犬 いじめる心理。 動物をいじめたくなる心理について質問です。心理についての質問ですので、動...

愛犬が彼にいじめられてるかも。

犬 いじめる心理

もくじ• チワワへのいじめについて チワワは超小型犬という分類にある犬種ですので、骨格が他の犬に比べて弱く、怪我もしやすいです。 元々チワワは人間が飼いやすいように品種改良されてきた犬ですので、人間が適切な環境で育てない限り生きていけないような犬です。 そんなチワワをいじめてしまうという事は、チワワの命も危険に晒しまう可能性があるので絶対に改善をした方が良いですね。 チワワをいじめたくなる人 チワワをいじめたくなるという人は、 「こんな考えを持っている自分は異常なんだ」と自己嫌悪に陥ってしまう事もありますが、実はチワワをいじめたいという欲求を持っている人は少なくありません。 ただ、いじめたくなるという気持ちを感じた人は多いですが、実際にそのような行動にでてしまう人はごくわずかしかいません。 皆それぞれいじめたくなる気持ちを奥底に隠して生きているのです。 つまり、チワワをいじめたくなるという人は異常な考えを持っている訳では無く、普通とまでは言えないまでも、特段に珍しい事では無いという事です。 ただ、やはり実際にチワワをいじめたり、チワワをいじめる動画を見ている人はいじめたくなる欲求の発散が悪い方向に向かっている可能性がありますので注意してください。 いじめたくなる人の心理 それではチワワの事をいじめたくなる人の心理を3つに分けて解説していきます。 ストレス まず一つ目に、ストレスが原因でチワワのような小動物をいじめたくなるケースです。 心に闇を抱えている人ほど、無意識に自分より弱い生き物を攻撃したくなるのは人間として当然の反応とも言えます。 学校や会社内などのコミュニティーの中でいじめが発生するのも同じ原理であり、その人にとって心の余裕が無ければ無いほどいじめはひどくなる可能性があります。 快感 2つ目に、チワワをいじめる事によって快感が得られるというケースです。 これは幼い頃のトラウマや生まれ持ったその人の気質などが要因になりやすいです。 チワワをいじめたくなる人は、自分が快感得る為にやっているのであればうまく気持ちをコントロールする事が重要となります。 むかつく 3つめは単純にチワワの事がむかつくのでいじめたくなるというケースです。 チワワは小型犬の中でも人気犬種ですが、性格が悪い事でも有名です。 チワワの事がむかつくというだけで、いじめをするのは絶対にやめましょう。 下の記事ではチワワがむかつく原因を詳しく解説しているのでご覧になってみて下さい。 公共の場でやれば通報される事だって考えられますし、社会的には生きていけない人種だという事は自覚しましょう。 ただ、チワワをいじめたくなるという感情を持っている方はあなただけでは無いので、頑張って改善していく努力は必要になります。 では具体的にどのようにチワワへのいじめを改善していけば良いのかを解説していきます。 他の物で気を紛らわせる チワワをいじめたくなる方は、そのような感情が生まれた瞬間に他の物で、気を紛らわせるのが一番簡単な対処法だと言えます。 ストレスが溜まって岩和をいじめたくなるのであれば、スポーツなど体を動かしたり声を出すなどして上手にストレスを解消してあげれば、チワワをいじめたいという欲求は薄れていくかと思います。 また、チワワをいじめる事が快感となってしまっている方は健常的な他のやり方で快感を得られるような努力をした方が良いと思います。 一時的に興奮したとしても、もし行動に移してしまったら残るのは罪悪感のみです。 悪い方向に行かないようにうまく自分でコントロールしてあげて下さい。 カウンセリングを受ける カウンセリングを受けて、自分の衝動を相談するというのも一つの手です。 少なくともカウンセラーの方の意見はネットに書いてあるような記事よりも、自分の言葉で説明して話を聞いてもらえるので共感もしやすいですし、タメになります。 誰にも言えないような悩みはカウンセリングを受ける事で改善する事も多いので試してみるというのも正しい判断だと思います。 まとめ いかがでしたか? チワワのような小動物へのいじめは決して許される行為ではありませんので、軽視せずにしっかりと自分の気持ちと向き合って改善していく事をおすすめします。 チワワをいじめたくなる気持ちは誰にでもある訳ではありませんが、そのような感情をもってしまう人は一定数いるというのも事実です。 重要なのはチワワをいじめたいという欲求があっても動物虐待としてそれを行動に移してしまうか、耐える事が出来るのかが大きな線引きとなりますので、時間をかけてでも必ず改善するようにしてください。 以上、いぬさいとでした。

