温泉 体験談。 箱根湯本 天山湯治郷体験談

派遣の温泉の体験談を公開中【時給・年齢層・向いてる人】

温泉 体験談

1:カップルで温泉に行ったら…することはひとつですよね? 「たまの温泉旅行だから」とちょっと贅沢をして、露天風呂付きのお部屋を予約! 好きなときに温泉に入れるのだから、もう最高です。 でも、楽しみなのはそれだけじゃありませんよね……? ふたりだけの空間でゆっくり湯に浸かることができるんですから、自然と距離も近付いてくる。 寄り添っているうちに、いいムードに。 そしてエッチな雰囲気になってくるわけです。 想像しただけでも興奮するシチュエーション。 めくるめく夜になることは間違いないでしょう! 2:温泉エッチが燃える理由 まず、どうして温泉エッチは盛り上がるのかを分析していきましょう。 (1)視覚的興奮が味わえる 場所が温泉ということで、普段エッチしているときに見ている光景とは、まるで違ってきます。 すると、視覚からの情報が脳をビンビン刺激する。 特に男性は、視覚からの刺激に反応しやすいと言われています。 女性が味わっている以上に、気持ちいい状態となっているかもしれません。 (2)いつもより大胆になれる 開放感にあふれた場所でのエッチは、心も解き放ってくれます。 狭く薄暗い場所で、じっと行為に集中するのもいいですが、広く開かれた場所ならば、より大胆になれる。 いつもより声が大きく出たり、いつもよりも激しく求めてしまったり……。 普段押さえつけている欲望を開放できるのです。 心もカラダも裸になることで、凄まじい快感がもたらされます。 (3)誰かに見られているかも… 部屋の露天風呂温泉は、野外のところが多いです。 柵などで仕切られているとはいえ、誰かに見られてしまうかもしれない……。 見られているはずなんてないですが、そんな疑いが頭をよぎります。 しかし、その不安がいっそうエッチを盛り上げます。 もし見られたら……という羞恥心が脳を刺激。 そのうち、もう誰に見られても構わない……という意識になってきて、興奮と快感が加速していくでしょう。 3:温泉でエッチでのエピソード悲喜こもごも (1)水しぶきが外に 「彼女と初めての温泉旅行。 露天風呂付きの部屋だったので、ふたりで入り、そのままエッチな流れに。 AVなんかでは見たことあるけど、実際にやるのは初めてだったから大興奮でした。 そして、温泉エッチの醍醐味とも言える、立ちバックの体位に。 実際にやってみると、水しぶきがかなり上がるんですね。 バシャバシャ言わせながらやってたんです。 僕らの部屋の外は駐車場になっているようでした。 柵で囲まれて見えはしないんですが、どうやら隙間から水しぶきが外に飛んでいたようで、かかってしまったみたい。 僕らは息を殺して、そ~っと部屋に戻りました」(Jさん・32歳) (2)子どもが入ってきた 「僕らが行った旅館は、予約すると貸し切りにできる家族風呂がある宿でした。 時間になり、彼女とふたりで貸し切り風呂へ。 イチャイチャしてたら、次第にエッチな気分になってきてしまい……。 でも、そこで脱衣場に誰かが入ってきたような物音がしました。 もしかしたら鍵をかけ忘れたかも……と思ったとき。 突然、子どもが入ってきたんです。 僕らは瞬時に離れました。 あっという間の出来事で、しばらく状況が飲み込めませんでした」(Kさん・28歳) (3)隣のカップルの声がすごい 「部屋に露天風呂が付いている旅館に泊まりました。 ベランダ部分が風呂になっているんですが、隣の部屋とは柵で仕切られているだけ。 声が丸聞こえなんですね。 彼女とふたりで風呂に入ったとき、隣もカップルで来ていたようで、話し声が聞こえてきました。 そして、だんだんエッチな感じに……。 しばらくして、激しい喘ぎ声が響き始めました。 よく恥ずかしくなくヤレるもんだな……と。 反対に、こっちはちょっと冷めてしまいました」(Iさん・31歳) (4)温泉の不思議な効能 「会社の忘年会でビンゴ大会があり、温泉付き宿泊券が当たったんです。 しかし悲しいことながら彼女はおらず、ひとりで行くのも寂しいので、誰かに譲ろうかとも思いました。 けど、ひとり気になってる女性がいて、ダメもとで誘ってみたんです。 そうしたらなんとOK! ふたりで温泉旅行。 もうドキドキ。 しかも、行ってみたら部屋に露天風呂が付いている。 さすがに一緒には入れないだろうと、彼女に先に入ってもらったんですね。 見事、僕たちは結ばれました」(Hさん・31歳) (5)のぼせてダウン 「今の彼女と始めての旅行したとき。 部屋に付いている露天風呂にふたりで入ったんですね。 そこで、どうしてもやりたいことがあって……。 それは、お風呂で彼女に口でしてもらうこと。 AVで見て憧れがあり、一度はしてみたかったんです。 僕が立ち上がって仁王立ちの姿勢になり、彼女には湯船に浸かりながらしてもらう。 念願かなって、嬉しさと気持ち良さにひたっていました。 しかし、そこでなんかクラッときたんですよね。 立っていられなくなり、すぐに風呂から出ました。 どうやらかなり頭に血がのぼってしまったみたい。 そのまま布団でダウン。 結局、朝まで寝てしまい。 肝心のエッチはできませんでした」(Eさん・29歳) 4:ハメを外し過ぎないように! 旅先では、つい気も大きくなりがち。 温泉での大胆なエッチは気持ちいいでしょうが、思わぬ落とし穴もあります。 また、時間貸しの家族風呂は、本当に家族でないと使えないところも多いですし、部屋付き露天風呂でも温泉でのエッチは推奨されない場所も多いですので、そのあたりはご注意くださいね。 この記事を書いたライター 月島もんもん M. Tsukishima プロのゴーストライターとして、芸能人、医師、文化人の代筆を手掛けること10年。 各業界の裏話やぶっちゃけ話に精通している。 路上パフォーマーとしても活躍。

