インフルエンザ 死亡 数 2019 日本。 日本でインフルエンザが流行。米国では?

インフルエンザで死亡 - 子ども、赤ちゃんの重症化死亡例や放置の危険性

インフルエンザ 死亡 数 2019 日本

2019-2020【今冬のインフルエンザは何型が流行してる? 特に今年の冬に流行しているのはA型! その中でも感染が確認されているのがA H3 型、A H1 季節性、A H1 pdm09の3種類だそうです。 国立感染症研究所によるとの、A H1 pdm09の感染者が全体の8~9割とされています。 症状が軽い場合は通常の風邪と見分けがつかないので、念のため病院を受診するようにしましょう。 スポンサーリンク 【有病率と罹患率、 発生状況報告、流行 図グラフ2019-2020厚生労働省発表もとに】 そもそも罹患率と有病率とはどんな意味でしょうか。 日本疫学学会によると以下のように説明されています。 『有病率は、ある一時点において、疾病を有している人の割合である。 罹患率は、一定期間にどれだけの疾病(健康障害)者が発生したかを示す指標であり、発生率の一種である。 』 つまり有病率とは、例えば冬の始まりにインフルエンザにかかった人数です。 そして罹患率はインフルエンザが流行した全期間に、どのくらいの人が感染したのかを表します。 厚生労働省によると、 インフルエンザ患者数は2020年2月半ばで、全国で約222万6千人となっています。 当校禁止や学級閉鎖になっている保育園や学校も多くありますね。 まだ冬も中盤なので、これから更に感染は増えていくことが予測されます。 インフルエンザ厚生労働省発表 発生状況報告、流行 図グラフ2019-2020 どれだけ流行しているか わかりやすい図が厚生労働省から発表されてます。 報告週 休校 学年閉鎖 学級閉鎖 施設数合計 第1報 第36週 R1. 2 ~ R1. 8 4 6 41 51 第2報 第37週 R1. 9 ~ R1. 15 11 28 102 141 第3報 第38週 R1. 16 ~ R1. 22 2 27 68 97 第4報 第39週 R1. 23 ~ R1. 29 2 10 66 78 第5報 第40週 R1. 30 ~ R1. 6 3 23 91 117 第6報 第41週 R1. 7 ~ R1. 13 5 17 80 102 第7報 第42週 R1. 14 ~ R1. 20 4 16 61 81 第8報 第43週 R1. 21 ~ R1. 27 2 23 217 242 第9報 第44週 R1. 28 ~ R1. 3 2 36 91 129 第10報 第45週 R1. 4 ~ R1. 10 2 28 85 115 第11報 第46週 R1. 11 ~ R1. 17 6 69 183 258 第12報 第47週 R1. 18 ~ R1. 24 9 125 361 495 第13報 第48週 R1. 25 ~ R1. 1 18 201 714 933 第14報 第49週 R1. 2 ~ R1. 8 37 372 1,223 1,632 第15報 第50週 R1. 9 ~ R1. 15 52 646 2,007 2,705 第16報 第51週 R1. 16 ~ R1. 22 46 676 2,618 3,340 第17報 第52週 R1. 23 ~ R1. 29 23 221 665 909 第18報 第1週 R1. 30 ~ R2. 5 0 2 2 4 第19報 第2週 R2. 6 ~ R2. 12 5 22 71 98 第20報 第3週 R2. 13 ~ R2. 19 26 381 1,346 1,753 第21報 第4週 R2. 20 ~ R2. 26 44 683 2,469 3,196 第22報 第5週 R2. 27 ~ R2. 2 62 767 2,518 3,347 第23報 第6週 R2. 3 ~ R2. 9 29 408 1,760 2,197 インフルエンザ2019-2020 愛知県の流行 発生状況報告 簡単まとめ ほぼ全国と同じような推移で流行り方、発生状況になってます。 スポンサーリンク 【インフルエンザの死亡率とは。 】 一般の風邪と比べ、インフルエンザには感染すると重症化する危険性があります。 もし家族がハイリスクだったら?また重症化した場合の死亡率はどのくらいなのか見ていきましょう。 インフルエンザの診療ガイドラインによると、特に注意が必要なハイリスクとされる人は、 ・65歳以上の高齢者 ・5歳未満の小児 ・妊娠中の女性 ・肥満の人 ・基礎疾患がある人 喘息、糖尿病など とされています。 やはり免疫力が低下している人や、インフルエンザワクチンの効果が低いとされている低年齢の小児は、より感染の危険が高いですね。 インフルエンザの死者数について厚生労働省で以下のように示されています。 『Q10. 通常の季節性インフルエンザでは、感染者数と死亡者数はどのくらいですか。 例年のインフルエンザの感染者数は、国内で推定約1000万人いると言われています。 国内の2000年以降の死因別死亡者数では、年間でインフルエンザによる死亡数は214 2001年 ~1818 2005年 人です。 また、直接的及び間接的にインフルエンザの流行によって生じた死亡を推計する超過死亡概念というものがあり、この推計により インフルエンザによる年間死亡者数は、世界で約25~50万人、日本で約1万人と推計されています。 』 どうやら死者数については統計をとっていないようですね。 しかし毎年インフルエンザで1万人が死亡しているとは驚愕です。 インフルエンザに感染しないように家族で予防行動をとり、元気に冬を過ごしましょう。 コロナウィルスの消毒にもよいと言われる次亜塩素酸ナトリウムの消毒液です。

