岡江 久美子 息子。 岡江久美子の息子を名乗るYouTuberは誰?不快で許せないと大炎上!

岡江久美子

岡江 久美子 息子

彼らは再生数で小銭は稼げるけど、今の時代最も大切な「信用」というものを失ってることに気付いていない。 「金」は「信用」に替えられないけど、「信用」を「金」には替えられるのに。 岡江久美子の息子を名乗るのはなぜ? ユーチューバーがこぞって「岡江久美子の息子」と名乗るのでしょうか? それは、自分自身が再生回数を稼いで儲けたいからです。 YouTubeは今でこそ、チャンネル登録者が1000人以上、総再生時間が4000時間以上でないと収益化できません。 ですから、今世間が気になっていること、注目されている目を自分自身に向ける為にわざとデマを流し炎上させるというやり方です。 気になった人が、「岡江久美子の息子」と名乗っている人の動画を思わず再生してしまうことで再生回数が稼げてしまうということ。 あまりにもひどすぎる。 胸糞悪い。 再生せずに見つけたの全部報告してやった。 どうでもいい人間は当然スルーできるだろうが、ファンはさすがにスルーできないと思うぞ。 — 南無南無 nmpiikannutsnm.

次の

岡江久美子さん息子名乗るユーチューバー続出で厳しい声 志村けんさんにも同じ現象?(リアルライブ)

岡江 久美子 息子

彼らは再生数で小銭は稼げるけど、今の時代最も大切な「信用」というものを失ってることに気付いていない。 「金」は「信用」に替えられないけど、「信用」を「金」には替えられるのに。 岡江久美子の息子を名乗るのはなぜ? ユーチューバーがこぞって「岡江久美子の息子」と名乗るのでしょうか? それは、自分自身が再生回数を稼いで儲けたいからです。 YouTubeは今でこそ、チャンネル登録者が1000人以上、総再生時間が4000時間以上でないと収益化できません。 ですから、今世間が気になっていること、注目されている目を自分自身に向ける為にわざとデマを流し炎上させるというやり方です。 気になった人が、「岡江久美子の息子」と名乗っている人の動画を思わず再生してしまうことで再生回数が稼げてしまうということ。 あまりにもひどすぎる。 胸糞悪い。 再生せずに見つけたの全部報告してやった。 どうでもいい人間は当然スルーできるだろうが、ファンはさすがにスルーできないと思うぞ。 — 南無南無 nmpiikannutsnm.

次の

岡江久美子の息子を語るYouTuberが大量発生!嘘を語る悪質動画がヒドイ!動画削除の報告方法についても

岡江 久美子 息子

勇者ナリボンが岡江久美子の息子を名乗り炎上 勇者ナリボンの炎上について「日刊スポーツ」は次のように報じています。 女優の岡江久美子さんが新型コロナウイルス肺炎で亡くなったことを受け、 YouTube上では 岡江さんの「息子」をかたる複数のユーザーが動画をアップしており、 批判の声が噴出している。 岡江さんの訃報が流れた後、 YouTube上には 「岡江久美子の息子です 母について話します」 「岡江久美子の息子です。 今まで母をありがとう御座いました」 などといったタイトルで動画をアップするユーザーが続出した。 昨今、 YouTubeでは著名人が亡くなった際に同様の動画をアップするユーザーが増えており、 ネット上では 「人の死をネタにしてYouTubeにあげるとか、 どういう神経してるのか」 「僕は絶対に許せません。 人として最低の行動」 「岡江久美子さんの息子を名乗って稼ごうとしてる奴ゆるさん。 最低です」 といった怒りの声があがっている。 (2020年4月24日配信) この記事では勇者ナリボンの名前は出てきませんが、 「岡江久美子の息子です 母について話します」というタイトルで検索すると以下の動画がヒットします。 勇者ナリボンとは何者?本名や年齢は? 岡江さんの息子を名乗り炎上している勇者ナリボンとは 何者なのでしょうか? 本人のYouTubeチャンネルには次のようなプロフィールが掲載されていました。 フランス・パリ在住日本人としてYouTubeを開始、パリ中心に動画を作る。 色々なことに興味はある、 人気トレンドはもちろんだが、 ニュースや政治 芸能に食いつく傾向あり。 実況ゲームはやってみたい。 暗闇の中に石を投げるが如く当ても無い旅が始まる・・・。 上記の通り、勇者ナリボンは「パリ在住」と語っていますが、これが 事実かどうかは分かりません。 これまでにアップした動画を見ると、彼のチャンネルは 他人の話題に便乗する内容が大半を占めています。 また、過去には 「志村けん」さんの死にも便乗しており、その際には 「志村けんの孫」を名乗っていました。 上記の通り、 「ナイス達也チャンネル」や 「Vの星チャンネル」が岡江さんの死に便乗する動画をアップしています。 こうしたYouTuberも特定の思想があるわけではなく、 「稼げれば何でもいい」というスタンスであると思われます。 そのため、批判目的でも彼らの動画を閲覧することで、こうした人間の元に 広告費が支払われることになります。 彼らの目的は あえて炎上させることで人目を惹き、広告収入を得ることです。 つまり、現在の状況は彼らの 目論見通りということになります。 批判したい気持ちは分かりますが、こうした炎上系YouTuberに対する最善策は 「動画を見ないこと」に尽きます。

次の