次の

温泉・混浴で経験した面白いかもしれない体験談・エピソード

温泉 体験談

写真だとガスマスク付けてますが、どのくらい危険なんですか? ヘタしたら、 即死しちゃうレベル。 ・・・、ヤバイですね。 実は、温泉地ってたまに ガスで亡くなってしまう事故があるんだよね。 温泉に行った時、場所によっては卵の腐った匂いするところあるでしょ。 硫化水素ガスってのが出てて、特に冬場とか雪が深く積もってる時にはそのガスが溜まっちゃって、中毒死しちゃうことがあるわけ。 しかも、この硫化水素ガスが凶悪で、 濃度が濃くなると匂いがしなくなっちゃうんだよね。 鼻の粘膜がやられて。 だから、人が倒れてる!って見つけて助けに行くと 道連れになって死んじゃうこともあるんだよ。 こういう温泉でも、入るとやっぱり気持ちいいんですか? いや、 正直覚えてないんだよね 苦笑。 写真撮るのに必死で。 早くシャッター切らなきゃ!みたいな感じで。 湯も白く濁ってて深さとかも判らないから超必死だよね。 しかも、被ってるガスマスクは水がついたら息もできなくなるから、ほんと命からがらだよ。 取材時に見かけたというガス危険の文字。 まさに命がけだ。 装備はGPSとイスラエル軍のガスマスク! Q. そもそも、この危険な温泉ってどうやって見つけているんですか? 地図にある 温泉マーク、あとはネットかな。 けど、ネットは行き方も書いてないし本を出した当時はネットの情報って全然信用できなかったんだよね。 だから、地形図とかを見て、温泉マークを探したんだよ。 出典: pixta おおよその場所がわかったら、あとは、 ぶっつけ本番。 現地に行ってから道を探し始めた感じかな。 大体は本当に温泉が見つかるんだけど、 3割ぐらいは見つからずに帰ってたな。 例えば、いざ行ってみたら温泉って言える程 お湯が湧き出てなかったり、そもそも藻が張りまくってて 精神的に入れないな・・とかもあった。 入浴の際は、何を持って行くんですか? 登山用のGPS、ガスマスク、地図かな。 あとは、無線機。 アマチュア無線のやつ。 温泉入るためだけにわざわざ免許取ったよ。 ガスマスクは、俺の大先輩が 湾岸戦争の時にイスラエル軍から支給されたものを譲り受けたんだよ。 戦争で使われてたマジモン。 出典: pixta Q. 死にかけたこと、とかありましたか? 温泉から帰るときに、 崖から滑落したことはあったな。 新潟の秘湯に入った時。 上りは意外に大丈夫なんだけど、問題は下り。 崖から下をのぞいてたら、そのまま落ちちゃって。 たまたま背負ってたバッグがクッションになったから生きてたけど、 骨折れてたよ 笑。 あとは、アブの大群とかに襲われてパンパンに腫れちゃったりとかかな。 そんな大原さんに、過去行った温泉を紹介していただきました。

