両家 顔合わせ 流れ。 両家顔合わせの流れ、進行を伝授します!場所や食事選びのポイントも公開!

【両家顔合わせ食事会】当日の流れや場所選び、服装まで徹底解説します♡

両家 顔合わせ 流れ

段取り 日程や場所、費用の分担、料理の内容、出席者などは、二人が各自の親から意見を聞いて、楽しく過ごせるように調整します。 日程 顔合わせ食事会は、結婚式当日の半年~3ヶ月前の吉日に行ないます。 吉日とは六曜(六輝)の大安、先勝、友引のこと。 結婚に関するおめでたいことなので、日取りにも気を配りたいものです。 カレンダーの六曜を参考にしながら、お互いの親の都合の良い日を調整していきます。 顔合わせ食事会「昼食を兼ねて祝膳を囲む」という形が一般的なので、集合時刻は昼前に設定します。 場所 顔合わせの実施会場は「料亭」や「レストラン」、「ホテル」が選ばれています。 両家の場所が離れている場合は、両家の中間地点が望ましいですが、下見を兼ねて、結婚式会場内の食事処で行なうこともあります。 結婚式場を有するホテル内レストランでは「結納・お顔合わせプラン<会食プラン>」が用意されている場合も多く、提案されるプラン内容から選べば 5万円未満:37. 0% 5~10万円未満:40. 4% 出典:ゼクシィ結婚トレンド調査2016 顔合わせ食事会の人数は、平均6人なので「1人あたり2万円ちょっと」を見積もっておくと良いです。 食事代は「両家で折半」「出席人数が両家で違う場合は人数で割る」のが基本です。 ただし顔合わせ食事会の為に、どちらかの両親が遠方から来られた場合は「近い方が全額または多く支払う」という場合もあります。 顔合わせ食事会は「二人が主催者となり、両親を招待して、もてなす」という意味合いがあるので、お金に関しては互いに納得のいく形で決めましょう。 料理の内容 事前に互いの好みを聞き、 コース料理を頼むのが無難です。 食事のペース配分に気を使わずに済む分、歓談に集中できます。 顔合わせ食事会の料理としては、フランス料理、中国料理、フレンチ懐石、和洋折衷、日本料理などが食されています。 出席者 顔合わせ食事会は、以下の計6人で行なうのが一般的です。 男性側:男性、父親、母親 女性側:女性、父親、母親 兄弟姉妹や祖父母などは出席しないことが多いですが「どうしても呼んで欲しい」という場合は、お互いに納得の上で招待します。 食事会の進行 食事会の席では、角テーブルでも丸テーブルでも同じように、両家が向かい合うようにして座ります。 結納とは異なり決まった席次は無く、上座や下座を厳密にこだわらなくても良いのですが、男性側が上座(入り口から最奥)の席に座ることが多いです。 [上座(床の間など)] _____ 男性の父親| |女性の父親 男性の母親| |女性の母親 男性 | |女性 _____ [出入り口] 座る順番に関しては、私たちの顔合わせ食事会では上記のような形で座りましたが、 丸テーブル:本人が真ん中に座り、両端に両親が座る 長テーブル:父親が真ん中に座り、両端に本人と母親が座る という場合もあります。 個人的には本人たちが出入り口に近い所に座った方が、中座してスタッフの方に話を付けたり、支払いを済ませたりするのがスムーズでした。 何にせよ、事前に「顔合わせの食事会をする」とお店に伝えておけば、スタッフが気を利かせて、席を案内してくれるので、その指示に従えば良いように思います。 はじめの挨拶 自分たちが顔合わせ食事会の主催者になる場合は、男性が進行役を務めることが多いですが、二人で進行しても構いません。 集まってもらった目的を話して、簡単な挨拶をします。 【確認ポイント】• 仲人(媒酌人)の有無• 結婚式の日取り、形式、規模、予算など• 今後のスケジュール• 新生活(親との同居・別居、引っ越し、転職や退職の有無など)• 新婚旅行(有無、行き先、時期、予算など) 食事会での話題のタブーとしては「病気、宗教、政治、スポーツの贔屓チーム」などは、誰かが気分を害する恐れがあります。 また興味本位で相手の家族について立ち入ったことを聞くのもNGなので、好ましい話題をいくつか用意しておきましょう。 食事会の精算 支払いは会食の中盤~最後あたりで二人のどちらかが、そっと中座して、済ませておくのがスマートです。 フリードリンクではなく、飲み物がその都度注文になる場合は、追加の飲み物代の支払いをどちらが負担するかも、事前に決めておいた方が良いですね。 結びの挨拶 締めの挨拶をします。 この時に親への感謝の気持ちや今後の抱負なども述べると良いです。

