相続税申告不要。 相続税申告の要否を判断する基準は遺産総額3,600万円

相続税がゼロでも申告不要とは限りません!

相続税申告不要

遺産総額 課税価格の合計 >基礎控除となれば、相続税が発生するため、申告義務が生じます。 遺産総額の計算方法 相続した財産 相続財産 の評価額から、相続した住宅ローンなどの確実な負債や、葬儀代などの「負債額」を控除した額、つまり「被相続人の正味資産」を求めます。 預貯金、金融商品、動産、不動産、換金性のある権利 例:ゴルフ会員権 など、ありとあらゆるものが含まれます。 また、被相続人の死亡に際して、適当な対価を支払わずに利益を受けた場合は「 みなし相続財産」として、相続財産に含まれます。 ただし、土地の評価方法では時価ではありません。 相続税における財産の評価方法を定める財産評価基本通達に定められている「路線価方式」という計算方法で用いられます。 これは、実勢価格や、地価公示法に基づく公示価格と違うのはもちろん、固定資産税の評価額とも異なります。 そのため、きちんと土地の評価額をつかむ必要があるでしょう。 目安としては、「 実勢価格の8割程度」であるなどといわれています。 このように、不動産は評価額が実勢価格に比べて安いため、相続税対策に不動産を購入するという手も考えられます。 「妻だから」「子供だから」などは関係なく、単純に相続人の人数を数えます。 なお、養子を含むこともできますので、「被相続人が養子を迎えることで基礎控除額を増やす」ということも可能です。 ただし、基礎控除枠に含むことができる養子の人数は、実子がいない場合は2人、いる場合は1人までという制限があります。 特例の適用によって納税がゼロになった場合 小規模宅地等の特例 相続人が取得した財産のうち、被相続人が相続開始の直前まで被相続人の事業または、自身の居住のために利用していた宅地 小規模宅地等 に関する特例です。 これによって、自宅や、事業者の自宅兼住居などの評価額を圧縮することもできます。 限度面積と減額する割合は用途に応じて定められます。 参考: 配偶者の税額軽減 配偶者の税額軽減とは、配偶者が取得した相続財産の正味の価額が、• 1億6,000万円 のいずれか大きい方までは、相続税がかからないという制度です。 参考: 税額を抑えた相続税申告なら、相続税専門の税理士に依頼 誰が相続税の申告を行っても、納める相続税額は同じ金額になると思っていませんか? 実は、 その考えは間違っています。 税理士業務の中でも「相続税の申告」は非常に特殊なもので相続税の専門的な知識が求められます。 税理士ごとに、計算される相続税額が異なることも少なくないのです。 ここでは、「相続税専門」の税理士に依頼することが相続税を抑えるのにつながる理由についてご紹介します。 税理士にも得意分野がある 医者に外科や内科などの専門分野があるように、 税理士にも専門分野があります。 税理士になるには、「所得税法」「法人税法」「相続税法」「消費税法又は酒税法」「国税徴収法」「住民税又は事業税」「固定資産税」のうち、所得税法と法人税法を含む3つの科目に合格することが求められます。 つまり、 相続税について勉強せず税理士になった人も数多くいるのです。 一般的な税理士の仕事は法人税や所得税の申告です。 全国の 年間の相続税申告件数は約10万件なのに対し、税理士は約8万人存在しています。 つまり、税理士一人あたりの相続税の申告件数は年間で1~2件程度が実状です。 全国に企業が400万社以上あることからも、いかに相続税の申告業務が稀であるか理解できるでしょう。 そのため、相続税の申告を数多くこなしている税理士は少なく、専門的に扱っていない税理士に依頼すると、 本来払わずに済んだ税金を支払う事態になりかねません。 相続税を抑えるために必要なこと 相続税を抑えるためには、 相続財産 特に土地や家屋 を正しく評価することや、特例・各種控除などを適用させることが必要不可欠です。 相続税の金額を正しく計算するには、もとになる遺産の価値を正しく評価する必要があります。 