東野 英治郎 水戸 黄門。 水戸黄門 (パナソニック ドラマシアター)

水戸黄門・第9部|ドラマ・時代劇|TBS CS[TBSチャンネル]

東野 英治郎 水戸 黄門

テレビ時代劇の代表番組でもある「水戸黄門」。 歴代の黄門様はどれぐらいいたかご存知ですか?初代から最新までの歴代黄門様を俳優一覧にして振り返ってみましょう。 スポンサードリンク 水戸黄門歴代俳優一覧!初代黄門様から最新まで <初代:東野英治郎さん>(1969〜1983年) 妙に頭巾が似合う東野英治郎さんの黄門様。 「 じゃがいも黄門」という名で親しまれた黄門様はくしゃっとした笑い顔と軽快な笑い声が印象的です。 あの笑いを完成させるのに3年もかかったのだとか。 今では定番である水戸黄門の独特な笑いを最初に確立させた東野仙人ではあるが、当初は納得できる笑いが確立できずに苦悩し、周囲に当たり散らすこともあったため、見かねた息子の東野英心が付き人となって支えたという逸話がある。 英心によれば、あの笑いを完成させるのに3年かかったという 出典: <2代目:西村晃さん>(1983〜1992年) 「 シティーボーイ黄門」といえば西村晃さん。 なんというか、品がある黄門様でした。 西村晃さんは黄門様を演じる前は悪役を演じることが多かったそうです。 その為か、黄門様にしてはオーラに独特の迫力も感じられます。 個人的には助さんと格さんが居なくても世直しの旅が出来そうな感じ…(笑) <3代目:佐野浅夫さん>(1993〜2000年) 佐野浅夫さんの黄門様は庶民的で優しく慈悲深い「 泣き虫黄門様」。 にこにこされていた印象があります。 <4代目:石坂浩二さん>(2001〜2002年) 4代目を演じた石坂浩二さんはこれまでの黄門様と違って白髭がなく(終盤は白髭がありましたが)、衣装がどちらかというと地味…。 「史実に基づいた姿」がテーマになっていた黄門様です。 知的でスマートな「 インテリ黄門様」と言われています。 途中で病気を発症されたため、黄門様を演じた期間は長くはありません。 スポンサードリンク <5代目:里見浩太朗さん>(2002〜2011年) 2代目助さんを演じていた頃が懐かしいです。 逞しい体の黄門様でしたね。 初代~4代目の中で一番お顔立ちがふっくらしていて、菩薩のようなオーラすら感じます。 4代目黄門様のリアリティから離れての5代目ということで、当時、どことなく懐かしさすら感じられました。 助さんと格さんに混じってガッツリ悪代官を懲らしめていそうな、そんな感じの黄門様だったように思います。 余談ですが、3代目黄門様の佐野浅夫さんとは再従兄弟になります。 <6代目:武田鉄矢さん>(2017年〜) まさに金八先生の水戸黄門版といった印象(笑) 昔の時代劇独特の暗さがないので、ちょっと個人的には映像が明るすぎるかなという感じなのですが、金八先生の水戸黄門版と思いながら見たら気にならなくなりました。 「いたわりを強要したり、老いのずるさもあって完璧なご老公じゃない。 助さんも『この、くそじじい』と言うしね」と明かしている 武田鉄矢さん黄門様は完璧な御老公像ではないのが面白いです。 おすすめは何代目? 全部で6人の黄門様ですが、私のおすすめは2代目の西村晃さんと5代目の里見浩太朗さん。 西村晃さんの独特のオーラと、里見浩太朗さんの菩薩のようなオーラが決め手です。 一般的に人気があるのはやはり初代の東野英治郎さんでしょうか。 まとめ ・歴代の黄門様は東野英治郎さん、西村晃さん、佐野浅夫さん、石坂浩二さん、里見浩太朗さん、武田鉄矢さん 関連記事 スポンサードリンク.

