かかと 痛い 病気。 かかとの内側に痛みが?その原因と対処法を解説!

かかとの内側に痛みが?その原因と対処法を解説!

かかと 痛い 病気

今回の流れ• かかとの内側に痛みがでるのはなぜ? 足には自分の体重の衝撃全てがかかります。 特にかかとは大きな衝撃を受け止めているのです。 ・長時間立ったまま仕事をする方 ・スポーツをする方 このような方は足に大きな負担をかける、つまりは 足を使い過ぎていることが考えられます。 他にはかかとの周りの骨格のずれ、足の形が悪い偏平足なども大きな原因といえます。 歩くたびにかかとに大きな負担が加わっているので、負担が大きくなり痛みがでると日常生活が困難になってしまうのです。 かかとの内側に痛みがおこる原因 かかとの内側の痛みは、かかとに負担がかかることでおこります。 それでは、日常生活の中にある痛みがおこる6つの原因とはどんなものがあるのでしょう。 ・長い時間立って仕事をする ・歩き方が悪い ・スポーツのやりすぎ ・急に体重が増加した ・硬い路面を歩くことが多い、底が硬い靴を履いている ・体が冷えている ・ヒールの高い靴を履きすぎている 多くの場合これら7つの原因によって足に負担がかかり、かかとの内側に痛みがおこっていると考えられます。 かかとの内側に痛みがでるとき考えられる病気 かかとのツライ痛みの原因が病気によるものであることも考えられます。 かかとの内側に痛みがでるときに考えられる病気について紹介します。 足底筋膜炎(そくていきんまくえん) 足の裏の皮膚の下にある膜状の腱のことを足底筋膜といいますが、この 足底筋膜に炎症かおこり痛みがでてきます。 マラソンをよくする人や立ち仕事をする人におこりやすい傷害です。 また、 40代以降の方で足底の筋肉が少ない人、偏平足の人も足底筋膜炎を起こしやすい のが足底筋膜炎の大きな特徴の1つです。 朝起きて最初の一歩、歩きはじめがとても痛く、だんだんと痛みが減ってくる。 かかとの骨の前あたりを押さえると痛みがある。 などの症状があれば足底筋膜炎を疑ってください。 踵骨棘(しょうこつきょく) 踵骨棘とは字の通り、かかとに小さな棘のような骨ができてしまう病気です。 この 棘のような骨が痛みの原因なのです。 足をよく使う人や太っている人、歳を取った人ができやすいと言われています。 朝起きたときや長時間座っていた後、しばらく足を使っていなかったときの最初の一歩が非常に痛みます。 また、 かかとの特定の場所に痛みが出るのが特徴です。 痛みを我慢して歩き続けると踵骨棘が炎症を起こしてしまうこともあります。 足底筋膜炎と併せて発症することも多いようす。 踵骨下の滑液包炎(かつえきほうえん) 滑液包とは骨や腱などを守るクッションの役割をしているものです。 踵の下にある滑液包が炎症をおこし、痛みを生じることがあります。 原因はわからないことが多いのですが、かかとへの負担や踵骨棘が原因となっていることもあるようです。 疲労骨折 硬い路面の上を長時間走ったり、底が硬い靴を履いていることで 足への強い衝撃がかかり続けることで疲労骨折をおこすことがあります。 疲労骨折は自然に治りますが、痛みがあるときは安静にし、痛みがひどいときは病院を受診しましょう。 坐骨神経痛(ざこつしんけいつう) 坐骨神経痛と言えば、おしりやふとももに痛みがでる病気ですが、この坐骨神経痛でも かかとに痛みやしびれがおきることがあるのです。 坐骨神経痛の場合、痛みはそこまで強くなく違和感を感じる程度のことが多いようです。 そして何より、かかとをどんなにケアしても良くなることはありません。 原因である 坐骨神経痛を治さないといけないのです かかとの他に、おしりやふとももにも痛みを感じてきたら坐骨神経痛を疑ってください。 自分の体を支える足、そのかかとの部分に痛みを生じる病気を紹介しました。 やはり足への負担が大きな原因になっているようです。 