次の

当日の進行イメージからマナーまで 【顔合わせ食事会(婚約食事会)進め方ガイド】|ゼクシィ

両家 顔合わせ 流れ

はじめに 結婚が決まったら、なるべく早くにおこないたいのが「・」。 両家の親を安心させ、ふたりの結婚を心から祝福してもらえるよう、けじめをつけるためにも大切なプロセス。 プロポーズから「結納・顔合わせ」までの理想的な流れをまとめました。 ぜひ参考にしてください。 「結納」「結婚式」を行うのかどうか?もそのひとつ。 イメージが湧かなかったら、今まで出席した結婚式の感想などを話し合うのでもOK。 ふたりの意識をひとつにしておけば、その後の準備もグッとスムーズになります。 準備のポイント• 今まで出席した結婚式の良かったこと、気になったことの共有• 兄弟姉妹がいれば、そのときはどんな進め方をしたかを教えあう• 結婚式のほかに準備すること(新居・新婚旅行)の希望も確認しておく STEP1:親への報告 お互いをお互いの親へ紹介する すぐに行いたいのはお互いの親への紹介。 おつきあいの段階から交流があったとしても、結婚報告の時には、きちんとしたマナーをふまえてけじめの挨拶を。 それまでに、ふたりの結婚式へのイメージがひとつにしておけば「自分たちはこういう結婚式を考えています」というところまで親に話すことができます。 準備のポイント• 親の好みに合ったおもたせを用意しよう• 結納か顔合わせか、どちらがマッチするのかを意識した会話を• 当日の話題をいくつか考えておく 例)親がどんな結婚式をしたのか、地元ならではのしきたりや結婚式の風習があるか...... など 当日まで忘れずに• 自分から親へスケジュールの確認を取る• 親の性格や家族関係をお互いに教え合っておく• 紹介の場は、親の好みに合ったレストランを選ぶ• 遠方の場合には、ふたりで訪れるのがベストだが、難しければ中間地点や、電話など都合のよい方法を考えて STEP2:スタイル決定 両家の考えを聞きつつ、顔合わせのスタイルを決める 次に両家の親同士を引き合わせる場を考えます。 本来は、結納・顔合わせまでは親主導が筋。 大切な花嫁を迎え入れる側と送り出す側ともに、これから一生の縁となるのですから気持ちよく過ごせるよう配慮を。 「結納」または「顔合わせ」どちらを選ぶにしても、親の意見をなるべく取り入れた方が当日嫌な思いをせずにすみます。 準備のポイント• 親の意見を聞き、しきたりや地域の風習などを重んじつつ折衷案をまとめる• 遠距離の場合、中間地点など、両家の負担が少ない場所を選ぶ• 折衷案を中心に、ふたりの希望を取り入れる• 兄弟姉妹を同席するかどうかを相談する• インターネットでお店の候補を決めておく 当日まで忘れずに• 自宅で行う場合は宿泊場所を確保すること• 「結納」を行う場合には両家で当日の流れを共有しておく・ドレスコードを両家で揃えておく• 親の趣味やふたりの子どもの頃のエピソードなど、わかり合える話題をいくつか考えておく STEP3:本格準備へ スタイルが決まったら、いよいよ本格的な準備開始! 「結納」か「顔合わせ」かが決まったら、さっそく準備に取りかかりましょう。 ここで重要なのは、ふたりの育った環境、歴史をもっともよく知る親同士を引き合わせ、ふたりがひとつの家族となるために一致団結できる雰囲気を作ること。 するべきことは準備リストでしっかりチェックして、うまく舵取りができるようがんばって。 準備のポイント• ふたりが式場候補にしている会場や「結納・顔合わせプラン」を用意しているお店を選ぶ• お店には下見をしておくとベター。 自宅で行う場合でも、上座をどこに設けるかを決めておく• 婚約指輪を結納品とする場合には納品日を調べて購入する• 忌み言葉を調べておく• 親がどんな結婚式を望んでいるのかを知る話題を用意しておく• 出席者の予定はもちろん、味の好みや料理に影響する持病の有無を調べて店を予約する• おもたせは、ようかんやカステラなど切って食べるものは縁起が悪いので避ける•

