在宅 勤務 やる気 でない。 在宅勤務でやる気がでないナマケモノのための3つのルール

在宅勤務がうまくいかない会社の根本的な問題

在宅 勤務 やる気 でない

を謳歌する人がいる一方、メンタル不調に陥ってしまう人もいるようだ。 はてな匿名ダイアリーに6月中旬、というエントリがあった。 サボリ万歳という投稿かと思いきや、投稿者はが2か月ほど経過し、すっかり"サボり癖がついた自分"に嫌気が差している様子だ。 最初のうちは新鮮だった在宅勤務。 自宅の方が集中できると思っていたが、やがて完全にだれてしまったという。 毎日数時間の昼寝やSNS、動画を見てサボリまくる日々を綴っているが、決して精神的に楽とは言えないようだ。 「通勤によるオンオフの切り替えや職場という周囲の目がある環境が、自分には必要だった」として、苦しい現状を 「孤独と生来のめんどうくさがりが合わさってもうひどい」 などと訴えた。 一人で黙々とできる仕事だが、人との会話は毎日5分ほどの進捗確認だけで「そろそろ人と話したい」という。 仕事は早い方だったが、在宅勤務が始まってから目に見えてパフォーマンスが落ち、「いつ注意されてもおかしくない」とおびえている。 留年した学生時代のだらしなさまで持ち出してメンタルを削り、 「何でみんなと同じように真面目に働くことができないのだろうか。 とか考えながらサボってる自分がいる」 などと自分を責め、助け求めていた。 サボってパフォーマンスが落ちているといっても、まったく仕事をしていないわけではないだろうに、必要以上に自責の念に駆られて身動きが取れなくなっている様子だ。 恐らく一人暮らしで一日中ほぼ誰とも接する機会がないため、気持ちの落ち込みが激しくなっているのだろう。 筆者も在宅仕事をしているため、誰とも話さないで一日が終わるしんどさはよく分かる。 サボりでなく"生産性を上げるための休憩"と考えてみては この投稿にはブックマークが800件近く付き、さまざまな意見が寄せられた。 多かったのは「みんな意外とサボっているよ」という主旨のコメントだ。 「会社いてもいなくてもサボってるだろ」 「『テレワークのときは残業禁止』というルールにしたら会社全体で目に見えて残業減った。 成果物の遅れも気になる程無い。 多分『仕事してるフリ』が明確なサボりに置き換わっただけだろう」 などのほか、「通勤が往復2時間かかっていたので、サボりは1日最大2時間までOKというルールにしてる。 守れるかは別」という人も。 投稿者と同じようにサボっているが、会社にいる時と仕事量はたいして変わらない、むしろ会社の方が雑談やネットでサボっている時間が長かったというコメントも多かった。 他方で「在宅勤務続いてるけど人恋しいなんて微塵も感じない。 出社したくない」という人も多い。 在宅勤務を続けたいがためにサボらなかったという人や「ちょっと休憩で3分横になると、その後の生産性爆上げなので会社でも横になりたい」などと適度な休憩の大切さを訴える声も多数出ている。 つまり、ポイントは"生産性"ということだろうか。 これまでは、たくさん働く人が「頑張っている」とされ、定時に帰りづらい、有給が取りづらい、さらに「働き方改革」が表向きだけの会社も多かった。 日本生産性本部が2018年に発表した「労働生産性の国際比較」(17年版)によれば、日本は先進7か国中最下位だ。 サボりというと人聞きが悪いが、適度に休憩を取りつつ、短時間で成果を上げられるような働き方ができるなら、何ら恥じる必要はない。 考え方が変われば、友人をオンライン雑談に誘うなど自分から人と関わる行動につながるかもしれない。