次の

いじめへの臨床心理学的対応

犬 いじめる心理

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い 読み方: ぼうずにくけりゃけさまでにくい 意味:ある人や物を憎むと、その人や物に関係しているすべてのものが、憎くなってしまうことの例え 「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」は、「 坊主のことを憎むあまりに、坊主が着ている袈裟のことまで憎く思えてしまう」という意味です。 「袈裟」(けさ)とは、お坊さんが肩にかけている布のことです。 インドでは袈裟だけを羽織っていますが、日本の寺では、着物の上から羽織ります。 元々、出家する時には自分の持っている財産をすべて捨てるため、お坊さんは着るものがありませんでした。 そのため、周りの人から余り布をもらい、つなぎ合わせて着物を作りました。 それが袈裟の由来とされています。 しかし時代を重ねるにつれ、分かれた宗派を示すため、またお坊さんの身分を表すために、布地や縫い糸の色を変えたり刺繍がされたりと工夫がされるようになりました。 つまり、袈裟はお坊さんではありませんが、お坊さんを連想させる物だといえます。 では、なぜ何もしない「袈裟」が憎いのか、このことわざの由来を見ていきましょう。 1-2.「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」の由来 「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」ということわざが生まれた背景には、江戸幕府が設けた「寺請制度」(てらうけせいど)があります。 「寺請制度」とは、「すべての民は、寺院の檀家(だんか)となり、寺請証文(てらうけしょうもん)を受け取ること」が定められた制度のことです。 「寺請証文」は「宗旨手形」(しゅうしてがた)ともいい、当時の身分証明書のようなもので、旅行をしたり仕事をする時に必要でした。 江戸幕府は、近代の武器などを持ち込む可能性があるとして、キリスト教など日本以外の国の宗教を禁じて、厳しく取り締まりました。 これが「寺請制度」が作られた理由です。 この制度によって、寺社が幕府の出先機関として大きな力を持つことになります。 その結果、本来の布教がおろそかになり、「寺請証文」を発行するために金品の請求をするなど汚職が進みました。 そんなお坊さんたちを憎むあまり、「その着ている袈裟を見るだけで腹が立つ」という心理が「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」ということわざとして、今に伝わっています。• 2-1.バランス理論による「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」の心理 の図は、「坊主は憎いけれど袈裟はにくくない(左)」「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い(右)」を表しています。 「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」の好き嫌いを、かけ算の式で表してみます。 坊主が袈裟を嫌いになったり、私が坊主を好きになるという方法もありますが、それより最も手っ取り早い解決方法が「私が袈裟を嫌いになる」ということなのです。 これがバランス理論による「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」の解釈です。 3.「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」を使う場合の注意点 「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」は、「相手や物が嫌いになったら、関連している物まで憎く思える」という意味です。 ただし、実際には袈裟が何か悪いことをしているわけではなく、袈裟からみればとんだとばっちりを受けていることになります。 実際の私たちの人間関係にも、「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」という感情は大きく影響を及ぼします。 「辛かったね、じゃあ今回は別のところにしよう」と言ってくれる相手ばかりではありません。 「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」の心情であっても、自分の気持ちを人に押しつけていることになるからです。 そんなことを繰り返していると、どんどん周りから人が離れていってしまいます。 「なぜ私はあの人(あの場所や物)のことを嫌いなのか?」と、嫌いになっている自分の気持ちを常に考えて、マイナスの気持ちを持たないようにしましょう。 できれば「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」ような経験をしても、人に話す時には笑い話の例えにするのがおすすめです。 4.「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」の類語3つ 「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」は、 「袈裟」などちょっとと分からない言葉なので、会話に出しても相手に伝わらない可能性があります。 そんな時のために、「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」と同じ意味のことわざを3つご紹介します。 意味:恋をすると短所も長所に見えるということ 「あばたとえくぼ」は、「好きになってしまうと相手の短所も好きになる」という意味です。 「あばた」とは、漢字だと「痘痕」で、これはかつて伝染病として恐れられた「天然痘」(てんねんとう)にかかり、治った時に顔に残るくぼみのことをいいます。 天然痘はすでに全滅し、今はもうない病気なのですが、傷跡や吹き出物のことを「あばた」と言うようになりました。 一方「えくぼ」は同じように顔にできるくぼみですが、笑った時にくぼむことから可愛らしい印象を与えます。 「あばた」は人に嫌われ、「えくぼ」は人に好かれる、同じ顔にできるものでも扱いは逆ですが、好きになってしまったら、そんなことは気にならなくなります。 相手のことを嫌いすぎて、「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」と何もかもが嫌いになるのとは逆です。 例文を見てみましょう。 <例文>• If you hate a monk,you will even hate his robe. (もしあなたがお坊さんのことを嫌いなら、彼のローブも嫌いになる)• He who hates Peter harms his dog. (ピーターを嫌う人は、彼の犬もいじめる) 1つ目の例文は、日本では「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」ということわざがある、ということを前提に使うことができる表現です。 「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」ということわざの説明として、使ってみましょう。 2つ目の例文は、外国ではよくある名前であるPeterが、坊主の代わりに使われている英語のことわざです。 まとめ 「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」は「 相手のことを嫌うあまりに、相手に関係する物まで憎く思えてしまう」という意味のことわざです。 ただし嫌うあまりに周りが見えなくなっている状態でもあるため、よく考えなさい、というも含まれています。 対象となる人の悪口になってしまうことのないよう、注意して使うようにしましょう。

