あいみょん マリーゴールド コード。 あいみょんのマリーゴールドはパクリじゃない!疑いの原因はカノンのギターコード進行にあった

あいみょんのマリーゴールドはパクリじゃない!疑いの原因はカノンのギターコード進行にあった

あいみょん マリーゴールド コード

こんにちは。 ギター講師の尾坂です。 今年ももう残りわずかとなりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。 僕自身は当教室に来てから間もない時にSuchmosのSTAY TUNEの演奏解説をして以来、久々の投稿となってしまいましたが… 相変わらず甘いものを食べながら、猫さまに癒される日々です。 笑 本町周辺には美味しいケーキ屋さんも沢山ありますので、おすすめですよ~。 知りたい方はまたお声かけくださいね。 笑 それはさておき、今回はひさびさの演奏解説動画です。 アーティストは、「君はロックを聴かない」、「今夜このまま」など、昨年~今年にかけて一気に注目を集め、大ブレイクを果たしたあいみょん。 そして紅白歌合戦でも披露されるこの「マリーゴールド」は、カポを着ければ比較的シンプルなコードで完結できる初心者の方にもおすすめの曲ですが、ストロークに入る前のノスタルジックな音の部分をどう弾けばいいんだろう?と思われる方も居られるかと思います。 実際にアコースティックギターが鳴っているのは一瞬だけですし、ストロークのところから弾かれるという方も多いのではないでしょうか。 そこで今回はイントロ部分に着目して弾いてみました。 弾き語りなどの際、もちろん前述のようにストローク部分から入ってもなんら問題はないのですが、簡単な3つのコードを最初に弾くだけで少し原曲の雰囲気に近づけることが出来ます。 最後に全体の譜面もご用意しておりますので、ぜひトライしてみていただければ幸いです。 (譜面【PDF】は) まずはカポを忘れずに、2Fに着けてくださいね。 あまり堅苦しいことは考えなくてもいいと思いますが、一応弾き方のコツとしては、冒頭3小節は少しアルペジオ気味といいますか、各弦ごとを際立たせてキラッとした感じを出すためわずかに引っ掛けながらコードを弾いてあげるとベターです。 それから細かいところでは2弦までで止めてあげると、メインの音 トップノート が強調されて良いかなと。 また、休符の入るEm7のリズムは、開放弦のため全弦を弾いてしまうと右手のミュートが甘くなってしまいがちになると思いますので、最初3回に関しては譜面の表記通り、6~3弦くらいまでのイメージで弾いて右手でミュート、最後の16分音符2つくらいから全弦を弾くようなつもりに戻してあげるとメリハリもついて良くなるかと思います。 また、おまけでエレアコとエフェクターを使って冒頭の音に似せた音色を作ってみました。 リバースディレイを中心に音作りを行っておりますが、マルチエフェクターなどがあれば恐らくほとんどの機種で作ることの出来るタイプの音です。 ちなみに今回使用したのはBOSS GT-1で、おおまかな設定としましては ・Reverse Delay -TIME 1140ms BPMに対して2分音符程度 -FEEDBACK 10 少なめ -E. LEVEL 120 ドライ音無し、他のエフェクターですとMIXという表記の場合が多いです ・Reverb -TYPE MODULATE 少し揺れなどが入り幻想的になります -TIME 3. 0s -E. LEVEL 50 先程同様MIX表記の場合あり、今回はわかりやすくするため大きめに設定 ・Overtone FX1、ピッチ系 -LOWER 10 -UPPER 40 -D. LEVEL 100 といった感じです。 重要な点はリバースディレイでドライ音を出さないこと、フィードバックは少なめにすることですね。 またOvertoneはBOSSのMO-2モチーフかと思いますので、倍音を操作しているはずですが、他の機種の場合はピッチシフターやオクターバーなどで代用が可能です。 その場合も同様にオクターブ上の音を少し大きめに出しきらびやかさを足してあげて、オクターブ下の音は少なめで、上の音が増えた分細い音に聴こえがちなところを補助してあげる程度で良いかと。 どちらかしか足せない場合は上をもう少し少なめに足してあげればOKです。 レッスンでは曲全体の詳細な解説や、エフェクターの使い方講座なども行なっています。 今回以上に飛び道具系のエフェクターを教室で使ったりもするのですが、レッスン生さんからも「変な音」としてご好評 ? 頂いております。 笑 そんなこんなで、今回はここまでとなります。 レッスン生のみなさまには今年も1年お世話になりました。 来年も楽しい教室にしていけるよう、善処して参りますので何卒よろしくお願い致します。 それでは良いお年をお迎えください。

