韓国 ドラマ 愛し てる 泣か ない で あらすじ。 『愛してる泣かないで』動画日本語字幕のフル配信を無料視聴!dailymotionやdvdレンタルよりおすすめ!

BS日テレ「愛してる、泣かないで」第36

韓国 ドラマ 愛し てる 泣か ない で あらすじ

2020. 22 愛してる、泣かないで-あらすじ-最終回 132話 -結末は!? 韓国ドラマ-愛してる、泣かないで-あらすじ-最終回 132話 -の画像つきキャスト情報をネタばれありで! キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。 ヒョヌとミスのことで口論になったヒョヌ母は階段を踏み外して入院してしまいますが…。 ミスはそんなヒョヌに今まで一緒にいたことは幸せだったと伝え、二人は涙を流し合いながら抱き合い別れを決意する。 こんな結果になってしまいましたが、ヒョヌとミスの部屋に飾られた結婚写真が二人ともすごい良い笑顔でちょっと胸にぐっときましたねー。 ヒョヌ父に別れることを報告しにいったヒョヌ、ヒョヌ父は決断を急ぐことはなかったのにと言う。 しかし、ヒョヌはヒョヌ母のミスへの態度を見たら父さんも別れを決意していたよと呟く。 結局最後までヒョヌ父もヒョヌ母をコントロールすることが出来ず、ミスの味方にもなりきれず中途半端な立場を維持していましたねーそこは残念でした。 肉屋に買い物にきていたスジャはそこでヨンミン叔母と出会い、ヨンミン叔母からの誘いで二人はお茶をすることになる。 今までのことや、これからの事を話す二人、ヨンミン叔母は今までのことは全て忘れたと話し、今後は時々お茶をしようと笑い合える仲になっていた。 そりゃスジャは別に何一つ悪いことしてませんからね…シンジャの前でも同じこと言えるのかなーのんきなヨンミン叔父がちょっとイラってする。 退院してきたヒョヌ母とすれ違うようにミスの荷物を持って家を出るヒョヌはミス家にやってきていた。 スジャ、そしてミス祖母の前に座るミスとヒョヌ、ヒョヌは自分の不甲斐なさとミスを幸せに出来なかったことを涙ながらに頭を下げて謝った。 ここのヒョヌの涙も胸にくるものがありましたね…自分の力でミスを幸せに出来なかった後悔が感じられる泣き方で少し同情してしましました。 3ヶ月後、ミスは新しい職場にも慣れ楽しそうに仕事をしており、その足で留学するヒョヌを空港に見送りにきていた。 最後は抱き合い別れる二人、雨が降る中、自分のバッグを頭に乗せて信号を待つミスに傘をさしてあげるヨンミンが隣に立っていた。 132話感想 確かにヒョヌの行動はミスを受け入れるものや、守ってあげるものではなく自分勝手に一緒に居たいというものでした。 しかし、それでも愛していたこと、ミスを幸せにしてあげたいという思いは確かにあったのでそれが出来なかった時のヒョヌは辛そうでしたね。 ヨンミンと同じくミスの為を思って別れを告げる時のヒョヌの表情、その原因が自分の親で解決出来ないくらいこじれててって。 特にスジャに謝りにいくヒョヌの泣き方は辛かったなーミス家にはヒョヌは可愛がられていたからね。 最後はハッピーエンドなのかな?ミスとヨンミンが今後付き合うかどうかはわからないという描写。 何だかんだ付き合うだろうけど、ミスはもう前のミスとは変わっちゃってるからね…それでも愛してあげたら本物だよヨンミン。 あなたのこのドラマの評価はいかがでしたか? ぜひ感想をお聞かせください!• 名作「トンイ」再放送終了に代わる新たな韓国ドラマを期待して、この番組を見始めた。 60話位で 終始と思ってたが終わりそうも無く、予感通りのダラダラ感の挙句、ヒロインの泣き崩れ三昧、ラストは 「やっと一緒に」を想像させる場面でエンドだというストーリーがこのサイトで判り、残り未だ半分近い ストーリーに無駄な労苦の鑑賞せずに済んだと感謝している。 (予約録画も打ち切り) 韓国では祖父母の敬い、発言力が絶大であるが、ヨンミン祖父が見事に裏切り溺愛娘の悪玉叔母に味方し 結婚破たんさせヒロインを苦しめる辺りは見るに堪えぬ不快さであった。 あらすじで筆者が述べている 内容に大いに共鳴し、共感した、正におっしゃる通りだと。

