メルペイ 後払い キャンペーン。 メルカリからのお知らせ 10/3まで期間延長決定!【8/30〜10/3】最大1億ポイントがもらえる!?「すすメルペイキャンペーン」開催中!

メルペイ“あと払い”で最大70%還元キャンペーン。8月11日まで展開

メルペイ 後払い キャンペーン

メルカリとは、皆さんご存知だとは思いますが、大人気のフリマアプリですね!スマホで簡単に売買する事が出来る事から幅広い年齢層に支持されています。 メルカリの何がすごいかというとクーポンがすごいです。 クーポンってほとんどが「5%off」や「10%off」だと思いますが、メルカリのクーポンはそんなもんではありません。 154円のバームクーヘンが11円になったり、100円のアイスカフェラテが11円になったりします。 常に同じクーポンではなく入れ替わりがありますし、クーポンによってはメルペイで支払わなくても使うことが出来るものもあるので、非常にオススメです。 筆者は、メルカリクーポンからのメルペイ後払いキャンペーンを使ってこの2品を買いました。 これを計算すると、 6. 6円でこの2品を買えました。 以前は、メルカリでの売上金を一度指定口座に振り込まなければ現金化する事は出来ませんでした。 「メルペイ」を利用することで、手数料0円でチャージ・支払いに利用する事が出来るアプリです。 この一連の流れでお金を利用できる点がそのほかのペイメントとの一番の違いであると思います。 銀行に振り込んで現金として使う• メルペイでのお支払いに使う の2つの方法があります。 銀行振込の場合、通常振り込みとお急ぎ振り込みの2種類があります。 通常振り込み 通常振り込みの場合、売上金を銀行に振り込む際に、振り込み手数料が200円ほどかかります。 また、振り込み申請の締め日から数えて4営業日目に振り込まれます。 振り込み申請の締め日は、月曜日です。 しかも、売上金では 180日間の振込申請期限 有効期限 があるので、注意が必要です! それに対して初めにも説明しましたが、メルペイでは上記の振込とは違い 手数料0円・チャージ料0円で利用する事が出来ます。 またメルカリで獲得した売上金は、すぐにポイントに交換する事が出来るので、時間も全くかかりません。 「アプリでかんたん本人確認」をするとさらに良いことが! 「アプリでかんたん本人確認」を行うことで、以下の 2つのメリットを更に享受する事が出来ます。 メルカリでの売上金の有効期限が無くなる• メルカリの売上金がそのままメルペイ残高になる 本人確認を行うことで、売上金の有効期限が無くなるので「いつまでに使い切らなきゃ、交換しなきゃ・・・」という心配をする必要もありませんし、メルカリの売上金を利用する際に「売上金からポイントを購入」というひと手間を省くことが出来ます。 意外と知られてませんが、スマホ決済アプリでセブンイレブンに対応しているのはメルペイだけなんですよ! メルペイのデメリット お買い物時にポイントが付かない メルペイでお買い物をするときには残念ながら、ポイントは付きません。 メルペイのお支払いでは、このようなポイントの取り方をする事は今の所出来ませんので、重複してポイントを獲得したい方には適していないかもしれません。 クレジットカードが使えない メルペイは、「メルカリの売上金」もしくは「銀行口座からのチャージ」のみでの利用になっているのでクレジットカードからの引き落としを行うことは出来ません。 メルペイ後払いを利用する際にも「 登録銀行からの引き落とし」もしくは「 ATMでの振り込み」となっているので、この点は少々不便化もしれません。 これらが主なデメリットになります。 メルペイを利用する バーコード・QRコード支払いの方法• メルカリアプリを開きます。 画面右下あたりにある「メルペイ」ボタンを押します。 画面左「コード払い」を押します。 画面にバーコード・QRコードが表示されますので、「メルペイで!」と伝え、こちらをスキャンしてもらえば完了です。 こちらの方法では、メルカリの売上金があり、お金が入っている場合は特に登録等せずに利用する事が出来ます。 IDで支払う方法• メルカリアプリを開きます。 「メルペイ」を押します。 「売上金・ポイントをお店で使う」を押します。 「設定をはじめる 無料 」を押します。 「次へ」を押します。 「設定をはじめる 無料 」を押します。 電話番号認証で、暗証番号を入力したら「認証して完了」を押します。 「電子マネーの情報を追加」を押します。 「次へ」を押します。 これで完了です! これで登録の完了です。 IDでの支払いが可能になります。 引用: 動画での説明がある通り、サイドボタンをダブルタップもしくはホームボタンをダブルタップする事で簡単に支払いをする事が可能になります。 銀行口座の登録方法 メルカリの売上金がない場合、メルペイを利用する為には銀行口座の登録が必要不可欠になります。 銀行口座の登録方法は、• メルカリアプリの「メルペイ」ボタンを押します。 「お支払い用銀行口座の登録」ボタンを押します。 設定の際は、支払い方法を「メルペイ残高」に切り替える必要があります。 「銀行口座を登録する」ボタンを押します。 銀行の選択を行います。 「ok」を押します。 これで完了です!! 各銀行の登録方法に関しましては、銀行によって変わるのでここでは説明を省略していますが、案内に沿って実行していくだけなので簡単にできると思います。 銀行口座からチャージして使う場合には、上記での設定が完了していれば、メルペイ画面に「チャージ 入金 」ボタンがあるので、こちらをタップして金額の選択をするだけで簡単に行うことが出来ます。 実際の本人確認の方法は動画の方が分かり易いと思いますので、下の動画をご確認下さい。 この表記の変更は銀行口座に登録した場合にも同じようになります。 メルペイ後払いとは? メルペイ後払いとは、今月の購入代金を翌月にまとめてお支払いできるサービスです。 メルカリでのお買い物や、メルカリ以外でも全国のメルペイが使えるお店でのお支払いに利用する事が出来ます。 メルペイ後払いのメリット• 何度買い物をしても支払いは月に一度のみ• 支払いはよく月後払いなので、手元にお金がなくても欲しいものをすぐに買える• 後払いの上限金額は変更可能 上記のようなメリットがありますが、決済手数料として300円が必要になります。 利用すると手数料がかかる事は把握をしておきましょう。 清算の流れとしては、• 「お客様番号を発行する」を選択します。 口座振り込みで清算する方法 こちらでの振り込みを選択すればコンビニに行く事なく自動で引き落としをしてくれます。 ご利用月の翌月10日が振替申請日になるので、9日までに口座の設定をする必要があります。 ご利用月の翌月27日に登録した口座から自動的に引き落としが行われます。 始めの方にも書きましたが、銀行振込をする際には手数料がかかりますし、振り込まれるまでの時間もかかります。 僕としてはメルペイでそのまま利用するほうが使い勝手が良いのでオススメです! メルペイを解約する方法 メルペイは解約せずに辞めることが出来ます。 利用を辞めたい場合には、登録した銀行口座と電子マネーを削除することが必要です。 銀行口座を削除する方法• 「メルペイ」ボタンを押します。 下にスクロールして、「メルペイ設定」を押します。 「銀行口座」を選択します。 右上の「編集」ボタンを押します。 メルペイ電子マネーを削除する方法• Walletアプリを起動します。 メルペイ電子マネーを選択して、右上の「…」を押します。 「このカードを削除」を押すと、削除が完了します。 筆者が使ってみて 大体一か月程度利用していますが、総じて「かなり使いやすい」と思います。 というのも、ID登録をしているので財布はおろか、携帯すら開かずに支払いを済ますことが出来ます。 最初は「そこまで楽をしなくても」と思っていましたが、これに慣れるとほかの支払い方法がめんどくさくなるくらい快適です。 デメリットとして、「ポイントが貯まらない」や「クレジットカードで支払いが出来ない」という点を挙げましたが、「ポイントが貯まらない」に関してはメルカリのクーポンとキャンペーンがお得すぎるので特に損をしているような感覚にはなりませんでした。 ただ、後払いの支払いをクレジットカードで行えると更に良いと思うので、今後に期待です。 クーポンやキャンペーンでかなりお得に利用することが出来るメルペイ。 使わない理由はあまりないと筆者は思います。 お得すぎるメルペイをぜひ使ってみてはいかがでしょうか?.