次の

あいみょん マリーゴールド ギターコード: ギター・作曲 クラブ

あいみょん マリーゴールド コード

Dメジャー を見てみましょう。 まずはイントロのコード進行を見てみましょう。 数字に置き換えると、onコード(オンコード)のベース音の役割も見えてきますね。 ベースラインが滑らかに動いています。 決して、何でもonコードのほうが良いというわけではありません。 ちなみに、ここではメロディアスなエレキギターがイントロを奏でています。 (シ~ラ~、レド#レミ~、シ~ラ~、ド#レミ hiド#~ラ~、ミミ~レ~) もしコード進行を暗記したい方がおられましたら、 ディグリー数字だけをまず覚えてしまうという手法もあります。 そのためにはダイアトニックコードの理解は必須です。 Aメロのベース音はレから始まり、ラまで下がり、次はレから始まり、Dコードの の音のファ#に行って、ドミナントコードのラまで上がっていきます。 始めの4小節はベース音が順々にラまで下がっていきます。 なぜ次のコードがBmなのに、わざわざonコードのF を入れたかといいますと、このベース音のファ とBmコードのベース音のシがドミナントモーションの関係にあるからです。 もっとわかりやすくいいますと、シから見てファ#はメジャー5度の関係。 つまりベース音はドミナントの進行。 これもアプローチの1つの手法。 実は逆もまたしかりで、メジャー5度に向かうという進行も多いです。 サビの出だしでは、DコードからAコードに進行。 我々人間は、この1度から5度に進む進行が大好きです。 それは音楽を聴いてきた経験が記憶に積み重なり、劇的に感じるようになっています。 例えばサビの5小節目のGコードからDコードも、Gを1度と見たら5度のDに進行。 これはなにもコード進行だけに限った話ではなく、メロディラインでもよく見られます。 例えばJ-POPで多用される手法で、サビの始まりが1度から始まり、次の音に5度を持ってくるというメロディライン。 カラオケで人気な曲でも、1度から5度に飛ぶというメロディは多いです。 仮にキーがCだとしたら、ド~ソ~というメロディの動き。 簡単アコギ弾き語りコード Dキーのままでも弾きやすい「マリーゴールド」ですが、ギター初心者さんのためにさらに簡単にしてみましょう。 まずご用意してもらいたいのが、 カポタストです。 演奏するキーがCになり、初心者の方にはさらに演奏が簡単になるでしょう。 もしonコードを覚えるのも負担でしたら、onコードを取り除いて演奏しても大丈夫です。 決して、イメージがガラッと変わることはないのでご安心ください。 補足としまして、カポタストを2フレットに装着した時の、onコードとsus4コードの押さえ方もチェックしておきましょう。 押さえ方は、5弦2フレットを左手人差し指、4弦と3弦を開放、2弦3フレットを薬指、1弦3フレットを小指で押さえ、6弦はミュートします。 2弦3フレットで押さえている音はレですが、2弦を押さえずに開放のシとしても利用可能です。 ローポジションのCコードフォームに、6弦開放のミを加えれば成立です。 6弦は開放、5弦3フレットは左手薬指、4弦2フレットは中指、3弦は開放、2弦1フレットは人差し指、1弦は開放です。 5弦を押さえている左手薬指が、6弦に触れてしまわないよう注意しましょう。 sus4コード 続いてGsus4コードです。 Gsus4コードも様々なポジションがありますが、ここでは3つ解説します。 まずはこちらのG7sus4コードです。 Gコードのm7thの音のファが追加されていますが、Gsus4コードの代用として使用できます。 押さえ方は、6弦3フレットを左手薬指、4弦と3弦は開放、2弦と1弦を人差し指でベタッと寝かせて押さえ、5弦はミュートです。 続いては上記でご紹介したG7sus4コードのコードフォームに、左手小指で1弦3フレットを押さえたGsus4コードフォームです。 上記で説明したG7sus4コードフォームと比べると、1弦3フレットのソを押さえることによって、1弦1フレットで鳴っていたm7thの音のファが無くなり、G7sus4コードがGsus4コードとなります。 続いてはこちらの、親指握り型フォームのGsus4コード。 こちらのコードフォームは、ポジション移動で他コードとして応用可能なコードフォームです。 6弦3フレットを、左手親指でネックを握り込むように押弦。 4弦5フレットは薬指、3弦5フレットは小指、2弦と1弦は人差し指でベタッと寝かせて押さえます。 5弦は、4弦を押さえている薬指の先で触れてミュートです。 1弦3フレットのソは、6弦3フレットと4弦3フレットもソなので、押さえずにミュートして省略可能。

次の

あいみょんのマリーゴールドのコード進行をアナライズ!

あいみょん マリーゴールド コード

その後はズバリ、 カノン進行です。 この楽曲の色を最も決めている進行で、イントロから使って印象付けています。 1点工夫があり、 オンコードを使用しています。 のギターソロの部分とよく似た進行ですね。 あの部分で伏線を撒いていたのかもしれません。 この楽曲で出てきたコード進行のパターンのうち、 オンコードで始まるパターンはここまで全くありませんでした。 この オンコードの独特の響きがどこか寂しげにも聞こえて、最後の最後、という感じがこのDメロに入った瞬間から感じられる作りになっていますね。 個人的な余談ですが、このオーラス部分の8小節目、最後の2拍間のドラムがこの楽曲で1番好きです。 スネアの フラムが最高ですね。 と同じパターンを持ってくる、王道の作りですね。 ただと逆で、リバースを用いたサウンドを6小節の進行の後に持ってくることで、エンディングらしさを演出しています。 例によってシンプルなコード進行のため、不必要なくらい細かく採譜したつもりです。 この進行で名曲に仕上げたあいみょんが素晴らしいですね。 簡単で、ギター弾き語りなどには本当におすすめです。 2018年8月8日リリースながら、驚くべきロングヒットで1年経った今でもYouTubeなどで数字を伸ばし続けています。 ランキングにも上位にランクインし続け、1位になったのが 2019年5月13日というのも衝撃です。 米津玄師のLemon にも言えますが、名曲は本当に長い間聴き続けられますね。 この楽曲も収録されたアルバムも、名曲揃いでおすすめです。

次の