かかとの内側に痛みがでたときの対処法 それでは、かかとの内側に痛みがでたとき、どうすればいいのでしょうか? 痛みがあり、歩くこともつらいと本当に困ってしまいますよね。 少しでも痛みを和らげる対処法を紹介します。 安静にする かかとが痛いときは安静にすることが一番大事です。 スポーツが原因で痛みが生じている人は、痛みがある間は休むようにしてください。 しかし加齢や歩き方が原因の方は、かかとが痛いくらいではなかなか休むことはできませんよね。 それでも、 安静にできる時間をできるだけ多くとることが痛みを和らげるためには大事なのです。 マッサージ 痛みがある場所をマッサージするのは避けて、その周りをマッサージすると筋肉の緊張がほぐれ、 痛みを緩和することができます。 ただし、足底筋膜炎の場合はマッサージすると悪化することがあるので気を付けてください。 シップを貼る 消炎鎮痛作用のあるシップを貼ると少し楽になります。 ただし、冷やしてしまうと足の筋肉が硬くなりますます痛みがでることがあるので、その場合は温シップを使ってみましょう。 痛み止めを飲む シップ同様、消炎鎮痛作用のある痛み止めの薬が薬局やドラッグストアにも売っています。 痛みが強いけれど、 病院に行く時間がないときは市販の痛み止めを使いましょう。 薬剤師さんに相談して、自分の症状にあった痛み止めを選んでください。 このように痛みを和らげる方法はいくつかありますが、間違った方法でケアしてしまうと悪化してしまうこともあるので、あくまでも応急処置と考えて早めに病院に行くことをおすすめします。 スポンサーリンク かかとの内側が痛くなる症状を発症しないための予防法 かかとの内側が痛くなる原因と、考えられる病気、対処法について解説してきました。 最後にかかとの内側が痛くなる症状をださないために普段からできる予防法について紹介します。 ストレッチ・マッサージをする ストレッチやマッサージで血行を良くし、足の疲れをとることがかかとの内側が痛くなる症状を防ぐことに繋がります。 スポーツをする前や後はもちろんですが、仕事の後やお風呂に入ったときなど疲れている時は ゆっくりマッサージやストレッチをして筋肉をほぐしましょう。 簡単にできる足裏マッサージにテニスボールを使うというものがあります。 椅子に座った状態でテニスボールを踏み、足の裏でコロコロ転がすだけで足を気持ちよくマッサージすることができますよ。 冷えを取る 体が冷えていると筋肉が硬くなり足の衝撃を受けやすくなってしまいます。 柔らかく弾力のある筋肉にするために体を温めることが大切です。 湯船にゆっくりつかる、体を温める食べ物を食べるなど冷えを取る生活をしましょう。 偏平足を治す 通常の場合、足の裏はアーチ状になっています。 こ のアーチが崩れた状態が偏平足です。 偏平足のために歩き方がおかしくなり、 かかとに負担がかかってしまうこともあるのです。 そこで、足の裏を鍛えて偏平足を治すことをおすすめします。 足の指で物をつかむ練習をする、土踏まずをマッサージすると良いそうです。 靴を変える 足の裏に負担のかからないクッション性の高い靴を選ぶようにする。 また、やわらかいインソールを入れることで、足の裏、特にかかとにかかる負担を減らすことができます。 急な体重の増加に注意 急に体重が増えるとかかとへの負担も急に増えてしまいます。 かかとへの負担を減らすためには 体重のコントロールも大切なのです。 暴飲暴食をさけ、適度な運動をして体重を増やさないようにしましょう。 このように普段からかかとを守る生活をしていれば、かかとの内側に痛みが出る症状を防ぐことができるのです。 それでも痛みが出てしまった場合は、 できるだけ早く病院を受診しましょう。 痛みがでると生活に支障をきたしてしまう場所ですから、しっかり予防して発症してしまったらすぐに対処することが大事なのです。 スポンサーリンク.

