胃腸 炎 食べ れる もの。 ウイルス性胃腸炎で食事はいつから?良い食べ物は?治るまでの記録

ちょっと食べただけで胃もたれ、胸やけ…これって年齢のせい? | 大正漢方胃腸薬 | 大正製薬

胃腸 炎 食べ れる もの

感染性胃腸炎は、絶食が基本 感染性胃腸炎になったら基本的に 絶食するべきと言われています。 何か食べても、結局消化吸収される前に体外に排出されてしまいますし、 腹痛と吐き気で 余計に苦しむことになるからです。 ですから、感染性胃腸炎を発症したら、 良くなるまでは固形物は摂らず、水分のみで過ごしましょう。 ここで摂る水分も、冷えたものではなく、 常温に戻すか温めたものにした方が胃腸へのダメージが少なくて済みます。 人は、 一日や二日固形物を食べなくても 健康に問題はありませんから、 何か食べたくなっても我慢した方が良いです。 そもそも、腹痛で食欲が出ない人の方が大半ですが、 稀に症状がおさまる前でも、胃に何も入っていない状態が落ち着かず、 何かを食べたくなる人がいるようです。 ですが、こんな時に食欲に任せて何でも食べてはいけません。 その食物が胃腸を刺激し、 もっとひどい下痢や嘔吐を引き起こすことがあるからです。 せめて、下痢と嘔吐がおさまるまでは、 食欲を無視して、水分だけで我慢しましょう。 感染性胃腸炎後の食事の摂り方とは では、感染性胃腸炎になってしまった時は、 どのようなペースで食事をすれば良いのでしょうか。 一般的には、腹痛と水のような下痢がおさまり、 便に固さが出てきたら食べてもよいと言われています。 もちろん、そのように便の形状が変わっても、 食欲が無ければ無理に食べない方が良いでしょう。 食べ始めは、重湯か水分の多いお粥から始めましょう。 中国粥のように油分が含まれているものよりも、 お米と水だけのお粥の方が消化が良いのでおすすめです。 そして、徐々にお粥中のご飯の割合を増やしていき、 最終的に普通のご飯が食べられるようにします。 おかずは最初は無しの方が良いでしょう。 どうしても何か味のあるものが欲しければ梅干しなどで凌いで下さい。 そして、ご飯の割合が増えるにつれて、通常のおかずも食べられるようになりますが、 揚げ物や脂身の多い肉などの油分の多いもの、 繊維質の野菜や海藻などは消化が悪いので、念のため全快するまで控えた方が無難です。 しばらくは、繊維の少ない野菜や、 白身魚やお豆腐などを食べて過ごしましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか、 感染性胃腸炎の症状や、その間の食事などについてご説明しました。 感染性胃腸炎はウイルスによるものが多いため、 特効薬が無く、病院に行っても栄養点滴くらいしかできることがありません。 ですから、自宅での処置の仕方が、 その後の回復を分けるのです。 感染性胃腸炎にかかっても、 普段から一日三食食べるのを習慣としている人は、 症状がつらくてもなんとなく食事を摂りたい気持ちになるものです。 ですが、ここで習慣だからと普通のご飯を食べてしまっては大変、 さらなる下痢や嘔吐に苦しむことになってしまいます。 どれだけ食いしん坊でも、 感染性胃腸炎の時は何も食べずにいることが、 より早い回復のために必要だと心得ておきましょう。