次の

水戸黄門・第9部|ドラマ・時代劇|TBS CS[TBSチャンネル]

東野 英治郎 水戸 黄門

国民的時代劇シリーズ「水戸黄門」第9部。 このシリーズでは大和田伸也演じる二代目・格さんが誕生。 さらに、久保田藩家老の娘・志乃役で、山口いづみがレギュラー入り。 志乃は、今回の旅立ちの理由となる久保田藩のお家騒動解決後も一行と旅を続け、第10部で助さんと結婚する事になる。 第9部は平均視聴率が37.3%、最高視聴率43.7%を記録。 刺客軍団との凄絶な決闘と、輪島塗り、奉書紙、金沢の献上銘菓などにまつわる物語の絶妙なバランスが評判だった。 薩摩の旅から帰って半年、黄門様(東野英治郎)は悠々自適の生活を送っていた。 ある日、助さん(里見浩太朗)が川で釣りをしていると、若侍が悪い船頭ともめている。 話をつけてやって振り返ると若侍はもういなかった。 一方、女房のお新がおめでたで、黄門様に名付け親を頼もうと水戸へ向かっていた風車の弥七(中谷一郎)は、刺客の一団に襲われケガをした若侍を助け、西山荘へ運んだ。 そこへ助さんもやってきて、さっきの無礼者だとビックリ。 ところが、若侍と思っていたのが実は女性だったから、一同さらにビックリ。 この人、秋田佐竹藩の筆頭家老の娘・志乃(山口いづみ)で、お家騒動解決のため、黄門様の力を借りようとはるばる秋田から出てきたのだという。 もともと旅に出る口実の欲しい黄門様に断る理由はなく、こうして一行は新たな旅に出ることに…。