次の

かかとに激痛の原因?何の病気?痛い時すぐ出来る応急処置は?

かかと 痛い 病気

(写真:iStock. 「怖い腹痛か、そうでない腹痛か」はお医者さんでなくては判断できませんが、救急外来を受診するかどうかの目安に、また、お医者さんに自分の症状を説明するときの目安に、知っておくと役に立つことがあります。 「外科医けいゆう」こと山本健人さんのからお届けします。 * * * 腹痛は、誰もがよく経験する症状です。 「強いお腹の痛みがあったが、時間が経てば自然とおさまった。 何の痛みだったんだろう?」 誰しも、そんなふうに感じた経験があると思います。 大半は、食べすぎや飲みすぎ、便秘で便やガスが溜まっている、といった、「病的ではない腹痛」です。 お腹の中にはたくさんの臓器があります。 ・ 胃、小腸、大腸、肝臓、胆のう、膵臓などの消化器系の臓器 ・ 子宮や 卵巣といった婦人科系の臓器 ・ 膀胱や 尿管といった泌尿器科系の臓器 ・ 大動脈のような太い血管 これらはいずれも腹痛を引き起こすことがあります。 中には、治療が必要な怖い病気が隠れていることもあります。 どのように見分ければよいのでしょうか? 基本的に、医師が診察しない限り、「怖い腹痛か、そうでない腹痛か」を自力で見分けることは簡単ではありません。 「不安なら受診」という方針を原則おすすめしますが、あくまで目安として、チェックすべきポイントをまとめておきます。 ポイントは以下の4つです。 1 痛みの始まり方 腹痛が突然始まったか、ゆっくり始まったかをチェックします。 「突然始まる」というのは、何をしているときに始まったか、ということを細かく言えるくらいの痛みを指しています。 瞬間的に起こった強い腹痛は、大動脈瘤破裂や腸の動脈閉塞(動脈が詰まる病気)など、血管系の痛みのことがあり、すぐに治療が必要なケースは多くあります。 また、女性の場合は、子宮外妊娠の破裂や卵巣出血が突然発症の腹痛の原因になります。 ちなみに、卵巣出血は性行為の直後に痛くなるのが典型的です。 この場合、痛くなった経緯を医師に話しづらい、と感じる方が多いと思いますが、正確な診断のためには、むしろ最初に医師に伝えなくてはならないポイントです。 一方で、虫垂炎(いわゆる「盲腸」)や胆のう炎、胆管炎、憩室炎(けいしつえん 大腸のくぼんだところに炎症を起こす病気)などの炎症性の病気や、手術後の癒着、大腸や小腸の腫瘍が原因で起こる腸閉塞などの消化器系の病気は、ゆっくり始まることがほとんどです。 また、炎症性の病気は、大部分は細菌感染が原因のため、発熱を伴う傾向があります(ご高齢の方はまったく熱が出ないケースもありますが)。 もちろん、ゆっくり始まったケースなら安心、というわけではありません。 すぐに治療が必要な病気もあるため、次に挙げるポイントを順にチェックしてみてください。 2 痛みが始まった後の経過 長時間ずっと痛いのか、断続的に痛い(痛くなったり、痛くなくなったりの波がある)のかをチェックします。 一般的には、「長時間ずっと痛い」「波がない」というケースでは、治療が必要な病気が原因であることが多い傾向にあります。 一方、痛みに波があるケースでは、腸炎や便秘、腸のぜん動に伴う痛み(ぜん動痛)などが原因であることが多く、緊急での治療が必要であることは少ない傾向があります。 3 痛む部位 どの部位が痛むかをチェックします。 痛む部位が一定せず、あちこちが痛くなる場合や、漠然とおへその周りが痛い、どこを押さえても何となく痛む、という場合は、腸炎や便秘、ぜん動痛など、緊急ではない痛みを考えます。 