次の

メルカリからのお知らせ 10/3まで期間延長決定!【8/30〜10/3】最大1億ポイントがもらえる!?「すすメルペイキャンペーン」開催中!

メルペイ 後払い キャンペーン

もくじ• メルペイの「スマート払い」とは? メルペイで新しく始まった「スマート払い」とはなにか?を解説いたします! 「スマート払い」はかつての「メルペイあと払い」を名称変更したもの 新しいサービス名称に見える「スマート払い」ですが、かつてメルペイに存在していた「メルペイあと払い」の名称がそのまま変更されただけ、と考えると分かりやすいですね。 では、そもそもの「スマート払い」とはどのようなものなのか?というと、支払いのタイミングなどはクレジットカード払いと似ていて、• その月に購入したものの金額を翌月に支払う• その支払い方法を自分で選択することができる というのが特徴となります。 メルペイ残高払い• コンビニ/ATM払い• 口座振替 の3種類から選択することができます。 ただし、2、3の支払い方法の場合、1回の支払いに手数料として300円がかかる点がネックになります。 (翌月払いせずに最初から残高払いでいいのでは?という意見も…。 ) メルペイスマート払いの設定方法 では、今現在の状態から支払い方法を確認し「メルペイスマート払い」になっているかどうか、支払い方法を変更する方法はどのようにするかを解説いたします。 メルカリのバージョンを確認する まずはメルカリのバージョンを確認することが必要です。 「スマート払い」が設定されていない場合は、こちらから本人確認などの手続きを行うことができます。 メルペイの「スマート払い」キャンペーンも同時に開催 今回、名称変更を行った「メルペイスマート支払い」ですが、 利用促進のためのキャンペーンもいくつか開催されています。 終了1ヶ月前にキャンペーン終了の告知がされる、とのこと。 ちなみにこのキャンペーン、キャンペーン開始以後に「お店でも使えるメルペイスマート払い」の設定をすること、が重要で、それ 以前に設定が完了されているとキャンペーンの対象とならない点に注意が必要です。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は「あと払い」から「スマート払い」への名称変更を行った『メルペイスマート払い』の内容を再び詳細なご紹介をさせていただきました。 スマート払いのメリットとしては 「これがほしい!けど、今この瞬間にはお金が無い!けど、数日後にメルカリでの売上が入ってくる!」 という時に使用する価値があるものですね。