次の

【年間死亡者数3,000人超】コロナウイルスより恐ろしいインフルエンザ

インフルエンザ 死亡 数 2019 日本

コロナウィルスによる死亡者数 2020 年 5 月 5 日時点:381 人 出典: コロナはいまのままのペースで推移するとしたら、単純計算で年間 1,100 人くらいですね。 まぁこの計算も、いまは大規模な自粛がおこなわれてるからであって、気を緩めたら急増するおそれはある… にしても、インフルエンザの死者数ヤバないすか?!😱 ワクチンもあるのにさ。 上記のデータは医師が「インフルエンザが死因」と確定しているものだけであって、実際のところは、インフルエンザがきっかけで発症した症状(肺炎など)から死に至る例ももちろんあるでしょう。 コロナコロナ騒いでますけど、『高齢者にとって』怖いのはコロナだけじゃないぜよ😵 高齢者にとっては、コロナ・インフルどちらも驚異 つづいて、コロナ・インフルエンザが要因の死亡者数における、高齢者の占める割合をまとめました。 (平均:91. 2 %(死亡者数 381 人に対し、60代以上の死亡者数 355 人より) より筆者まとめ おもったとおり、どちらの感染症による死亡者数も、高齢者の占める割合は激高でした。 上記 2 つのデータを基に判断するなら、「インフルエンザのが脅威じゃね?🤔」って結論になりますね。 日本人のコロナ耐性は高いかも!? 連日の煽り報道に隠れ、あまり大きなニュースにはなっていませんが、以下のような情報も公になっています。 (太字強調は、筆者判断) 神戸市立医療センター中央市民病院(同市中央区)が、 外来患者の約3%から新型コロナウイルスに感染したことを示す抗体を確認したことに関連し、同市の久元喜造市長は5日の会見で「抗体検査はさまざまな大学や研究機関などで取り組んでいるが、どのような方法が適切で、どういうふうに治療や予防に役立てていくのか整理できていない。 感染症対策の司令塔である国に方針をまとめてもらいたい」との考えを示した。 同病院は今月2日に抗体検査の結果を発表。 4月7日までの8日間に、新型コロナとは無関係の理由で外来を受診した患者千人の血液を検査した。 検査結果を、性別や年齢の分布も考慮して市の人口に当てはめると、約4万1千人に感染歴がある試算になるという。 サンプル数が 1,000 ということなので、まだ確実性に乏しくはあります。 しかしこれが事実だとするなら、コロナウィルスによる日本人の致死率はめちゃくちゃ低くなる可能性が出てきます。 厚生労働省が公表している、5 月 5 日時点でのコロナウィルスの感染者数が 14,913 人ですからね。 まとめ:高齢者は引き続き各種感染症に気をつけて、若者は経済活動を再開しよう!(オンラインでね) インフルエンザと違い、暖かくなっても死滅しないコロナが厄介なことには変わりありません。 しかし、このまま自粛を続けていたら、コロナウィルスにではなく、経済に殺されるひとがたくさん出る世の中になってしまう恐れがありますよね。 かと言って、ワクチンができるまでのあいだは外出にリスクがあることはたしか。 「う〜ん、どうしたものか…🤔」 そんな状況でも、できることはあります! 在宅でできるオンライン学習をして、完全在宅で稼げるスキルを身につけることも選択肢のひとつです。

