ヨロ 研 カフェ。 さいたまヨーロッパ野菜研究会

連載「コロナ後、飲食業はこう変わる」第2回――特徴のある地元生産者の産品でつくった弁当が大ヒット

ヨロ 研 カフェ

新型コロナウイルス感染症の影響で休業していた「ヨロ研カフェ」(さいたま市岩槻区本町6)が6月2日、営業を再開した。 (大宮経済新聞) さいたまの野菜農家・シェフ・種苗会社などが協力して「シェフが本当に欲しい野菜」を栽培し、地産地消を目指す「ヨーロッパ野菜研究会」が作るヨーロッパ野菜を使ったメニューを中心に提供する同カフェ。 ヨーロッパ野菜の直売や、さいたま市の特産品を販売するコーナーも併設する。 さいたま市岩槻人形博物館併設施設の「にぎわい交流館いわつき」内に2月22日、博物館と同時にオープンしたが、新型コロナウイルス感染症の影響で、開店からわずか10日目の3月2日から6月1日まで休業していた。 スタッフの藤田汀さんは「オープン初日から多くのお客さまに来ていただいて、おいしそうに召し上がっていただく様子や、ヨーロッパ野菜をお買い求めいただく方がたくさんいらして、本当にうれしかった。 4月5月とテラス席での食事や岩槻の街散歩にぴったりな季節に営業できず残念だったが、ようやく再開できてほっとしている」と話す。 新妻直也シェフは「地域の方たちが喜んでくれてうれしい。 農家の方たちが大切に育ててきた野菜を無駄にしないために販売や調理を再開することができてよかった。 これからは白ナス、星形のオクラなど夏野菜がおいしい季節なので楽しみに来てほしい」と呼び掛ける。 ヨーロッパ野菜は多くが岩槻区の農家が生産しているが、これまで同区でヨーロッパ野菜を中心に使ったメニューを出すレストランがなかったという。 同研究会事務局の福田裕子さんは「やっと地元岩槻に店を出すことができて、メンバーもとても喜んでいる。 もっと地元の人にヨーロッパ野菜を食べてもらいたい」と期待する。 メニューはヨーロッパ野菜をふんだんに使った「ヨロ研パワーサラダ」「ミネストローネ」「パン」を盛り込んだ「ヨロ研野菜のワンプレート」(1,430円)、「ビーツのパンケーキ」(880円)、「フレッシュスムージー」(550円)、「秩父産オリジナルジェラート」(シングル=440円、ダブル660円)など。 ジェラートは、「池田さんのバジル」「地元岩槻の鈴木酒造の純米吟醸の酒粕バナナチョコ」など季節ごとに変わるメニュー10種を楽しめる。 席は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため通常より減らしており、ゆとりを持たせたほか、テラス席も用意。 「やっと来られた」と再開を喜びながら入店する客や、ヨーロッパ野菜を吟味する客などが見られた。 浦和区から夫婦で来ていた鈴木伊勢さんは「前にも来たことがあるが、食事は今日が初めて。 普段なかなか食べられないような野菜がとても食べやすく調理されている。 ヨーロッパ野菜は大宮駅コンコースでのマルシェで知った。 サラダなどにして食べたが、小学生の子も喜んで食べていた」と話す。 営業時間は、新型コロナウイルス感染症の影響で現在は10時〜17時。

次の

さいたまのヨーロッパ野菜メニュー提供「ヨロ研カフェ」再開 開店10日で3カ月休業(みんなの経済新聞ネットワーク) 新型コロナウイルス感染症の影響で休業し…|dメニューニュース(NTTドコモ)

ヨロ 研 カフェ

コロナ渦で人形博物館オープン間もなく長期営業停止していたヨロ研カフェに行ってみます。 ランチプレートが良さそうです。 中に入りますがオーダーと席の案内があるのか無いのか分かりません。 物販とレジも共有なのか違うのかも分かりません。 忙しそうに配膳している店員に聞いたところ席を確保してからレジに並び注文するとのこと。 コロナ渦でスタッフが少ないからかこうなっているみたいですがこれは不親切です。 気分を削がれましたが程なくランチが出てきました。 想像以上に美味です。 ズッキーニの花のフリッターやヨーロッパ野菜で造られたランチはヘルシーで旨いです。 接客は微妙でしたが味は良いのでまた行くと思います。 太田道灌もいました。