次の

「メルペイスマート払い(旧メルペイあと払い)」後払い利用分の支払い方法・支払期限・手数料・メルカリ売上金清算・ポイント充当・定額払い

メルペイ 後払い キャンペーン

目次 メルペイの後払いサービス「メルペイスマート払い」とは? メルペイスマート払いとは、お店で支払った代金を翌月にまとめて後払いできるサービスであり、 メルカリでの買い物やコンビニなどの実店舗における支払いに利用可能です。 元々メルカリでは支払いを翌月にまとめて行える「メルカリ月イチ払い」と呼ばれるサービスがありましたが、メルペイの登場で同サービスが後継される事となり、 メルカリ内の買い物以外にもiDを使った決済に対応されるようになりました。 メルペイスマート払い 後払い を利用するメリット メルペイスマート払いを利用するメリットを見ていきます。 何度買い物をしても支払いは月に一度のみ• 支払いは翌月後払いなので商品をすぐに購入できる• 利用金額の上限は全て自分で設定できる メリット1:何度買い物をしても支払いは翌月に一度のみ メルペイスマート払いを活用すれば、 当月に何度買い物をしても支払いを翌月の一回切りで済ませられます。 なので、利用者は現金を持っていなくてもメルペイを使って買い物が出来る上、その都度メルペイにチャージする手間を省く事が出来るようになります。 メリット2:支払いは翌月後払いなので商品をすぐに購入できる 「今買いたい商品があるけど、まとまったお金が無い…。 」 そんな人は、 メルペイスマート払いを使う事で欲しいものをすぐに購入する事もできます。 特に、クレジットカードを持っていないような方であれば、このサービスはかなり画期的なのでは無いでしょうか。 当月の支払い分の利用明細は翌月1日に通知されますが、 1日から末日まで好きなタイミングで清算する事が可能です。 出典: このように、実質メルカリ側からお金を借りる事が可能となるので、クレジットカードを持っていない人でもお金のやり繰りを柔軟に設定する事が出来るようになります。 メリット3:メルペイスマート払い 後払い の上限金額は全て自分で変更できる 「とはいっても、後払いだと使い過ぎてしまいそうだし心配だな…。 」 そう考える方も多いかもしれませんが、 メルペイスマート払いサービスでは利用金額の上限を自分で設定できます。 このように、予め自身で上限額を設定しておけば、使い過ぎの心配も解決出来るでしょう。 ただし、自分で最大上限金額の増額を行うことはできないので注意が必要です。 メルペイスマート払い 後払い にかかる手数料は? メルペイスマート払いにかかる手数料について見ていきます。 手数料は精算時の300円 メルペイスマート払いでかかる手数料は毎月の精算時に300円となっており、 月に何度使っても料金は変動しません。 残高払いとは、銀行口座からチャージした「メルペイ残高」で清算する方法。 残高払いなら1ヶ月間無理しで後払い制度を利用できる上、「自動引き落とし」も設定できるので、面倒な清算作業をせずに済みます。 残高払いでお得にスマート払いを使いたいなら「ジャパンネット銀行」に登録しよう! というわけで、メルペイスマート払いを使っていくなら、清算手数料が無料でかつ自動引き落としにも設定できる「残高払い」が圧倒的にオススメなわけですが、 残高払いをする為には「メルペイ残高」へ銀行口座からチャージする必要があります。 そこで! メルペイへのチャージにオススメな銀行口座が です! ジャパンネット銀行は3万円以上の入出金なら手数料無料 の入出金手数料は毎月最初の1回が0円に設定されていますが、2回目以降も3万円以上の入出金であれば、 いつでも何回でも手数料無料となります。 ご覧のように、主要なコンビニに設置されているコンビニATMでも、 3万円以上なら手数料が完全無料。 今まで「コンビニのATMだと手数料がかかっちゃう…。 」といって、わざわざ地方銀行のATMまで駆けつけていた人も、ならある程度まとまった入出金をすれば、 コンビニのATMで24時間手数料無料で便利に使っていけます! メルペイ以外の主要なスマホ決済サービスにも登録できる なお、はメルペイ以外にもLINE PayやPayPayのチャージにも使えるので、 複数のスマホ決済サービスへのチャージを一つの銀行口座で管理できます。 