夏のボーナス 病院。 夏のボーナス削減、医師や看護師がストライキ「とにかく破れかぶれ」「全国の現場に伝えたい」 船橋二和病院(2020年7月15日)|BIGLOBEニュース

2020年夏のボーナス支給時期はいつ?コロナの影響は?

夏のボーナス 病院

医労連によると、ボーナスを減らす最大の理由は「コロナ禍による外来患者や入院患者数の減少、感染予防対策のための諸経費や人件費の増加」。 東京都や大阪府など、新型コロナウイルスの患者数が多い都市部を中心にボーナスカットの影響が大きく出ているという。 回答を集計した医労連の担当者は、「コロナの患者を受け入れているかどうかにかかわらず、職員たちは常に感染リスクにさらされながら、発熱チェックや感染予防対策にあたっています。 コロナによって通常よりも業務が加重になる上、極度の緊張感の中で働いている職員にとって、ボーナスをなくされたり半分に減らされたりすれば気持ちの糸が切れてしまいかねません」と話す。 同大労組のには、ボーナスゼロとの回答に対する組合員の抗議や不安の声が掲載されている。 「コロナで大変になり始めた時期から、心身ともにきつい場面がありました。 でも給料のため、ボーナスのため、自分が生きていくために歯を食いしばって頑張ってきました。 (中略)私たち看護職がいなくなったら、誰が看護するんですか?誰が患者さんを見るのですか?」(20代女性、看護師) 「コロナのことがあるので今までのような額の支給は期待していませんでしたし、それでもしょうがないと思っていましたが、まさか支給なしになるとは思いませんでした。 病院の指示通り行動を自粛し、パスポートも出しました。 (中略)業務内容は一切変わらないのに、昇給もしていないし、一時帰休だって受け入れて、収入は減る一方です。 「夏のボーナスまではなんとか持ち堪えられても、コロナ禍で経営悪化が長引けば、耐えられなくなる医療機関も出てくる。 そうなれば今年の冬のボーナスカットをする医療機関はさらに増えるでしょう。 このままでは退職希望者が続出し、患者対応をする看護師らの人手も不足して、深刻な事態になりかねない」と危機感を募らせる。 医労連は、国から医療機関に対する財政支援を求めている。

次の

医療機関が怖れる「6月危機」 夏のボーナス払えない医院も(2020年6月1日)|BIGLOBEニュース

夏のボーナス 病院

リーマン・ショック以来の大幅マイナス この夏のボーナスで、民間企業の1人あたりの支給額が前年比6. 4%減となると、その額は35万7000円。 予想どおりになると、リーマン・ショック後の2009年夏のボーナスが前年比9. 8%減だったことに次ぐ、大幅なマイナスだ。 世界的な設備投資の抑制や自動車の販売低迷に伴う製造業の不振で、2019年度下半期に企業収益が低迷。 2020年の年明けから新型コロナウイルスの影響が顕在化し、感染拡大が続いたことで、ボーナスにも影響が及んだ。 世界的な感染拡大を受けた輸出の減少、感染拡大防止に向けた休業の広がり、外出自粛に伴う国内消費の冷え込みにより、製造、非製造業ともに急速に業況が悪化。 先行き不透明感や雇用不安の増大により、春闘では、製造業でベースアップのゼロ回答が続出するなど、賞与のベースとなる基本給の伸びが鈍化した。 日本総研の見通しでは、大手企業では3月以降の情勢悪化の影響が本格的に反映されるのは年末賞与となるとみている。 一方、国家公務員の前年比プラス見込みは、夏季と年末の支給割合の平準化の影響のほか、人事院勧告(2019年8月)による月給の引き上げ(0. 09%増)が押し上げに作用している。 「これで公務員がそのままとか、許されないぞ」 コロナ禍による窮状がさまざまに報じられている中での「ボーナス予想」にネットの反応はさまざまだが、家計事情が苦しくなっているとみられる人たちからは、コロナの影響がない公務員に向けた恨み節が多い。 「公務員は何%下げる? 国会議員は100%削減でいいとして」 「税金なんか払わなくていーべよ! 無能な馬鹿議員にこれ以上給料報酬払いたくねーわ」 「当然、公務員も下げるんだろうな。 これで公務員はそのままとか、許されないぞ」 「まさか公務員には出ませんよね? そんなお金あったら、経済対策に回して下さいね」 保健所や公立病院など、コロナの対応に粉骨砕身している公務員の様子もメディアではしばしば報じられている。 そのことに気配りする声も......。 「常日頃最前線で頑張ってくれている公務員の方々には申し訳ないが、10%ぐらいの減額は協力して欲しいけど......。 とはいえ、各役所の窓口、救急車、警察、厚生労働省等々、皆さんにだって家族が居て不安でしょうに、仕事を続けてくれて本当にありがとうございます。 皆んなで攻撃しあうのではなく、こんな時だから日頃の当たり前がいかに皆のお陰で回っているのか気付いて、感謝できるキッカケにしたいですね」 夏より厳しい見通しの冬のボーナスについては、 「冬のボーナスや来年はもっと業績が落ち込むだろうから、当たり前に貰えないかもね」 「今年の冬以降の落ち込みが気になる。 アパレル業界はまさに厳冬!」 「冬はもっと影響受けそう。 大企業とて安心できない。 備えよ!」.