預金や株式といった金銭価値がはっきりしているものであれば問題ありませんが、土地や家屋、さらに車などの一般動産や家財一式などの評価は難しく、 税理士や税務署によって解釈が異なることもあり、遺産の価値を過大に評価してしまうこともあるのです。 また、相続税額を抑えるには控除や特例を利用することが不可欠ですが、適用条件が複雑なこともあり、 適用できるのに気づかなかったり、適用できるかどうかの判断が困難な場合もあります。 さらに、本来の金額よりも少ない金額を誤って申告してしまうと、税務調査が行われ、延滞税や加算税などの追微課税が発生し、 本来よりも高い税金を納めなければならないといった事態になりかねないのです。 相続税の申告は「相続税専門」税理士に依頼 あなた自身や経験の少ない税理士では、正しく申告するのが困難な場合もあるでしょう。 そのため当サイト編集部では、 相続税を専門に取り扱う税理士に依頼することを強く推奨しています。 相続でお悩みの方に、相続税に特化した 「高い専門性」と、ワンストップ対応でアフターフォローも充実した 「依頼のしやすさ」を併せ持つ税理士を紹介したい。 そんな思いで全国の税理士事務所を編集部が探した結果、2つの条件を満たすのが 「税理士法人チェスター」でした。 税理士法人チェスターは、年間に1,000件以上の相続税申告を行っている 「相続税の申告」に特化した税理士事務所です。 初回の電話相談や面会相談も無料で、税務調査が入った場合のアフターフォローにも5年間対応します。 さらに、1次相続や2次相続までを考慮し、どのように遺産を配分すれば相続税を抑えられるかについて 、 最適な分割プランを提案します。 2008年から開業したノウハウを駆使し、土地や家屋などの不動産も正しく評価。 控除や特例も適切に利用し、 できる限り相続税額を抑える申告を目指しています。 修正申告が必要だった場合、延滞税や加算税を支払わなければならず、追加での納税が必要になってしまいます。 税務調査を受ける確率や、追微課税を支払う可能性もぐっと抑えられるのです。 依頼した場合は税理士報酬を支払う必要はありますが、 それを上回って相続税額を抑えられることも少なくありませんし、ご自身での申告書作成から申告までの一連の手間や税務調査に対処する手間も省けます。 以下に当てはまる方は まずは問合せてみましょう。 非課税枠を使って基礎控除以下になる場合• 被相続人の死亡により支払われる生命保険金のうち、被相続人が保険料を負担したもの• また、弔意金については• 相続財産の評価額を計算する場合に、これらの資産は非課税額を超えた分のみが課税価格に算入されます。 配偶者の財産を相続した人が、10年以内に被相続人になる場合など、多くの事例において利用できる特例だといえるでしょう。 この控除によって、先の相続で支払った相続税額のうち一定額が、今回の相続税額から控除されます。 相次相続控除に比べて知名度が低く、忘れられがちですが、相続人が未成年である場合には、特例を利用しましょう。 参考: そもそも遺産を受け取らない場合 相続税は、相続・遺贈によって資産を受け取る人が申告・納付する税です。 そのため、相続税が生じる相続の法定相続人であったとしても、遺産を受け取っていなければ納めるべき相続税はありませんし、申告の必要もありません。 まとめ 相続において相続税は、0円であるということがほとんどです。 事実、相続のなかで相続税の納税義務があるケースは全体の1割程度であるといえます。 しかし、そうだからと言って、相続税について無関心であるわけにはいきません。 これまで見てきたように、0円の場合でも、「 相続税額が0円であり、申告が不要な場合」と「 申告を行うことで0円にすることができる場合」があります。 本来、申告が行われなければならない場合において、申告がなされていないと、延滞税のほかに、無申告加算税、重加算税などの追徴も考えられます。 「相続税はお金持ちだけの話。 我が家は相続財産が少額だし、多分大丈夫だろう」という考え方は危険です。 申告の必要性の有無については、しっかりと確認するようにしましょう。