次の

韓国ドラマ 愛してる泣かないで あらすじ 全話一覧: 韓国ドラマのあらすじマトメ

韓国 ドラマ 愛し てる 泣か ない で あらすじ

2020. そんな中、男友達のヒョヌ(イ・サンユン)から、無理やりスキーに誘われる。 仕方なく百貨店にスキー道具を買いに行くと、知り合いの編集長から「雑誌の手伝いをしない? 」との連絡が。 仕事が見つかったことに嬉しくなり、はしゃいでいたミスは勢い余って男性(イ・ジョンジン)とぶつかってしまう。 平謝りし、その場を離れるミスだったが、誤って男性の荷物を持って帰ってしまう。 一方、ミスとぶつかった男性、ハン・ヨンミンは将来を期待されている若き建築家。 大学の理事長の一人娘と婚約を控えているが、ある日事務所にかかってきた正体不明の電話に、胸騒ぎを覚える…。 出典: 相関図 出典: キャスト 主要人物 イ・ユリ チョ・ミス役 雑誌記者 明るく正直で、飾り気のない性格。 外見は決して整形やメークで作られた顔ではなく、あくまでも自然体。 ネアカな性格に優しさまで加わり、誰とでも親しくなれるのはこれまたミスの長所。 イ・ジョンジン ハン・ヨンミン役 建築家、大学時間講師 将来有望な若い建築家。 友人と二人で設計事務所を営みながら大学で講師を務めている。 中学2年の時、交通事故で両親をなくし、祖父と叔母夫婦に育てられる。 子供に恵まれなかった叔母はヨンミンを実の子のように育てたため、その分、執着も激しい。 オ・スンヒョン ミン・ソヨン役 ヨンミンの婚約者、大学理事長の娘 ソンウン大学財団の理事長の娘、大学の専任講師。 育った環境がよくインテリではあるが、それよりも派手で情熱的でストレートな性格。 当然わがままで自分勝手で派手。 そんなソヨンが一方的とも思えるほど、ヨンミンに恋い焦がれている。 イ・サンユン チャン・ヒョヌ役 ミスの友人、大学院生 ソンウン大学で建築学を専攻している大学院生。 ヨンミンの講義も聞いている。 父親は会社社長で、堅実でしっかりした企業を運営している。 がっしりした体格に性格もよく、勉強もできるとなれば当然女は放っておかない。 韓国では視聴率「平均12. しかし、当時の作品の中では「大ヒット」と言われるほどではないのですが、この本作は、数多くのヒットドラマを手掛けてきたスタッフが集結して作られており、2008年に「MBC演技大賞」で「家族賞」を受賞した作品でもあります。 韓国ドラマ「愛している、泣かないで」の内容を簡単に説明すると「傷ついた4人の男女による愛と家族の物語」と言った感じになっています。 キャストされた俳優陣、女優陣を見ていると、普段韓国ドラマは観ているが、長編ドラマは今ひとつ見ない人でも、入りやすい、見やすいキャスティングになっていると思います。 ヒロインの家庭環境が複雑であり、幸薄な感じは、「まさに韓国ドラマ」という設定になっており、しかも、周りにはお金持ちの息子や理事長の娘などもいたりして、ヒロインとの格差が激しいのも、韓国ドラマにはお決まりのものです。 ヒロインの恋愛は、様々な相手から執拗に邪魔をされるので、観ているこちらが「頑張れ」としたくなってきます。 最終的にはヒロインと誰と結ばれるかも、この作品の面白い部分でもありました。 出会った時の印象は最悪だった「ヨンミン」、ミスを見守り想い続ける「ヒョヌ」、そしてヨンミンの婚約者である「ソヨン」。 それぞれに心の傷を抱えた男女が、ぶつかり合いながらもお互いの痛みを理解し、愛を深めていく過程を描いているので、観ていてモヤモヤする部分もありますし、キュンキュンする部分もあり、泣けてしまう部分もあり、「長編ドラマの醍醐味だな」と感じました。 韓国ドラマ「愛している、泣かないで」は、恋愛だけではなく、複雑な家庭環境を通して家族愛が深まっていくという「家族ドラマ」的な要素も含まれているので、とても面白い作品だと感じました。 ヨン・ウジン、gugudanのキム・セジョン、ソン・ジェリム、T-ARAのジヨン まずは30日間お試し.

次の

愛してる、泣かないで 動画を無料視聴で韓国ドラマを見る情報サイト:KBS

韓国 ドラマ 愛し てる 泣か ない で あらすじ

c 2008MBC イ・ジョンジン、イ・サンユン、オ・スンヒョン、イ・ユリで贈る、失った愛と新たな愛のはざまで揺れる韓国ドラマ「愛してる、泣かないで」、4月17日(金)からの第36話~第40話あらすじを紹介、韓国MBC番組サイトで予告動画が視聴できる。 但し日本語字幕なし。 スジャは何とかヨンオクに歩み寄ろうとするが、結婚に向けてとてつもない額の贈り物を要求され憤慨する。 その頃、ヒョヌは留学の決意を固めていた。 ヨンミンは叔母が要求した贈り物のことを聞くが、何も言わない方が良いというスジャの言葉にひとまず従う。 一方、気が収まらないシンジャは直接ヨンオクに会い、贈り物はしないと言い放つ。 様々な不安を残しつつも結婚準備は着々と進んでいく。 そんな時、仕事中に偶然スジンに会ったミス。 スジンからヒョヌの留学の話を聞いて驚く。 ミソンが離婚していることを知ったパブロは、自分の母親も離婚していることを打ち明ける。 同じ頃、ユンミたちの世話をしていたミスの元にヨンオクから今すぐ家に来るようにと電話がかかってくる。 事情を知ったヨンオクの祖父はスジャを呼び、結婚指輪だけで済ませようと提案するが、それを聞いたヨンオクは猛反対する。 一方、シンジャはデソンと連絡がつかなくなったことを不安に思っていた。 新居を建てる間だけ離れて暮らすと言うヨンミンに、本当はミスも別居したいはずだと責めるヨンオク。 話を聞いたスジャはヨンオクを呼ぶのだが…。 ヨンオクはデソンに連絡するが、ちょうどシンジャとデートの真っ最中だった。 テソプとヒョンジュは仕事の都合でモンゴルに行くことが決まる。 デソンは、シンジャに指輪を送り正式にプロポーズした。 ヒョヌも正式にスジンをニューヨーク行きに誘う。 その頃、デソンの服から指輪の控えを見つけたヨンオクは自分へのプレゼントだと思うのだが…。 祝う気持ちはもあるがどこか複雑な思いになるミス。 ところが、顔合わせの当日デソンは急性腸炎にかかって病院へ運ばれる。 スジンはヒョヌの家で一緒に食事をすることになり、家まで送ってくれたヒョヌの頬にキスをする。 ある日、ミソンの職場にワンシクを追っている借金取りがやってきた。 パブロはミソンをかばい、借金取りを追い返す。

次の