次の

夏のボーナス削減、医師や看護師がストライキ「とにかく破れかぶれ」「全国の現場に伝えたい」 船橋二和病院(2020年7月15日)|BIGLOBEニュース

夏のボーナス 病院

そろそろボーナスの時期ですね。 うれしい!! 医療事務のボーナスはいくらくらいもらえるのが普通なんでしょうか?ニュースでは大手企業5ヶ月分!!とか不景気のためボーナスカット!!とか。 様々な情報が溢れています。 医療事務のボーナス事情はあまりニュースになりませんが、多くの医療機関でボーナスは支給されています。 ぼくは何年も医療事務として働いていますが毎回ボーナスが支給されています。 これは医療事務をやっていて良かったことの一つになります!! 下手な中小企業よりも病院の方が経営的に安定していることが多いです。 一度もボーナスカットになったこともなければ、何月までに〇〇円の売り上げが必要だ!!みたいなことを言われたこともありません。 なので、今日はそんな医療事務のボーナスについて書いておきたいと思います。 医療事務のボーナスはいくらなの?何ヶ月分が支給されるの?という素朴な疑問について実際に働いているぼくの経験談を書いておきます。 もちろん病院の規模や経営状態にもよりますが。 病院に入社してからは定期的にちゃんと支給されています。 ぼくは過去の会社で ボーナスが無い年俸制や業績不振でボーナスカットも体験しています。 ボーナスカットって超かなしいですよ。 友達がボーナスで贅沢しているのにぼくにはボーナスが無いんです。 車検や旅行を考えていたのにお金が入ってこないんです。 ボーナスで大きな買い物をして贅沢を推奨するわけではありませんが、ボーナスの支給があるかギリギリまでわからないような会社に勤めるのは精神衛生上よくありません。 10月や4月に「このままだとボーナスの支給が困難です!営業は売上アップ!!事務はコストダウン!!」みたいな会議をされてもねぇ…。 医療事務のボーナスは4ヶ月分が支給される。 病院やクリニックの経営状態によりますが、勉強会などで他院の人からリサーチしたところによると、基本的には3ヶ月から5ヶ月くらいの間に収まります。 ボーナスが無い病院はありませんし6ヶ月など多額の病院もありませんでした。 美容クリニック系の自費診療は違うのかもしれませんね。 ぼくが働いている病院は4ヶ月分が基本的には支給されます。 夏2ヶ月、冬2ヶ月。 決算の具合が良ければ決算賞与が追加されます。 決算賞与は3万円や5万円という寸志の時もあれば1ヶ月分の時もあります 病院によっては夏1. 5ヶ月、冬1. 5ヶ月、春1. 5ヶ月というのもありました。 4ヶ月毎に1. 5ヶ月分のボーナスがあるのはちょっとうらやましい。 ほかには夏1. 5ヶ月分で冬2. 5ヶ月なんてこともありました。 つまり、支払い方はいろいろありますが 病院のボーナスは年間で3ヶ月から5ヶ月くらいの間になります。 ここは変えてほしい! 毎回ちゃんと支給されるのは良いのですが、ぼくが働いている病院ではどれだけ黒字でも4ヶ月分なんです! 赤字ギリギリの時も黒字でウハウハの時もしっかり4ヶ月分です。 前職では春闘で基本ベースが決定しました。 景気が良い時は5. 5ヶ月、悪い時は3ヶ月分とか。 基本給がベースになるので部長より多くもらった!みたいなことはありませんが、頑張った分がお金になって反映される方がうれしいです。 いつも同じというのは頑張っている人が損をするシステムなんですよね。 頑張っても頑張らなくても同じならサボってラクをして4ヶ月分もらったほうがお得ですから。 人事考課の弊害なのか差があまりつかない。 人事考課はボーナス金額の判断材料にも使われます。 査定により• A評価:プラス5%• B評価:プラスマイナス0%• C評価:マイナス5% みたいになります。 支給する総務は管理が容易いですけどね。 前職の時は頑張った人は報われる賞与体系でしたので少々納得がいきません。 A評価を取得すればプラス20%なんてこともありました。 昇給にも差がない病院なので先輩より頑張っても多くをもらうこともありませんし、テキトーにやっている後輩とも大きな差がないんです。 ボーナスの考え方。 半年分の成果が出てくる。 病院によってボーナス支給の考えは違いますが基本的には同じです。 夏のボーナス:10月〜3月の成果に対して支給• 冬のボーナス:4月〜9月の成果に対して支給 4月とか5月に一生懸命頑張っても夏のボーナス支給で影響は無いです。 6月に頑張っている分は12月の冬のボーナスに影響があります。 ちょっとだけズレているので頑張る時期を間違えないようにしましょうw 個人的なオススメは評価する時期の最後の方にアピールすることです。 上記のような病院なら3月と9月です。 上司が評価をするのは10月や4月の半期が終わったタイミングになりますので直前に成果を出すと印象に残りますからね。 ボーナスの使い道。 少しくらいは仕事関連に使って欲しい。 40歳くらいまではドンドン成長できる大事な時期なので自分への投資は積極的に行った方がいい考えてきます。 25歳の100万円と55歳の100万円の価値は絶対に違いますからね。 リフレッシュできるなら旅行なんかもいいです。 本当は仕事で使用するパソコンも個人用に欲しいのですがセキュリティーの関係上病院で用意されたものを使用しています。 それくらい自分の使用するアイテムは自分専用のものを用意したいです。 診療点数早見表だって個人用があればマーカーを引き放題だし付箋を貼り放題です。 折っても文句を言われません。 調べたところを振り返るものラクです。 そうやって少しずつスピードアップすることで、結果的には大きなスピードアップになります。 楽しいことやワクワクすることが増えるといいですね。

次の