次の

相続税の申告手続きが不要な場合とは?

相続税申告不要

この記事のもくじ• 相続税の申告が必要な場合 亡くなった人が持っていた財産の金額 相続税の課税価格 が、基礎控除額を超えている場合には、基本的に相続税が発生します。 その場合には申告が必要になります。 基礎控除額って? 基礎控除額=この金額までは税金が課されない、という金額です。 最近改正が入って減りました。 財産の価額の合計額が、3,600万円を超えていたら注意が必要です。 財産って? 実は、 「財産」とは、お金だけではありません。 土地、家、株、価値のある骨とう品、保険金、死亡退職金…他にも様々なものが含まれます。 この 財産の価額(課税価格)が、上記の基礎控除額を超える場合、超える部分について相続税が発生します。 相続税が発生する場合、申告書の提出と税額の納付が必要です。 【サービスメニュー】• 【その他】• これらの規定は、優遇を受ける条件として、申告書を提出することが定められているからです。 これらの規定の適用を受けなくても基礎控除額以下で相続税額が発生しない場合は、相続税の申告書を提出する必要はありません。 配偶者の税額軽減の適用を受ける場合 配偶者の死亡後の生活や、その財産の形成への貢献などを考慮して「ある程度までは課税しないよ~。 }という趣旨の規定です。 被相続人(亡くなった方)の配偶者は、• 財産全体のうち法定相続分までの金額• 1億6,000万円 のどちらか大きい方の金額までは、相続税が課税されません。 ただし、申告書の提出が要件になります。 小規模宅地等の特例の適用を受ける場合 被相続人や、被相続人と同一生計(生活を共にする)親族の事業用・居住用の土地については、課税価格を減額するよ!という規定です。 一般的な事業用の宅地や、居住用の宅地…80%の減額• 貸していた宅地…50%の減額 例えば、居住用の1億円の宅地を、2,000万円として申告することができます。 ただし、相続税の申告書を提出する必要があります。 相続税の申告期限・税金の納付期限は? どちらも 相続開始日(基本的には亡くなった日)から10か月以内です。 遅れてしまうと、 本来の税金に加え、ペナルティ的な税金も課されてしまいます。 「申告書が送られてきてないから」「知らなかった」というわけにはいきません。。。 相続税の申告書の提出が必要かよくわからない場合は、早めにお近くの税理士などに相談しましょう。

