猫 おしり 向ける。 猫が顔にお尻を向けてくる。※恐怖※その恐るべき4つの理由とは。

お尻を向ける猫の気持ち なんでこんな事するの?

猫 おしり 向ける

猫にはいろいろな個性があって、人懐こい子もいれば、クールな子もいます。 飼い始めた猫がだんだんなついてきてくれるのはうれしいものですよね。 今、猫がどのくらい自分のことを信頼してくれているか、知りたくはありませんか? 人懐こい子の場合、「人間なら誰でもいいのかな?」と思いますし、クールな子の場合は「私のこと、信頼してくれているのかな?」と不安にもなります。 猫が人を信頼するしぐさや行動にはさまざまなものがあって、信頼度によっても違ってきます。 こんなしぐさは信頼している証拠。 10個の愛情表現 猫は、外敵から襲われそうになったときに備えて、すぐに動ける体勢をとる習性があります。 そのため、 さっと逃げ出せるような座り方をしているときは、相手をあまり信頼していないことになります。 反対に、すぐには動けないような体勢だと、心を許している証拠です。 香箱座り(こうばこずわり)をする 「箱座り」ともいうこの座り方は、両手を丸めて体の内側にしまう猫特有のものです。 人間のことをかなり信頼していますが、体は起こしたままなので、ある程度の警戒はしていることになります。 だっこしているときにふみふみしたら、その人に甘えているということです。 アイコンタクトする 猫と目が合ったときにゆっくりまばたきするのも愛情表現です。 本来、猫がじっと目を見つめるのは、敵対心を持っているという意味になります。 相手を信頼している場合は、じっと見た後、目を細めたりまばたきしたりします。 ですから、猫が話しかけるように鳴いてきたら、その人は特別な存在であるということです。 鼻と鼻をくっつける 仲の良い猫同士では、鼻と鼻でチュッとするしぐさがよく見られます。 これは、信頼している人間に対してもするしぐさです。 あいさつの意味のほかに、この人は本物の飼い主さんなのか、何を食べたのか、健康状態はどうかなどチェックする意味があります。 すりすりしたり、目の前でごろんとしたりする しっぽをピンと立てて喉をゴロゴロ鳴らしながら体をこすりつけてくるのは、典型的な甘えるしぐさです。 飼い主さんの目の前に現れてごろんと寝転がるのも、気を許している証拠。 人間がなでやすい体勢をとってくれているように見えますね。 獲物をとってくる 猫は、捕まえた獲物を飼い主さんのところまで持ってくることがあります。 「こんなの捕まえたよ!」と自慢して、褒めてほしいという気持ちがあるようです。 私が子どものころは猫を室外で飼っていたので、ネズミやヘビ、虫などよく持ってきていました。 叫びたいところでしたが、得意そうな顔の猫に対して悪いので、我慢していたのを覚えています。 これは猫の「親和行動」のひとつで、信頼の証です。 おしりを向けて座る ときどき、猫がこちらにおしりを向けて座ることがあります。 人間界では失礼なことにあたりますが、猫にとっては、飼い主さんに対して信頼しきっている気持ちの表れです。 動物は背後から襲われる恐れがあるので、確実に襲ってこないと信じている人に対してしかおしりを向けないのです。 それでも、猫はしっかり人を観察していますから、日々のお世話をしっかりしてやってください。 そして、急激な動作をしないこと。 気まぐれな猫の行動をコントロールしようとせず、気持ちに合わせてやることです。 まずは手のにおいを嗅がせて、顔を近づけてくるようになったらそっと頭をなでてやる…ということを繰り返します。 そうしているうちに、だんだんと猫の気持ちもほぐれていきます。 慣れてきてだっこできるようになっても、猫が嫌がる前に解放してやってください。 早く仲良くなりたい一心で、しつこく追い回すのはやめましょう。 信頼関係が壊れるとき 間違った叱り方をしたときに、猫の信頼を失うことがあります。 だめな叱り方とは…• 名前を呼んで叱る• 体を叩いて叱る• 叩かれても、猫は「叱られた」とは理解できず、「攻撃された」と思ってしまいます。 叩いた人を怖がるだけなので、やめましょう。 また、猫は拘束されるのをとても嫌います。 猫を怖がらせるような、体を押さえつける行為はNGです。 「信頼関係の築き方」と同じように、身の回りのお世話をしながら、焦らずに辛抱強く待ってください。 こちらから積極的に猫に近づくのではなく、あえて無視しましょう。 そのうちに、猫は「この人は一緒にいても害がないな」と思うようになります。 そうしたら、猫の機嫌の良いときに、少しずつ近づくようにします。 もし、ほったらかしで構いすぎないことで信頼を失ったなら、逆に思いきりかわいがってください。 互いに信頼すればどちらも幸せになれる 子どもの頃、不思議な体験をしました。 飼っていた猫が鳴きながら寄ってくるので近づこうとすると、離れて、そこでまた鳴くのです。 近づくと離れて鳴く…を繰り返すので、どうも私をある場所に連れて行こうとしているのだなとわかりました。 ついて行くと、お隣の家の小屋にある木箱の中に入って丸くなりました。 「なんだ」と思って戻ると、また呼びに来て、同じことを繰り返します。 きっと、「いい場所を見つけたよ!」と、私に教えてくれたのでしょうね。 猫からの信頼が得られると、幸せな瞬間をたくさん味わうことができます。 ぜひ、愛猫さんと心を通わせて、癒し癒される毎日を送りましょう。