次の

TBS「水戸黄門 第13部」

東野 英治郎 水戸 黄門

来歴 [ ] (明治40年)、七日市の造り酒屋の家に生まれる。 父はの山村から単身で関東に移り、辛苦して酒造家となった人で、根っからの日野商人()だった [ ]。 実家の本宅は鳥居平(現蒲生郡大字鳥居平)にある。 卒業後、商学部に入学。 同級生には後にで活躍するがいる。 在学中に学内の非合法サークル・社会科学研究会に入り、思想に目覚める。 (昭和6年)4月、のプロレタリア演劇研究所に第1期生として入り 、公演の『恐山トンネル』(作)で初舞台を踏む。 研究所卒業後の同年9月、に入団、 本庄 克二の芸名で端役として舞台に立つ一方、プロレタリア運動に従事する。 新築地の公演のほとんどに出演し、『』の亡霊、『坂本龍馬』の、『人生劇場』の呑込み半助などを演じて徐々に頭角を現す。 (昭和12年)の『渡辺崋山』『嗤う手紙』で好評を得、以来『土』の平造、『』の由五郎、『ハムレット』の墓掘りの役で俳優としての地位を固めていった。 (昭和14年)には『土』の勘次、『海援隊』の馬之助など大役を演じ、その傍ら劇団の書記長、企画部長 、演技部長 を務め、劇団の中心俳優となった。 舞台活動の一方、(昭和13年)に監督の『黒田誠忠録』で映画に初出演し、の準専属として数本に出演したほか、の『海援隊』やの『彦六なぐらる』等にも出演した。 (昭和15年)、新劇弾圧で、らとともに違反で検挙され、に劇団は強制解散される。 翌(昭和16年)にいったん釈放され、製作の映画『流旅の人々』に出演。 同年5月に不起訴で正式に釈放されるが、の命令で本名で活動することとなり、松竹太秦撮影所で監督の『鳥居強右衛門』など数本に出演後、に移籍する。 (昭和19年)、、、、らと共にを結成。 同時にに加入し、芙蓉隊を組織して地方を巡演する。 戦後、俳優座の中心として『検察官』『中橋公館』『赤い陣羽織』『夜の来訪者』などで主要な役を演じた。 設立にも尽力し、後に同劇場を務めた。 戦後も映画では脇役として数多くの作品に出演する。 監督作品には『』『』など計7本、監督作品には『』『』など計4本、監督作品には『』『』など計9本に出演。 その他監督『』、監督『』、監督『』など一流監督の名作や、、といった人気シリーズなどに出演し、日本映画界を代表するバイプレーヤーとなった。 演技幅も広く、善悪さまざまな役をこなした。 テレビドラマでは(昭和44年)から系列の『』で主役のを、まで足掛け14年、全381回にわたって演じ、東野の代表作となった。 じゃがいも黄門の名で親しまれ、お茶の間で絶大な人気を博した。 しかし、(昭和57年)に高齢による気力体力の減退等を理由に黄門役の降板を表明し、(昭和58年)の第13部の最終話が最後の放送となった。 (平成2年)、の会長に就任。 その後も散発的に俳優活動を行っていた、(平成6年)に都内で開かれた創立50周年記念パーティーには杖を突いて出席。 同年5月にはで放送されたテレビ東京開局30周年、創立50周年記念ドラマ『荒木又右衛門 男たちの修羅』(同年)で加納藤左衛門役とゼネラルプロデューサーを務めた。 その後、足腰が弱まり外出をしなくなる。 それから4カ月後の午前6時、自宅でのため死去。 86歳没。 人物 [ ] 水戸黄門役が定着していた頃、普段着の東野に土下座する老人もいたという。 (昭和51年)に出演した『徹子の部屋』で、「ありがたいやら困るやらで恐縮しどおし」と発言している。 今では定番である水戸黄門の独特な笑いを最初に確立させた東野ではあるが、当初は納得できる笑いが確立できずに苦悩し、周囲に当たり散らすこともあったため、見かねた息子のが付き人となって支えたという逸話がある。 英心によれば、あの笑いを完成させるのに3年かかったという。 外国産の他人が演じた動きに声だけを当てはめるは、俳優としてになりかねない危険な仕事だと主張した。 東野の意見に対し、からは反論が、からは賛同が寄せられた。 1981年にはから反論を受けた。 詳細はを参照。 なお、このコラムにおいて、東野がのやのを「自分の尺で演技できない、芝居とは呼べない外道の所業」と評したとされることがあるが、実際は東野はアニメには言及しておらず、「外道の所業」という言葉も使っていない。 受賞・受章歴 [ ]• 1954年: 助演男優賞 『黒い潮』『勲章』• 1956年: 男優助演賞『夜の河』『夕やけ雲』『病妻物語 あやに愛しき』• 1962年: 男優助演賞『キューポラのある街』『秋刀魚の味』• 1958年:週刊読売演劇賞 『千鳥』• 1964年:第10回 『有福詩人』『教育』• 1968年:第3回 個人賞『あらいはくせき』• 1970年:第12回• 1975年:• 1981年: 特別賞• (1936年、)• 海援隊(1939年、) - 新宮馬之助 役• (1943年、) - 網元林田 役• (1943年、松竹) - 緒方先生 役• (1944年、松竹) - 慎吾の父 役• (1944年、松竹) - 櫻木常三郎 役• 乙女のゐる基地(1945年、松竹) - 畑野雇員 役• (1946年、松竹) - 八巻一平 役• (1947年、松竹) - 浩平 役• 月の出の決闘(1947年、) - 