式会社のES・面接の選考体験記 総合職

東宝 選考

TOHOシネマズ株式会社は、全国各地に映画館を展開している日本最大級の映画興行会社です。 日本の映画ビジネス界のリーディングカンパニーとして、大規模なスケールと圧倒的なブランド力を活かしながら、常に新しいサービスを提供し続けています。 映画館は、お客様の感動や喜びに直に触れ合えるエンターテイメント空間であることはもちろんのこと、仕事内容は、より多くのお客様にお越しいただくための宣伝・企画・営業、100名近いアルバイトスタッフの採用・人材育成、ポップコーンやドリンクなどの飲食物の仕入・衛生管理、パンフレットやキャラクターグッズの商品陳列・売上管理など多岐に亘り、他の小売業やサービス業では経験できないような幅広いビジネススキルを身に付けることができます。 今回募集させていただく総合職社員は、様々な経験を積みながら、映画館でキャリアアップしていただくことはもちろんのこと、将来的には本社で宣伝や企画、上映作品の選定、人事・経理など、幹部候補生として様々な業務に携わっていただく可能性のある職種です。 是非とも、あなたの個性やアイデアをTOHOシネマズというフィールドで発揮していただけることを期待しています。 仕事内容 映画館の各セクションの運営・販売管理、アルバイトスタッフの採用・教育など• ボックス(チケット販売・インフォメーション)• コンセッション(飲料や軽食・スナック類の販売• ストア(パンフレットや映画関連グッズの販売)• そこで劇場運営の基礎を勉強し、各セクション業務と日々のマネージャー業務を体験していただき、本配属となります。 会社説明会 2021年新卒者向け企業説明会は、全日程終了いたしました。 現在、WEB説明会のアーカイブ動画を公開中! 下記より企業説明会の内容をご確認いただけます。 ぜひご覧ください。 [3月1日] マイナビWEB就職EXPO(約30分) 「」 応募方法 2021年新卒採用のエントリーは、3月29日24:00をもって終了させていただきました。 たくさんのご応募ありがとうございました。 【新型コロナウィルス感染拡大防止の影響による弊社採用選考について】 現在、様々な情報が行きかう中で、採用選考についてご不安を感じられていることもあるかと存じます。 弊社では現在のところ、エントリー期間の延長および、グループワーク選考中止の対応をさせていただいております。 その他、この度の採用選考について本件以外でも、変更される内容がある場合には、 選考参加者へ個別にご連絡申し上げます。 TOHOシネマズ株式会社 本社 【住所】〒100-8421 東京都千代田区有楽町1-2-2 東宝日比谷ビル5F 【担当部署】人事労政部 人材開発室 HP係 【TEL】03-5512-1240(直) 【FAX】03-5512-2255 【E-mail】.

