大手門監査法人。 前代未聞、監査法人が金融庁を提訴したワケ

日本公認会計士協会 上場会社監査事務所登録情報 上場会社監査事務所名簿 事務所の概要

大手門監査法人

大手門は、城郭の攻守の要となる正門です。 攻撃の起点となるとともに、防御においても重要な役割を担います。 大手門法律会計事務所は、顧客企業様の「攻守の砦」として、法務会計的見地のみならず、顧客企業様が置かれている状況を的確に把握し、抱えていらっしゃるニーズや問題に即した解決策のご提案を致します。 多様化・複雑化するこの時代、多くの企業が様々なリスクにさらされています。 しかし、リスクを過度に恐れては、企業の持続的成長や企業価値向上は望めません。 潜在リスクを見越して先手を打つ(リスクヘッジ)一方で、リスクを取りに行く(リスクテイク)、このバランスこそが、今の企業に求められる行動規範であると考えます。 当事務所は、予見しうる様々なリスクを回避する方策を提言するとともに、万が一リスクにさらされてしまった場合には、最良の打開策をご提案致します。 顧客企業様の「攻守の砦」として、「企業活動を最大限にサポートする」、これが当事務所の行動指針です。 当事務所は、自らの専門知識や知恵、経験に誇りを持ち、難しい案件に対しても積極的に挑戦し、常識にとらわれない柔軟な発想で、正々堂々と、社会的価値のある解決を実現します。 その結果、顧客企業様の持続的な成長や企業価値向上、ひいては社会に貢献することを理念としています。

次の

監査法人大手門会計事務所 [ 中央区 ]

大手門監査法人

日本における監査法人別の顧客会社数シェアの状況(2009年) 日本において以下のグローバルなと提携しているを指す際に用いられる。 (と提携)• (と提携)• (のメンバーファーム)• (と提携) は「上場会社を概ね 100 社以上監査し、かつ常勤の監査実施者が 1,000 名以上の監査法人」を「 大手監査法人」と定義し、上記の4法人がそれに該当するとしている。 2018年5月には、この4法人で「残高確認システム共同プラットフォーム化推進協議会」を立ち上げ、監査先の債権・債務に対する残高確認手続きの効率化を図ることとなった。 また、• (NEXIA Internationalと提携)• (と提携)• (と提携)• (と提携)• (と提携 の5法人を「大規模な監査法人に準ずる規模の監査法人( 準大手監査法人)」 とし、その他の中小監査法人や個人開業の会計事務所等と区分している。 なお、現在のところ、の会長ポストは歴代これらの四大監査法人(又は出身者)から選出されている。 顧客企業 [ ] 2014年度決算に係る分の主な顧客企業(括弧は顧客企業数)。 新日本(上場960社)・・みずほFG、日立、東芝 、キヤノン、日産、東レ• トーマツ(915社)・・三菱UFJ、三菱商事、三井物産、ソフトバンク、イオン、電通• あずさ(692社)・・三井住友FG、NTT、住友商事、オリックス、新日鐵住金、パナソニック• PwCあらた(96社)・・トヨタ、ソニー、東京海上、ユニ・チャーム みすず監査法人の解体 [ ] かつて四大監査法人の一角だったは、の会計不祥事、のなど監査先の不正会計が次々と発覚し、より2006年7月から2か月の監査業務の停止命令を受けた。 中央青山は業務停止明けにに改称して再起を図るも、の会計不祥事による上場廃止騒動(会計操作が組織的に行われたとの確証が得られなかったとして上場廃止は回避された)が致命傷となり、みすず監査法人として監査業務を継続していくことが困難になったと判断。 2007年7月をもって監査業務からの撤退し廃業となり、同法人の社員や職員を他の3大監査法人を始めとする各監査法人に移管した。 その結果、東京事務所は事務部門を含めた大部分がへ、東京事務所の一部会計士グループ及び大阪事務所、福岡事務所がへ、名古屋事務所、広島事務所など(東京の一部含む)がへ移管された。 なお、京都事務所は、熊本事務所はとして独立した。 四大監査法人の交代 [ ] の業務停止処分に伴い、は、やといった多国籍企業に対する監査業務を引き継ぐために、日本における新たなメンバーファームとして2006年6月にを設立させ、これがみすず監査法人に代わって四大監査法人の一角を占めることとなった。 その他 [ ] 日本の資本市場では、会計監査人の変更が公表された場合に、四大監査法人から、小規模な監査法人や個人会計士に変更される場合には、経営者の見解が一般に公正な会計基準とは相容れないものがあったものとして株式の売り材料とされることがある。 脚注 [ ]• 2019年現在は、PwCあらた有限責任監査法人よりも太陽有限責任監査法人の方が大規模であるとの見方がなされるが、太陽有限責任監査法人は「準大手監査法人」として分類される• (2018年5月14日 有限責任監査法人トーマツ)• 公認会計士・監査審査会 2016年3月24日• 2016年3月期まで。 2017年度からはPwCあらたに変更。 「新日本監査に処分」日本経済新聞2015年12月23日 関連項目 [ ]• (かつての日本の四大監査法人の1つ、2007年清算法人に移行)•