長尾主馬之介 役• (1947年、松竹) -• (1948年、松竹) - 校長 役• (1948年、松竹) - 滝川祐三 役• わが恋は燃えぬ(1949年、松竹) - 井藤俊文 役• 無頼漢長兵衛(1949年、) - 羽柴筑前守秀吉 役• (1949年、新東宝) - 梅若 役• 深夜の告白(1949年、新東宝)• レ・ミゼラブル あゝ無情(1950年、東横映画) - 長吉 役• 中山安兵衛(1951年、新東宝) - 菅野六郎左衛門 役• (1951年、新東宝) - 菅野平兵衛 役• (1951年、松竹) - 長谷川金次 役• (1952年、八木プロ) - 英雄の祖父 役• (1952年、) - 藤十 役• (1952年、) - 馬喰 役• 美女と盗賊(1952年、大映) - 真木島の十郎太 役• (1952年、新東宝)• 第一部(1952年、東映) - 三鷹千年 役• 加賀騒動(1953年、) - 山村善右衛門 役• (1953年、大映) - 大野木の百助 役• 広場の孤独(1953年、新東宝) - 曾根田外信部長 役• (1953年、大映) - 末造 役• (1953年、東映) - 客野村 役• (1953年、新東宝) - 中村巡査 役• (1953年、近代映画協会) - 立花久左衛門 役• 赤い自転車(1953年、第一映画) - 柳主事 役• 旗本退屈男 どくろ屋敷(1954年、東映) - 唐人陳義道 役• 愛染道中 男の血祭(1954年、東映) - 亀屋の十兵衛 役• 勲章(1954年、俳優座) - 寺位新平 役• (1954年、新星映画) - 国尾社長 役• (1954年、日活) - 佐竹雨山 役• (1954年、東宝) - 校長先生 役• 女人の館(1954年、日活) - 井野川社長 役• ほらふき丹次(1954年、新東宝) - 巡査池谷 役• 第二部(1955年、東映) - 真崎東天 役• (1955年、日活) - 村田老人 役• (1955年、中央映画) - 棟田 役• 愛のお荷物(1955年、日活) - 新木錠造 役• (1955年、新東宝) - 鬼塚 役• (1955年、近代映画協会) - 東洋生命支社長 役• 七つボタン(1955年、日活) - 少年院の院長 役• (1955年、東宝) - 役• (1955年、山本プロ) - 市川馬五郎 役• 白扇 みだれ黒髪(1956年、東映) - 宅悦 役• (1956年、東宝) - 伊吹徹三・江藤俊作 役• (1956年、松竹) - 父源吉 役• 花の兄弟(1956年、大映) - 青木弥太郎 役• (1956年、東宝・) - 茅山道人 役• 青年安兵衛 紅だすき素浪人(1956年、東映) - 菅野六郎右衛門 役• 銭形平次捕物控 人肌蜘蛛(1956年、大映) - 尾張屋伝右衛門 役• (1956年、大映) - 舟木由次郎 役• のんき夫婦(1956年、) - 署長 役• (1956年、) - 侍 役• (1956年、松竹) - 大串 役• (1956年、近代映画協会) - 井上忠夫 役• (1956年、松竹) - 松島 役• (1957年、東映) - 猿屋の勘助 役• シリーズ(東宝) - チャップリンさん 役• 大番(1957年)• 続大番 風雲篇(1957年)• 大番 完結篇(1958年)• (1957年、大映) - 星野権左衛門 役• 朱雀門(1957年、大映) - 熊の倉友房 役• (東宝) - 山田浮月斎 役• 柳生武芸帳(1957年)• 柳生武芸帳 双龍秘剣(1958年)• (1957年、東宝) - 番頭 役• 山鳩(1957年、東宝) - 運輸課長 役• (1957年、東宝) - お島の父 役• (1957年、東映) - 屑屋の爺さん 役• 爆音と大地(1957年、東映) - 田坂 役• (1957年、松竹) - 栗原 役• (1957年、東映)• シリーズ(東映)• 警視庁物語 夜の野獣(1957年) - 時計屋の主人 役• 警視庁物語 一〇八号車(1959年) - 東都モーターズ主人 役• 警視庁物語 血液型の秘密(1960年) - 野崎 役• 神変麝香猫(1958年、東映) - 牧野伝蔵 役• 手錠(1958年、大映) - 安井刑事 役• 夜の鼓(1958年、) - 黒川又左衛門 役• (1958年、松竹) - 飛脚 役• 季節風の彼方に(1958年、東映) - 校長斎木 役• (1958年、東宝) - 毛利 役• 一粒の麦(1958年、大映) - 相沢校長 役• 裸の太陽(1958年、東映) - 古田老人 役• (1958年、東宝) - 大佐 役• 人生劇場 青春篇(1958年、東宝) - 戸田先生 役• (1958年、松竹) - 八代泰輔 役• (1959年、日活) - 曽根正吉 役• 第1・2部(1959年、) - 饅頭屋の親爺 役• (1959年、) - お巡りさん 役• (1959年、東宝) - 桑島刑事 役• (1959年、東映)- 布袋屋藤兵衛 役• (1959年、松竹) - ロンパリ 役• (1959年、東京映画) - 卓造 役• (1959年、東宝) - 大伴建日連 役• (1959年、日活) - 馬瀬朝次郎 役• (1959年、山本プロ) - 浅井の父 