次の

相続税申告が不要なケース、必要なケースについてご紹介

相続税申告不要

相続の確定申告は不要 確定申告とは、一年間の所得(儲け)に対する所得税と復興特別所得税の税額を申告して納付する手続きです。 相続財産も確定申告の対象となると勘違いされている方がいますが、 相続財産については確定申告は必要ありません。 相続の際に必要となることがある税の申告 相続の際に必要となることがある税の申告には、主に次の 3つがあります。 亡くなった人の相続税の申告• 亡くなった人の準確定申告(亡くなった人の亡くなった年等の所得税の確定申告)• 相続人が取得した相続財産から生じた所得にかかる所得税の確定申告 また、 次の場合には、必須ではありませんが、申告すると控除が受けられます。 一定の寄付金を支払った場合 以下、それぞれについて説明します。 相続税の申告 財産を相続した場合には、所得税でなく、相続税が課されますが、相続税には基礎控除があり、相続税の課税対象となる遺産額が基礎控除額以下の場合は、相続税がかからず、申告は不要です。 基礎控除額は、以下の計算式によって計算することができます。 3000万円+600万円+法定相続人の数 法定相続人とは、相続することができると法律で定められた人のことです。 法定相続人の数え方について詳しくは、 をご参照ください。 なお、配偶者の税額軽減(「 」参照)や小規模宅地等の特例(「 」参照)等、申告要件のある規定を利用した結果として税額がなくなる場合は、申告が必要です。 つまり、 相続税の申告の要否は、税額の有無ではなく、課税対象の遺産額が基礎控除額を超えるかどうかによります。 相続税の申告について詳しくは、「 」をご参照ください。 準確定申告(亡くなった年等の所得税の確定申告) 納税者が亡くなった場合は、自分で確定申告を行うことができないので、相続人が代わりに確定申告を行います。 この確定申告のことを準確定申告といいます。 準確定申告について詳しくは「 」をご参照ください。 相続人が取得した相続財産から生じた所得にかかる所得税の確定申告 相続人が財産を相続した場合において、相続財産から所得が生じたときは、所得税の確定申告が必要となることがあります。 相続財産から所得が生じるケースには、主に次の 2点があります。 相続財産から収益が生じた場合• 相続財産を売却して譲渡所得が生じた場合 以下、それぞれについて説明します。 相続財産から収益が生じた場合 財産を賃貸して、そこから一定額以上の所得が生じた場合は、確定申告が必要になります。 被相続人(亡くなった人)が賃貸していた財産を相続して、そのまま賃貸した場合、相続開始までの収益については被相続人の所得として準確定申告で申告します。 そして、相続開始後の収益については相続人の所得として相続人が確定申告します。 相続人が複数いる場合は、相続開始後から遺産分割までの間の収益については各相続人がそれぞれの法定相続分に応じて取得し、各相続人がそれぞれの所得を確定申告します。 遺産分割後の収益については、遺産分割協議によってその財産を取得することになった相続人が、その財産の賃料を取得することになります。 なお、被相続人の賃貸事業を相続人が引き継ぐ場合は、確定申告以外にも必要な手続きがあるので、相続に精通した税理士に一度相談しておくことをお勧めします。 相続財産を売却して譲渡所得が生じた場合 譲渡所得とは、一般的に、土地、建物、株式、ゴルフ会員権などの資産を譲渡することによって生ずる所得をいいます(ただし、事業用の商品などの棚卸資産や山林などの譲渡による所得は、譲渡所得にはならず、事業所得等になります。 ) ここでは、特に、土地や建物についての譲渡所得について説明します。 譲渡所得の金額は、次のように計算します。 収入金額 - 取得費 + 譲渡費用 - 特別控除額 = 課税譲渡所得金額 収入金額は、通常土地や建物を売ったことによって買主から受け取る金銭の額です。 取得費には、売った土地や建物の購入代金、建築代金、購入手数料のほか設備費や改良費なども含まれます。 なお、建物の取得費は、購入代金又は建築代金などの合計額から減価償却費相当額を差し引いた金額となります。 譲渡費用とは、土地や建物を売るために直接かかった費用のことです。 修繕費や固定資産税などその資産の維持や管理のためにかかった費用、売った代金の取立てのための費用などは譲渡費用になりません。 そして、特別控除額は、次のようになっています。 収用等により土地建物を譲渡した場合 ・・・ 5,000万円• マイホームを譲渡した場合 ・・・ 3,000万円• 特定土地区画整理事業等のために土地を譲渡した場合 ・・・ 2,000万円• 特定住宅地造成事業等のために土地を譲渡した場合 ・・・ 1,500万円• 農地保有の合理化等のために農地等を譲渡した場合 ・・・ 800万円 特別控除額の最高限度額は、年間の譲渡所得全体を通じて 5,000万円です。 譲渡所得税の税率は、長期譲渡所得と短期譲渡所得とで異なります。 譲渡した年の 1月 1日現在で、所有期間が 5年を超える場合は長期譲渡所得に、 5年以下の場合は短期譲渡所得になります。 長期譲渡所得の場合は 20. 例えば、 30年前に 1000万円で取得した不動産を 3000万円で譲渡しその譲渡費用が 100万円だった場合は、長期譲渡所得なので税率は 20. 贈与・遺贈(遺言によって財産を取得させること)・相続によって取得した財産を譲渡したときにも譲渡所得が生じ、譲渡所得税がかかります。 換価分割の場合も、遺産分割前とはいえ相続財産を譲渡するわけですから、同様に譲渡所得税がかかります(「 」参照)。 贈与・遺贈・相続によって取得した財産の課税譲渡所得金額は、贈与者・遺贈者・被相続人(亡くなった人)がその財産を取得した際の取得費を用いて計算します。 取得費が分からない場合などには、取得費を売った金額の 5%相当額とすることができますが、この場合には、相続人などが支払った登記費用などを取得費に含めることはできません。 また、長期譲渡所得となるか短期譲渡所得となるかについては、贈与者・遺贈者・被相続人の所有期間と、受贈者(贈与を受けた人)・受遺者(遺贈を受けた人)・相続人の所有期間を通算して判定されます。 なお、相続により取得した土地、建物、株式などを、一定期間内に譲渡した場合には、相続税額のうち一定金額を譲渡資産の取得費に加算することができます。 この特例のことを取得費加算の特例といいます。 詳しくは、「 」をご参照ください。 また、譲渡所得が生じていなくても譲渡所得とみなされ、譲渡所得税がかかる場合もあります。 詳しくは、 をご参照ください。 一定の寄付金を支払った場合 一定の寄付金を支払った場合は、相続税申告時に申告すると寄付した相続財産の相続税が非課税となり、さらに所得税申告時に申告すると所得税の控除を受けることができる場合があります。 詳しくは「 」をご参照ください。 まとめ 以上、相続に関する税の申告について説明しました。 不明な点は、一度、税理士に相談することをお勧めします。

次の