次の

弁護士紹介

大手門監査法人

弁護士紹介 樋 口 達 WATARU HIGUCHI 経歴 1993年 3月 東京大学経済学部経済学科卒 1993年10月 会計士補登録 同月 監査法人トーマツ 現有限責任監査法人トーマツ 入所 1997年 4月 公認会計士登録 2001年 4月 司法研修所 2002年10月 弁護士登録 第一東京弁護士会 成和共同法律事務所 成和明哲法律事務所 入所 2007年 10月 成和明哲法律事務所パートナー 2012年 8月 公認不正検査士登録 2016年 6月~ 丸紅建材リース株式会社 社外取締役(監査等委員) 2018年10月~ 大手門法律会計事務所 代表パートナー 2019年 6月~ オルガノ株式会社 社外監査役 2019年10月~ アドバンス・レジデンス投資法人 執行役員• 弁護士• 公認会計士• 公認不正検査士• 第一東京弁護士会弁護士業務改革委員会税務部会員• 青山学院大学大学院非常勤講師(「企業再編の法と実務」平成18年~平成30年)• 日本弁護士連合会業務改革委員会外部監査人制度運営小委員会幹事(平成18年度~平成20年度)• 目黒区包括外部監査人補助者(平成18年度~平成20年度)• 日本コーポレートガバナンスネットワーク正会員 講演• 「コーポレートガバナンス・コードに基づく 株主総会招集通知の記載事例」(プロネクサス 2020年1月)• 「不正・不祥事の事例から 内部監査のツボを理解する」(企業研究会 2019年12月)• 「不正・不祥事事例から学ぶ効果的な内部監査の手法 第2回 」(プロネクサス 2019年12月)• 「 社外取締役のサポート実務~情報提供・内部通報・監査役との連携」(日本コーポレート・ガバナンス・ネットワーク MID事務局コース 2019年11月)• 「取締役会改革と役員の法的責任~グループ経営時代を踏まえた取締役会のあり方/取締役会の役割・責務~」 企業研究会 2019年10月• 「不正・不祥事の事例から 内部監査のツボを理解する」(企業研究会 2019年7月)• 「不正・不祥事事例から学ぶ効果的な内部監査の手法」(プロネクサス 2019年6月)• 「内部通報窓口の設置と社外役員の関わり方~突然の指名にあわてないための心構え」(日本コーポレート・ガバナンス・ネットワーク MIDプログラム 2019年4月)• 「不正・不祥事事例から学ぶ効果的な内部監査の手法 第3回 」(プロネクサス 2019年3月)• 「コーポレートガバナンス・コードに基づく 株主総会招集通知の記載事例」(プロネクサス 2019年1月)• 「不正・不祥事の事例から 内部監査のツボを理解する」(企業研究会 2018年12月)• 「 社外取締役のサポート実務~情報提供・内部通報・監査役との連携」(日本コーポレート・ガバナンス・ネットワーク MID事務局コース 2018年12月)• 「不正・不祥事事例から学ぶ効果的な内部監査の手法 第2回 」(プロネクサス 2018年12月)• 「取締役会改革と役員の法的責任~グループ経営時代を踏まえた取締役会のあり方/取締役会の役割・責務~」 企業研究会 2018年11月• 「不正・不祥事の事例から 内部監査のツボを理解する」(企業研究会 2018年7月)• 「不正・不祥事事例から学ぶ効果的な内部監査の手法」(プロネクサス 2018年6月)• 「内部通報窓口の設置と社外役員の関わり方~突然の指名にあわてないための心構え」(日本コーポレート・ガバナンス・ネットワーク MIDプログラム 2018年4月)• 「コーポレートガバナンス・コードに基づく株主総会招集通知の記載事例」(プロネクサス 2018年1月)• 「社外取締役のサポート実務~情報提供・内部通報・監査役との連携」(日本コーポレート・ガバナンス・ネットワーク MID事務局コース 2017年12月)• 「取締役会改革と役員の法的責任~グループ経営時代を踏まえて~」(企業研究会 2017年11月)• 「新任役員セミナー【共通テーマ編】~新任役員のための内部統制~」(プロネクサス 2017年7月)• 「不正・不祥事事例から学ぶ内部監査のツボ講座」(企業研究会 2017年7月)• 「不正・不祥事事例から学ぶ効果的な内部監査の手法」(プロネクサス 2017年6月)• 「取締役会改革とガバナンス強化の実践」(金融財務研究会 2017年6月)• 「取締役・監査役のための本年株主総会での想定問答~ガバナンスの新たなステージを踏まえて~」(産業経理協会 2017年5月)• 「コーポレートガバナンス・コードが求める取締役会のあり方」(プロネクサス 2017年4月)• 