最近では、各キャンペーン毎にスマホ決済サービスを使い分ける機会も多いと思いますが、それぞれ違った銀行でチャージをしてると お金の管理がしにくくなりますよね。 なので、「複数のスマホ決済のチャージを一元管理したい!」という方は、主要なスマホ決済に対応しているを選ぶと良いでしょう。 Visaデビットを3回以上利用すれば1,000円がキャッシュバックされる それだけではありません! 今ならのVisaデビット機能を3回以上使えば、 もれなく1,000円がキャッシュバックされるキャンペーンも開催中です! 以上のように、はメルペイに登録して使うメリットが盛りだくさんなので、是非この機会にジャパンネット銀行を使ってみてください! もちろん発行手数料は無料で、 最短5日でカードが届きます! メルペイスマート 後払い の上限金額の増額はどうやって決められてるの? 「メルペイスマート払いの上限金額を増やしたい…。 」 メルペイスマート払いを今後も継続的に利用していきたいと考えているあなたは、このような疑問を持っているのではないでしょうか? 結論、メルペイスマート払いの最大上限金額は、 利用者一人一人のメルカリでの商品のやり取りなどに基づいた「信用スコア」によって決められています。 なので、 人によってその上限金額が異なる場合があります。 なお、mercariBox内でのユーザーによる投稿によると『上限金額がたった1,000円しかなかった』という声もありました。 お店でのメルペイあと払い設定を行う• 「メルペイ>支払い方法を変更」より、「メルペイあと払い」を選択• 銀行口座の登録を行う場合、まずはメルカリのアプリを開いて「メルペイ」を選択し、「お支払い銀行口座を登録する」をタップして「銀行口座を登録する」を押してください。 次に自身の登録したい銀行を選択すると、各金融機関毎に必要事項を記入する為のフォーマットが表示されるので、指示に従いながら記入を進めて銀行口座の登録を完了させましょう。 メルペイスマート払いの設定を行う メルペイスマート払いで設定する方法ですが、メルペイの画面から「メルペイスマート払い」を選択して「設定をはじめる」をタップします。 次にメルペイスマート払いの申し込みをしますが、利用目的を確認して赤いボタンをタップして、利用上限金額を自分で選んでください。 するとメルペイスマート払いの設定が完了するので、自身で設定した利用上限金額をしっかりと確認しておいてください。 なお、設定後は以下のように、支払い方法を「スマート払い」に変更すれば、スマート払い利用枠に沿った支払いができるようになります。 残高払いでの清算方法 残高払いでの清算方法ですが、まずはメルペイから[メルペイスマート払い]をタップして、次の画面で支払い方法を[残高払い]に選んでおきましょう。 そして、メルペイのスマート払いを使った翌月に「支払いが可能になりました」と通知が届くので、以下の赤枠をタップして、その月の支払い分を確認してください。 「メルペイ画面下部にある「使った履歴」の「メルペイスマート払い」をタップする• 「お客さま番号を発行する」を選択• セブンイレブン• ローソン• ファミリーマート• ミニストップ• デイリーヤマザキ• セイコーマート の6つであり、銀行ATMの場合は「Pay-easy」が利用されています。 口座振替での清算 口座振替での清算を選択した場合、利用月の翌月10日が振替申請締日の為、 翌月9日までに口座振替の設定をしておく必要があります。 その後、27日に自動的に銀行口座から引き落としされるようになります。 そして、その設定方法は以下の通りです。 メルペイの画面下部で「使った履歴」の「メルペイスマート払い」をタップ• 「支払い方法」を選択して「支払い方法の選択」画面で「口座振替」を選択• 口座情報、氏名等の必要事項を入力し、「登録」を選択• 銀行のページで必要情報を入力し、口座振替の認証を行う• 新たな機能の搭載によってグレードアップする予定の「メルペイあと払い」ですが、「メルカリ」「メルペイ」の利用実績を基に利用上限金額が拡大され、翌月のお支払いだけではなく、 数ヶ月、数回に分けてのお支払いも可能とされるとのことです。 柔軟な支払い手段が確立されることで、今後は高額な買い物でも、メルペイを使って分割払いで購入していけるようになるかもしれません。

次の