次の

胃に優しい食べ物・飲み物!「消化の良い食べ物・悪い食べ物」まとめ一覧リスト

胃腸 炎 食べ れる もの

あなどるなかれ、急性胃腸炎 わりと多くの人が経験している臓器系の症状に「急性胃腸炎」があります。 この急性胃炎は、元AKB48の篠田麻里子さんが2013年になったことでも知られるもので、吐き気や下痢など様々な苦しい症状が出てきます。 わりと急性胃腸炎はいろいろなところできく病気で、かつ有名なので「大したことないんでしょう」などと言われることもありますが、吐き気や下痢といった症状が強く出ますので非常に辛い病気です。 しかも突然なので、前兆なくあらわれることから対応しにくいという難点も。 ただ、急性胃腸炎は一過性の病気なので、安静にしてきちんと治療をすることで、問題なく治療をすることができるものです。 適切な治療を、できるだけ早くに行うことが大切です。 急性胃腸炎って何が原因で起きるの? 急性胃腸炎の原因は、ウイルス感染によるものが一番多いです。 急性胃腸炎の場合はこの二つを治療して行かなければならないという難しさがありますね。 夏には細菌性の急性胃腸炎が流行することもあり、時期によっても「何が原因なのか」には大きな違いがありそうです。 また、急性胃腸炎はストレスでなることも多いので、もし急性胃腸炎がストレスからきているものの場合は根本的な治療をしないとまた同じ症状が出るかもしれません。 食べ過ぎがダメージとなって表れることもありますので、日ごろから「つい食べ過ぎてしまう」などと言う人は気を付けることをお勧めします。 急性胃腸炎の治療 参考サイトにもありますが、急性胃腸炎で一番怖いのが脱水症状です。 下痢、嘔吐が酷いと体から水分が足りなくなってしまいますので、脱水症状になってしまう可能性も。 なので、きちんと水を飲んで水分を補給してあげてください。 また、水を飲む場合でも「ちゃんと胃を休め、刺激を与え過ぎないこと」を確認して飲んでください。 そして、早めに医師の診察を仰ぎ治療をしていきましょう。 また、急性胃腸炎は映る可能性もありますので、うつらないように自衛することも必要です。 しっかり手を洗って、感染しないようにしましょう。 また、タオルなども共有しないことが必要です。 完治するまでは、うつらないように対策をとりましょう。 急性胃腸炎になると、それは本当に酷い症状に悩まされることになります。 注意しながら生活されることをお勧めします。 投稿ナビゲーション.

次の

感染性胃腸炎にかかった時の食事:食べていい物、食べないほうがいい物。

胃腸 炎 食べ れる もの

胃腸炎のときはどんな薬が処方される? 画像引用: photozou. jp 胃腸炎の種類と必要とされる薬をまとめました。 ・ウイルス性胃腸炎 ロタウイルス、ノロウイルス、アデノウイルスなどで、主に冬場に流行します。 ウイルス性胃腸炎に対し、有効的な抗ウイルス薬はありません。 症状を抑える薬が処方されますが、医師の指示に基づいて使用してください。 ・細菌性胃腸炎 腸炎ビブリオ、サルモネラ、O-157など、いわゆる大腸菌とよばれるもので、夏場に流行します。 細菌性胃腸炎の場合は抗生物質が処方されます。 重篤になりやすいのは細菌性胃腸炎です。 抗生物質の他に症状を抑える薬が処方されることがあります。 下痢や嘔吐は体内の病原体を排出するための防衛反応ですので、過剰に薬で抑え込む事は推奨されていません。 ・その他の場合 ストレスや生活習慣が原因で起こる胃腸炎には、症状を抑えたり機能を活発にする薬が処方されます。 上記2種類の胃腸炎と違い、薬による回復が期待できます。 漢方が処方される場合もあります。 治療が長期化する場合もあります。 いつ飲めばいいの?副作用はどんなもの? 症状を抑えるだけの薬であれば、出来るだけ飲まず、どうしても必要な時に飲むのが良いと考えられています。 その他、抗生物質などは医師の指示通りに飲んで下さい。 副作用は薬によってさまざまですが主に、眠気、頭痛、目まい、便秘などです。 胃腸炎の薬と食べ合わせがダメなものはある? ・牛乳、乳製品 腸で溶ける薬が胃で溶けてしまうようになるから。 ・カフェインの含まれる紅茶やコーヒーなど カフェイン中毒になったり、薬の効果が弱くなる。 ・グレープフルーツ(ジュースも) 薬の効果が強くなったり弱くなったりする。 ・ワイン、お酒、アルコール.

次の