「内部通報窓口の設置と社外役員の関わり方~突然の指名にあわてないための心構え」(日本コーポレート・ガバナンス・ネットワーク MIDプログラム 2017年4月)• 「コーポレートガバナンス・コードに基づく株主総会招集通知の記載事例」(プロネクサス 2017年1月)• 「コーポレートガバナンス・コード時代の取締役会運営・役員の法的責任」(企業研究会 2016年11月)• 「コーポレートガバナンス・コードが求める取締役会のあり方(第2回)」(プロネクサス 2016年10月)• 「不正・不祥事の事例から学ぶ 内部監査のツボ」(企業研究会 2016年7月)• 「事例に学ぶ内部監査の勘所」(金融財務研究会 2016年6月)• 「不正・不祥事事例から学ぶ 効果的な内部監査の手法」(プロネクサス 2016年6月)• 「コーポレート・ガバナンス報告書開示に向けた取締役会のあり方」(プロネクサス 2016年5月)• 「CGコード時代の取締役会の在り方と決め手」(金融財務研究会 2016年5月)• 「平成28年株主総会における監査役等としての留意点」(日本監査役協会九州支部 2016年4月)• 「コーポレートガバナンス・コードが求める取締役会のあり方」(プロネクサス 2016年4月)• 「取締役会のあり方を巡る近時の議論の動向と対応」(産業経理協会 2016年4月)• 「コーポレートガバナンス・コードに基づく招集通知の記載事例」(プロネクサス 2016年2月)• 「コーポレートガバナンス・コードに基づく招集通知の記載事例」(プロネクサス 2016年1月)• 「コーポレートガバナンス・コードが求める取締役会運営」(企業研究会 日本型統合規範コード実例研究会 2015年12月)• 「コーポレートガバナンス・コード対応の開示と報告書の実務」(金融財務研究会 2015年11月)• 「不正・不祥事事例から学ぶ 効果的な内部監査の手法」(プロネクサス 2015年10月)• 「コーポレートガバナンス・コードの実務対応」(企業研究会 2015年10月)• 「社外取締役の質を確保するためのサポート体制の整備」(日本コーポレート・ガバナンス・ネットワーク 2015年7月)• 「コーポレートガバナンス・コード対応の開示と報告書の実務」(金融財務研究会 2015年7月)• 「コーポレートガバナンス・コードの実務対策」(企業研究会 2015年7月)• 「内部監査人のための内部監査実務 内部監査のツボ」(企業研究会 2015年6月)• 「工夫を凝らした事業報告の記載事例」(商事法務 2015年4月)• 「企業のリスク回避力を支える品質保証部門へのメッセージ」(企業研究会 品質革新マネジメントフォーラム 2015年3月)• 「会計不正の実務対応-不正リスク対応基準をふまえて-」(企業研究会 2014年11月)• 「事例から学ぶ 会計不正への具体的対応」(プロネクサス 2014年10月)• 「事例から学ぶ 会計不正への具体的対応」(プロネクサス 2013年10月)• 「会計不正の基礎知識と具体的対応策」(企業研究会 2013年7月)• 「第三セクター等の改革に関する実務講習会」(地方財務協会 2013年6月)• 「第三セクター等の改革に関する実務講習会」(地方財務協会 2012年6月)• 「第三セクター等の改革に関する実務講習会」(地方財務協会 2011年6月)• 「IFRSで企業法務が変わる」(プロネクサス 2011年5月)• 「IFRSで企業法務が変わる」(IPO検定協会 2011年4月)• 「IFRSで企業法務が変わる」(産業経理協会 2011年4月)• 「第三セクター等の改革に関する実務講習会」(地方財務協会 2010年6月)• 「第三セクター等の改革に関する実務講習会」(地方財務協会 2009年10月)• 「日弁連 外部監査研修」(日本弁護士連合会 2007年11月) ほか、企業内研修等において、株主総会、コーポレートガバナンス、内部統制、コンプライアンス、リスクマネジメント、債権回収等について講演。 著書・論文• 「IPO審査の最新トレンド :上場後までを見据え、実効的に機能させるために~内部監査体制整備の基本と工夫」(ビジネス法務2020年5月号)• 「事例でわかる 不正・不祥事防止のための内部監査」(中央経済社 2019年)• 「いま求められる社内規程の見直しポイント~グループガバナンスの強化」(Business Law Journal 2019年11月号)• 「KAM対応の心がまえ~監査役のKAM対応のポイント」(旬刊経理情報2019年10月1日号)• 「【連載】法務部に伝えたい "実効的"内部監査のコツ」(ビジネス法務2019年5月号~11月号) 他社に学べ、過去に学べ(2019年5月号 形式ではなく、実質的なチェックを(2019年6月号) その行動は合理的か?