役• (1960年、東映) - 機関区長 役• シリーズ(東宝) - 辻倉伊助 役• (1960年)• (1960年)• (1960年、東宝) - 村木 役• (1960年、日活) - 倉田源十郎 役• 国定忠次(1960年、東宝) - 三室の勘助 役• 七つの顔の男だぜ(1960年、東映) - 宮下源吉 役• (1960年、東映) - 豊臣秀吉 役• (1960年、日活) - 北浦課長 役• (1960年、東京映画) - 山井先生 役• 弾丸大将(1960年、東映) - 美里村村長 役• 海賊八幡船(1960年、東映) - 壷屋道休 役• あした晴れるか(1960年、日活) - 梶原清作 役• (1960年、大東映画) - 山本亀松 役• (東宝)• (1960年) - 吉良剛之介 役• (1961年) - 吉良剛之介 役• (1962年) - 黒田駒蔵 役• (1962年) - 黒田駒蔵 役• (1962年) - 加藤 役• (1965年) - 武田 役• (1966年) - 太田剛左衛門 役• (1969年) - 梅原 役• (1969年) - 梅原 役• (1970年) - 郷司 役• (1970年) - 郷司 役• 街から街へつむじ風(1961年、日活) - 田村院長 役• (1961年、日活) - 貫市 役• 葵の暴れん坊(1961年、東映) - 向井将監 役• (1961年、松竹) - 浅田公爵 役• (1961年、松竹) - 駐在のお巡り 役• (1961年、東宝) - 笠置丸船長 役• 堂堂たる人生(1961年、日活) - 原大作 役• (1961年、大映) - シュラダ 役• (1961年、東映) - 高木先生の父 役• (1961年、東映) - 政吉 役• 千姫と秀頼(1962年、東映) - 徳川家康 役• (1962年、東宝) - 彼岸花の親爺 役• 箱根山 1962年、東宝) - 北条 役• 青年の椅子(1962年、日活) - 畑田元十郎 役• (1962年、日活) - 石黒辰五郎 役• 雲に向かって起つ(1962年、日活) - 三上半兵衛 役• (1962年、東映) - 役• (1962年、東映) - 伊吉 役• (1962年、松竹) - 船若寺住職 役• (1962年、大映) - 李唐(老兵士)• (1963年、松竹) - 大友宗助 役• (1963年、東宝) - 宮本 役• この首一万石(1963年、東映) - 凡河内典膳 役• (1963年、松竹) - 源吉 役• (1963年、東映) - 堀式部少輔 役• (1963年、東映) - 堂本親分 役• シリーズ(大映) -• (1963年)• (1963年)• (1963年、東映) - 画伯・市来徳次郎 役• (1963年、日活) - 校長 役• (1963年、東映) - 国木はん 役• (東宝)• (1963年) - 岩下頭取 役• (1964年) - 蜂須賀小六 役• (1965年) - 後藤又之助 役• (1967年、東宝) - 本田専務 役• (1967年) - 警視総監 役• (1967年) - 大神田剛之助 役• (1969年) - 鬼熊 役• (1963年、東宝) - 明治 役• 右京之介巡察記(1963年、東映) - 佐々良道鬼 役• 男の紋章 風雲双つ竜(1963年、日活) - 頼山 役• (1964年、東映) - 灰屋紹由 役• (1964年、松竹) - 安岡 役• (1964年、大映) - 香月信蔵 役• (1964年、東映) - 客の遠藤 役• 黒いダイスが俺を呼ぶ(1964年、日活) - 城崎医師 役• 現代紳士野郎(1964年、) - 酒井常務 役• (1964年、日活) - 林茂介 役• (1964年、松竹) - 船頭 役• (1965年、東宝) - 木曽屋政五郎 役• (1965年、日活) - 丸川千吉 役• 意気に感ず(1965年、日活) - 峰岸京浜機械社長 役• 逃亡(1965年、東映) - 畑中通訳 役• (1965年、大映) - 結城重蔵 役• 恐山の女(1965年、松竹) - 行者 役• (1965年、東映) - 清造 役• (1965年、東京映画)• (1965年、近代映画協会) - 解説 役• (1965年、俳優座) - 坂崎帯刀 役• (1966年、日本映画新社) - ホテルの大物 役• (1966年、東映) - 鳥有先生 役• (1966年、宝塚映画) - 清水校長 役• 酔いどれ博士(1966年、大映) - 元帥 役• (1966年、近代映画協会) - 隣りの先生 役• (1966年、東映) - 山中社長 役• (1966年、大映) -• (1967年、大映) - 仙造 役• (1967年、東宝) -大久保甚平 役• 若親分千両肌(1967年、大映) - 青柳竜作 役• (1967年、東映) - ナレーター• (1968年、東京映画) - 小川正之助 役• (1968年、大映) - 八板金兵衛 役• 斬る(1968年、東宝) - 森内兵庫 役• (1968年、日活) - 仲地国民学校校長 役• 復讐の歌が聞える(1968年、俳優座) - 看守 役• (1968年、東宝) - 三沢善吉 役• (1969年、・東京映画) - 鯖井藩家老 