次の

在宅勤務がうまくいかない会社の根本的な問題

在宅 勤務 やる気 でない

ざっくり要約すると『在宅勤務してる人がちゃんと仕事してるか分からないから、監視カメラ付けた。 』って話ですね。 管理の方法とか考え方は会社によって様々なんでしょうけどね。 僕はこの記事を読んで、絶対この会社で働きたくないなと思いました。 買い手としても、売り手としても。 アウトプットを評価すれば十分。 働き方改革推進 パソコン通じて働き方を可視化 NHKニュース — 宮坂部長 yasuhito なお、この記事では『ルーチンワークから手を付ける』とか『タスクを小分けにする』みたいな、ビジネス書的な話は割愛します。 在宅勤務とあまり関係ないし、ビジネス書みたいなことをズラズラ書くのが、なんだかこっ恥ずかしいので。 あと、完全に個人の感想です。 科学的な検証は一切してませんのであしからず。 Contents• 』みたいな意見をよく聞きますよね。 僕はトイレで仮眠を取れるほど器用じゃないので実践できませんけど、この話はよく理解できます。 それと同じ効果を期待して、思い切って30分くらい、がっつりサボってみました。 どうせモチベーション上がらない中でダラダラ作業することになるので。 結果は、まるでダメ。 効果ありませんでした。 サボり時間が短すぎるのかもしれないですけど、これ以上本格的にサボる勇気もありません。 『モチベーションがあがらないなら、思い切ってサボる』のは、モチベーションを取り戻す効果はあまりなさそうです。 中身読んでないけど。 という訳で、集中力を高める(らしい)香りを部屋中に立ち込めてみました。 結果は、効果があるような気もするし、あまり関係がないような気もします。 プラセボ? しばらく時間が経つと鼻が慣れちゃって、アロマ炊いてることも忘れちゃいますけど、気分転換には良いです。 なお、香りの効果はいろいろあって、リラックスとか催眠効果のある香りなんかだと、多分逆効果です。 間違えないように注意が必要ですね。 というわけで、コレも試してみました。 が、効果があるような無いような・・・。 そんな気がする。 根拠ないけど。 失ってしまったモチベーションは、小手先の方法じゃどうしようもなさそうです。 完全に企画倒れですけど。 方向転換 というわけで、『より集中したい』ときには、いろいろ策を巡らすのも良いですが、『やる気を失った』ときには、より抜本的な対処が必要です。 オフィスに出勤してれば、どんなにやる気が無くても、ダラダラとそれなりに仕事しちゃえますけど、自宅じゃそうも行きません。 『仕事ができることに感謝する』とか『モチベーションの上がらない仕事でも、成長するための学びを見つける』みたいな、高度な社畜メソッドは無視して、とりあえず手軽に気軽に試せる方法で『やる気を失った』ときの対策を施してみます。 『見られることで自分を追い込む』ことで、モチベーションを維持する・・・という、ある意味社畜なメソッドですね。 本意ではないです。 僕の人事上の上司はslackをほとんど見てない!! し、返事を期待しないような書き込みばかりなので、直接『監視されてる』感は無いんですけど、効果はてきめんです。 あるいは、仕事してるフリしますよね。 後ろ指指されない程度には。 でも自宅だと、ちょっと眠いときに高出力で働き続けるのは、割と難しいです。 個室ですしね。 誰も見てないし。 ちょっとだけウトウトだってしちゃいます。 毎日ちゃんと、じゅうぶんな睡眠をとる。 これだけで、アロマとか音楽とかどうでも良くなるくらいには、やる気を取り戻せます。 やる気を失う前に手を打つのが大事。 一度やる気を失ったら、小手先の対処はだいたい無駄。 『みられてる感』があれば、なんだかんだで一生懸命やる。 睡眠大事。 超大事。 もっといい方法が見つかったら続報しますね。 この記事は以上です。

次の

監視の目がない在宅勤務でもやる気を絞り出す方法を試してみた

在宅 勤務 やる気 でない

テレワークの現場をよく知るスピーカー5人を招いて、5月7日に開いたウェブセミナー「今取り組むべき在宅テレワークの『進め方』と『解決策』とは?」(主催:ドコデモ、共催:KaleSco. )で繰り広げられた議論を一部紹介する。 (イベントのモデレーターは西舘 聖哉氏:KaleSco. 代表) 「働き方改革」が進まない中での緊急事態宣言 松本 国一 富士通シニアエバンジェリスト(以下、松本):昨年4月に「働き方改革関連法」が施行されました。 しかし、現状は「まったく実感できない」という人たちが約7割、管理職においては、かえって仕事が増えて「改悪した」と言っている人が約6割もいるんです。 でも、この「働き方改革」を今やらないと、少子高齢化による労働力人口の減少、育児介護の問題、さらには副業や兼業をする人の増加で、日本は人材のリソースが大幅にいなくなってしまいます。 そんな中、緊急事態宣言が発令されました。 オフィスで仕事ができなくなりつつあり、「デジタルへの移行」が急務となっています。 この話をすると、「いや、うちは機材や環境が整ってない」「制度が整っていない」「テレワークできる仕事じゃない」と答えられる方々が非常に多いです。 では、オフィスをそのままデジタル化すれば解決するのかというと、そうではありません。 働き方を環境に対応させることが必要となります。 野崎 友邦 ミナジン取締役COO(以下、野崎): 「テレワークと勤怠の問題あるある」には、「社員が本当にちゃんと仕事をしているのか?」がとても多いですね。 松本:何もやらなくても給料がもらえる人と、やりすぎて疲弊して辞めていく人たちが出てくると、会社としてもかなり大きな課題ですね。 野崎:「勤怠管理システムに要求される事例」に.

次の