次の

猫が飼い主におしりをくっつけてくるのはどうして?5つのサイン

猫 おしり 向ける

猫の寝相!寝方でわかる猫の本当の気持ちとは? 猫の寝方(寝姿)で気持ちがわかるの? 猫は「安心しているとき」や「警戒しているとき」「信頼できる相手が近くにいるとき」などで寝方(寝姿)が変わってきます。 なので、寝方を見ると、その時の心理状況がわかるのです。 それと、猫の寝方は気持ち以外に気温によっても変わってきます。 安心しきっている猫の寝方とは? 猫が一番、安心していて警戒心がまったくない状態の寝方は「お腹を見せる寝方」です。 かなりリラックスしている状態なのです。 なんか・・・酔いつぶれているみたいですね。 こちらの方もかなり安心しきっている様子です。 人間? そこ、気持ちいいの?? このように仰向けになっている寝方は、急所であるお腹を見せていて、すぐに起き上がることができないです。 なので一番、無防備で安心しきっている寝方(寝姿)なんです。 飼い主さんを信頼しきっていて、穏やかな気持ちで過ごしている証拠です。 次に安心している寝方は「足を伸ばして、横たわっている状態」です。 気持ち良さそうですね。 お腹を出してあおむけに寝ている状態ほどではないですが、かなり警戒心が解かれてリラックスしている寝方です。 スポンサーリンク 警戒しているときの寝方とは? 猫が警戒している時は、絶対に急所である「お腹」を見せないです。 警戒している状態だと「香箱座(こうばこずわり)」という形で寝ることが多いです。 足を折りたたんでいるので、すぐに動くことはできないですが安心している状態でもないです。 そして、危険な状態で寝る場合には、体を丸くして、頭を地面に付けないです。 (自分の脚の上に乗せて眠る場合もあります) そして脚は地面に付けておきます。 この寝方だと、何か音がした時にすぐ起き上がって逃げることができるのです。 猫が目隠しをして寝る意味とは? 猫が目を前脚で隠して寝るのは 眩(まぶ)しいからです。 人間と一緒で眩しくても眠れる猫と眩しいと眠れない猫がいます。 こちらは、眩しいから片手で目隠しをしています。 こっちは両手。 あの・・・ 苦しくないですか? 暗い場所が見当たらなかったり、暗い所まで移動するのが面倒な時は目隠しをして眠るのです。 猫が飼い主におしりを向けて寝る理由とは? あなたが寝ていたら、いつの間にかあなたの方に猫がおしりを向けて寝ていたということはありませんか? 「なんで、こっちにおしりを・・・」て思ったかもしれませんが、猫がおしりを向けて寝るのは相手を 「信頼している証」なのです。 前から敵が来てもすぐに逃げることができますが、後ろから襲われたら逃げられません。 なので子猫は親猫におしりを向けて無防備な背後を守ってもらいます。 それは、飼い主に対しても一緒で信頼できる相手だからこそ、おしりを向けて寝ることができるのです。 あなたが寝ている所に来て、おしりを向けて寝るようなことがあれば、あなたを誰よりも信頼しているということをあらわしているのです。 猫同士でもおしりを付け合うのは、仲が良い証拠です。 同じポーズで寝る理由とは? 子猫は、親猫や兄弟猫のマネをして様々なことを覚えていきます。 なので、寝る時も同じポーズで眠ることがあるのです。 こんな感じや・・・ こんな風にとか・・・ こんなことまで。 ・・・大丈夫? 猫が快適な温度とは? 猫が快適に感じる温度は・・・ 15度~22度の間くらいです。 15度以下になると寒いので丸まって眠ることが多くなります。 反対に22度以上になると暑いので体を伸ばして眠るようになります。 猫が狭い所で寝るのが好きな理由とは? 猫はよく小さな箱やカゴなどの狭い所に入って寝ようとします。 中には「どうやって入ったんだろう?」て不思議に思うような場所に入っていることもあります。 猫が狭い所で寝るのは、野性の頃の習性が残っているからです。 敵から身を守る為に、木や岩のすき間や小さな穴に入って眠る習性があったからです。 なので、こんな所で寝たりします。 こんな所でも。 ん? ・・・植木鉢って人気あるんですね。 猫の面白い寝姿集 首痛めますよ・・・ やりたい放題。 やめなさいって。 落ちますよ。 よくばり過ぎじゃないですか? どうやって入ったの?? さいごに 猫は「寝子」と言われることがあるくらいよく寝る動物です。 1日の3分の2は寝て過ごしています。 一説には、野性の頃、普段は無駄なエネルギーを使わないように寝て、獲物が来たときに備えていたと言われています。 獲物が来た時に全力で狩るチカラを溜めていたのかもしれないですね。 それと、ベットで猫と一緒に寝ている人は結構多いですが、感染症になる可能性があるので猫専用のベットを用意してあげた方がいいです。