役• (1969年、松竹) - 坪内散歩先生 役• (1970年、日活) - 加納専務 役• (1970年、) - 中将 役• (1971年、東宝) - 松崎会長 役• (1971年、東宝) - 松崎会長 役• (1971年、東宝) -• (1977年、) - 鬼頭嘉右衛門 役• (1978年、東映) - 水戸光圀 役• (1979年、12CH) -• (1979年、松竹) - 般若院招巖 役• (1983年、田中プロ) - 松川 役• (1989年、) - 古渓 役• (1990年、伊丹プロ) - 総理 役 テレビドラマ [ ]• 第236回「狂った歯車」(1963年、) - 半田東作 役• (フジテレビ)• アワー・加賀騒動(1964年)• (1965年)• 第12話「子はかすがい」(1967年、TBS) - 戸川棒太郎校長 役• (1967年 - 1968年、) - 文五郎 役• (1968年、) - 戸川棒太郎校長 役• (1968年、フジテレビ) - 坪内散歩 役• 第6シリーズ 第25話「夜明け」(1969年、フジテレビ) - 秋吉大膳 役• 仇討ち 第19話「」(1969年、TBS) - ナレーション• - (1969年 - 1983年) - 役• 第24話「女海賊とにせ黄門・平戸」(1972年5月8日) - 源爺(2役)• 第5話「黒いひげの黄門さま・長岡」(1973年2月19日) - 光右衛門(2役)• 第4話「黄門さまに似た男・沼津」 (1977年8月8日) - 喜助(2役)• 第5話「黄門様のそっくりさん・仙台」(1978年9月4日) - 大島屋利右衛門(2役)• 第5話「鬼庄屋は黄門様に瓜二つ・沼津」(1979年9月10日) - 田の上の白雲太夫(2役)• (1971年、日本テレビ) - 大和家の祖父 役• (1977年 - 1978年、) - 声• (フジテレビ)• 江戸っ子祭(1981年) - 大久保彦左衛門 役• 江戸の大騒動(1982年) - 大久保彦左衛門 役• 闇の歯車(1984年) - おかめの親父 役• (1982年、TBS) - 寛一郎 役• 第1660回「南の家族」(1988年、TBS) - 久一 役• L) 鳴神の与兵衛 役• 恐山トンネル(1934年)• (1939年) - 勘次 役• 検察官(1946年、1974年) - 市長 役• 神を畏れぬ人々(1946年)• 中橋公館(1947年)• 馬(1948年)• 賢女気質(1948年、1960年)• (1948年)• 孤雁(1949年)• イワーノフ(1954年)• (1955年)• 夜の来訪者(1955年、1962年、1977年) - 警官橋詰 役• (1956年)• つづみの女(1958年)• 見知らぬ人(1959年)• 千鳥(1959年、1967年)• 鳥には翼がない(1960年)• 黄色い波(1961年)• 夜の祭典(1961年)• 鈍琢亭の最期(1962年) - 二階堂数馬 役• 太郎姫の理髪師(1963年)• 不安な結婚(1963年)• 教育(1964年)• 稲妻(1964年)• (1964年) - 墓掘り 役• 有福詩人(1964年)• おまえにも罪はある(1965年)• 日本の幽霊(1965年、1967年)• ヒゲの生えた制服(1966年)• (1966年)• あらいはくせき(1968年)• 自由少年(1969年)• 冒険・藤堂作右衛門の(1970年)• そよそよ族の叛乱(1971年)• 時間という汽車(1972年)• (1972年) - リア 役• マリアの首(1973年)• 鍵の下(1974年)• 見知らぬ人(1975年)• 漂流の果て(1976年)• 毒夫の父 高橋お伝(1979年) - お伝の父 役 劇場アニメ [ ]• (1961年、東映動画) - 山椒大夫• (1968年、東映動画) - ガンコ爺さん ラジオドラマ [ ]• 二人だけの舞踏会(1984年、俳優座) 文献 [ ]• 『私の俳優修業』、1964年• 『私の俳優修業 改訂版 』未來社、1974年• 『じゃが芋の皮のむけるまで』、未來社、1977年• 『漫遊無限 「水戸黄門」とともに14年』、、1982年• 『日本映画大鑑・映画人篇』 増刊第113号、、1955年、 [ ]。 刊『歴史と人物』p. 316• 『阪神タイガース 昭和のあゆみ』、1991年、7頁。 『日本現代演劇史』昭和戦中篇 第1巻、、1993年、85頁。 、ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典、、2015年12月4日閲覧• 『』京都篇 第10巻、国立劇場(編)、、2004年、415頁。 2018年11月10日閲覧。 『近代歌舞伎年表 京都篇』によると、1939年に演技部長に選任され、他の役員は幹事長に、書記長に、経営宣伝部長に、演出部長に、文芸部長に和田勝一となっている。 『おやじの背中』朝日新聞社会部 編、七賢出版、1996年、 [ ]。 朝刊: p. 1962年2月19日• - メディア芸術データベース• - メディア芸術データベース 外部リンク [ ]• - (英語)• 第9回:• 第13回:• 第15回:• 第27回:• 第33回:•

次の