次の

年明けの日本でピーク迎えたインフルエンザ、死亡率が高いのはなぜ?

インフルエンザ 死亡 数 2019 日本

このところインフルエンザが、世界各地で猛烈な勢いで流行している。 日本でも今月からインフルエンザの流行期に突入した。 日本の国立感染症研究所が全国約5千ヶ所のインフルエンザ定点医療機関を対象としたサンプリング調査を実施したところ、2019年第1週に新たにインフルエンザに罹患した人は50万人を突破した。 こうした流行をうけてインフルエンザ予防のためにマスクをしている人が、巷で多くみられるようになっている。 日本全国に238ヶ所あるインフルエンザ観測エリアのうち、84ヶ所ですでに警戒レベルを上回っていた。 今回のインフルエンザ流行では、感染者が主に中年と若者に集中している。 統計データによると、1月第1週のインフルエンザ新規患者のうち、20歳から40歳が約17万人、41歳から60歳が約14万人だった。 この両者を合わせると、新規患者数全体の半数以上を占めている。 また、感染患者のうち半数は、症状が最も重いA型インフルエンザに罹患していた。 また現在までにインフルエンザ拡散が原因で休校措置を講じた学校もある。 日本では間もなく入試シーズンに入ることから、学校側は、校内に消毒液などを準備し、教員・学生に感染拡大予防を呼びかけている。 厚生労動省は、昨年の冬から今年の春にかけて、インフルエンザ薬の供給量は、前年同期比44%増の2700万人分を上回ると予測している。 インフルエンザとは、インフルエンザウィルスによって引き起こされる急性呼吸器疾患で、強い感染性を備え、感染スピードが速い。 主な感染経路は、空気中の飛沫感染や人と人あるいはウィルスが付着したモノを介しての接触感染であることから、感染者の数は非常に多く、特に秋・冬は流行シーズンとなる。 中国疾病予防コントロールセンターの統計データによると、中国北方地域では、インフルエンザによる死亡率が年間0. 00018だった。 一方、南方地域では、この数値は0. 000113だった。 インフルエンザが重視される原因の一つに、発熱や全身のだるさなど風邪の症状が現れるだけではなく、深刻な合併症を引き起こし、場合によっては死に至る場合があることが挙げられる。 特に、体力のない高齢者や子供は、インフルエンザによるダメージを受けやすく、深刻な合併症を併発する恐れがある。 20世紀に入ってからだけでも、世界規模で3度にわたりインフルエンザの大流行が起こり、うち最も深刻だったのは、1918年から1919年にかけてのパンデミックで、世界全体で延べ6億人が発症し、約2千万人が死亡した。 その次に起こったのは、1957年のH2N2新型インフレエンザの大流行で、多くの国々で、発病率が20~80%に達した。 3度目の流行は1968年だった。 インフルエンザの合併症は、「肺内合併症」、「肺外合併症」およびインフルエンザ罹患中の基礎疾患合併症に分けられる。 「肺内合併症」とは肺炎のことで、インフルエンザの合併症として最も多い。 1957年から1958年にかけてのインフルエンザ大流行期の米国の統計データによると、インフルエンザで入院した患者の7割から8割は肺炎を併発していた。 中国では、2009年のH1N1新型インフルエンザ大流行時に複数の機関が実施した調査によると、インフルエンザで入院した子供のうち、肺炎を併発した子供は72. 3%を占めた。

次の