次の

猫が飼い主にお尻を向けて座る意味とは…?信頼の証なので安心しよう

猫 おしり 向ける

お尻を向けてくる猫の本音とは…?【ねこのはてな】 飼い猫と触れ合っているときに突然お尻を向けられると、飼い主さんとしてはなんとも言えない気持ちになってしまうもの…。 しかし、この行動には知られざる猫の本音が…!そこで今回は、飼い主さんへお尻を向ける猫の気持ちを詳しく解説していきます。 お尻を向ける猫の本音とは? 1. 信頼しているサイン 猫は本来、非常に警戒心が強い動物です。 猫が狭くて暗いペットハウス中や紙袋の中を好むのも、外敵から身を守るため。 外敵に襲われて命を落さないためにも、猫は無防備に背中をさらしません。 こうした特徴があるからこそ、無防備な状態で飼い主さんにお尻を向けているのは、信頼関係がしっかりと育まれているサインだといえます。 お尻を向けられると正直、あまりいい気持ちにはならないものですが、実はこの行動には「この人なら、隙を見せても大丈夫」という、猫の本音が隠されているのです。 飼い主さんは私が守る! 飼い猫がお尻を向けてくるときは、外敵から守ろうとしてくれているサインでもあります。 これは特に、自分よりも弱い存在であると猫が認識している赤ちゃんや子どもに対して行うことが多いでしょう。 外敵がやってきたらいつでも大切な存在を守れるように…と猫なりに考え、自分の後ろ側に大切な人を隠しているのです。 お尻を撫でてほしい 尻尾を垂直に立てながらお尻を向けてくる場合は、撫でてほしいアピールであることも。 尻尾の付け根を触られて喜ぶのはオス猫よりもメス猫のほうが多いため、こうした行動もメス猫に見られやすいかもしれません。 ただし、尻尾の付け根は非常に敏感な部分で長い時間触っていると噛みついたり、嫌がったりすることもあるので注意しましょう。 また、尻尾をあげているときは甘えたい気分になっているので、お尻だけでなく、全身を撫でてあげ、スキンシップを図ってみるのもおすすめです。 飼い猫が日頃、飼い主さんに見せてくれる行動の裏には思わぬ本音が隠されています。 こうした猫の気持ちが知れたら、絆もより深くなりそうですね。 文/古川諭香.

次の