一方、「押さえると痛い部位が特定の1カ所だけある」という症状の場合は注意が必要です。 その部位にある臓器の何らかの病気が考えられるためです。 各部位にある臓器別に病気をすべて説明すると、それだけで本が一冊書けるほど情報量が多くなるため、詳細はここでは割愛しますが、重要な以下の3点だけ、覚えておいてください。 まず1つ目は、 虫垂炎についてです。 昔から、虫垂炎はなぜか「盲腸」と呼ばれていますが、盲腸は部位の名前で病名ではありません。 虫垂という部位に炎症が起きるため、正確には「急性虫垂炎」です。 虫垂炎は、必ず病院で治療を受ける必要があり、時に手術が必要なこともある病気です。 虫垂炎の場合は、「最初にみぞおちあたりが痛くて、その後右下腹部に移動する」というように、痛みの場所が移動することがあります。 虫垂がある右下腹部の1カ所だけが常に痛いとは限らないため、注意が必要です。 2つ目は、 妊娠に関わる痛みである場合です。 妊娠に関わる腹痛の場合、見逃すと母子ともに非常に危険です。 妊娠している可能性が絶対に0%だ、と言い切れないときは、病院での妊娠検査が必要だとお考えください。 短時間で検査ができます。 3つ目は、1カ所が痛いのではなく、お腹全体がすごく痛い、歩けないほどの激痛がある、というケースです。 この場合、 重度の腸閉塞や 穿孔性腹膜炎(胃や腸に穴があいて腹膜全体に炎症を起こしている状態)などを疑います。 特に、腹膜炎がお腹全体に広がると、命に関わることがあります。 「お腹のどこを触っても激痛」「軽く押すだけ、あるいは触れるだけでも激痛」「座る、立つ、咳をするといった軽い振動でも激痛」といった症状が典型的です。 もちろん、このような強い痛みがお腹全体にあれば、迷わず病院に行く方は多いと思います。 4 歩くと響くかどうか 歩くと響くようなお腹の痛みは、腹膜炎のサインとされています。 虫垂炎や憩室炎は周囲の腹膜に炎症が起きるため、歩くとお腹に響くような痛みがあります。 腹膜炎の痛みは少し動くだけでお腹に響くので、「痛くてじっとしている、うずくまっている」というのが典型的です。 逆に、「痛くてのたうちまわっている、暴れている」というようなケースは、むしろ腹膜炎の可能性は低く、尿路結石など、緊急性の低い病気の方が多い傾向にあります。 症状が軽い場合は、ジャンプする、背伸びした後かかとをストンと落とすなどしてお腹に振動を加え、痛い部分に響くかどうか確認してみるのも一つの手です。 実際私たちも、診察室で患者さんに対して行う方法です。 以上が、腹痛の際にチェックしていただきたいポイントです。 病院に行く場合でも、ここに書かれたチェック項目を確認しておけば、自分の症状を上手に医師に伝えることができ、スムーズに診療を受けられるでしょう。 関連キーワード 2010年京都大学医学部卒業。 複数の市中病院勤務を経て経て、現在、京都大学大学院医学研究科博士課程在籍。 専門は消化管外科。 外科専門医、消化器病専門医、消化器外科専門医、感染症専門医、がん治療認定医など。 「医師と患者の垣根をなくしたい」をモットーに、「外科医けいゆう」のペンネームで17年に医療情報サイト「外科医の視点」を開設。 時事メディカル、看護roo! 、ケアネットなどのウェブメディアで連載。 Yahoo! ニュース個人オーサー。 Twitter、Facebook、Instagramでも情報発信。 各地で一般向けボランティア講演なども精力的に行っている。 著書に『もう迷わない! 外科医けいゆう先生が贈る初期研修の知恵』 シービーアール 、『医者が教える 正しい病院のかかり方』(幻冬舎新書)がある。