次の

顔合わせ食事会の当日の流れ~スムーズな進行方法~

両家 顔合わせ 流れ

当日の流れ• 自己紹介・家族紹介• 手土産を渡す• 記念品の交換• 食事をしながら会話• 支払い• 記念写真の撮影• 帰宅 一般的な順番で書いていますが、必ずしもこのとおりである必要はありません。 両家顔合わせの段取りと流れについて、ここから1つ1つ詳しくお伝えしていきます。 結納をしないのであれば、 必ず両家顔合わせをしておいたほうがいいですよ。 正直やるのはしんどいです。 でもやるべきです。 今後の両家の関係性に大いに影響するからです。 私もやったおかげで両家の距離が縮まったことを実感しています。 先輩カップルもほとんどの人が両家顔合わせをやっています。 以下に実際のアンケートをお見せします。 流れを順番に説明します。 時期 結論として「できるだけ早く」がいいです。 一般的には「結婚式の6〜3ヶ月前まで」といわれています。 でも6ヶ月前より早くやっても別にデメリットはありません。 私が実際に両家顔合わせをやってみてわかったのは、早い分には問題ないけど、遅いと大変だということ。 結婚式の直前だと色々困ります。 なぜなら準備が忙しいのと、両家間でトラブルがあったときに半年を切るとキャンセル料がかかってしまうから。 だから結婚挨拶が終わって、1ヶ月後くらいを目処に進めてしまってかまいません。 くわしい流れはこちらをご覧ください パターン3• 彼・彼の父親・彼の祖父母• 彼女・彼女の父親・彼女の祖父母 兄弟まで呼ぶことはたまにありますけど、祖父母まで呼ぶのはレアケースです。 両家で数はそろえるようにしてください。 どこまで招待するかは、子どもたちを通じて両家で事前に話し合っておきましょう。 エリア的な意味での場所と、店について決める必要があります。 順番にお伝えします。 場所(エリア) 両家とも近い場所に住んでいる場合は中間地点で構いません。 しかし遠方の場合は、どちらかに赴いたほうがベター。 なぜなら全員が移動するとお金面でも、体力面でもかなりの負担になるためです。 基本的には男性側が女性側の地域に行くことが多い傾向。 ただ絶対的な決まりはないので、両家でよく話し合って段取りする必要があります。 くわしくはこちらをご覧ください あわせて読みたい お店 お店選びは彼氏彼女がするのが普通。 ただもし両親のおすすめがあれば聞いてみるのもいいでしょう。 実際みんながどんな場所で両家顔合わせしているのか?以下のアンケートをご覧ください。 落ち着いていて、程よくリラックスできるからとてもおすすめ。 レストランを選ぶ場合はお高めの落ち着いた場所にしたほうがいいです。 ホテルはかしこまった感じになるので、しっかりこなしたい方におすすめ。 ホテルだと失敗もないので安心です。 いずれの場合も注意したいのは、個室を選ぶことです。 かなりプライベートな話も出てきますし、両家顔合わせは特別な場ですからね。 くわしい流れはこちらをご覧ください• 個室料金(想定):4,000円 みたいなイメージです。 ちなみに飲み放題はつけないほうがいいと思います。 それで飲みすぎて酔っ払ったら困るので。 交通費 もし遠方で高額な交通費がかかった場合に、誰が負担するか段取りする必要があります。 普通の電車くらいなら各自で良いものの、新幹線や飛行機で移動した場合は考慮が必要です。 こちらも新郎新婦が払うことを推奨します まとめて払ってしまいましょう。 私たちは新郎新婦で全て負担しました。 そのおかげか結婚式のときのご祝儀が少し多かった気がしますw くわしい段取りはこちらをご覧ください• 座席につく• 自己紹介・家族紹介• 手土産を渡す• 記念品の交換• 食事をしながら会話• 支払い• 記念写真の撮影• 帰宅 順番に段取りをお伝えしていきます。 合流 まずはお店に着く前にそれぞれの家族同士で合流しておきましょう。 実家ぐらしの場合は、最初から同行すればOK 家族間で合流した後、お店に向かいます。 遅くても開始時間の15分前を目処に着くようにするといいです。 両家顔泡で遅刻とかは最悪なのでもっと早いぶんには問題ありません。 先についた場合、入り口で待つか、先に中に入って待ちます(お店の状況や作りによります) もしも先に入った場合は必ず連絡しておくこと! くわしい流れは以下をご覧ください あわせて読みたい 9. 帰宅 ここまで来たらあとは安全に帰るだけ。 普通は合流する前と同じメンバー同士で帰宅することが多いです。 例えば彼と彼の両親のグループ。 彼女と彼女の両親のグループといった具合に。 家族で集まるのが久しぶりの場合は、簡単にお茶をしていってもいいでしょう。 よくある質問:両家顔合わせ ここでは両家顔合わせの流れ・段取りについて、よくある疑問点に対する回答をお伝えします。 笑顔です。 とりあえずニコニコしておけば場の雰囲気が和みます。 しかも相手の良い印象まで与えられていいことづくめ。 とりあえず細かいことは忘れても笑顔だけは忘れないようにしてください。 親の意向に沿いましょう。 最近は2割程度しか結納をしなくなりました。 しかし伝統を重んじる家ではやることがあります。 どちらの片方の親でも希望している場合は、実施すべきです。 ちなみに我が家は結納はやりませんでした。 くわしくはこちらをご覧ください.

次の