次の

東宝インターンシップ2019

東宝 選考

と言えば映画や演劇などの配給がメインとなっている会社です。 は抜群で、の就職の難易度は非常に高い可能性があります。 に就職したいならばまずは難易度を知っておくべきですけど、の就職の倍率については公開されていないので、難易度はちょっと分かりづらいということが言えます。 の採用試験の難易度については、会社自体が大きいためにかなり高い可能性がありますが、の就職の倍率が分からないので正確には把握しづらいです。 ただ、すでに話したように倍率が低いということはないと思うので、そこは頭に入れておいてほしいです。 実際にを受ける上えまず知っておきたいのは学歴フィルターの有無でしょう。 学歴フィルターがあるのか?どうかというのは非常に重要です。 に就職したい人はそういった点も把握したうえで、受験をしていくと良いと思います。 ・の就職では学歴フィルターはあるのか? の就職における難易度に関して、学歴フィルターの有無を探っていきましょう。 学歴フィルターがあるのか?というと、倍率が分かりませんから、そういった情報以外のところから把握していくべきです。 の採用実績校を見ていくと良いのです。 の就職の採用実績校のデータは公開されているので、そこから推測ができるでしょう。 の採用実績校を見ると、採用がある大学の中で最もランクが低いのはやです。 載っている中での話なので、実際はもっと下のランクの大学からも採用がある可能性はあります。 だから、これだけで学歴フィルターの有無を判断することはしづらいですけど、やから採用があるならば、の就職で学歴フィルターがある可能性は低いと思います。 そもそもの就職の倍率がどれだけあるか?も分からないので、学歴フィルターの必要性があるのか?も分かりませんが。 の就職では学歴フィルターの可能性が低いと考える理由としては、やはり学歴フィルタ尾のの問題です。 学歴フィルターというのはどの辺が多いのか?というと、MARCHからと言われているので、が大丈夫ならば、MARCH以上が基準のケースの可能性がまず消えるわけで、それによっての就職における学歴フィルターの可能性は低くなります。 絶対に学歴フィルターがないと断言できるわけではないですが、の就職における難易度として重要なので、知っておきましょう。 の就職では学歴や大学名を見ないことはないと思いますけど、学歴や大学名をチェックするとしても限定的でしょう。 就活は人物重視に傾きつつあるので、学歴や大学名よりはその人自身の潜在能力と今後の成長力に企業は期待していると思います。 新卒の場合には特にそういったところを見ていると思うのです。 だから、の就職では学歴や大学名は関係ないわけではないのですが、これから努力すべきはそういったところであり、いかに面接などで自分の可能性をアピールできるか?が重要ということなのです。 に就職したい人はそういったところを頭に入れておくと良いと思います。 の就職の倍率は高いと思うので、しっかりとした対策が重要です。 そして、の就職の評判について知っておいてほしいですから、社員の口コミから職場の雰囲気とか、働き方についてチェックしておきましょう。 ・の就職の評判はどうなっている? の就職の評判を調べるときには、まずはの平均年収が重要となります。 の平均年収は900万円強くらいになると思います。 したがって、非常に高収入が期待できる会社ですが、の給料に関する評判としては、毎年1回昇給があり、年齢を重ねていくごとに徐々に自身の年収は上がっていくみたいです。 ただ、部署によって評価の仕方が異なるようで、そこに不満を感じているような口コミもありますが、それは他社でもあるようなことな気がします。 昇給がない全くないような会社も多い時代なので、昇給がちゃんとあるだけでも魅力的でしょう。 の働き方に関する口コミでは、1日当たりの労働時間は9~10時間となっており、そこまですごい多いわけではないです。 ただ、の就職の評判としては残業が多いという声も一部ありますし、あとは部署移動も多いという声があります。 プライベートが多少は犠牲になるという評判があるので、の仕事が激務になるとは言えないかもしれませんけど、忙しい雰囲気はあるのでしょう。 1日の平均労働時間からすると、のようなではなさそうですけどね。 瞬間的に激務になるようなことはあっても、それが恒常的に続くということではないのでしょう。 の仕事については激務まではいくケースは少ないと思いますが、それなりに忙しい可能性はあります。 しかし、の社員の口コミでは給料が良いから、ある程度満足しているという感じもうかがえますね。 それに残業があれば、残業代はきちんと出るようですし、全体的にはの就職の評判は高いと思います。 そして、会社自体が安定しているので、その点も評価されています。 実際は部署によって仕事内容も違いますし、それぞれでの仕事の忙しい程度も変わるでしょう。 だから、もしかしたらそこそこ激務に感じる職場もあるかもしれませんが、すでに話したように部署移動が頻繁にあるようなので、仮にの仕事が激務になりやすい部署になっても、すぐに解放される可能性があるということなのでしょう。 の採用試験の難易度は高いはずですから、こういったところも理解して、会社での働き方に関して把握してから受けると良いのではないでしょうか?企業研究などに生かせる情報が得られる可能性もありますから。 ・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト! 就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。 特に「 」は多くの就活生に知っておいてほしいです。 このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業が登録している学生を検索して気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。 こういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っているのです。 それは自分が内定を取るための確率が高い企業はどこか?というのが事前に分かるということです。 従来は自分が関心のある企業を選んで受けるので、企業側が自分に関心を持つか?は分かりません。 そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。 しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。 だから、スカウトが着た企業を受ければ自分に関心がある企業を受けられるので、少しでも確率が高い企業を受けられるのです。 ここはキミスカならではの大きなメリットと言えると思うのです。 普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。 だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。 さらにキミスカではスカウトが届いた企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして参加でき、選考の一部をショートカットできます。 こういった場合には他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。 キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。 こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。 無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。 denkiiruka.

次の