次の

かわたペインクリニック

かかと 痛い 病気

かかとがズキッと痛む、そんな経験はありませんか? かかとは身体の中でも毎日使い、負担がかかる場所であるのですが、日頃のケアを怠っているのが現状です。 少しでもかかとに異変や違和感を感じたら、病院を受診するなどすぐに対処することが大切です。 そこで、かかとの痛みの理由、どのような病気や怪我を発症しているのか、痛みの対処法などについて詳しく書いていこうと思います。 【どうして、どのような時にかかとが痛くなるの?】 動きはじめ(歩きはじめ、立ち上がる瞬間、足を着地させたときなど)・かかとに違和感が生じたまま治らない・アキレス腱を伸ばした時・ 軽く押したとき・ 長時間立ち続けている時・背伸び・不規則に痛みを繰り返す、などかかとが痛む瞬間は人によってさまざまですが主に痛みを感じる瞬間を挙げてみました。 主に、かかとに大きな負担がかかり続けることでかかとの痛みが生じると言われています。 要するに足を酷使、使いすぎだということです。 ただこれは大まかな理由であって詳しい痛みの原因や対処法に関しては疾患ごとに異なるので、かかとの痛みでよく見られる疾患ごとに分けて分析していこうと思います。 足底筋膜とは、アーチ状になっている足の甲の骨を支えている膜状の腱で、足裏に負担がかかったときクッション的な役目を果たし、負担や衝撃を和らげています。 しかしアスリートなどスポーツを仕事にしている方、長時間にわたる立ち仕事、足に合わない靴を履き続ける、かかとのすり減った靴、加齢、扁平足、O脚X脚、太りすぎ、猫背、足首が硬いなどの様々な理由で かかとから土踏まず辺りにかけて痛みが生じるといわれています。 発症すると完治するまで数ヶ月かかると言われていますが、早急に対応し処置をすることによって治癒を早めることができます。 また、似たような症状の出る別の病気もあるため一度病院に受診することをおすすめします。 自分でできる足底筋膜症の対処法に関しては、運動は控え、できるだけかかとに負担をかけない・インソールやクッションを利用し少しでも足への負担を軽減する・足湯などで足をよく温め血流を良くする・O脚X脚、扁平足の治療などがあります。 患部を休ませ、温めることが何よりもの治療法です。 またかかとが痛いと、マッサージやストレッチ、湿布などでアイシングしがちですが、これらはかえって逆効果なので注意してください。 しかし踵骨棘を患う患者さんの中には「病院を受診した際に両足ともに棘ができていると診断されたが、痛みが生じるのは片足だけ」と訴える方も少なくありません。 棘自体は治ってないもののリハビリのおかげで痛みが引いた方もいらっしゃるそうです。 要するに棘だけが痛みの原因ではないということです。 普段から、かかとに強い衝撃を与えるなどかかとの軽いけがを繰り返したり、姿勢が悪くかかとに負担がかかる立ち方・歩き方をしているなど、かかとに負担が積み重なるように生活していることで発症しやすくなります。 また急激な体重の増加、扁平足、加齢による筋力の低下などで、かかとに負荷がかかることも原因の一つです。 踵骨棘は特別な治療をしなくても3〜4ヶ月ほどで自然治癒する疾患ですが、何も対策をせずそのまま放っておくと悪化しやすく手術まで持ち込むこともあります。 少しでも痛みを感じたら、一刻も早く改善するためにかかとへの負担を少しでも軽減することが大切です。 姿勢を正し、立ち方、歩き方の改善を行う・かかとから優しく着地する 打ち付けない ・がに股や扁平足を改善することなどが、悪化を防ぎ痛みを和らげるための対処法になります。 また、かかとが痛む際は靴選びも重要になります。 店員さんと相談しながらきちんと自分にあった靴を購入することが重要になります。 靴底が薄く歩行時にかかる足への負担が大きくなるフラットシューズ・かかとがすり減った靴などは、歩くときにかかとへの負担が大きくなり痛みを増長させてしまいます。 靴をすぐに交換出来ない方は中敷をいれるといいでしょう。 これだけでも一週間も経てば痛みはかなり軽減します。 スポーツ障害としてはかなり頻度が高くなっています。 足の上げ下げが多い運動をすることでアキレス腱の負担をかけ続けることにより、アキレス腱の繊維が断裂などを起こすことをいいます。 主な原因はアキレス腱の使い過ぎですが、老化によってアキレス腱に含まれるコラーゲンの硬化によっても起きるため、ウォーキングやジョギングを日課としている中年以上の方に多く発症する傾向があります。 不適切なトレーニング方法・扁平足・足に合わない靴を履くことも原因と言えます。 アキレス腱が痛むということはそれだけ運動し、アキレス腱を使っているということです。 日頃から運動前後にストレッチを行いアキレス腱を柔らかくし、少しでもアキレス腱の負担を軽くすることが大切です。 【かかとの痛みを軽減するツボとは??】 足の裏にはたくさんのツボが集まっています。 足のツボを押して痛いとどこか内臓が悪いのではないか?と言われるほどです。 そこでかかとにはどのようなツボがあるのかいくつか紹介していこうと思います。 一つ目は 「失眠」という、外踝と内踝を結ぶ線とかかとの中心線との交点にあります。 足のむくみや不眠などを改善する効果があります。 手をグーの形にして軽くたたき、ある程度強めの刺激を与えるといいでしょう。 二つ目は かかとの後ろ側の中央にあるツボです。 ホルモンバランスの乱れを改善し、生殖器を正常に働かせることに効果的です。 また不眠にも効果があります。 こちらもある程度強めの刺激を与えるために、こぶしや道具を使うことをオススメします。 三つ目は 「外尾骨」というアキレス腱と外踝の間にあるツボです。 これは尾てい骨に効果があり、血流や冷えを改善するといいます。 他にも骨盤のゆがみや坐骨神経痛にも効果的です。 指圧によりツボを刺激する際は必ず爪を短く切り、傷つけないように注意してください。 かかとには日頃から多くの負荷がかかっており気付かずうちにかかとの病気が進行している場合もあります。 また足の裏は第二の心臓と呼ばれるほど大切な部位です。 痛みや違和感を感じたらかかとだけでなく内臓にも負担がかかっている可能性もあるため、早めに病院を受診するなど対処をする必要があります。 仕事や部活が忙しいからといってそのまま放置していると痛みが悪化し、重症化することもあります。 最悪の場合手術治療となり、何ヶ月もの間不自由な生活を強いられることもあるため、かかとへの注意は怠らないように気をつけましょう。

次の