次の

小学生の「いじめ」はなぜ起こる?いじめの原因や種類、親の対応と対策について

犬 いじめる心理

動物虐待のターゲット、猫は本当に多いのか? 真偽を図るために、環境省の動物の虐待事例等調査報告書を確認しました。 公開されている一番新しいものが平成25年度のものでした。 殺傷」から対象の動物別の件数が以下になります。 出展:環境省「」(PDF) 猫が45件と圧倒的に多く、虐待のターゲットにされていることがわかります。 街中で野良犬を見かけることはほとんどありませんね。 それに対して野良猫はちらほら見かけるものです。 また、市街地に野ウサギ、タヌキ、イタチ、キツネは、見つけることはまずないでしょう。 ただし、ハトはそれなりに見かけると思います。 人にねだれば餌をもらえると思ってしまっているので、安易に近づいて、 虐待を行うような人に捕まることもあるでしょう。 野良犬に関しては、数が少ないのもそうですが、野良犬がいたとしてもペットショップにいるような可愛い小型犬はまずいないでしょうし、中型犬となると力も強く、噛み付く危険性もあることから捕まえることが困難と思います。 街中でよく見かけるハトやカラスに関しては、飛んで逃げることができますので、捕まえやすいとは言えないと思います。 また、ハトやカラスを運よく捕まえて、持ち運んでいてもかなり不審です。 猫だったら飼い猫とも保護したともなんとでも言えるでしょう。 もちろん、ペットショップから買ってくれば、どんな動物でも手に入るでしょうが、わざわざお金を出して虐待する人間は少ないと思います。 また、犬と違って自治体への登録、狂犬病予防などの必要がなく、飼うこと自体のハードルも低いです。 近隣の住民に気付かれる恐れがあります。 猫は大きい声では鳴きません。 気付かれにくいこともターゲットの要因と思われます。 自分より弱くて抵抗力がない動物がターゲットになると思われます。 警察犬や土佐犬は、虐待するのは無理でしょう。 猫の性格と言えば、自由気まま、人に懐かず、忠誠心も持ち合わせていない。 そのくせプライドが高いときてる。 人間に置き換えても言えることと思いますが、こういった性格の人がいれば嫌われるかはさておき、好かれることは少ないと思います。 それから、ある程度抵抗する。 (抵抗しても制御できる)というところも虐待の心理的素因としてあるように思います。 動物虐待とは 環境省のHPより以下を抜粋 虐待の禁止「動物虐待とは、動物を不必要に苦しめる行為のことをいい、正当な理由なく動物を殺したり傷つけたりする積極的な行為だけでなく、必要な世話を怠ったりケガや病気の治療をせずに放置したり、充分な餌や水を与えないなど、いわゆるネグレクトと呼ばれる行為も含まれます。 なお、食用にしたり、治る見込みのない病気やけがで動物がひどく苦しんでいるときなど、正当な理由で動物を殺すことは虐待ではありませんが、その場合でもできる限り苦痛を与えない方法をとらなければなりません。 」 遺棄の禁止「動物の飼い主の責任には、動物を正しく飼い、愛情を持って扱うことだけでなく、最後まできちんと飼うことも含まれます。 飼えないからと動物を捨てることは、動物を危険にさらし、飢えや乾きなどの苦痛を与えるばかりでなく、近隣住民にも多大な迷惑になります。 また、近年は、日本の自然に生息していなかった外来生物が野外に放たれ、それによる農業被害や生態系破壊が大きな社会問題になっています。 」 出展:環境省「」 以上になります。 虐待をすることは本当に悪いことなのですが、ターゲットになりやすい猫については、野良猫の多さも関係が深そうですね。 飼い猫を捨てる人、野良猫を意図せず増やしてしまう人。 数が減ってくればこういった事件も少なくなるのではと思いました。 (管理人).

次の