~違和感を大切に(2019年7月号) 内部監査での心構え~原則を大切に(2019年8月号) グループ会社は同じ会社?(2019年10月号) 一番大事なのは企業風土(2019年11月号)• 「2019年6月株主総会への準備対応 財務事項を中心とした本年株主総会の想定問答」(旬刊 経理情報 2019年4月10日号)• 「定時株主総会 直前チェックリスト」(旬刊 経理情報 2018年5月1日号)• 「役員に適切なインセンティブを付与するための規律の整備」(ビジネス法務2018年6月号)• 「実例に学ぶ 企業の実情を踏まえたガバナンスの開示」(商事法務 2018年)• 「子会社の非常勤監査役の心構えと対応ポイント」(旬刊 経理情報 2017年11月20日号)• 「ガバナンス、投資家対応、財務事項など 本年株主総会の想定問答」(旬刊 経理情報 2017年4月10日号)• 「コーポレートガバナンス・コードに対応した招集通知・議案の記載例」(商事法務 2016年)• 「事例で考える創業家の乱~大塚家具」(企業会計 2016年11月号)• 「株主還元の実態調査」(別冊商事法務No. 410 2016年)• 「議論活性化のための資料・情報提供と取締役会評価」(Business Law Journal 2016年6月号)• 「株主総会の想定問答・11のポイント」(旬刊 経理情報 2016年4月10日号)• 「株主還元の実態調査<中>」(資料版商事法務 2016年3月号)• 「コーポレートガバナンス・コードが求める取締役会のあり方」(商事法務 2016年)• 「訴訟損失引当金の会計処理ポイント」(旬刊 経理情報 2016年1月1日号)• 「『コーポレート・ガバナンス・システムの在り方に関する研究会報告書』における役員責任に関する事項のポイント解説」(デロイトトーマツ 企業リスク研究所「季刊企業リスク」2016年1月号)• 「開示事例から考えるコーポレートガバナンス・コード対応」(商事法務 2015年)• 「なぜ不正会計は永遠になくならないか」(プレジデント2015年10月5日号 取材協力)• 「2年目のCGコード対応」(ビジネス法務2015年11月号)• 「事業報告等の事例にみるガバナンス・コードの開示対応のポイント」(旬刊 経理情報 2015年5月10日・20日合併号)• 「会計不正が株主総会に与える影響の事例分析」(別冊商事法務No. 390 2014年)• 「突然の行使で慌てないために! 株主提案への対応」(ビジネス法務2015年3月号)• 「社外取締役の質を確保するためのサポート体制の整備」(資料版商事法務 2014年12月号)• 「部門別リスク分布図~経理部門」(Business Law Journal 2015年1月号)• 「過年度の「誤謬」訂正に関する情報収集ポイント」(旬刊 経理情報 2014年12月10日号)• 「招集通知における積極的な情報提供の取組み~取締役選任議案の記載事例を中心に~」(資料版商事法務 2014年9月号)• 「株主総会検査役対応の実務」(資料版商事法務 2014年9月号)• 「会計不正の調査委員会に経理部はどう対応するか」(旬刊 経理情報 2014年8月1日号)• 「図解でわかる新任役員研修~会計不正」(ビジネス法務2014年9月号)• 「100分でわかる企業法務~取締役のための会社法ノート~」(角川oneテーマ21 2014年)• 「不正リスク対応基準、社外取締役など CFOのための想定問答集」(旬刊 経理情報 2014年4月10日号)• 「条文から解説!会社法改正法案 会計監査人の選解任に関する決定権者の変更」(ビジネス法務2014年2月号)• 「会社役員が知っておきたい会計不正のはなし」(中央経済社 2013年)• 「取引先の倒産・M&A時に役立つ会計リテラシー」(ビジネス法務2013年1月号)• 「企業法務担当者のためのIFRS」(ビジネス法務連載2011年5月号~2012年4月号)• 「IFRSで企業法務が変わる」(中央経済社 2010年)• 「株主総会六法」(民事法研究会 2009年)• 「取締役の善管注意義務のはなし」 商事法務 2008年• 「新会社法 企業再編の要点」(商事法務 2006年)• 「新会社法A2Z非公開会社の実務」(第一法規出版 2006年)• 「敵対的買収と企業防衛」(日本経済新聞社 2005年)• 「会社法現代化要綱案のすべて」(商事法務 2005年)• 「実務会社法講義」(民事法研究会 2004年)• 「役員の責任と株主代表訴訟の実務」(新日本法規)•

次の