次の

「ヨロ研カフェでランチ」akirachiのブログ | akirachiのきままな愛車

ヨロ 研 カフェ

岩槻人形博物館とにぎわい交流館いわつきのオープンについての報道内容 さいたま市の岩槻人形博物館とにぎわい交流館いわつきがオープンしたことについての報道内容を確認しましょう。 江戸時代の貴重な人形など約5千点を集めたさいたま市岩槻人形博物館(同市岩槻区)が22日、開館した。 同区は日本一のひな人形の産地として知られ、全国でも珍しい人形専門の公立博物館で町おこしを狙う。 カフェやイベントスペースを備えた「にぎわい交流館いわつき」も、敷地内に同時オープン。 ひな人形や御所人形のほか、江戸時代に身分の高い女性が嫁入り道具とした犬形の調度品「犬筥」を代表的な逸品として展示。 交流館では土日を中心に、伝統工芸士の指導による人形作り体験などのイベントを開く。 博物館は延べ床面積約2千平方m、市が約42億円をかけて建設した。 観覧料は一般300円。 要約すると、 ・江戸時代の人形などを集めた岩槻人形博物館がオープンした。 ・敷地内にはカフェやイベントスペースを設けたにぎわい交流館いわつきもオープン。 ・観覧料は一般300円。 日本一のひな人形の産地のさいたま市ならではの博物館ですね。 敷地内にオープンしたにぎわい交流館いわつきも興味深い施設。 どんな感じなのでしょうか? 見ていきましょう。 岩槻人形博物館の感想は? 岩槻人形博物館には、市松人形やひな人形を始め、様々な日本人形が展示されています。 更には人形の製作に使われる道具などの展示、職人による人形作りの映像も流されているとのこと。 それでは訪れた方たちの感想をご覧ください。 岩槻人形博物館の年間パスポート買ったった — ぺちくん pechikun 本日、さいたま市岩槻区に がオープンしました! 関係者による式典を終えた後、岩槻の団体がパフォーマンスを披露しました。 館内の人形は人形を美しく見るために影ができないよう特殊な照明の当て方をしているとのことでした。 「御所人形-輝く肌の魅力」が4月25日 土 ~6月7日 日 までとなっています。 開館は9時~17時まで。 お休みは月曜日 休日の場合は開館。 高校生・大学生・65歳以上は150円。 小学生・中学生は100円です。 続いてはにぎわい交流館いわつきの詳細について御紹介していきましょう。 にぎわい交流館いわつきのカフェの詳細は?欧州野菜も買える! 岩槻人形博物館の敷地内にオープンしたにぎわい交流館いわつきにはカフェの他にも、イベントなどができる屋外共用スペースや会議などができる多目的室があります。 更には、木目込み人形・和菓子・組紐工芸・ちりめん細工などの製作体験ができるクラフトルームがあります。 岩槻人形博物館での木目込ストラップ制作体験 布地の種類が多くて作る人のセンスが問われるけど、貴重な体験ができるのでオススメ ダイマ — ぺちくん pechikun それではカフェについて御紹介していきましょう。 にぎわい交流館いわつきにオープンしたカフェの名前は 「ヨロ研カフェ」。 この研究会は2013年からさいたま市でヨーロッパ野菜を作っている研究会です。 さいたまのレストランのシェフたちから、ヨーロッパ野菜が欲しいとの要望があったことから始まり、ヨーロッパ野菜を品種改良して作り、レストランへと野菜を供給しています。 一足先に美味しくいただきました。 岩槻を中心に生産された新鮮なヨーロッパ野菜が、彩り、香り、風味よく、それらを食べることのできる場が、ヨロ研カフェとなります。 ランチがメインのようです。 — 松本しょう【さいたま市議会議員 岩槻区選出 】 agrifoood ヨーロッパ野菜のプレートランチも美味しかった😋 — フーミン fuminhand24 普段、あまり口にすることのないヨーロッパ野菜を使用した料理が楽しめ、更に購入することもできるお店。 岩槻人形博物館の帰りにぜひ訪れてみたいものですね。 岩槻人形博物館とにぎわい交流館いわつきがオープンしたことについての反応 岩槻人形博物館とにぎわい交流館いわつきがオープンしたことについてネットの反応はどうでしょうか。 我が地元岩槻としては、全国生産量1位の人形を観光資源として売っていくしかないから、日本初の公立の博物館として成功を収めてくれることを祈っています。 併設のカフェ、とてもオシャレで良さそう。 Wi-Fiはあるのかな🤔 岩槻人形博物館の感想は?にぎわい交流館いわつきのカフェの詳細は?のまとめ 岩槻人形博物館の感想とにぎわい交流館いわつきのカフェの詳細についてをまとめると、 ・岩槻人形博物館では人形が美しく見えるように特殊な照明の当て方をしている。 ・にぎわい交流館いわつきにはイベントや会議ができるスペースや製作体験ができるクラフトルームもある。 ・にぎわい交流館いわつきにオープンしたヨロ研カフェはヨーロッパ野菜を使用したカフェである。 ・カフェではヨーロッパ野菜を購入することもできる。 いかがでしたか?岩槻人形博物館とにぎわい交流館いわつき。 その名の通り多くの人でにぎわう施設となりそうですね。 展示物を見るだけではなく製作体験もできるというのは訪れた記念になりますし、いいですよね。 そしてヨロ研カフェ。 新鮮なヨーロッパ野菜を味わうことができる貴重なカフェ。 ぜひ食べてみたいなと思いました。 これからのお出かけの候補にいかがでしょうか? 最後までお読みいただきありがとうございます。

次の