次の

萌えた体験談 <温泉旅行にて >

温泉 体験談

年に四、五回ですが、温泉宿に泊まって、深夜温泉に入っていると、女性が入ってくる事があります。 私自身は女性用の温泉かとびっくりしますが、勿論、入ってきた女性の方も驚いています。 その女性は女将か仲居頭です。 男性用の温泉の方も、不定期に確認しないと清掃などに手抜きがあったりするようで、深夜に抜き打ちで点検するらしいです。 温泉の点検ですから当然全裸ですが、少し温まってからいろいろな箇所を確認しています。 私にとっては、全裸の女将や仲居頭を見る良い機会ですから、のんびりと時間を過ごします。 確認が主ですから、場合によっては後ろからアソコが丸見えになることもあります。 点検が終ると、また温泉に入ってきます。 一仕事おわったせいか、大体そばに来てくれて話しかけてくれます。 深夜の温泉で男女ですから、興奮します。 だから、すぐ勃起状態です。 日本の温泉は、白濁している所は少なく、透明のところが多いですから、そばにきた女将や仲居頭はすぐ気づきます。 話しながら私の股間の方をチラチく見ますから分かります。 そんな時には、急に立ち上がり「シャンプーをしてきます」と言います。 勃起状態の股間をごく近くで女将や仲居頭は見ることになります。 構わず、洗い場にいって頭を洗います。 元の場所に戻るまで、女性の方がその場所を動かなければ、次の展開が期待できます。 確率は半々です。 戻る時には勃起は治まっています。 また話し始めます。 女性の方からは、それとなくシモネタの話になります。 すると、また当然ですが勃起してきます。 すると「いいものをお持ちですよね」とか「立派すぎますわ」とか「さっきは凄かった」とかを言い出します。 その時は、女性の手を取り握らせます。 少し嫌がるそぶりをしますが、ほぼ握ります。 それから、確かめるように、亀頭、サオなどを握ったりさすったりします。 もうこうなれば、嵌めるだけです。 女性の股間に手を持っていくと、ヌルヌルしているのが分かります。 立ち上がらせて、手ごろな岩に手をつかせて、バックから嵌めます。 お互いに興奮していますから、射精も早いし、いくのも早いです。 その後は、温泉で胡坐をかいた私に腰を下ろさせる格好で、下から挿入します。 温泉であたたかいですし、私の手は乳首も乳房も繰りも自由に刺激できますし、舌と唇は首筋、耳、腋の下を責めることができますから、女性はたまらないと思います。 時々強めに突き上げると、「あ~~あ~~」とか「いじわる~~~~」とか言います。 充分堪能したあとで、思い切り射精しますが女性の体が本当にガクンガクンと大揺れします。 10年以上仕事をしていて、今も続いている女将は5人しかいませんし、仲居頭は2人ですから、そういう機会は圧倒的に少ないです。 ただ、女将から連絡がある場合は、露天風呂付きの部屋を準備していてくれ、旦那が出張の日なので、いたれりつくせりしてくれます。 その夜は、極楽です。

次の